ブラック職種の路線バスの運転手を辞めたい トラック運転手や製造業が転職先におススメの理由

バスの運転手というと、長時間運転させられた挙句、居眠り運転で事故を起こして・・・というニュースがあった業界です。こういうニュースっていまだにたまにありますよね。

高速バスの低価格競争のあおりをうけて、かなり低賃金でしかも長時間働かされるのがバス業界ですよね。また普通の路線バスも基本お客さんのクレームが多くかなり心労がある世界です。

どのみち、バスの運転手というのはかなりハードです。一見一人で気ままに運転しているように見えますけど、裏の事情はいかなりきついですね。

拘束時間が1日13時間とか朝6時から21時とかになったりします。高速バスだったらもっと長い拘束時間でしょう。

しかも運転している時間分しか給料が払われな給与体系が多く、長時間働いても定時分の給料しかないというケースもあります。

残業しても手取り15万円というなかなかやってられないような世界です。ただ、バスの運転はぶっ続けでやるのは危険で自己でも起こせばそれこそ人生が狂います。なのでどうていも休憩をはさんで私語をするので、長時間労働になってしまいます。

休みが不規則で4勤1休で、長期連休もほとんどありません。

こういった面があるので、辞めたい人も多いでしょうね。バス運転手はこれからさらに業界的には人件費の圧迫で労働環境は悪化していくでしょう。それを見越して転職を考えるのは賢明な判断です。

ここではバス運転手が転職するにはどんな業界が良いのか?また転職を効率的にやっていくにはどうするか?をご紹介します。

関連:手取りが少ないと悲惨だよと言う記事( ;´Д`)

20代後半くらいで手取り14万円くらいしか給料が無い。年収もヘタすると300万円以下ない・・・と言った状況なら完全にブラック企業の利用されているだけなので、すぐにでも転職をしないとまずいです。30代になると未経験でも転職できる会社も無くなってきますし、なにより、そういった低賃金の会社は高確率で経営が傾きます。従業員を大事にしない会社は傾いていきいますからね。

バスの運転手よりもトラックの運転手のほうが給料がいい ただしトラックの運送会社をがブラック企業だとキツイ

バスの運転手よりも、トラックの運転手のほうが給料は高いです。トレーラークラスの運転手なら年収500~600万行く人もいます。

拘束時間は同じくらいですが、トラックの運転手はお客さんを乗せているわけではないので、対人ストレスがかなり

楽です。トレーラーは、けん引免許が必要になりますが、取得すると仕事幅が大きく広がり、しかもトラック運送会社にかなり就職の武器になります。

ここでポイントなのですが、トラック運送会社でも、労働条件の差が大きく違うということです。

比較的仕事が楽で賃金もそれなりにもらえる会社もあれば、かなり仕事がきつく賃金も安い会社もあります。これは契約している製造業の会社などが、どれだけ儲かっているかにもよってきます。

運送料をかなり切り詰められて契約させられたりすると、どうしてもトラック運転手にしわ寄せがきて重労働で賃金安ということになってしまいます。

平たく言うとブラック運送会社に気を付けてくださいということです。逆に通常のトラック運送会社に入ればトレーラーの運ちゃんはかなり高給を狙えます。仕事は楽ではないですが、それに見合う賃金をもらえるということですね。

ただ、トラック運送会社もピンキリで労働に対してちゃんと給料をくれるトラック会社もあれば、低賃金で重労働を強いられるブラックな会社もあります。トラック会社だけでなく転職に関しては「ブラック企業に絶対に捕まらない」というのが大選定なんですね。

関連記事:トラック運転手の仕事について

トラック運送業界はブラック企業が多いというイメージですけど、実際私が勤めていた製造業でもトラック運送会社の労働環境はよくありません。特にブラックな会社だと手取り17万円で40時間ぶっつづけで働いたりしています。トラック運送業界の闇と「まともな」トラック会社に入るための方法をご紹介しています。

若ければ異業種に転職したほうが無難です 製造業などはカレンダー通りで交代制ですが残業代も確実に出ます

もし若ければ異業種に転職もアリです。今では「既卒」の枠もあるので、20代なら未経験での就職もそれほど難しくはなくなりました。

製造業などは、カレンダー通りで正月・GW・お盆と長期連休もあり土日も基本休みです。製造業って基本永遠にライン作業のイメージがありますが、ラインでの仕事ができるようになると、仕事ぶりをみとられてリーダーいなったり技術グループに入ったり、事務所の生産管理にの仕事をしたりと、かなり仕事の幅は広いです。

休みがキッチリしていて時間通りに帰れるってかなりのメリットですよ。バスの運転手の長時間の拘束に耐えていた人なら普通に仕事はこなすことができるでしょう。

関連記事:ホワイト工場は勤めやすいですよ

肉体労働をするなら、大手企業の下請け当たりの製造業がおススメです。こういった製造業はたいていホワイトな工場が多く、ポイントは「部品の小さい製造業」というのがキーワードです。ついついホワイトカラーに目が行きがちなので製造業って穴場の工場が多いんですよね。残業もついて、休日もしっかりしているホワイト工場がおススメです。

ただ、もちろん製造業も下請けの会社では待遇が悪いケースもあります。ギリギリまで製造単価を親会社に抑えらえられて四苦八苦していくる会社もあります。

そういう会社に入ると苦労します。

結局ですね、どんな業界にないっても労働環境が悪いところといいところの差が激しいです。ここ最近の強い傾向ですね。

会社でも勝ち組負け組がはっきりしています。どうせなら「勝ち組」の会社に入らないと社員は自分の首を絞めるだけです。

そういった会社の状況を見極めるのは重要ですが、自分ひとりで求人を見たりしてもなかなか判断が付くものではありません。

一人で転職活動をするとどうしても求人の判断はつかないものです。求人の判断は転職エージェントのエージェントに相談してみるのをおススメします。

バスの運転手を辞めたいと思っているなら、一度求人を見てみて自分のできる仕事をイメージしてみる

先ほどバスの運転手の転職先はトラックの運転手や製造業がいいということを書きました。

ただ、トラック会社や製造業の会社でもブラック企業とホワイト企業の差が激しいのが現実です。

実際に、ハローワークなどで求人を見るとブラック企業ばかりと言うのがよくわかります。

そのため、ブラック企業がなるべくない求人を最初から見てみるのが賢いやり方です。そうすれば転職自体が楽になりますからね。

転職エージェントではブラック企業はほぼ扱っていません。これはハロワとかは掲載する求人企業を審査委していないのに対し、転職エージェントでは厳しい基準で転職エージェントを審査委してるからです。また、転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方や面接指導もアドバイザーが丁寧に行ってくれます。

転職することって世間ではリスクが大きいと煽っていますけど、実際普通に面接対策、履歴書対策をして転職活動すればそれほど難しいものではありません。普通に転職活動をすれば、普通のブラックな会社よりは、かなり働き心地のいい会社に入ることができます。

そのためにはまず、求人を紹介してもらって世の中にはどういった優良な求人があるかというのを見てみることです。

そうすれば、どういった会社に入りたいかをイメージすることができます。エージェントに一度求人を紹介してもらうと転職への不安が無くなってきますよ。

私も金融機関から製造業に転職をしました。異業種でしたし転職活動をするのは不安でしたし、難しいんじゃないか・・・と思っていました。

しかし、履歴書をつくって、アドバイスをもらいつつ面接対策をして面接を受けていくと内定を数社簡単にもらうことができました。転職活動は準備と対策をやっていけばそこまで難しいものではありませんでした。転職エージェントでアドバイスをもらうと転職活動がスムーズに運んだんですね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!