転職活動する3つの方法【効率のいい活動でブラック企業に入らない】

転職活動をする3つの方法【効率のいい活動でブラック企業に入らない】

転職活動をしたいけどどうやって転職活動をすればいいのかな・・・・

転職活動の方法を知りたいな

できれば効率よくブラックな企業をさけていい会社に入りたいな・・・・

こういった疑問にお答えしています。

本記事の内容

転職活動する3つの方法

転職活動をする方法は以下の通りです。

・ハローワークを使う

・求人誌・新聞求人を使う

・転職サイトを使う

ハローワークを使う

メリット

・地元の求人がたくさんある

・退職手続きをしながらついでに求人を見ることができる

デメリット

・中小の案件が多い

・小規模な会社の求人がほとんど

求人誌・新聞求人を使う

メリット

・地元の求人が多い

・大企業から中小企業までの求人がある

デメリット

・自分で求人を捜す必要がある

・求人の評判などの情報も自分で調べる必要がある

転職サイトを使う

メリット

・大手企業から中小企業の求人が多い

・求人誌にはのらない求人がたくさんある

・求人のある会社の情報をスタッフに聞ける

・スタッフから希望の求人を紹介してもらえる(自分で求人を探す手間がはぶける)

・スタッフ企業へのアピール方法や職務経歴書や面接のアドバイスをもらえる

デメリット

・アドバイスを受けるのが苦手な人は向いていない

・スタッフと相性が悪いと転職サイトを変える必要がある

転職には転職サイトが必要な理由

結論を言うと転職サイトを使うのがブラック企業をさけつつ、安定した会社に入る方法です。

理由は、転職サイトは求人を載せる企業を「審査している」からです。

怪しい会社・ブラックな会社などは審査をして受け付けないようにしています。

また、転職サイトのスタッフは転職希望者をいい会社に入れることで、自分の給料が上がるので、アドバイスも真剣にしてくれます。

こういった理由で、転職サイトを利用しない理由がほとんどないからです。

転職サイトを選ぶポイント

転職サイトを選ぶポイント

転職サイトを選ぶポイントは以下の通りです。

・求人数が多いサイトを選ぶ

・スタッフの対応がいいサイトを選ぶ

・自分の入りたい業界に強いサイトを選ぶ

求人数が多いサイトを選ぶ

求人数が多いサイトを選びましょう。

理由は求人数が多ければ求人を比較して、自分の受けたい会社をじっくりと選ぶことができるからです。

また、求人数が多ければ、転職サイトのスタッフがあなたの希望に合った求人を紹介し約なります。

転職サイトでも求人数が少ないサイトだと、スタッフが優秀でも希望の求人がどうしてもなかったりすることもあります。

スタッフの対応がいいサイトを選ぶ

転職サイトのメリットはスタッフが希望の求人を選んで紹介してくれることです。

また、履歴書の書き方などのアドバイスももらえます。

メリットが大きいですが、どうしてもスタッフとの相性が合わないということもあります

スタッフの対応がイイ転職サイトを選べば、相性が悪い・・・・といこともほとんどなくなります。

自分の入りたい業界に強いサイトを選ぶ

転職サイトでも転職サイトごとに求人に強い業界があったりします。

商社・IT系の求人に強いサイト/製造業に強いサイト/営業職に強いサイト/医療業界に強いサイト

といった強みのある分野があります。

自分が入りたい業界の求人に強いサイトを選びましょう。

おススメの転職サイト3つ

パソナキャリア

・業界最大手の転職サイト

・求人数もかなり多い

・スタッフの対応は業界一との評判

・得意な業界IT・通信・インターネット/メーカー(機械・電気・電子)/医療・福祉医療/営業

 

【パソナキャリア】 (公式サイトに移動します)

リクルートエージェント

・業界大手の転職サイト

・求人数が圧倒的に多い

・スタッフの対応の評判もベター

・どの業界も得意だが特に都市部のホワイトカラーの求人に強い

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

マイナビエージェント

・求人数も多く幅が広い

・親切なスタッフの対応が評判

・特に製造メーカー・エンジニアの求人に強い

 

マイナビエージェント (公式サイトに移動します)

転職することで得られれる未来

・安定した会社で働ける

・給料も安定する

・時間のよゆうもできる

・精神的なストレスがなくなる

・趣味・恋愛などができるようになる

・人生にの希望が大きくなる

・人生の不安がなくなる

追記:フリーターやニート・20代の第二新卒の求人について

あなたがフリーター・ニートだったり、20代前半の若者だったりの場合の求人については第二新卒・フリーター・ニートが就職する方法【ブラック企業をさける】の記事にくわしく説明しています。

そちらをごらんください。

追記2:工場系の求人について

工場系の求人については工場の仕事に就職する方法【メリット・デメリットで説明あり】の記事にくわしく説明してるのでどうぞ。

使いやすい転職サイト

ここでは外しのない定番の転職サイトを
ピックアップしてます。

転職サイトでも大手で、
アドバイザーがしっかりしてる
優良な求人情報がある

ところです。

転職サイトをつかいながら
求人誌を見たり
友人・知人から情報集めたりするのが
効率的な良い求人の探し方かと。

 

リクルートエージェント

いわずとしれた業界ナンバー1の求人サイト

10万件以上の非公開求人

各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介

こんなオールラウンドな転職サイトです。

リクルートエージェントの公式ページはコチラ
↓↓

【リクルートエージェント】

就職Shop

コチラもリクルートキャリア運営の転職サイトですが

20代の向けの求人に特化してます。

新卒でブラックに入ってしまった20代の方に
ニーズが特別マッチしてます。

企業は100%取材 をうたってるんで
ブラックな求人の危険は低いです。

ブラックにいる20代
ブラックをすでに辞めてしまった20代

このあたりに特化した転職サイトです。

就職Shopの公式サイトはコチラから
↓↓

就職Shop

 

DYM就職

・未経験OK!既卒、第二新卒の方に優良な正社員の仕事をご紹介。
・2000社の優良企業をご紹介させていただきます。
・正社員求人100%。ブラック企業は徹底排除
・イベント来場者の就職率は脅威の96%。

このあたりをうたってる転職サイトです。

ここも

新卒でブラックに入ったけど辞めたい・・・・
新卒でブラックに入ってしまって辞めてしまった・・・

と思ってる20代の方向けの転職サイトです。

特に20代前半だと利用価値、高めです。

DYM転職の公式ページはこちらから
↓↓

DYM就職

リクナビNEXT

いちばん上の「リクルートエージェント」と同じくリクルートキャリアが

運営するサイトです。

リクナビNEXTとリクルートエージェントの違いは

「非公開求人」と「公開求人」の違いで

非公開求人→アドバイザーに求人を紹介される

公開求人→自分でさがして応募する

といったところです。

 

あとリクナビNEXTは基本「自分で」就活をします。面接うけたり履歴書も自分でやるイメージです。

リクルートエージェントだとアドバイザーから転職のコツから履歴書の書き方、求人の面接の日程調整、条件の交渉などをアドバイザーサポートする・・・・

 

とこんなちがいがあります。

自力で就活するほうがイイって方はリクナビNEXTがつかいやすいでしょう。

 

リクナビNEXTの公式ページはコチラから
↓↓

リクナビNEXT会員登録

使いやすい転職サイト

ここでは外しのない定番の転職サイトを
ピックアップしてます。

転職サイトでも大手で、
アドバイザーがしっかりしてる
優良な求人情報がある

ところです。

転職サイトをつかいながら
求人誌を見たり
友人・知人から情報集めたりするのが
効率的な良い求人の探し方かと。

 

リクルートエージェント

いわずとしれた業界ナンバー1の求人サイト

10万件以上の非公開求人

各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介

こんなオールラウンドな転職サイトです。

リクルートエージェントの公式ページはコチラ
↓↓

【リクルートエージェント】

就職Shop

コチラもリクルートキャリア運営の転職サイトですが

20代の向けの求人に特化してます。

新卒でブラックに入ってしまった20代の方に
ニーズが特別マッチしてます。

企業は100%取材 をうたってるんで
ブラックな求人の危険は低いです。

ブラックにいる20代
ブラックをすでに辞めてしまった20代

このあたりに特化した転職サイトです。

就職Shopの公式サイトはコチラから
↓↓

就職Shop

 

DYM就職

・未経験OK!既卒、第二新卒の方に優良な正社員の仕事をご紹介。
・2000社の優良企業をご紹介させていただきます。
・正社員求人100%。ブラック企業は徹底排除
・イベント来場者の就職率は脅威の96%。

このあたりをうたってる転職サイトです。

ここも

新卒でブラックに入ったけど辞めたい・・・・
新卒でブラックに入ってしまって辞めてしまった・・・

と思ってる20代の方向けの転職サイトです。

特に20代前半だと利用価値、高めです。

DYM転職の公式ページはこちらから
↓↓

DYM就職

リクナビNEXT

いちばん上の「リクルートエージェント」と同じくリクルートキャリアが

運営するサイトです。

リクナビNEXTとリクルートエージェントの違いは

「非公開求人」と「公開求人」の違いで

非公開求人→アドバイザーに求人を紹介される

公開求人→自分でさがして応募する

といったところです。

 

あとリクナビNEXTは基本「自分で」就活をします。面接うけたり履歴書も自分でやるイメージです。

リクルートエージェントだとアドバイザーから転職のコツから履歴書の書き方、求人の面接の日程調整、条件の交渉などをアドバイザーサポートする・・・・

 

とこんなちがいがあります。

自力で就活するほうがイイって方はリクナビNEXTがつかいやすいでしょう。

 

リクナビNEXTの公式ページはコチラから
↓↓

リクナビNEXT会員登録

ブラック企業からの転職
ブラ脱