ブラック企業の上司対策

社会に出るとパラハラ、セクハラ、モラハラ、罵声を浴びせる、ネチネチと嫌味な上司、ストーカーする上司など頭のおかしい上司ばかりです。こういう上司への対応策と距離を置く方法などをご紹介しています。

ブラック企業の上司対策

上司と喧嘩して会社辞める時の考えと行動 退職すべき会社を冷静に見極めたほうがイイ

上司と喧嘩して会社辞めるって一見するとバカみたいですけど、そういう喧嘩するレベルの上司がいる労働環境で長期で仕事するのって結構きついですよ。どのみち精神的なストレスが溜まって、うつ病とかになって退職することになるんで早めに労働環境とかは変えたほうが身のためです。
ブラック企業の上司対策

パワハラ上司の末路とパワハラを受けた時の行動方法【因果応報】

パワハラ上司がいて困ってませんか?本記事ではパワハラ上司は勝手に自滅する末路があること・パワハラ上司がいるときの会社での行動法王をご紹介しています。パワハラ上司がいて悩んでいる方は必見です。
ブラック企業の上司対策

上司が嫌いなのが退職理由になるのは当たり前 ストレスでうつ病になる前に辞めないと取り返しがつかない

上司がサイコパスでパワハラ、セクハラ、モラハラとかでもう大嫌いって場合ですけど、この場合ストレスがたまった1年くらい我慢すると高確率でうつ病になります。そうなると仕事自体ができない状況になるので人生が破たんしてしまいます。その前に嫌い上司から逃げるのがベターですよ。我慢とかするのはただの思考停止ですからね。
ブラック企業の上司対策

上司の説教がうざい 毎日説教ってパワハラと同じ うつ病になる前に労働環境を変えよう

上司の説教がうざいってのはよくあります。たいていそういう説教上司はサイコパスで自分の機嫌が悪かったりするときにストレス発散で説教してるだけです。こういったのはパラハラと一緒で、ずっと我慢してると高確率でうつ病になりますし、下手すると衝動的に自殺することもあります。そうなる前に労働環境を変えていったほうがいいわけです。
ブラック企業の上司対策

クラッシャー上司の潰し方 異動・左遷・降格・辞めさせるには第三者機関に訴えるべき理由

くらっっシャー上にを潰す、復習したい左遷させたい降格させたいといろいろありますけど、これってい意外と簡単です。労働基準監督署か弁護士に相談すれば割とあっさりクラッシャー上司は会社内でつぶれます。会社ってこういう公的機関の法的対処にはめっぽう弱いです。そうなるとこういうクラッシャー上司は会社から見放されるわけです。行動したもの勝ちですよ。我慢する必要は全くありません。
ブラック企業の上司対策

嫌いなパワハラ上司を潰す方法【潰せない時の行動方法もアリ】

パワハラ上司を潰す方法を知りたいですか?本記事では上司を潰す方法・やらないほうがいい方法・つぶせない時の行動方法を説明しています。上司を潰したいとと思ってる方はごらんください。
ブラック企業の上司対策

ダブルバインド・ダブルスタンダードな上司に付き合って2年 対処法なんで無いから逃げてくださいね

ダブルバインドやダブルスタンダードな上司への対応方法って結局その人から距離を置くしかないんですよね。上司である以上戦っても絶対負けます。それどころかイジメとかひどくなるのでやめたほうがイイです。そんなことよりもさっさと逃げたほうがイイですよ。休職するか、異動願いだして異動、もしくは転職が妥当な対応方法です。
ブラック企業の上司対策

上司のパワハラで異動したいと思っても無駄 労働基準監督署に訴えて上司を異動させるか転職するかの二択です

パワハラ上司がいてもう我慢できないから異動したい。そう思って異動願いを出してもそんな要求は会社は受け入れてくれないですからね。だから自分から労働基準監督署に訴えたり、転職したりしないと状況は変わりません。パワハラしてる上司を容認してる時点で会社はパワハラされている人の事なんかどうでもいいんです。利益が上がってればそれでいいわけですからね。
ブラック企業の上司対策

手柄を横取りする上司や先輩への対応方法 会社を辞めるべき理由

どんな会社にも手柄を横取りするような上司とか先輩っていますよね。直属の上司とか先輩がこういうタイプだと仕事をしても全も根こそぎ成果を横取りされてあなたの評価は上がらないどころか下がってしまいます。仕事をする「意味」がなくなるんですよね。その場合の対応方法と会社を辞めるべき理由をご紹介しています。
ブラック企業の上司対策

上司が合わなくて辛いしストレス溜まって辞めたい時の対処方法

上司と合わなくて辞めたい。上司がどのくらいのレベルで合わないのかにもよりますが、すでに辞めたいと思っているなら相当はパワハラ上司か陰湿な上司なんでしょうね。そういう場合は我慢し続けると、うつ病で悲惨なことになる可能性も高いので、早めの労働環境を変える行動をしていったほうが無難です。その理由をご紹介しています。
スポンサーリンク