第二新卒・フリーター・ニートが就職する方法【ブラック企業をさける】

第二新卒・フリーター・ニートが就職する方法【ブラック企業をさける】

会社辞めちゃったて今フリーターだけど正社員になりたいな・・・

ニートやってるけど正社員になれるのかな・・・

どうやて就職活動すればいいのかな・・・

本記事の内容

第二新卒・フリーター・ニートが就職する方法

第二新卒・フリーター・ニートが就職する方法は以下の通りです。

・ハローワークで求人を探す

・求人誌・新聞広告で求人を探す

・就職サイトで求人を紹介してもらう

順番に見ていきましょう。

ハローワークで求人を探す

メリット

・地元の求人を探せる

デメリット

・求人の質は低い

・ブラックな会社が多い

※ハローワークは無料で求人をのせることができるので、ブラックな会社は1年中求人をのせている。

※ブラックな会社はすぐに人が辞めるので求人は1年中出している必要がある

求人誌・新聞広告で求人を探す

メリット

・求人数が多い

・地元の求人がある

デメリット

・自分で求人を探すしかない

・求人情報の会社の評判は自分で調べるしかない

就職サイトで求人を紹介してもらう

メリット

・求人数が多い

・世間に出ない求人も多い

・スタッフに求人を紹介してもらえる

・求人のある会社の評判をスタッフに聞くことができる

・スタッフに履歴書の書き方・面接についてなどアドバイスをもらえる

デメリット

・スタッフとのやり取りがイヤな人は向いていない

・全部ひとりで就活したい人には向いていない

就活サイトを使う理由

第二新卒・フリーター・ニートの場合は少し状況が特別です。

ハローワークや求人誌には若い人向け、フリーター向け、ニート向けの求人がそろっているわけではありません。

就活サイトには、若い人向けの第二新卒・フリーター・ニート向けの求人専門のサイトがあります。

また、就活サイトではスタッフが履歴書の書き方、面接のポイントなどをアドバイスしてくれるので、就活経験がほとんどない場合にはメリットが大きいです。

就活サイトでは求人をのせるのに審査をしているので、怪しい会社・ブラックな会社は審査ではじかれるようになっています。

こういった理由で、就活サイトを使わない理由がないからです

就活サイトを選ぶポイント

就活サイトを選ぶポイントは以下のとおりです。

・求人数の多いサイトを選ぶ

・履歴書対策・面接対策のサポートのあるサイトを選ぶ

・既卒・フリーター・ニートの求人だけのサイトを選ぶ

求人数の多いサイトを選ぶ

就活サイトを選ぶには、求人数が多いサイトを選びましょう。

理由は求人数が多いと求人を比較することができるので、自分に合った求人をじっくり選ぶことができます。

同じ業界・同じ仕事内容の会社でも求人数が少ないと比較することができないので、いい求人を選びにくくなります。

履歴書対策・面接対策のサポートのあるサイトを選ぶ

既卒、フリーター・ニートは履歴書を書いたり面接を受けたりする経験がどうしても少ないです。

履歴書対策・面接対策をスタッフがていねいにサポートしてくれるサイトを選びましょう。

既卒・フリーター・ニートの求人だけのサイトを選ぶ

既卒・フリーター・ニートの求人だけがあるサイトを選びましょう。

普通の総合的な転職サイトよりも、既卒・フリーター・ニート向けのサイトには、未経験でOKの求人・30歳以下の求人などが集中しています。

自分に合った求人を見るために、特化したサイトを選びましょう。

※30歳以上なら総合敵な転職サイトを選ぶほうがです。総合的な転職サイトは転職活動する3つの方法【効率のいい活動でブラック企業に入らない】の記事をごらんください。

おススメの就活サイト2つ

DYM就職2

・優良企業に絞って2000以上の求人がある

・正社員求人が100パーセント

・スタッフが無料個別相談で希望の求人を探してくれる

・企業との強いパイプがあり書類選考ナシで面接ができる

 

DYM就職(公式サイトに移動します)

 

就職ショップ

・業界大手リクルートキャリアが運営する就職サイト

・既卒・第二新卒・フリーターの未経験OKの求人が多い

・スタッフのていねいな対応がウリ

・面談の場所が名古屋がないのがネック

 

就職Shop(公式サイトに移動します)

 

 

 

 

就活サイトを使うと人生に変化が出てきます

・安定した会社に就職できる

・バイトじゃなく正社員になって生活が安定する

・お金もたまってきて生活にゆとりができる。

・生活にゆとりができるので趣味・恋愛もできるようになる。

・精神的に安定してきて人生が前向きになる。

・人生が豊かになって笑顔が増えてくる

・生きていてよかったと思えるようになる。

使いやすい転職サイト

ここでは外しのない定番の転職サイトを
ピックアップしてます。

転職サイトでも大手で、
アドバイザーがしっかりしてる
優良な求人情報がある

ところです。

転職サイトをつかいながら
求人誌を見たり
友人・知人から情報集めたりするのが
効率的な良い求人の探し方かと。

 

リクルートエージェント

いわずとしれた業界ナンバー1の求人サイト

10万件以上の非公開求人

各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介

こんなオールラウンドな転職サイトです。

リクルートエージェントの公式ページはコチラ
↓↓

【リクルートエージェント】

就職Shop

コチラもリクルートキャリア運営の転職サイトですが

20代の向けの求人に特化してます。

新卒でブラックに入ってしまった20代の方に
ニーズが特別マッチしてます。

企業は100%取材 をうたってるんで
ブラックな求人の危険は低いです。

ブラックにいる20代
ブラックをすでに辞めてしまった20代

このあたりに特化した転職サイトです。

就職Shopの公式サイトはコチラから
↓↓

就職Shop

 

DYM就職

・未経験OK!既卒、第二新卒の方に優良な正社員の仕事をご紹介。
・2000社の優良企業をご紹介させていただきます。
・正社員求人100%。ブラック企業は徹底排除
・イベント来場者の就職率は脅威の96%。

このあたりをうたってる転職サイトです。

ここも

新卒でブラックに入ったけど辞めたい・・・・
新卒でブラックに入ってしまって辞めてしまった・・・

と思ってる20代の方向けの転職サイトです。

特に20代前半だと利用価値、高めです。

DYM転職の公式ページはこちらから
↓↓

DYM就職

リクナビNEXT

いちばん上の「リクルートエージェント」と同じくリクルートキャリアが

運営するサイトです。

リクナビNEXTとリクルートエージェントの違いは

「非公開求人」と「公開求人」の違いで

非公開求人→アドバイザーに求人を紹介される

公開求人→自分でさがして応募する

といったところです。

 

あとリクナビNEXTは基本「自分で」就活をします。面接うけたり履歴書も自分でやるイメージです。

リクルートエージェントだとアドバイザーから転職のコツから履歴書の書き方、求人の面接の日程調整、条件の交渉などをアドバイザーサポートする・・・・

 

とこんなちがいがあります。

自力で就活するほうがイイって方はリクナビNEXTがつかいやすいでしょう。

 

リクナビNEXTの公式ページはコチラから
↓↓

リクナビNEXT会員登録

使いやすい転職サイト

ここでは外しのない定番の転職サイトを
ピックアップしてます。

転職サイトでも大手で、
アドバイザーがしっかりしてる
優良な求人情報がある

ところです。

転職サイトをつかいながら
求人誌を見たり
友人・知人から情報集めたりするのが
効率的な良い求人の探し方かと。

 

リクルートエージェント

いわずとしれた業界ナンバー1の求人サイト

10万件以上の非公開求人

各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介

こんなオールラウンドな転職サイトです。

リクルートエージェントの公式ページはコチラ
↓↓

【リクルートエージェント】

就職Shop

コチラもリクルートキャリア運営の転職サイトですが

20代の向けの求人に特化してます。

新卒でブラックに入ってしまった20代の方に
ニーズが特別マッチしてます。

企業は100%取材 をうたってるんで
ブラックな求人の危険は低いです。

ブラックにいる20代
ブラックをすでに辞めてしまった20代

このあたりに特化した転職サイトです。

就職Shopの公式サイトはコチラから
↓↓

就職Shop

 

DYM就職

・未経験OK!既卒、第二新卒の方に優良な正社員の仕事をご紹介。
・2000社の優良企業をご紹介させていただきます。
・正社員求人100%。ブラック企業は徹底排除
・イベント来場者の就職率は脅威の96%。

このあたりをうたってる転職サイトです。

ここも

新卒でブラックに入ったけど辞めたい・・・・
新卒でブラックに入ってしまって辞めてしまった・・・

と思ってる20代の方向けの転職サイトです。

特に20代前半だと利用価値、高めです。

DYM転職の公式ページはこちらから
↓↓

DYM就職

リクナビNEXT

いちばん上の「リクルートエージェント」と同じくリクルートキャリアが

運営するサイトです。

リクナビNEXTとリクルートエージェントの違いは

「非公開求人」と「公開求人」の違いで

非公開求人→アドバイザーに求人を紹介される

公開求人→自分でさがして応募する

といったところです。

 

あとリクナビNEXTは基本「自分で」就活をします。面接うけたり履歴書も自分でやるイメージです。

リクルートエージェントだとアドバイザーから転職のコツから履歴書の書き方、求人の面接の日程調整、条件の交渉などをアドバイザーサポートする・・・・

 

とこんなちがいがあります。

自力で就活するほうがイイって方はリクナビNEXTがつかいやすいでしょう。

 

リクナビNEXTの公式ページはコチラから
↓↓

リクナビNEXT会員登録

ブラック企業からの転職
ブラ脱