30代で不動産業界に未経験で転職するのは簡単です 営業力があるなら年収アップも見込めますよ

じっと見つめる猫

30代で不動産業界い経験でも、不動産会社には転職できますか?という質問があれば

「できますよ」

という回答をします。結局、不動産業界は営業の仕事がほとんどなので、不動産の知識に卓越しているというのよりも、いかに「営業」ができるかどうかにかかってますからね。

どんなに宅建とかの資格持っていても、マンションや土地を売らなければ結局利益上がらないんですよ不動産業界。 バブルのころじゃあ無いですから待っていてもなかなか不動産が売れない時代です。不動暖会社も実際は「営業」ができる人を求めています。

だから、不動産業界って割と人材の募集に関しては未経験でも募集しています。30代くらいまでならギリギリ年齢的にも未経験で入り込むことはできるでしょう。

ただ、入ってからの仕事はそれなりに大変なので、そのあたりは覚悟しておく必要があります。やっぱりマンションや土地を売ってナンボですからね。

そういう営業力に自信がある人なら不動産業界でも頭角を現していけるはずです。

スポンサーリンク

不動産業界は30代未経験でも求人はあります ただ職種「宅建」を持っていたほうがより有利です

不動産業界は30代で未経験でも求人はあります。そして「宅地建物取引主任者」いわゆる宅建ですね。

この資格を持っていると、不動産業界の就職には強いです。 もちろん宅建の資格は持っていたほうがイイです。特に不動産業界で「独立」を考えている人は絶対必要ですからね。 ただし、不動産会社って先ほど言いましたけど、マンションや土地を売ったり仲介したりして利益を得ます。

結局「営業」ができないと儲からないんですよね。だから不動産会社も最初の三ヶ月くらいは「試用期間」があって不動産の契約が一つも取れないと、試用期間で解雇・・・みたいになっているところが多いです。

そりゃあ、三ヶ月で一つも契約が取れないと、会社にとってはきついですしね。それに自分自身もそこで不動産の営業ができるかどうか自己判断できるのでかえっていいと思います。体育会系ですよね実際ね。 なので、宅地建物取引主任者の資格を持っていれば不動産業界に30代で未経験でも不動産業界に入ることはできます。

そこからですよね。入ってからどれだけ契約をつかんでいくことがきるか。もしくは不動産営業と仕事のノウハウを学んで自分自身が独立していくかという自分自身のビジョンをもって就職するのが大事ですよね。

まあ実際は不動産業と言ってもほとんど「どれだけ土地を売れるかどうか」ってことにつきますからね。いわば営業力が必要です。

だから宅建はあったほうがイイって資格ですけど、宅建もってたほうが仕事は楽になりますからね。事務的ンあことはもとより、不動産営業をやっていて宅建持ってれば土地売るときに説得力が増しますからね。

不動産は大きな買い物で、お客さんもかなり慎重になるので、肩書はあったほうがイイですね。

逆に言うと不動産業界に入るなら営業できない人はきついですよ。営業が嫌だとか言う人はあまりおススメできません。でも、営業ができるなら不動産業界では確実に頭角を現すことができるでしょう。

基本不動産業界は「営業力」が必要なので、営業ができる人は年収アップが見込めます そのあたり見込んでおいてください

結局不動産業界は「営業力」ということなんですよね。くどいですけど、

営業力といっても飛び込み営業とかをするというより、コンタクトをとることができたお客さんをいかに話さないように契約が取れるかどうかがとっても大事です。そのたみにはやはり営業としての接客や話術がどうしても必要です。

なので、悪いことは言わないんで、「営業がどうも苦手」という人は不動産業界は辞めておいたほうがイイです。

営業どくどくの体育会系のノリにもついていけな胃と思いますしね。あのノリについてい言えないタイプの人は不動産業界向いていません。

体育会系ノリの会社を辞めたい 合わない社風の特徴と転職すべき理由
体育会系の会社の特徴ってホント嫌なんですよね。これってブラック企業って基本体育会系なので体育会系企業はブラック企業として認定したくらいです。もし辞めたいなら、体育会系の会社に近寄らないほうがイイですよ。運悪く入ってしまったら労働環境を変えることも検討しましょう。

逆に、不動産会社でのスキルっていうのは不動産売買や不動産を仲介してその手数料を取っていくことができる人材のことをいいます。

これができると、不動産業界で出世できたり、のちに独立できる人材なので、将来性は大いにあります。

そういう意味では営業ができる人はかなり将来歳のあるのが不動産業界と言えますね。自分の適性をし係考えてから不動産業界に転職していくのがとっても大事ですね。

営業って実はあんまり才能とか関係なくて、忍耐力があって人の気持ちをどこまで理解できるかっていうことに執着できる人が勝ちます。

営業できる人は異性にモテますしね。そういった営業ってのは地道にお客さんの立場になって物事を考えるようして、それにたいして行動していけば、普通に営業はできるようになります。

トーク力とかそういうの以上にどれだけお客さんのことを考えることができるかってことです。これってなんかキレイ事に聞こえますけど、実際に営業ってのはそういものです。小手先のトークだけじゃあお客さんもバカじゃあないので大きな買い物である不動産は買いません。

だから不動産営業って仕事はきついですけどやってみると面白いもんですよ。まあこれも向き不向きがあるので、やってみたい人にとっては天職になるかもしれません。

不動産営業は女性でもできる日本では珍しい実力主義の仕事ですからね

たいていの営業って、いくら営業成績を上げても給料は上がらないですけど、不動線業界の営業はたいていインセンティブ(歩合制)なところが多いです。

不動産をばりばりうふころができれば若いうちでも年収700~800万円とか行きますからね。それに不動産っていうものの形式もあるのか女性でも不動産営業をやってる人が多いです。

それだけ実力が反映するってのが不動産業界の特徴ですね。金融業界よりはマシなんじゃないかと思います。

不動産業界は仕事ができる人が良い思いをして仕事ができなければ悲惨て言う業界です。ある意味、日本にありながら外資系企業みたいな感じですね。日本的な会社だといくら仕事ができても上司にこびへつらわないとダメですけど、不動産業界はそうでもありません。不動産売ってくればそれで給料も上がるし会社での発言権も増します。

仕事に自信がある人なら不動産業界ってのはうってつけの場所ってことなんですね。

不動産業界の実際は離職率も高い

不動産業界って動く金額が大きいですから、なんというか「仕事をしている」ってう雰囲気はかなり大きいですよね。実際不動産営業をやってる知り合いはけっこう豪快な性格な人が多いですし、女性でもたまに営業がいるんですけど、けっこう男前な性格です。

土地だけじゃなくてマンション売ったり、戸建て住宅を売ったり不動産営業にも種類がありますけど、たいていはやりての営業って人がほとんどです。そのかわりけっこうな給料をもらってますからね。

ぶっちゃけて言うときつい仕事なので、離職率も高いです。不動産営業、住宅営業を辞めた知り合いもけっこういます。でもまあ、営業で頭角を現せば30代くらいで800~1000万円以上の年収をたたき出せる数少ない業種でもありますからね。

対ストレス的なものや、営業力が高いといった自信がある人なら十分挑戦してみる価値がある業界です。正直やっぱりノルマもあるしストレスは大きいみたいですね。そりゃ大きなものを売る営業ですから、ある程度の苦労は必要でしょう。

個人的には外資系企業に行ったほうがいいと思いますけど、外資系企業がどうしてもちょっと・・・・っていう場合には不動産業界ですね。稼げる業界には間違いないので、下手に金融業界とかで営業をダラダラやっているよりは何倍もマシなんじゃないでしょか?