仕事できないで上司に嫌われる時の行動方法と嫌われ防止策

仕事できなくて上司に嫌われた時の行動方法と嫌われ防止策

仕事ができないから嫌われてるけどどうすればいいのかな?

仕事で嫌われないようにするにはどうやって対応すればいいのかな?

こういった疑問にお答えしています。

本記事の内容

スポンサーリンク

仕事できなくて上司に嫌われた時の行動方法

仕事できなくて上司に嫌われた時の行動方法

仕事できなくて上司に嫌われた時の行動方法は以下の通りです。

・嫌われても別にいい・仕事なんてそんなもの
・転職する

嫌われても別にいい・仕事なんてそんなもの

結論を言うと、仕事で上司に嫌われるなんて、よくあることです。

仕事ができる男でも上司とソリが合わなければ気割られますし、仕事ができない男でも、上司にこびへつらえば好かれたりすることもあります。

上司に嫌われても別にどうでもいいでしょう。

上司に嫌られることによって、あなたの評価が下がったり、パワハラされたりといった実害があまりでないのなら、そんなに気にする必要もありせん。

※仕事ができるできないとかで、給料ってあんまり変わりません。サラリーマンンの給料って、入った会社の給料ベースで決まるので仕事ができなくても、ちゃんと会社を選べば給料が上がります。

転職する

仕事ができなくて、上司に嫌れるようだったら、職場を変えればいい。

給料ベースがそこそこ高くて、仕事もそこまで高度でない仕事はいくらでもあります。

工場系の作業
ビルメン
常駐警備員
建設現場

このあたりの仕事だって、ブラック企業よりは給料がそこそこいいし、意外と仕事も楽だったりします。

ホワイトカラーの仕事のほうが上司との人間関係ってめんどくさいですからね。

求人を探す方法は転職活動する3つの方法【効率のいい活動でブラック企業に入らない】の記事にくわしく説明してるのでどうぞ。

仕事でき無いときの嫌われ防止策

仕事でき無いときの嫌われ防止策

仕事ができないとどうしても仕事を教えてくれる先輩や上司に「こいつ使えないな」と嫌われてしまうこともあります。

仕事ややる気がありますが、どうしても雑というか覚えるのが遅い人はいます。そういう人を何人も見てきました。

というか、私も仕事はそれほど早い方ではないので、仕事ができる人間にとってはもしかしたら嫌われているのかもしれません。

ただ、仕事っていうものを視野を変えてみてみると、極論を言うと「お金を稼ぐためのもの」になるわけです。

仕事ができないという人は必ずいますよね会社に。そういう人でも長年生き残ってやってる人は多いです。

嫌われつつも、なんかのらりくらりと仕事を適当にやって定年までやり過ごす・・・・という生き方をしている人もよく見かけます。

会社では価値観が「仕事できない=悪い人間」になってしまいます。

これがやっかいで、「仕事ができる=いい人間」になってしまうんですよ。そこに「人間性」や「やさしさ」とかがあまり入ってきません。

こうなるとどうなると思います?仕事ができる「だけ」の人間が出世してパワハラ上司になるというお決まりのパターンなんですね。

まず、あなたは仕事ができなくて嫌われていたとしても、別にわざとやってるわけでなく、ちゃんと仕事をやろうとしてできないならあまり気にすることはありません。

そこを気にしていると、長い仕事の人生ですぐに行き詰ってしまいます。もし仕事ができないなら、仕事を変えるなどの方法も検討してみるのがいいのかもしれません。

仕事ができないことが人間的に悪いと思われてしまうのが会社という場所

仕事ができないということがそのまま「悪い人間、嫌われる」というのが会社です。 そりゃそうです。会社は仕事をするための場所ですからね。友達を作るところでは無いからです。

そこは冷たいようですが、嫌われているということはもうしょうがないです。 そこを気にしなくなるのも、一つの生きる術なんです。

そういう「嫌われるこをとまったく気にしなくなる」と

仕事ができないということが自分でわかっていても、まったく動じないキャラになります。 ただ、そうなるといわゆる「マドギワへの仕事」へ一直線になるんですね。大切な仕事を任されなくなってきます。

このへんはあなたが、その会社でどうなっていきたいかで大きく変わってきます。

もし「仕事ができるようになりたい」なら嫌われているとしても今の仕事をじっくり自分のペースでやっていくべきです。

仕事はやっているうちに慣れますので、だんだんとだれでもできるようになってきます。 そうしていけば、徐々にですが人間関係も良くなっていきます。だれでも頑張っている人間は笑えないはずです。

でも、ひとつだけ。精神的に限界になるまではやらないでください。わかりやすいたとえで言うと「うつ病」になるまで我慢をしないでください。

そこまで我慢してしまうと、最悪、電通事件のように命を絶つ人もいます。そこまでしてやる仕事ってないですよ。

体や命のほうが全然大切ですからね。

個人的には仕事ができるとかできないとかってぶっちゃけどうでもいいです。

仕事ができても、ゴミみたいなパラハラ上司とかいますしそういう人は死んでほしですからね。私取って大事な人って私と気が合う人だけです

。いくら仕事ができてもどうしようもない人間なんて私にとってどうでもいいですからね。

だから、ほんと会社で仕事ができないとかでも気にする必要ないですね。

そういう人は人間関係の薄い仕事とかに就けばいいんですよ。

このサイトで一貫して進めている製造業の工場の仕事とかね。定時で帰れるし、残業もつくし有給使いたい放題で、ボーマスもしっかり出ますしね。

そのうえ人間関係が薄いですしね。仕事がら、仕事ができるとかできないとかあんまり言われない職場です。

関連記事:ホワイト工場はガチで美味しいですよ

製造業の工場勤務がホワイトな理由【定時帰宅当たり前】
製造業の工場勤務をしてみたいと思ってせんか?本記事では工場勤務がホワイトな理由・ブラックな工場に入らない方法・ホワイト工場に入る方法を説明しています。工場勤務したい方は必見です。

個人的には会社ってところは、イイも悪いも、仕事ができな人は「こいつダメだな」とすべてを否定される場所です。

でも仕事ができない人でも例外があって

「上司にこびへつらって出世する」

と言う方法があります。

たまにいるでしょ?

全然仕事できないのに出世してる人って。それはもう自分が仕事ができないのを自覚してるので、最初から方向性を「媚びへつらいの人生」に変えているわけです。

この方法って別に私は否定してるわけじゃありませんよ。媚びへつらうのも一つの能力ですからね。私はできませんけどね。

そう、媚びへつらうってのも生きていくうえで大事な力です。

特に会社ってところはその「媚びへつらい」がけっこう通用します。ちょっと間違ってました「日本の会社では通用する」ってことですね。

外資系企業とかでは全く通よしませんからね。実力主義ですからね。

これをやるかどうかは、個人の自由です。でもまだまだこの「媚びへつらい」をやれが仕事が全然できなくてもある程度のところまではイケます。

特にいい方法は力を持った役員(例えば次期社長候補とか言われれてるとか、切れ者の人)とかの下に就くのが美味しいです。

ただ、これをやると一生自分の意志というか、意見を言うとかそいうのを消さないといけないですし、確実に

「あいつ何にも仕事できないくせに最悪だよな」

とか部下とか同僚に陰で思われるようになります。

その代わりある程度出世もできるわけですね。これをやるかどうかはあなた次第。

でももしやるなら最初から徹底して媚びへつらったほうがイイですよ。中途半端にやるとかえって自分をみうしないますからね。私は絶対やりませんけどね、だってかっこわるいから。

仕事ができるかどうかって成長が遅い人もいます 後で爆発した営業とかを見たことがあります 地道にやってくのも意外と大事です

結論から言うと、仕事ができない人は自分がやれることをちょっとづつやっていけばいいと思います。 無理に一気にやろうとしてもできるわけないですからね。

先輩や上司は仕事の遅さにイライラするかもしれませんが、最初から8割以上を目指すのではなくて5割くらいできたら合格くらい考えて仕事をやっていくしかありません。

どんな仕事でも慣れてくればだんだん早く正確にできるようになってきます。

また、会社での人間関係は先ほど言った「仕事ができない=悪い人間」というフィルターがかかっているので、仕事ができないだけという点しか見られないです。

なので、会社の人間関係はある意味特殊なんですね。どんなに嫌な奴でも仕事が多少できれば成り立ってしまうのが会社ってところです。

なので、正直、まじめな人ほど「嫌われている」ということを意識してしまうんです。

そこはもう「どうでもいいわ」くらいの思うのがちょうどいいですよ。だって仕事してお金もらうだけでうから。

こっちはまじめに精一杯やってるんだから文句ないだろうくらいの思いでいいと思います。

ただ、それを態度に出すとダメなので、心持だけそういう心境で仕事は淡々と行うに限ります。

仕事ができなくても、のらりくらり会社で生きている人いっぱいいますよ。日本の会社って能力主義になっていると言われていますがとんでもないです。

何にもできない上司とかいませんか?ホントに会社にきて、ただうろうろして帰って言って年収1000万円くらいの人を何人も知っています。

こういう人にくらべたらあなたは仕事をやっていますよ。なのでそれほど仕事できないから嫌われているというのを気にしないほうが良いです。

そういう行動を見ている上司も存在します。とにかく淡々と自分ができるペースで仕事をやり続ける それが一番時間がかかりそうですが、一つのことをじっくりやっていくのが仕事ができるようになっていくための大事な要素なですね。

関連記事:コミュ障でもできる仕事

コミュ障でも正社員でできる仕事でお勧め編 営業に回されたら転職を考えるのが得策ですよ
コミュ障でも正社員でできる仕事はあります。一つだけコミュ障で絶対やってはいけない仕事は「営業」です。もし営業に配属されたら、転職を考えるべきですね。具体的なコミュ障でもできる仕事をご紹介しています。

嫌ってくる人が多いんですよね会社って もし耐えられなかったら転職も考えましょう

 

でも、あなたがまじめで繊細な人であればあるほど、嫌われる感情を敏感に察知してしまいいます。

そうすると先ほど言った精神的に参ってきて「うつ病」などになる危険性もあります。

朝起きるのがつらい、体の調子悪いということを自覚してきたら、その職場にい続けるのは人生においてマイナスになってしまいます。実際に会社にい前に吐き気とか頭痛腹痛が頻繁に起こる場合、そういう自覚症状が出ている場合は、うつ病がかなり重症化しているケースがほとんどです。

仕事は自分に合う合わないで大きく精神的にプラスになったりマイナスになったりしますので、体に不調が出て来たら相当、ストレスがたまっているということです。

それを感じたら、その仕事を続けるのは危険になってきます。その先に待っているのは「うつ病」で「休職」になってしまいます。そうなる可能性がある場合、転職を検討したほうが無難です。

仕事は体を壊してまでするべきではないです。これは絶体に言えます。体を壊してまでするべきではないです。体を壊すリスクと転職のリスクをくらべたら転職のリスクなど小さいものです。

仕事ができないとかはどうでもいい時代

仕事ができないとか、できるとかって個人的にはもうどうでもいいんですよ。

別にテキトーな仕事やってお金さえもらえればいいと思っています。お金を大きく稼ぎたいと思ったら、アフィリエイトとかやってネット毛稼いだ方が全然稼げますからね。わざわざサラリーマンとかやってる時代でもないんですよ。

それでもリーマンになる選択肢が圧倒的に大きい世の中なので、仕事ができないからといって

開き直ればいいんですよ。

全く仕事ができなくても普通に出世してる人とかいるでしょ?ただ上司に媚びてゴルフいってそれだけで出世とかできるですから、仕事ができない気づいたらじょうしにこびればいいんですよ。私はイヤなんでやらないです。

だから、仕事自体はできなくても会社って上司とかに媚びて生き残ることもできちゃうわけです。

そんなことで生き残れるんだったら、ほんとに悩んでるなら上司に媚びたほうがイイですよ。もう一度言いますけど、私はやらないですけどね。

それか人間関係の薄い仕事とかに転職するのも手です。ホワイト工場とかは人間関係も薄くて定時で帰れて、残業代もつくし有給も使いたい放題です。給料もそこそこもらえます。

関連記事:ホワイト工場は人間関係が薄くて定時で帰れる美味しい仕事

ホワイト工場を選ぶポイントと特徴【オイシイ仕事で給料もイイ】
ホワイト工場に入りたいと思ってませんか?本記事ではホワイト工場を選ぶポイント・ホワイト工場に入るためのツール・ホワイト工場に入るとこうなる・・・を説明しています。ホワイト工場に入りたい方は必見です。

仕事を選ぶって大事ですよ。仕事ができないって自覚があるなら、なるべく人間関係の薄い仕事をやるか職人とか自営業のほうが全然いいわけです。