【無料プレゼント企画】ブラック地銀からホワイト製造業に転職した方法・レポート配布

32歳でブラックな地銀からホワイトな製造業に転職したマサが実際の体験を踏まえたホワイト企業を選ぶ「本質」の方法を無料レポートでご紹介しています。

無料レポートダウンロードはコチラ

ホワイト企業への就職方法

メールを受け取ってダウンロードする形になっています

 

ホワイト企業への就職方法

メールを受け取ってダウンロードする形になっています

 

製造業の工場勤務がホワイトな理由【定時帰宅当たり前】

製造業の工場勤務がホワイトな理由【定時帰宅当たり前】

製造業の工場ってホワイトな業界なのかな?

どうして工場勤務ってホワイトなのかな?理由を知りたいな

ブラックな工場とかもあるのかな?

どうやってホワイトな工場に入るのかな・・

本記事を書いた理由

製造業のホワイト工場に11年ほど勤めました。

その経験から情報をシェアしたいと思い記事を書きました。

本記事の内容

製造業の工場勤務がホワイトな理由

製造業の工場勤務がホワイトな理由

工場勤務がホワイトな理由は以下の通りです。

・定時で帰るのは当たり前

・大手企業の工場は福利厚生・給料がイイ

・大手企業の工場は生産計画に無理がない

・有給休暇の取得率が高い

・人間関係が薄いのでストレスがたまらない

順番に見ていきましょう。

定時で帰るのは当たり前

工場の仕事は定時で帰れる仕事です。

普通に働いていて定時ピッタリで帰れる仕事ってあまりないです。公務員とかそのあたりしなないですよね。

工場の仕事は定時でぴったりに帰れて、給料もホワイトカラーの仕事と同じくらいです。

サービス残業もないホワイトな仕事です。

大手企業の工場は福利厚生・給料がイイ

工場の仕事は福利厚生がイイです。

特に大手製造メーカーの工場は、通勤手当、有休休暇・皆勤手当・ボーナスがしっかりしています。

たとえば、以前私が勤めていた地方銀行よりも福利厚生がしっかりしています。

※地方銀行はサービス残業・有休はろくにとれない、ボーナスも工場勤務とおなじくらい。変な飲み会が多い・・・など工場のほうが働く環境がすぐれています。

大手企業の工場は生産計画に無理がない

大製造メーカーの工場は生産計画がしっかりしています。

ムリにたくさんの生産数をつめこんだりしません。

機械化が進んで、人間が作業するというよりも、部品を投入したり機械を動かしたりという作業がメインです。

そのため、重い物を持ったりするのも昔よりかなり少なく、体力的にもそこまできつくありません。

工場の仕事は体力的にきついイメージですが、貧弱な私のような人間でも普通にこなせる仕事なので安心です。

有給休暇の取得率が高い

工場には有給休暇をとる人が作業から抜けても、大丈夫なように「有休要員」がいます。

有休要員は有休で休んで人の変わりにラインに入る熟練工のことです。

そのため、有休休暇はとりやすいですし、ブラック企業にありがちな、有休をとろうとすると文句を言われることはありません。

それに、有休休暇をとるときに休む理由を聞かれることもありません。

変なホワイトカラーの大企業より、有休休暇を取りやすいのがホワイトな工場の特徴です。

人間関係が薄いのでストレスがたまらない

工場では人間関係が薄いです。

悪い意味ではなくて、作業に集中していると、よけいなことはしゃべらないです。

そのため、思っている以上にいじめなども少なく、意外とさっぱりした人間関係なのが工場の特徴です。

ブラックな工場のに入らない方法

ブラックな工場のに入らない方法

工場はホワイトなことが多いですが、中にはブラックな工場もあります。

ブラックな工場に入らない方法は以下の通りです。

 

・中小企業の工場には入らない

・サービス残業をやらされる工場はすぐに辞める(事前に噂を聞いておく)

 

中小企業の工場には入らない

中小企業の工場には入らないようにしましょう

特に、個人で経営している町工場などは絶対にやめておきましょう。

中小の工場は、生産計画がでたらめで、納期に間に合わないと、無茶な仕事をさせられたりします。

また、工場では普通はありえないサービス残業をやらされたり、ボーナスがなかったり有休がとれなかったりします。

工場を選ぶときには中小の工場はやめましょう。

サービス残業をやらされる工場はすぐに辞める(事前に噂を聞いておく)

これは万が一ブラックな工場に入ってしまった時の対応策ですが・・・

工場に入って「サービス残業」をやらされるような工場だったらすぐに辞めましょう。

工場の業界でサービス残業をやらせる会社はかなりブラックです。

工場の大きなメリットは「定時で帰れる」「残業があっても残業代が必ず付く」というのがメリット。

そのメリットがないような会社はすぐに辞めたほうが今後のためです。

ホワイト工場に入る方法

ホワイト工場に入る方法は以下の通りです。

・大手製造メーカーの工場に入る

・求人をチェックして大手メーカーの求人情報に応募する

大手製造メーカーの工場に入る

ホワイトな工場にはいるためには大手製造メーカーの工場い入りましょう。

上でも書きましたが、大手メーカーの工場は「生産計画」「福利厚生」「有休休暇」「皆勤手当・ボーナスなど」がしっかりしています。

工場の仕事でありながら、大企業の給料や手当を受けられるイメージです。

求人をチェックして大手メーカーの求人情報に応募する

求人をチェックして大手メーカーの求人に応募していきましょう。

求人のチェックの方法は工場の仕事に就職する方法【メリット・デメリットで説明あり】の記事にくわしく書いてるのでごらんください。

まとめ

工場の仕事はホワイトな仕事でオイシイです。

地味な仕事でブルーカラーなので、あまり目立ちませんがお金をもらう手段としては、かなり稼げます。

ホワイトな仕事でお金を稼いでいきましょう。