転職方法・ブラック企業からの転職コラム一覧

転職がうまくいくためには、優良な求人を調べて、履歴書をキチンと作り面接対策をやっていく。これが基本です。準備と対策を行えば内定を取るのはそれほど難しくありません。またブラック企業から脱出するためには転職するのがもっともシンプルで効果的な行動方法です。

1日12時間労働がきついから辞めたいのは当たり前 サービス残業だったら即転職すべき理由

1日に12時間労働は単発ならいいですけど、それがずっと続いていくのはけっこうきついです。それを続けると高確率で肉体的にも精神的にもボロボロになって辞めたくなります。うつ病になりやすいですし、実際経験上ボロボロになって使い捨て人財として扱われているのと一緒です。

大企業を辞めるがもったいないとかの考えは時間の無駄 成長過程にある会社を選ぶべき理由

大企業を辞めるのってけっこうもったいないとかいう人がいますけど、大企業でも中小でもそんなに差はないですし、社員の民度もあそこまで開きがありません。その会社の労働環境がイイか悪いかだけなんですよね。会社を判断するのは規模と知名度ではなく「成長性」で判断していきましょう。

転職が後ろめたいのは社畜洗脳されてるから 退職に躊躇するのは時間の無駄

転職するのが後ろめたいとか言って躊躇してると一瞬で5年10年たってしまいます。そもそも仕事は労働契約なんて仕事辞めるとか契約解除するだけなので、ただの事務的なことです。後ろめたいと思う時点で社畜洗脳されてる可能性が高いので、そこは自覚したほうがいいですよ。

社内ニートがつらい時の2つの選択 ブラック企業の脱出と似ていますよ

社内ニートがつらいってのはうらやましいです。仕事しないでいいなんて最高だと思いますけどね。でもその状況がつらいなら、上司に言うか転職するか二択です。ほかに方法ないでしょ?私なら社内ニートを楽しみますけどね。そういうわけにもいかないんでしょうね。

転職で幸せをつかむ 今の労働環境にいても不幸で地獄なだけの理由

転職して幸せになるかっていうのはわかりませんけど、今のブラックな労働環境よりマシなら人生の幸福度は上がる可能性は高いです。ずっとその会社で生きていく覚悟と言うか定年まで勤めるイメージが1ミリをわかないなら人生の最優先事項は転職ってことになります。

転職活動するか迷いがあって決断できないのは機会損失がひどすぎる理由

転職をすることを迷って決断できないのはかなり機会損失をしてることを自覚したほうがいいです。ダラダラと年齢が上がってしまって転職できない状況になってから後悔したり、激務とパワハラで体を壊してもけっこうきついですからね。その時に転職しようと思っても遅い場合もけっこうありますからね。

営業職が嫌なら営業が楽な業界を探すか別の職種に転職すべき理由 

営業をやっていると「もっと営業で楽な業界無いの?」とか思う人おも多いでしょうね。ノルマのある営業から御用聞き中心のメーカーなどの営業のほうが楽です。ただ、営業を続ける必要とかも無いんじゃないのか?って思いますけどね。営業以外の職種でいいんじゃないかと思いますよ。

退職を伝える勇気が無いと悲惨なことになった体験 サクッと辞めると伝えるべき理由

退職を伝える勇気っていいますけど、勇気と言うよりもこれってただの事務的な伝達事項ですね。でもこれができないとダラダラと辞めたい会社にいてストレスをためて高確率で体を壊したりします。そうならないためにも辞めたいと思った時点でさっさと退職を告げるべきなんですね。

転職失敗で後悔して戻りたいとか思ってるならさっさともう一度転職したほうがイイ理由

転職が失敗していやもう戻りたいよとか思って後悔してる場合じゃありません。実際後悔したところで戻れるわけないですし、それだったら早めに再度転職したほうが身のためです。後悔してるような会社で長期で働けるとはとても思えませんからね。

休職中に転職活動はバレる?私はバレなかったですし別にバレても影響ないと思う

私は休職中に転職活動をまったりやってましたけど、それがバレたりそれによって問題が起こったことは無かったです。完全に安全とは言い切れませんが、その程度のことで転職活動が仏語ぬになることは無いですよ。そもそも職業選択の自由が憲法で保障されていますからね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!