夜勤をやると脳梗塞・心筋梗塞のリスクが高まる理由【予防法あり】

夜勤をやると脳梗塞・心筋梗塞のリスクが高まる理由【予防法あり】

夜勤をやってると脳梗塞や心筋梗塞になりやすいのかな

夜勤やってると脳梗塞や心筋梗塞になるソースとかないのかな

じっさいに脳梗塞や心筋梗塞になった人もいるのかな・・・

本記事の内容

脳梗塞・心筋梗塞について

脳梗塞・心筋梗塞について

脳梗塞・心筋梗塞は、血管のある部分の血液が流れにくくなって、その部分が詰まると起こる病気です。

これが脳の部分に怒るのが脳の血管におこるのが「脳梗塞」、心臓の血管におこるのが「心筋梗塞」です。

血管がつまって、脳梗塞・心筋梗塞をおこすまでの流れ

血管がつまって、脳梗塞・心筋梗塞をおこすまでの流れ1

血管がつまって、脳梗塞・心筋梗塞をおこすまでの流れ2
出典 脳梗塞・心筋梗塞を防ぐには

 

夜勤で心筋梗塞などのリスクが上がるソース

◎夜勤でリスク最大

カナダ・ウェスタンオンタリオ大学疫学・生物統計学部のManav V. Vyas氏らは、これらの関連性を検討した34研究について解析を行った結果、シフト勤務者では日中勤務者に比べて心筋梗塞のリスクが23%、脳卒中リスクが5%高いと、7月26日付の英医学誌「BMJ」(電子版)に発表した。

心筋梗塞は6,598人、心臓の周りにある冠状動脈の病気による事故(冠イベント)は1万7,359人、脳卒中は1,854人に認められた。シフト勤務者は日中勤務者に比べ心筋梗塞リスクが23%増、脳卒中リスクが5%増、冠イベントリスクが24%増と、いずれも上昇していた。

出典 エキサイトニュース

 

夜勤をやると脳梗塞・心筋梗塞になりやすい理由

夜勤をやると脳梗塞・心筋梗塞になりやすい理由

夜勤をやると脳梗塞・心筋梗塞になりやすい理由は以下の通りです。

・夜勤をやるとストレスで食べ過ぎるから
・夜勤をやるとストレスでタバコを吸うから
・夜勤をやるとストレスで酒を飲むから
・夜勤をやると睡眠不足になるから

夜勤をやるとストレスで食べ過ぎるから

夜勤でストレスがたまると、食べたくなります。

これって、夜勤をして睡眠不足になると、「グレリン」という食欲が大きくなるホルモンが活性化するからです。

夜勤をやると、ついつい食べてしまい、太ってしまう。太ると高血圧になる。コレステロールが上がる、脳梗塞・心筋梗塞になりやすくなる・・・・・というふうになってしまいます。

夜勤をすると太りやすくなる理由は夜勤で太りやすい理由と対策方法【ホルモンやビーマルワンが関係する】の記事にくわしくせつめいしてるのでどうぞ。

夜勤をやるとストレスでタバコをすうから

夜勤をやるとストレスでタバコすってしまいます。

夜勤をやってる人は、私のいた工場では8割くらいタバコをすっていました。

タバコをやると、血管が収縮して血圧が上がり、脳梗塞・心筋梗塞のリスクが上がる‥‥というのは良く知られたことです。

夜勤をする人がタバコを止める方法については夜勤でタバコが吸いたい 寿命がメチャ縮む理由とタバコをやめる方法でくわしくかいてるのでどうぞ。

夜勤をやるとストレスで酒を飲むから

夜勤でストレスがたまると、夜勤明けに寝る前に酒を飲む。よく飲みに行くって人がめっちゃ多いです。

夜勤で睡眠不足なうえに酒を飲む・・・医者じゃなくても体に悪いというのがわかります。

特にお酒をのむと高血圧になりそれがダイレクトに心筋梗塞・脳梗塞になりやすくなってしまいます。

夜勤をやるとどうしてもストレスでお酒が飲みたくなりますよね・・・・夜勤をやりながらのお酒のつきあい方は夜勤をやると酒を飲みたくなる理由と酒を減らしたほうがいい理由の記事にくわしく説明してるのでごらんください。

夜勤をやると睡眠不足になるから

睡眠不足になると血管にも悪いです。

睡眠不足になると、ふつうなら寝てるときに成長ホルモンが血管を修復作業してくれるんですが・・・

睡眠不足になるとこの血管の修復作業がおいつかなくなって、血管に負担がかかってきます。

血管に負担がかかり、血が固まって血管をふさいで(血栓ができるといいます)、脳梗塞・心筋梗塞になりやすくなります。

睡眠の役割については睡眠の役割と夜勤で睡眠の負債(ダメージ)がたまる理由の記事にくわしく説明してるのでご覧ください。

夜勤をやる人の脳梗塞・心筋梗塞の予防方法

脳梗塞・心筋梗塞の予防方法

夜勤をやる人の脳梗塞・心筋梗塞の予防方法は以下の通りです。

タバコを止める
酒はひかえめに
やせる
ハラ八分目
お菓子やジュースを少なくする
魚を食べる
水を飲む
夜勤のない仕事をする

タバコを止める

夜勤のストレスでついついタバコをすってしまいます。

とはいえ、タバコは血管を細くして、高血圧からの脳梗塞・心筋梗塞ののダイレクトな原因になってしまいます。

それ以外にも肺ガンになったりと、1ミリもメリットがないので、できればタバコはやめましょう。

お酒はひかえめに

夜勤をやってるとストレスでお酒飲みたいですよね。

よく「お酒は1日1合まで」と言われています。ビールなら500mlくらいです。

ちょっとのお酒は、いいのですが、飲みすぎると高血圧になってこれも脳梗塞・心筋梗塞になりやすくなります。

できればお酒はひかえめに・・・・というのが予防につながります。

夜勤のストレス発散をお酒やたばこにたよると、ホントにヤバいです。

ハラ八分目

夜勤のストレスでついついたくさん食べてしまう・・・・

やっぱりたくさん食べると、太りますし、血圧も上がってイイことは一つもありません。

たくさんたべたいのはグッとこらえて、ハラ八分目にしていきましょう。

夜勤をやるとついつい食べて太りやすくなります。その理由は夜勤で太りやすい理由と対策方法【ホルモンやビーマルワンが関係する】の記事で詳しく説明してるのでごらんください。

お菓子やジュースを少なくする

お菓子やジュースはなるべく少なくしましょう。

砂糖がはいったものをたくさん食べると、ふとりやすくなりますし、血管も弱くなります。コレステロールも増えがちです。

夜勤やってると甘い物はストレスで食べたくなりますが、少なくしていきましょう。

体にダメージの少ないお菓子については夜勤で太らない・体にイイおススメのお菓子【体に悪いお菓子もご紹介】の記事でご紹介しています。

青魚を食べる

サバ・サンマ・イワシには

DHA・・・コレステロールを下げて血圧を下げる
EPA・・・血液をサラサラにする

こういった成分が入ってます。

魚も2日に1回くらいは食べるのがいいでしょう。

豆類を食べる

豆腐や納豆などは低脂肪で、マグネシウムをふくんでいるので血圧を下げる効果があります

納豆には「ナットウキナーゼ」という血液をサラサラにする成分があるので、心筋梗塞・脳梗塞の予防に役立ちます。

野菜を食べる

野菜には食物せんいがたくさんあって、血液のよぶんなコレステロールや塩分を体の外にだしてくれるはたらきがあります。

食物せんいは血糖値を下がる効果もあります。

とくに、きのこや、わかめなどは食物せんいがたくさんあって、カロリーも少なくて太りにくいのでおススメの野菜です。

水を飲む

体の中の水分がすくないと、血液がこくなってしまって固まりやすくなります。

水をあんまりのまないな・・・・っていう人は、意識して水分をとるとイイでしょう。

※あんまり飲み過ぎても内蔵に負担がかかるので、暑い時期には意識して飲む・・・・くらいでいいでしょう。

夜勤のない仕事をする

夜勤をやってると睡眠不足になり、体の免疫力がわるくなります。

免疫力がすくなくなると、病気になりやすくなり、体調もわるくなりがちです。これも脳梗塞・心筋梗塞になりやすくなります。

すでに体調が悪かったり、高血圧だったり、コレステロールが高かったり・・・そういったかんじになってるなら長い人生のためにも、夜勤のない仕事をするというのもひとつの方法です。

夜勤のない仕事の求人の探し方は夜勤のない仕事の求人の探し方【夜勤のない業界】の記事にくわしく説明してるのでごらんください。

※夜勤でストレスがたまると・・・・

夜勤でストレスがたまると自律神経が乱れて、「カテコールアミン」というホルモンがでてきます。

「カテコールアミン」・・・・血圧や血糖値が高くなり、心臓のうごきがにぶくなります。こうなると心筋梗塞になりやすくなります。

夜勤やってる人はなんらかの病気があった(体験)

私が夜勤をやっていた工場では、定年まで夜勤をやっている人はたいてい

「高血圧」

「コレステロールが高い」

「心筋梗塞」

「脳梗塞」

を経験したことがある人たちがほとんどでした。

たいていの人は40代後半から50代あたりで、心筋梗塞や脳梗塞をやる人が多い・・・

夜勤をやっている・・・・っていうのもありますが、

「夜勤をやってると、酒・・たばこ・大食いをしてる人が多かった」

っていうのがありました。

夜勤をやるとストレスたまりますから・・・・ついつい酒・たばこをやってストレス発散する。大食いをしてストレス発散する・・・・

ほとんどこのパターンです。

「これだけ酒・たばこ・大食いして・・・・昼夜逆転の生活をかをしてれば・・・・」

血圧も高くなって心筋梗塞・脳梗塞のリスクは高くなるのは、まちがいないっていう生活をしてる(ストレスのためにそういう生活になってしまう)っていうパターンが夜勤では多くなるのはしょうがないことなんですかね・・・・やはり。

また、こういった昼夜逆転の生活をしてると、自律神経がみだれて「うつ病」になりますいです。その理由は夜勤でうつ病になる原因と予防方法【仕事よりも健康が大事です】の記事にくわしく説明してるのでごらんください。

まとめ

夜勤をやってると、脳梗塞・心筋梗塞のリスクはどうしても高くなります。

体に負担がかかってますからね・・・・夜起きていて、しかも仕事をしてるというのは寿命削っているのと同じです。

夜勤をやっている場合は、普通の人以上に食事にきをつかって、酒・たばこをやらない・・・・と言ったことが必要になります。

それができないなら、残念ながら、病気のリスクは普通の人以上にたかくなるには覚悟しておきましょう。

----------------------

追記

僕は新卒でブラックに入り

ノルマ・パワハラ・長時間労働・モンスタークレーマー・・・・

一通り経験してしまってから
メンタルを病んでブラックを辞めました。

そこから、定時で帰れる仕事について
生活が楽しくなってきました。

ぶっちゃけ環境が変われば
生活が楽しくなる。

ブラックにいたから楽しくなかった
とくことを経験しました。

結局、自分のいる環境で
生活は変わってしまうものだと
ということを実感しましたわけです。

なので、ブラックにいる時間は
人生のトップのイヤな時間でした。

だからブラックにかかわらないってことが
大事なんじゃないかと思ってます。

そうすると人生も楽しくなるし。

 

この記事では
僕が生い立ち、ブラックで経験したこと
今にいたるまでがわかります。

 

マサのプロフィール ブラックから抜け出してほしい思い

--------------------------

メルマガもやってます。

ブラック企業を辞めたい、関わりたくないといった方に
情報を配信しています。

→メルマガの詳細はコチラから

 

夜勤のつらさ
e-blackをフォローする
ブラ脱