30歳の転職は自己分析を徹底すべき理由 希望条件を明確にして転職活動しよう

砂時計

30歳の転職というと、年齢的には20代とは勝手が違いますよね。でも30代になったばかりなのまだ転職の年齢としては余裕があります。 30歳くらいなら未経験の求人もあり、転職する側としては30代後半に比べればかなり自由度は高いです。

とはいえ20代と違うのは「経験」「スキル」といった部分を求められることです。異業種に転職するにしても 最低限のビジネスマナーと仕事とはどういうものかや、仕事に対する粘りなど、社会人として必要なものは身についていると判断されます。

まあ30歳って「転職適齢期」なんですよ。仕事もできるようになってきてある程度のスキルもあって、しかもまだ未経験でOKの異業種の求人もあるという美味しい年齢です。30代でも30代後半とはかなり動きの自由度が高い身分になります。

そう、何が言いたいかというと「自分の希望の会社にもっとも入りやすい年齢」とことですね。

30代なら今まで仕事をやってきて、

「自分がどの程度の仕事ができるか」

「自分がどんな仕事に向いているのか」

「自分の人生においてどのくらいの賃金があればいいのか」

「自分はどうやって生きていきたいのか」

というのが、社会人経験を積むことで「現実を踏まえて」はっきり見えてきている年齢ですよね。「現実を見ている」のでより具体的に自分の入りたい会社などが分かってくる年齢です。 もちろん、今いる会社でずっとやっていくつもりならいいのですが、なかなか人生そうはうまくいきません。

30歳で転職を検討している人はここで踏ん張り時ということになってきますね。行動した人が美味しい思いをします。

スポンサーリンク

30歳では今までの働いて経験で自己分析が深くできるねんれいですからね ここで自分の適性をしっかりと把握しておくのが大事です

30歳になれば今まで働てきて自分の「適性」「仕事に対するスタンス」みたいなものがわかりすからね。平たく言うと自分の「自己分析」がやりやすい年齢です。

30歳では自己分析をやって、

仕事自体が好きなのか?嫌いなのか?

サラリーマンのままでいいのか?いずれ個人で開業したいのか?

今の会社でこのままずっといていいのか?転職すべきか?

この仕事に向いているのか?向いていないのか?

結婚したいのか?したくないのか?

もっと給料が欲しいのか?このくらいの給料でいいのか?

とかを判断できる年齢ですね。この年齢でしっかりとこのあたりを判断して、このまま今の会社に勤めるなら務める、転職するなら転職する、フリーになるならフリーになるなどの選択をしていったほうがいい年齢です。

なぜって、そりゃあ30代でも後半くらいになると、転職ってけっこう厳しくなりますからね。32~33歳くらいまでがある程度自由が利く転職のリミットですからね。それ以降の転職は現状のキャリアを生かした同業種への転職が主体になるので、たとえば異業種とか別の業界に転職したいなら30歳になったら即行動したほうが無難です。

やっぱ30歳になると仕事の悩みってのは多くなってくるので、自己分析はやっといたほうがイイですよ。転職するかしないかは別にして今後の生き方を方向付ける指標になりますからね。

関連記事:キャリアプランを成功させるには早いうちに自己分析を徹底したほうがイイ

404 NOT FOUND | ブラック企業がきらいな人のサイト「ブラ脱」
ブラック企業から脱出・入らないを目指すサイトです

30歳は「自由な転職」という意味では最後の年です 転職活動している間にたいてい31歳とか32歳になってしまいますからね

まず30歳のあなたは、「自由な転職ができる最後の年齢」ということを意識すべきです。 自由という意味は「異業種への未経験でもOKな求人がある」ということです。異業種への転職でも割と賃金が落ちない年齢でもあります。

30代後半になると、どうしても「スキル」と「経験」をもとめられるので、転職先のターゲットはどうしても「同業種」への転職が主流になります。「自由な転職」はちょっとむつかしくなってきます。

30歳では自分が転職に何を求めるかをしっかりと認識して行動しないと後悔することになります。とにかく自分が「どういう希望」を仕事に対してもっているか・・・・それが転職の条件になってきます。そこを徹底的に考えてから転職活動をするのがベターです。

このあたりがあいまいだと、行動に思い切りの良さが出なくなり、どうしても面接などで中途半端な言動や態度が出てしまうことがあります。

自分の中で条件を出しておけば、もうそこから引き下がることも無いので、思う存分転職の行動を積極的に行って行くことができます。

そのためには本当に「徹底的に」自己分析をして自分の今やりたことの条件を出していく必要があるんですね。

私も31歳で転職活動を初めて結局決まったのが32歳になってからでした。けっこう面接で落ちましたよ。やっぱり30歳前後で転職を考えてる人ってかなり多いので、転職の面接で想像していた人数よりも倍くらいの人が面接受けてるんですよね。面接受けてる人はみんなライバルなので、みんな考えることは同じなんですね。

それでも面接対策をしっかりやってからは、面接3連勝できたのでなんとか製造メーカーに内定を取ることができましたやっぱ面接対策をやるのがポイントですね模擬面接とかを転職サイトを利用してやってくのが効果が高いですよ。

関連記事:面接で落ちまくるときに改善方法

自分の転職に対する「希望」を入念に自己分析して絶対譲れない条件を絞り出そう

自分が転職に対して何を求めているのかと入念に自己分析します。

「転職して賃金を上げる」

「転職して超自我間残業のない会社に入る」

「転職して今のスキルをさらに磨ける会社に入る」

「転職して今の会社では出世はむつかしいので出世しやす会社に入る」

「転職して仕事はハードでもとにかく成果主義で賃金がもらえる会社に入る」

こういった具体的に条件を出してみて、その中で「絶対に譲れない条件」をしっかりと叩き出しておきましょう。

あんまりたくさん10個くらい条件があると逆に求人の範囲が無くなってしまうので、できれば3~4個くらいですね。

その条件に当てはまる求人を探して、企業をリサーチしていきます。転職ではどれだけ企業をリサーチして業務内容を把握していくのがキモです。面接で必ず突っ込まれるところですからね。

こういった流れでとにかく「自分の転職に対する条件」を徹底して自己分析して決めていきます。30歳で転職は人生でかなり重要な行動になりますので、なるべくなら失敗してくありません。そこで後悔しないためにも自分で決めた条件に当たはまる企業を探すべきです。そういった求人を探していきましょう。

ただ、一人でそういう求人を探す作業はかなりむつかしいです。もし会社に勤めならがそういった作業をしてくとなると正直きついものがあります。その場合は転職サイトを利用して自分の条件に合った求人を探してもらうがおススメです。エージェントは転職のプロであり優良な求人からあなたの条件にマッチしたものをしっかり選んでくれます。

転職サイトを利用して30歳の転職を効率よくやっていこう

転職サイトというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職サイト」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職サイトの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職サイトの利用がおすすめな理由になってきます。

転職サイトの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

自己分析って言うとなんか重いというかメンドクサイ感じもしますけど、上述したように、自分の向いていること向いていないことが分かってくる年齢なので、できれば向いていることとかをやっていく・・・・っていうことで調整すればいいわけです。

例えば私なんか、営業をやっていましたけど、本当に営業が嫌いで毎日ストレスをためて生きていました。営業成績はそこそこよかったんですけどね。営業の成績が上げれるのと好きか嫌いかは別問題です。別に嫌いな仕事でもやればできる人もいますし、好きな仕事でも全然できない人もいますしね。

だから私が自己分析をした結果は

「人間関係の薄い仕事」

ってことですね。それで製造メーカーを選択しました。営業とかもうコリゴリでしたからね。

もちろん製造メーカーだって、取引先と話したり、上司や同僚とかの人間関係はありますけど、基本取引先が企業間なので、営業時代みたいに、いきなりどっかのわけのわからない、おっさんとかからクレームの電話がかかってくるとかはありません。

個人的には消費者を直接相手にする営業は本当にクソです。こんな仕事やるもんじゃないですよ。それだったら取引が企業間の「BtoB」企業に入ったほうが全然いいです。

関連記事:やっぱり仕事は「BtoB」企業に限りますよ

ノルマがなくて「BtoB」の業界に入るのがブラック企業に捕まらないポイント 特許があり独自の経営をしている会社を選ぶのがベターな理由
ノルマのない業界でかつ「BtoB」の会社がホワイト企業である可能性は高いです。そして独自のノウハウは特許を持っていて、ネームバリューはないけど地道に業績をの倍している会社というのがホワイト企業の特徴です。ブラックな会社に捕まらないためにもこういったポイントを押さえて会社選びをするべきです。

そう、こういった自己分析をやれば、自分が

「こういった分野だけは嫌だ」

みたいな仕事もわかってきます。それが解かるだけでもめっけもんですよ。あとは転職活動でそれ以外の業界を当たればいいわけですから、自己分析を深くすればするほど迷いはなくなってきますからね。