宅急便ドライバーがきついくて辞めたいときは製造業に転職するのがベターな理由

アマゾンで物を買うとヤマト運輸。ほかの通販だと佐川の人をよく見かけます。正直どんな小さいものでも大きなものでも持ってきてもらって本当に感謝しております。

一度140㎏のバーベルセットを持ってきてもらった時には50歳くらいのおじさんだったので、かなり申し訳ないなと思いました(;^ω^)

そんな宅配便の仕事ですけど、単純に見ただけでもハードですよね。昔は賃金がよかったようですけど、今ではそうでもないです。

「訳アリ」の人が働いているケースもあって、とにかく長期間勤められる仕事ではないのは素人目に見てもわかります。

いやちがった、16年間勤めて退職金が30万円くらいだったという記事を見ました(^O^)/

いや30万円て、どんだけブラックなんだよ・・・とびっくりしましたよ。

そりゃあ人手不足にもなりますがな。

郵便局と同じく人手不足なのは「ブラック企業」ということがもう情報としてガンガンに知れ渡っているからですね。昔は仕事は激務でも給料がよかったのですが、今では給料も下がっていいところが一つもないのが宅配便業界です。

 

参考記事・郵便局は究極のブラック企業

ブラック企業すぎる郵便局員を辞めたい 業務の実態を検証しましょう
郵便局員は下手なブラック企業顔負けのきつい労働環境になっています。自爆営業、夜遅くの配達、限界を超えた配達物の量。顔負けというよりすでに民営化してるのでブラック企業ということですよね。ブラック企業大賞いも顔を出してますしね。実際どういうふうに激務な子かを見ていきましょう。その上で郵便局員は改めて辞めたほうがイイというのを再認識しましょう。

特に昔と大きく違うのが「通販の荷物を持ってくる」という点ですね。これがあるので、仕事量はハンパなく増えているのでしょう。

夜9時ごろにも荷物をもってきてくれるありがたいサービスなのですが・・

実際はやはり体育会系の社風で、仕事量もとてつもなく量が多いです。宅配業者も免許制から認可制になり新規参入がやりやすい業界になりました。そのため競争がはげいしくなり、運賃がさがり激務なのはそのままで給料が以前より下がってきたのは事実です。

そのため、激務だけと給料が良いというメリットも無くなりつつあります。当然離職率も高く、あくまで「つなぎ」としての職業か、短期間でお金を稼ぐための職業として割り切ったほうがよさそうです。

宅配業を辞めて別の業界に転職したい。ここではその上手な方法をご紹介します。

宅急便の激務に耐えられるなら他の肉体労働はたいていやることができます 自信をもって大丈夫

 

.

まず、宅配の仕事をこなせるなら、ほとんどの肉体労働はこなすことができるでしょう。もちろんユンボを使ったりする土木は面鏡がいるのでそういった取得が必要になりますが、土木でも、工場系でも肉体労働系は難なくのなすことができるはずです。

それだけ、宅急便の業務は、体力も使いますし、ルートと時間配分を考える状況でかなり頭も使います。かなり要領もよくて機転の利く人でないとこなせない業務です。

そのためポイントは、宅配業からの転職はなるべく長期的に働ける職種で休みをきちんともらえる会社。給料はほどほどでも長期的に勤めることができる・・・・・というのがポイントにになります

正直宅配業は相当な体力の持ち主でないと、40代くらいが限界です。50代になって宅配業をやっている人はほんの一握りです。

そのため、つぎの職業はなるべく長期でつとめられる会社であるのが大事になってきます。

「長期的に」に勤められるというと、たとえば大企業の下請けの製造業などです。大企業の下請けの製造業などは大企業の「カレンダー」通りに生産工場が回っています。そのため正月、GW、お盆と長期休暇もアリ、土日も基本休みです。

宅配業界にくらべると信じられないくらい休日を取りやすい業界です。それでいて給料もそこそこあり、長期的に勤めることができます。

たいてい30代前半くらいまでは中途採用している企業が多く、そこに入り込めば長期で勤めることが可能になってきます。

そう、どう見ても宅配の仕事のほうがキツいです。なんでこの仕事してるの?をたわしは思いますけど、やっぱりあなたには宅配の仕事を続ける理由があるんですか?

 

参照:工場求人サイト

工場・製造業専門の求人サイト【JobHouse】(公式)

宅配業界は今後通販の影響で業務が激化します それよりきちんと出勤カレンダーがある製造業の現場がお勧めです

宅配業界は今後通販利用者が増加すると、さらに仕事量は増えますが、賃金は据え置き見たい派状況になってくる可能性もあります。

そうなると、今後さらに競争も激しくなり、昔のような高賃金はもう望めないでしょう。そろそろ見切りの付け時かもしれません。

こういっては何ですが、製造業はユルいです。もちろん宅配業界に比べてですよ。私の勤めていた製造業は交代制ですが、ラインに入ってもそれほどきつくはありません。みんな適当にしゃべりながらやっています。

ただ、トヨタのように激務の工場もあるので、これは工場によって仕事のキツさのばらつきがあるのも否めません。

たとえば、自動車業界ならトヨタ系の工場はきついですが、ホンダ系の工場はそれほど仕事がきつくないというのがあります。

ほかの製造業も大手の下請けでも系列によって仕事のキツイ、きつくないがけっこうあります。そこをしっかり調べて製造業に就職すると、現場作業員でもけっこうな給料をもらえてかなり美味しい思いをします。

ただ、、そういった工場の情報というのはなかなか自分ひとりでは探すのは大変ですし、工場でなくてもほかの職種でも仕事がきついかきつくないかまではなかなか求人誌だけではわかりません。

そういう場合は転職エージェントに登録して、転職であるエージェントから会社の情報を得ることができます。

まあ、宅配業界より仕事が楽で賃金もいい会社は無限にあります。そのことを知るだけでも転職エージェントを利用する価値はあります。

製造業の求人は転職エージェントにあります 非公開求人もあり希望の職業を見つけることができます

ビックリする考える人

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが求人の詳しい内容の情報を教えてくれます。求人誌ではわからないような内部情報を押してくれることもあるので、かなり就職の情収集に役立ちます。

また、エージェントがあなたの希望にあった求人を適正に合わせてピックアップしてくれるので効率のイイ転職活動をすることができます。

 

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職エージェントに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職エージェントはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職エージェントの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)

 

宅配便の業界もアマゾンの宅配からヤマト運輸が撤退してからいろんな人がうちに来ます。

ただ共通しているいるのは、本当に疲れているというか必死なんですよね。私の住んでいるのはエレベーターつきのマンションの6階なんですけど、そんなところでも台車でいっぱい荷物を持ってきます。

本当に夏とかは汗だくで、軽く見積もってもものすごい荷物が台車の中に積まれていいます。

「いや、このマンションだけでこんなに荷物あるの?」

ってくらいの荷物の量です。

そりゃそうですよね。アマゾンとかで買った800円とかの荷物でもいちいち届けてくれるわけですからね。

しかも、アマゾンでプライムサービスに入ってるんで、たいていお急ぎ便です。800円のものでも次の日持ってきてくれます。

いや・・・・こんなことやってたら、メチャメチャ配送単価が悲惨なことになって儲けとか無いだろ??って思いますけどね。完全にアマゾンの独り勝ちじゃあないですかね。

宅配業界ってもう競争も激しくなってきて、昔は佐川急便とか給料がよかったみたいですけどいまでは、普通のサラリーマンよりも全然給料が低いみたいですね。

だから、仕事がキッツくて給料が安いただのブラックな職業になり果ててしまったわけです。

宅配の仕事をしている人を見るたびに「この仕事だけはやりたくねえな・・・・」と思いますからね。だって見るかにキツそうなんですよね。

なんで工場の仕事とかやらないの?とか思うわけです。工場の仕事なら定時で帰れるし、残業代はつくし、有給休暇も完全消化できるし、普通に給料もそこそこいいですしね。

私は地銀から製造業に転職しましたけど丘陵はおんなじくらいでしたからね。

関連記事:ホワイト工場は美味しいですよ

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

仕事って、今いる場所が全てだと思ってるときついですし、ちょっと転職ツールとかを変えれば普通な仕事(きつくない仕事)もあります。

そりゃ仕事は多少はきついですけど、宅配便業界の仕事のキツは給料を考えると異常ですからね。

そう、金融業界、広告業界、介護業界、飲食業界、宅配業界、小売業界、販売業界は特に避けたほうがイイ業界です。その業界に入るしかないという理由がある場合ならしかたないですが、ぶっちゃけ他にも仕事はあります。

仕事を選ぶっていうよりも、以上にブラックな業界だけは避けるみたいな行動をとっていったほうがイイですね。もう、賃金が上がっていく時代ではないのでただこき使われているだけではしょうがないですよ本当に。