ブラック企業での人間関係対策

会社にいると嫌な人間いますよね。パワハラ、セクハラ、モラハラ上司。いじめをする主任、足を引っ張る同僚。こういった人間関係がある場所は自分から脱出していかない限りさらに状況は悪化していきます。早めの環境を変える行動をおススメします。

ブラック企業での人間関係対策

「上司と合わない」の退職理由はよくある パラハラ・イジメ野郎に付き合う必要は無い

上司とウマが合わないなんてことはよくあることです。そんなので会社辞めたりしたらキリがないですけど、やっかいなのは合わない上司からパラハラ・イジメとか受けることです。これもアリがちですけど、あまり我慢することはお勧めできません。我慢したところで何も解決しないからです。
ブラック企業での人間関係対策

保育士・先生のモンスターペアレントへの対応方法と転職すべき理由

モンスターペアレントの対応方法はとにかく謝ってのらりくらりとかわすことです。謝り方にもコツがあり、どうしてもかわすことができなければ、第三機関の手を借りることになります。それかもうそういう輩がいる職場って労働環境を変えたほうがいいいんじゃない?ってお話です。
ブラック企業での人間関係対策

退職切り出す勇気をつける方法と本当は「勇気」は必要ない理由

退職を切り出す勇気がない・・・と思ってませんか?本記事では退職を切り出す勇気を持つ方法・ホントは勇気は必要ない理由を説明しています。退職を言い出せなくて困ってる方はぜひごらんください。
ブラック企業での人間関係対策

職場で孤立してハブられるから辞めたい イジメられてる職場は即転職すべき理由

会社の職場でイジメられてハブられて孤立する。会社でよくあることですね。いい大人がハブるとか悲惨ですけど、そんな職場で孤立して我慢するのはナンセンスです。その状況は改善することはありませんよ。なぜならそれってただの「イジメ」ですからゴミ野郎たちが改心するはずがないからです。
ブラック企業での人間関係対策

コミュ障が営業を辞めたくなる本当の理由 一人の時間が好きなのに職業の選択を誤ったから

コミュ障でも会社に入ると無理に営業をやらされることは多々ありますよね。でもこれって普通の人の10倍以上ストレスがたまるわけです。一人でいるのが好きで話すのが好きじゃないコミュ障が営業やればそりゃストレスもたまります。だから営業を無理にやるくらいなら普通に転職して一人でやれるような仕事、人間関係の薄い仕事を探すべきですよ。
ブラック企業での人間関係対策

職場の人間関係はいいけど仕事がきつくて辞めたいならすぐに転職すべき理由 人間関係はいつ悪くなるかわからない

職場が長時間労働でサービス残業、おまけに給料も安くて激務と言う状況でも「人間関係がいいから辞められない」みたいなことを言う人がいます。職場の人間関係は今は良くてもいつパワハラ上司が異動してきてある日突然人間関係が最悪になるってこともよくあります。人間関係だけで転職をしないという理由はナンセンスと言うことがよくわかります。
ブラック企業での人間関係対策

職場の雰囲気が悪くて合わない見定めるのは1年未満 3年勤める意味はありません

職場の雰囲気が悪い原因は、パワハラ上司とか嫌な同僚とかお局様とかいろいろありますけど、結局、そういった雰囲気を改善して翌るるのが不可能です。もし1年たっても雰囲気が合わないようだったら労働環境を変えることも検討すべきです。その職場に3年とかいてもそのまま悪い雰囲気のままですよ。
ブラック企業での人間関係対策

人間関係が嫌で異動願い出しても無駄 パラハラ上司から逃げる方法 

人間関係が良い職場でもそれがずっと続くわけではありません。ある日パワハラ上司や極悪な同僚とかが異動してくれば職場の雰囲気は一変します。特に支店などで支店長などが最悪だともうその支店の人間関係は終わりです。そういう場合は自分のみの振り方を考えるときなのかもしれません。
ブラック企業での人間関係対策

職場で仕事ができないミス連発で先輩や上司に嫌われる人の悩みと対応方法

職場で仕事がでなかったりすると先輩や上司にまあ必ず嫌われますよね。そりゃイライラされたりしますからね。仕事にも向き不向きがあるので、仕事が出る人ばかりではありません。仕事は賃金を得て生活するためものなので気にしないのが一番ですが、人間関係が限界に来たら労働環境を変えていくことも検討すべきです。
ブラック企業での人間関係対策

ブラック企業でうつ病・適応障害など精神病になる前に転職すべき理由 

実際にうつ病患者が続出するようなブラック企業。長時間労働、パワハラ上司、嫌な人間関係がいパイのブラック企業。そういう会社で精神病といった病気になる前に転職すべきなんですよね。ずっとその会社に居たいならいいんですけど、精神を壊してまでそこにいる意味がないわけです。それをわかってほしいところなんですよね。
スポンサーリンク