「上司と合わない」の退職理由はよくある パラハラ・イジメ野郎に付き合う必要は無い

悩む男性

「上司と合わない」ってのが退職理由ってのは、まあホントによくあることですよね。

私も、営業の仕事をやっていて仕事自体が嫌だったってのもありますけど、退職理由の半分くらいは上司のパワハラです。「上司と合わない」っていうよも、パラハラですから
論外ですからね。

ぶっちゃけ上司と合うってことなんて、仕事やってて1回くらいしかなかたですからね。合うというよりも「合わないけど合わせる」ってのが現実です。

だって、考えてみればわかりますけど、学生の時とかってクラスとかで気の合う奴なんて1~2人くらいでしょ?30人とかクラスに人間がいて気の合う人間なんてそれくらいの割合です。

だから、たまたま部署が一緒で上司になった人間と相性が「合う」なんてことはめったにないわけですね。だからそりゃあ、退職理由で「上司と合わない」ってのが 理由の多くを占めるってのも当たりえです。だって、毎日嫌な上司にグチグチ言われたり、イヤミとか最悪パワハラとかされたら退職しますよ。だって「毎日」ですよ。

朝、会社に言って顔合わせてるだけでストレスがたまるような人間に、しかもイヤミ言われたり最悪パワハラとかイジメられるんだから耐えられる方が逆におかしいと思います。

よく言われるのが

「嫌な人でもその人の良い部分を見つけて接していくと言い」とか

「切らない人でもあなたが好きになって接すれば相手も心を開く」

 

とか意味不明というかキレイごともいい加減にしろってくらいのことがよく岩ますけど、そもそも嫌いな人とかって1ミリもいい部分なんてないですし、実際本当に「いい部分」が無い人ってけっこう世の中に多いですよね。特に、会社ってところは出世とかに「人間性」がほとんど重視されないので、けっこうキッツいクズな人間でも上司になっちゃう場合もけっこう多いですからね。

いや・・・・無理に嫌いな人間とかに合わせるって、とてつもないストレスがたまるわけですよ。合わない人間とかと接するだけでもストレスがたまるのに、それがパワハラ野郎とかでも合わせるとかそんなこと言ってるなんて、正気の沙汰じゃあないです。

結局、上司がまともな人かまともじゃないかなんて100%「運だけ」ですからね。人事部とかがテキトーに決めた異動とかで上司が決まってしまうわけですから 完全に上司がまともか異常かなんて運が良いか悪いかで決まってしまうわけです。

実際、「上司と合わないだけで退職とか甘いんじゃない?」

とか言ってる人はまあ、上司にめぐまれているんでしょうね。私がそのパワハラ上司とかで2年半くらい付き合いましたけど、その期間は毎日体調が悪くて 家に帰っても何もやる気が起きずに、ただ仕事をしてるみたいな生きる屍でしたからね。それほど上司ってのは部下の人生に影響を与えることが「できてしまう」わけです。

だから、「上司と合わない」ってのが退職理由になるっていたって普通ですよ。本当に嫌な上司だと、朝会社に行くときに吐き気とかしてきますからね。生き地獄です。

というか吐き気とかの自覚症状があるなら、すでにうつ病になってるわけなんですけどね。そこからちょっと頑張ってしまうとけっこう取り返しのつかないことになってしまいます。

関連記事:嫌いな上司を潰す方法

嫌いな上司を潰す方法 ゴミなパワハラ上司復讐するには社外に訴えたほうがイイ理由
クズでむかつく嫌いな上司を潰すには社内で相談しても無駄です。労働基準監督署に訴えるか弁護士に相談して上司を訴えましょう。懲らしめて精神的に追い詰めて潰すにはそうしたほうがイイです。そこまでするくらいの価値がある行動ならですけどね。そんな会社さっさと見切りをつけて辞めてしまうも効率的な人生を渡ってい行くための方法でもあります。

上司と合わないって言っても、相性が合う人間が上司になることなんてめったにないですよ ただ、パラハラとかは論外ですけどね

「上司と合わない」

と一言で言っても、かなりその状況にさがあるんですよね。

上司が普通の人で、少しソリが合わないとかだったら、まあそんなの別に耐えられるわけじゃないですか。っていうか別に上司と合わないっていってもその上司が あなたに陰湿に嫌がらせとかイジメとかしない限りは全然余裕で耐えられますしね。

厄介なのは、合わない上司があなたにちょっかいを出してくる状況ですよ。平たく言うとあなたのことが嫌いで、イジメやパラハラ、モラハラを仕掛けてくるときです。

そうなるともう、上司と言う立場もあるので、絶対に部下であるあなたに逃げ場はないですからね。

会社って場所は、なんか上司の言うことは聞くみたいなことになってますけど、パワハラとかやってもイイとはなってないですからね。でも会社って上司がイジメ、パラハラとか やってても見て見ぬふりをしている・・・・というか、逆に部下をこき使って利益を上げる上司のほうが重宝するんですよね。だからパワハラとかが社内で黙認できる 場合は、徹底的に黙認します。逆に部下の立場に立って、会社に進言した上司とかは降格されてましたしね。実際にそれを何度か見ましたよ笑。

だから、まあ上司と合わないっていいますけど、ほんとにただ上司と性格が合わないってくらいで、その上司があなたにちょっかい出してこないなら別にどうってことないはずです。

と言うか、上述したようにウマの合う、相性が合う上司なんてめったに遭遇しないですからね。学生時代に同じクラスで性格の合う奴とかが数人しかいないってのと一緒です。

それなら、退職するレベルにはならないとは思いますけどね。その合わない上司があなたにちょっかい出してくる(パワハラ、イジメ)とかの時に「退職する」っていうことになるのが現実ですからね。

まあ、たいてい反りの合わない上司ってのは、あなたにちょっかいを出し始めます。とうか、部下だから反抗とかしないですからね。(反抗する人もいますけど、その時点で 出世とかが完全になくなるので、反抗するときには考えてからしましょう笑)っていうか、あきらかに間違ってる人間とか、イジメやる人間とかに反抗できないってのは ちょっと冷静に考えてみると「異常」ですからね。

数十万円とかの手取り給料でイジメとかパワハラとかやられたんじゃたまりませんからね。そんなものに耐えるのってちょっとあまりにバカバカしいですよ。

そういう上司が異動するまで我慢できればいいですけど平均3~5年くらいは一緒にやるので、たいてい精神がやんでうつ病とかになってしまいますからね。ソースは私です笑

上司って毎日顔合わせるもんじゃないですか 家族とかよりも時間を多く共有する人間と合わないのはかなり精神的・肉体的にダメージがきますよ

上司って毎日顔合わせるもんですけからね。ぶっちゃけ家族がいる人だったら家族以上に顔を合わせることになったり、独身でも一番接する時間が多くなるってわけです。

いくら、お金を稼ぐためとはいえ、毎日顔を合わせる人間が合わない・・・・・っていうかなんかイジメとかやってくる人間てけっこう生き地獄ですよ。

私も当時パワハラ上司とかの暴言とかに毎日耐えていましたけど、これってだんだんと精神が病んできて仕事とかも当然やる気が無くなってきますし、営業をやってたんですけど、 営業成績もどんどん下降していきました。

これって完全に上司失格ですからね。部下の営業成績が落ちれば会社にとってもメリットも無いですし、その上司にとってもメリットはないはずです。

でも、なんというか「部下をイジメることで自分の存在を確認してる」「承認欲求を高めている」って感じですね。

平たく言うとそういうゴミ上司は

「部下をイジメることで自分が偉いんだ」

みたいな実感を得てるわけです。そういう上司って、一歩会社を出れば誰にも相手にされないですからね。というか今考えてみれば、そんな上司蹴りでも入れればよかったと思ってますけど、 なんか、マジメに生きている人ほど

「目上の人の有うことは聞こう」

みたいな教育を受けてますからね。いや・・・・バカの言うことなんて聞く必要なんてないんでうすよ。金もらえるからイヤイヤ従ってるだけですからね。

でもまあ金もらうためだからしょうがない・・・・・ってことですね。

そう、こういった合わない上司との付き合いがもう限界だったら、自分の状況を冷静に考えてみればいいわけですよ。ぶっちゃけ、ショボい給料でしかも、どうしようもない上司に圧力かけられてるのが「割に合うか合わないか」ってことです。

そういうイヤな上司に圧力(イジメ・パワハラ)とかやられたりすると高確率でうつ病になったりしますからね。うつ病とかになると社会復帰とかもけっこうしんどいです。これも ソースはわたしです笑。

そこまでの危険があって、その給料に見合うかどうかですね。わたしだったら年齢にもよりますけど20代から30代前半だったら労働環境を変える方向で検討します。

とまあ、偉そうに言ってますけど、私は上司のパラハラでうつ病になって退職したクチですから、ぶっちゃけそういう風になってほしくないですよ。ものすごく辛いですからね。

結局、会社を退職する理由なんて建て前はキャリアアップとかですけど、現実は8割以上が「人間関係が悪い」ってことですからね 現実なんてそんなもんです

結局、会社を退職する理由なんて、建て前は

「キャリアアップ」

とかが多いですけど、キャリアアップとか言っても実際にはそれは建て前で

「人間関係がきつかった」

「給料が安かった」

「仕事が激務すぎて限界だった」

とかっていうのが退職、転職理由のほとんどです。そういうキャリアアップを狙う人だったら、今時だったら個人で開業しますしね。サラリーマンやってる時点で年収の上限は だいたい決まってますからね。行ったとしても年収1000~2000万円くらいなので、ネットで収入を得たりする方が稼げる時代になってますからね。

話を戻すと、結局、人間関係の悪化が8割くらいの退職理由なんですよね。あとはやっぱり仕事が激務すぎるとかっていうのが多いです。まあ仕事が激務な会社はだいたい

人間関係も悪いですからね。そういう環境で仕事をするのってホントにきついものがありますからね。

だから、「上司と合わない」と言った理由で退職する人って実際めちゃくちゃ多いですよ。それは言わないだけです。だってそういう理由をわざわざ他人とか転職の際の 面接とかでバカ正直に言う人なんているわけないじゃないですか。

人間関係の悪化なんてだいだい「上司」「お局」「嫌な先輩」ってのは相場が決まってますからね。そういう輩が自分より弱い立場に人間(部下や後輩)とかに思い切り攻撃を仕掛けるってのが だいたいのパターンです。

もう、そういうのあんまり我慢する必要もないですよ。仕事ってそこまでしてやるもんじゃないです。

語弊があるかもしれませんが、仕事はしっかりやるべきですし、仕事ができるほうが言いに決まってます。私も仕事はちゃんとやりたいと思っている人間です。

だた、あんまり理不尽で体を壊したり、精神的に影響が出る(うつ病になったりする)といった人間関係に我慢してまで仕事ってするもんじゃないですよ。

このサイトで一貫して言ってますけど

自分の健康>仕事

っていう価値観でこのサイトやってますからね。自分の体壊してまで仕事とかしないほうがイイです。合わない上司に耐えまくって、精神的に病んでもしょうがないですからね。

病んだら、下手すると社会復帰とかできないくらいになってしまいますからそこは気を付けたほうがいですよマジで。

関連記事:うつ病になったら、それなりの行動をとらないとやばいですよ

うつ病になって仕事辞めたいと思った時の判断方法 会社を休職して冷静になってから決めるべき理由
うつ病になってしまって仕事を辞めたいって思うのは当然です。ただ、うつ病のときには判断力が鈍ってるのでまずは心療内科で診断書もらって2~3ヶ月休職しましょう。そうすると、冷静に判断できる状態になるのでそこで辞めるかどうかきめてくだださい。うつ病になるほど長時間労働でパラハラ上司とかいて激務な会社はやめたほうがいいんですけどね。実際にはね。

転職するにしても一人でやってるのって結構きついですし、効率も悪いですしブラック企業に捕まるかもしれないので転職ツールは使ったほうが無難ですよ

転職するにしても、一人で求人を探したりするのってかなりめんどくさいですし効率も悪いです。しかも、けっこうブラック企業の求人とかに引っかかってしまうパターンもあるので、 そこは避けたほうがイイですからね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。

また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的を得たすばらしいアドバイスをしてくれます。

転職ってやっかいなイメージもありますし、初めてだったりすると、場合何からやっていいのかわかりにくいってのもあります。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば内定は順調に取れるものです。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって、自分の目で見てみるのがベターなんですね。 ブラック企業じゃない求人があるっていう確認にもなりますし、これからやっていく仕事を選んでいくためのいい判断材料にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)