会社が潰れそう業績悪化が退職理由の時の転職方法 会社の悪口はNGな理由

座って悩む男

会社の業績が悪化してきた。これはマジでやばいもうこの会社にいても未来はない・・・ そうなると当然転職を考えますよね。退職したり仕事を探したりするのは当然の行動です。

でもその転職をするにしても、業績悪化のでの退職の場合はあまり前の会社を悪く言うことは面接でのイメージが悪くなります。 もちろん、業績悪化で転職なんてよくあるパターンですから、それをストレートに伝えてもいいんですけど、言い方を間違ったりすると、

「前の会社の会社の悪口を言っている」

という風に面接官に取られてしまう可能性もあります。そうなるとちょっと面倒ですよね。そのあたりをうまく面接で退職理由をなるべく前向きなものに変えていく必要があります。まあ、ここまで面接って気を使ったほうがイイんですよね。そういう気遣いがある人が面接をクリアーしていくことができます。

たしかに退職理由で「会社がつぶれそう」「今の会社が業績が悪化したから」ってのはよくあることですし、それを退職理由にするのは別にいいですけど、面接でそれを、今務めてる会社がなんか悪いような感じで言うのがNGってことです。

仮に事実であったとしても、たとえば人の悪口言う人ってやっぱり印象悪いでしょ?特に面接なんで長くても30分くらいなんですから、あなたの印象だけで結果が決まってしまうってのがありますからね。

ぶっちゃけ面接なんてポジティブなことだけ言っておけばいいわけです。人間なんて実際ネガティブな人も多いですしね。そこは演技力です。面接対策して模擬面接を何回かすればそこなたいていの人がクリアーできるので、面接対策をしたいなら転職サイトに相談するべきですね。

 

関連記事:面接で落ちまくる時の対応方法

スポンサーリンク

やっぱり今までいた会社の悪口はタブー 退職理由はうまく作ってみるのがベター

普通は、退職理由を言うときには前にいた会社の悪口はタブーです。

どんなにゴミのようなブラック企業だったり、奴隷のようにこき使われていても、

「前の会社は最悪だった」

「もう二度とあんな会社はこりごり」

「上司の人間性が最悪だった」

「業績が悪くて給料も安かったのでやめました」

「業績が悪く会社として機能していませんでした」

といったストレートに悪口に聞こえるようなことは言わないほうがいいです。事実だったとしてもこういう表現で面接官も気分がよくないですし、あなたも言っていると気分良くないでしょ? こういう「悪口風」の表現はしないほうがイイです。特に面接では気を付けたほうがいいです。ついつい調子に乗ってしゃべってしまう人はこのあたりは気を付けておきましょう。

とはいえ退職理由は絶対聞かれますので、例えば

「今の会社が業績が悪化してきています。そのためできる仕事の幅もだんだんと狭くなってきて、今の会社では自分のやりたい仕事ができなくなってきています。

私は御社の仕事の○○のような仕事をやりたいのですが、今の会社ではそれが不可能になってきています。

そのため、厳しい選択ですが、今の会社を離れて仕事をしていこうという選択をしました。」

こういう感じで、業績悪化の部分を利用して前向きな転職理由にしていくのがベターですね。

とにかく、面接のポイントはどんなことでも「前向きな表現」をしていくのが重要です。後ろ向きな言葉が「全くない」のが理想ですね。キレイごとなんですけど、面接ってそういうもんです。

こういった「前向きな」表現をどれだけ事前にシュミレーションして準備していくかで面接がうまくいくか失敗するかが決まります。とにかくシュミレーションです。これも普通にポジティブな言葉ばかりでうまるように大体のストーリーを考えて、模擬面接をすればたいてい誰でもできるようになります。

もう一度言いますけど、人間なんてそんなにポジティブ全開な人なんて少ないでしょ?実際は。だから面接はポジティブな人間を演じることがものすごく大事なポイントになります。

やはり前にいた会社をフォローしながら退職理由を作り出すのがいいですね

やっぱり、業績悪化した会社をフォローしながら退職理由を表現するのがイイですよね。

例えば、

人間関係や仕事内容はいい会社ですし私の仕事も充実していました。しかし、会社の経営が悪化してきて私周りの人間が退職していきました。このままでは私の生活も不安定なままで厳しい状況になり転職を決意しました。」

と前半にフォローを入れていますよね。とにかく前の会社のフォローを入れておかないと印象が悪くなりますしね。

先ほども言いましたが「会社の仕事は前向きにやっていて、問題はないのですが会社の業績が悪化してきたのでやむなく転職を決意した」というニュアンスをかもしだすのがキモです。

現実は、会社の業績も悪く上司もゴミで、仕事内容も超ブラックでどうしようもない会社だったとしても、こういう風に面接では前の会社のフォローは入れておいたほうがイイです。

面接官もそのあたりは、建て前というかわかっています。ただ、どれだけ前向きな気持ちで、面接の臨んでいるか。どれだけ気持ちを入れ替えて面接に臨んでいるかというところを面接官は見ています。

もう一度言いますけど面接では、前の会社のフォローを入れつつ業績悪化のことを伝える、後ろ向きな理由での退職理由はNGということは大事なポイントです。

退職理由を考えるのに悩んだら悩んだら転職サイトに相談してみよう

退職理由を一人で考えてみても、どうしてもうまく思いつかない・・。ということもあります。 その場合は転職サイトに登録してエージェントに退職理由についてアドバイスをもらうのがおススメです。

エージェントはその道のプロなので、あなたの状況に応じて的確なアドバイスをしてくれます。 転職というと一人で求人を集めて履歴書を書いて面接対策をするというなかなか手間のかかることが多いです。

転職サイトを利用して、求人を集めてもらったり履歴書の書き方や面接対策の方法を教えてもらのが時間的にもかなりの効率アップにつながります。

転職サイトというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職サイト」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職サイトの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職サイトの利用がおすすめな理由になってきます。

転職サイトの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

会社が潰れそうなら、そういった退職理由は普通に面接でも言ってもイイですけど、そこはホントにサラッと言うくらいがちょうどいいです。

そもそも面接官も退職理由なんてネガティブなものだってわかってますよ。会社がつぶれそとか、そもそもブラック企業だから嫌だから辞めたとか、パラハラ上司にいじめられたとか、給料が安すぎて最悪だったとか、ネガティブな要素があるから会社を退職するわけですからね。

そんなの分かっていますけど、そこは社交辞令でなんかテキトーに「スキルアップのため」「今の仕事では自分が成長しないため」とか言っておけばいいわけですからね。そこでポジティブなことを言えないようでは、営業とかはできませんよ。

営業とかはホントいイイことしか言わないですからね。ノルマのために「これほんとに役に立つのか?」とか疑問に思う商品でも売らなくてはいけないので、自分の思っていることなどとは逆のことを言ってお客さんに売り込まなければいけません。

仕事やってるとほんとに建て前係ですからね。面接はそういった建て前の真骨頂になります。ハッキリ言って長くて30分くらいですからね面接って、いくらでも演技で乗り越えられる時間です。普通に演技だけしてれば簡単に演じ切ることができる時間ですからね。

だから、面接って模擬面接とかやって自分でシュミレーションしてる人が勝つわけです。逆に何も対策しないで、模擬面接とかしてない人は永遠に面接って落ち続けますよ。30分以内の勝負なんていかにシュミレーションしたかどうかで決まってきます。

あと、もう会社がつぶれそうな退職理由で懲りてると思いますけど、会社を選ぶときには、会社のんイメージとか規模とかじゃなくて「成長性」を重視してくださいね。

会社が大きくても最近では大企業が海外資本に乗っ取られたりしまくってますからね。大きな企業っていもう伸びしろが無いので、あとは衰退していくだけってことですからね。

そもそも、会社を選ぶときに、時代遅れのビジネスモデルとか、明らかに売れないような商品をこだわって売っている会社とかもうダメですからね。現代は情報の流れが速いので、昔に比べて商品の寿命と過も短くて、ビジネスモデルも流動的に変えていかないと追いつかないわけです。

まあそのあたりは、これから成長していくであろう会社を見極める必要があります。

関連記事:会社を選ぶならイメージや規模じゃなくて成長性で選びましょう

大企業に入社して後悔する理由 会社の「規模」で見るのはやめて「仕事内容」「成長性」で会社選びをしないとダメ
大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

このあたりのことを押さえておけば、今度は会社の業績が傾いてくるようなことは無いと思いますけどね。