ブラック企業に入らないための会社の見分け方・行動方法・マインド

ブラック企業に入らない就活方法【会社の見分け方・行動方法など】

これから就活するけどブラック企業には入りたくないな・・・

どうやってブラック企業を見分けるのかな・・・

もしブラック企業入ってしまったらどうすればいいのかな・・・

こういった疑問にお答えしています。

本記事の内容

スポンサーリンク

ブラック企業に入らない就活方法

ブラック企業に入らない就活方法は以下の通りです。

・受けたい求人の会社の情報・評判を調べる

・面接で面接官の態度で判断する

・万が一ブラック企業に入っらすぐに辞めるマインド持つ

受けたい求人の会社の情報・評判を調べる

結論を言うと、ブラック企業は悪い評判が出ています。

たとえば、業界全体で言えば介護や飲食業の仕事はブラックな会社が多い。大きな企業なら○○の会社はブラック企業だ・・・

こういった情報はネットの掲示板などで調べればすぐにわかります。

地元の小さな会社でも、その近所に住んでる人や実際にその会社に勤めてる人やその家族から話を聞けばブラック業かどうかすぐにわかります。

めんどくさいですが、受ける会社評判は調べておきましょう。

調べておけば、わざわざブラック企業の面接を受けることもなくなるので、時間がむだになりません。

面接で面接官の態度で判断する

会社の評判を調べてもわからないとブラック企業の面接を受けてしまうことがあります。

面接を受けてブラック企業っぽい特徴があったら、注意しましょう。

具体的なブラック企業の面接の特徴

質問がおかしい

たとえば面接で面接官が、プライベートなことを聞いてくるとかです。

「友達は何人いるの?」

「彼氏(彼女)はいるのか?」

こういった立ち入った話を聞いてくる面接の場合その会社は危険です。

会社に入ってからもプライベートまで束縛されて働かされるブラック企業の可能性があります。

面接官の態度が悪い

面接をする面接官はその会社ではある程度エリートに人が面接官をやります。

その会社のエリートレベルの人が、面接を受ける人を見下したり、言葉使いが悪かったりする場合はその会社や危険です。

※面接官は損の会社のエリートなので普通はていねいな態度、しっかりした敬語を使った対応をしてくれます。それが社会人の常識ですから・・・・

万が一ブラック企業に入っらすぐに辞めるマインドと行動力を持つ

結論を言うと、ブラック企業にまちがって入ってしまったら、すぐに辞めましょう。

ブラック企業は、我慢して働いたとしても3~5年が限界です。

ブラック企業に勤めていると最後は体を壊したり、精神的に限界になって退職することになります。それがだいたい3~5年です。

それから再就職できればいいですが、むだに年齢が上がったり体を壊したりしてると再就職すらできない可能性もあります。

ブラック企業で仕事を続けても人生をぼうにふってしまうので、すぐに辞めるといったマインドがとても大事です。

ブラック企業に気を付けながら就職活動しよう

ブラック企業に気を付けながら就職活動をしましょう。

ブラック企業をさけての就職活動の方法は転職活動する3つの方法【効率のいい活動でブラック企業に入らない】の記事にくわしく説明しているのでごらんください。

※20代向けのブラック企業をさけての就活方法は第二新卒・フリーター・ニートが就職する方法【ブラック企業をさける】の記事をごらんください。

まとめ

今の会社がブラックな会社だとわかった

会社に行くの限界だ

精神的にキツイ

こういった場合はすぐに行動を起こしたほうがいいです。

ちゃんとした会社で働くことができる・・・・これは

・精神的に安定する

・時間ができてプライベートが充実する

・プライベートが充実すると趣味・恋愛をすることができる

・給料もよくなりストレスが少なくなりお金のむだつかいがなくなる 

・お金がたまり人生に余裕が出てくる

・人生に余裕が出てきて生きていることに喜びを感じる

・喜びを感じると仕事が楽しくなる

・仕事が楽しいと人生前向きになる

・生きていてよかったと思うようになる。

こういったことを感じることができます。

ずっとブラックな環境にいるのは人生でムダな時間なので、できるだけ早めの行動をしていきましょう(/・ω・)/

あわせて読みたい