30歳の転職は未経験などの条件での最後の年 希望条件を明確にして転職活動しよう

砂時計

30歳の転職というと、年齢的には20代とは勝手が違いますよね。でも30代になったばかりなのまだ転職の年齢としては余裕があります。

30歳くらいなら未経験の求人もあり、転職する側としては30代後半に比べればかなり自由度は高いです。

とはいえ20代と違うのは「経験」「スキル」といった部分を求められることです。異業種に転職するにしても

最低限のビジネスマナーと仕事とはどういうものかや、仕事に対する粘りなど、社会人として必要なものは身についていると

判断されます。

まあ30歳って「手職適齢期」なんですよ。仕事もできるようになってきてある程度のスキルもあって、しかもまだ未経験でOKの異業種の求人もあるという美味しい年齢です。30代でも30代後半とはかなり動きの自由度が高い身分になります。

そう、何が言いたいかというと「自分の希望の会社にもっとも入りやすい年齢」とことですね。

30代なら今まで仕事をやってきて、

「自分がどの程度の仕事ができるか」

「自分がどんな仕事に向いているのか」

「自分の人生においてどのくらいの賃金があればいいのか」

「自分はどうやって生きていきたいのか」

というのが、社会人経験を積むことで「現実を踏まえて」はっきり見えてきている年齢ですよね。「現実を見ている」のでより具体的に自分の入りたい会社などが分かってくる年齢です。

もちろん、今いる会社でずっとやっていくつもりならいいのですが、なかなか人生そうはうまくいきません。

30歳で転職を検討している人はここで踏ん張り時ということになってきますね。行動した人が美味しい思いをします。

行動しない人はバカを見ます。

30歳は「自由な転職」という意味では最後の年です 

まず30歳のあなたは、「自由な転職ができる最後の年齢」ということを意識すべきです。

自由という意味は「異業種への未経験でもOKな求人がある」ということです。異業種への転職でも割と賃金が落ちない年齢でもあります。

30代後半になると、どうしても「スキル」と「経験」をもとめられるので、転職先のターゲットはどうしても「同業種」への転職が主流になります。「自由な転職」はちょっとむつかしくなってきます。

30歳では自分が転職に何を求めるかをしっかりと認識して行動しないと後悔することになります。とにかく自分が「どういう希望」を仕事に対してもっているか・・・・それが転職の条件になってきます。そこを徹底的に考えてから転職活動をするのがベターです。

このあたりがあいまいだと、行動に思い切りの良さが出なくなり、どうしても面接などで中途半端な言動や態度が出てしまうことがあります。

自分の中で条件を出しておけば、もうそこから引き下がることも無いので、思う存分転職の行動を積極的に行って行くことができます。

そのためには本当に「徹底手的に」自己分析をして自分の今やりたことの条件を出していく必要があるんですね。

自分の転職に対する「希望」を入念に自己分析して絶対譲れない条件を絞り出そう

自分が転職に対して何を求めているのかと入念に自己分析します。

「転職して賃金を上げる」

「転職して超自我間残業のない会社に入る」

「転職して今のスキルをさらに磨ける会社に入る」

「転職して今の会社では出世はむつかしいので出世しやす会社に入る」

「転職して仕事はハードでもとにかく成果主義で賃金がもらえる会社に入る」

こういった具体的に条件を出してみて、その中で「絶対に譲れない条件」をしっかりと叩き出しておきましょう。

あんまりたくさん10個くらい条件があると逆に求人の範囲が無くなってしまうので、できれば3~4個くらいですね。

その条件に当てはまる求人を探して、企業をリサーチしていきます。転職ではどれだけ企業をリサーチして業務内容を把握していくのがキモです。面接で必ず突っ込まれるところですからね。

こういった流れでとにかく「自分の転職に対する条件」を徹底して自己分析して決めていきます。

30歳で転職は人生でかなり重要な行動になりますので、なるべくなら失敗してくありません。

そこで後悔しないためにも自分で決めた条件に当たはまる企業を探すべきです。そういった求人を探していきましょう。

ただ、一人でそういう求人を探す作業はかなりむつかしいです。もし会社に勤めならがそういった作業をしてくとなると正直きついものがあります。

その場合は転職エージェントを利用して自分の条件に合った求人を探してもらうがおススメです。エージェントは転職のプロであり

優良な求人からあなたの条件にマッチしたものをしっかり選んでくれます。

転職エージェントを利用して30歳の転職を効率よくやっていこう

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!