正社員になりたくない20代に言いたいこと 30代40代の派遣・バイトの現実を知ってほしい

正社員になる

20代で正社員になりたくないっていうのはよく聞きますね。よくある理由としては

・残業とかしたくないしね

・責任が重いからいやだ

:だって正社員になったら長期の休みとかもう取れないでしょ?

:そもそも働くのは嫌なんだから正社員とかムリだ

 

こういった理由が多いでしょう。

個人的には、個人の自由なんで正社員だろうた派遣・バイトとかでもどっちでもいいと思っています。その人の人生ですしどう生きようと全くどうでもいいです。

しかし、私だったら派遣・バイトで働いていくのは嫌ですね。男ですし、女性だったら結婚とかで収入のある男性とか捕まえればそれでもいいかしれませんけど、

男だとその方法もなかなか蒸すかしいですしね。女性だって結婚とか失敗したらけっこうキッツい状況になっていきます。

私もぶっちゃけ働くのとか大嫌いなんですよ。金さえあればまったく働かないでしょうね。仕事を生きがいとかにする人とかってちょっと頭おかしいんじゃないかと思うくらいです。音楽家とか芸術家とか役者とかプロスポーツ選手とかそのあたりだったら、仕事が生きがいでもいいような気がしますけど、

普通にリーマンやってて仕事が生きがいとか仕事が中心とかバカなんじゃねえの?とか思うタイプの人間ですからね私ってね(;´Д`)

それでもさすがに、派遣やバイトで働いていこうとは全く思いません。だって派遣やバイトのメリットって

「人生の20代くらいだけのちょっとだけ正社員よりも自由な時間がある」

ことだけなんですからね。この一点というか一つだけです。その割に派遣・バイトにはデメリットが細かく上げれば男十個もありますからね。

だから、仕事が嫌いな私でもさすがに派遣・バイトで働いていこうとは全く思いません。

 

関連記事:30歳までに正社員にならないと人生が詰む理由

20代後半のフリーターやニートが正社員に就職しないと人生が詰む理由 効率的で賢いホワイト企業への就職方法
20代後半でフリーターニートのままでそのまま30代になると人生が詰みます。正社員になるのが難しい、きついと嘆いているだけで現実から目をそらしているとそのまま一生バイトや派遣で生活することになります。20代後半のフリーターでも就職できないというのは間違いで、普通に準備と対策をすれば内定を摂れる理由をご紹介しています。

まず、正社員と派遣・バイトって結構おんなじ仕事してませんか?それでボーナスとか有休休暇とかの違いで年収に200万円以上の差が出ますよ

あなた派遣・バイトとかで働いていても、けこっこう仕事きついですか?というか以外と正社員と同じくらいの仕事やらさてるでしょ?

飲食業のバイトとかでも、けっこう正社員並みに仕事やらされてる人とかいますしね。私の勤めてた製造業とかでも工場現場で正社員と派遣がやってる仕事って「同じこと」やらされてましたよ。派遣社員だからって正社員よりも楽な仕事をやらされてるってわけじゃないんですよ。

そりゃ、正社員よりもいざとなった場合の責任とかって違うわけですけど、正社員だってそんな「責任」を追う場面なんてめったにないです。

というか、正社員やっててそんなに責任負わされるほどのミスってしないですよ?会社に何千万とかの損失を与えるとかっていうミスをしても正社員ならクビにならないで例えば左遷される程度です。逆に派遣とかならちょっとミスしただけでソッコーで首になりますからね。

これって逆に派遣とかバイトとかのほうが仕事の責任に対してリスクあるんじゃねーの?と思いますしね。

そんなに正社員と派遣・バイトの労働のキツさの差が無いのに、年収だと200万円は差が出ます。これて・・・・正社員が嫌だっていってるくらいですから働くのってライですよね?私も働くの嫌いです。

でも、どうせ働くなら、時間効率を考えると同じ一年でも200万円とかかせげるがくがちがってきます。そして年齢が上がれば上がるほど

この差は開いてきて40代50代になると、正社員と派遣バイトの年収の差は300~500万円とかになりますからね?

この金額を貯金できると思ったらどうなると思います?老後とかもそうですけど、お金があれば働かなくてもいいので、定年とかを待たずに50歳とか

55歳とかでセミリタイアする人もけっこう多いです。独身ならば40代とかでセミリタイアしてる人も多いですよ。

お金を貯めることができれば人生トータルで働く時間を少なくすることができます。

どのみち20代30代くらいは働かなきゃいけないわけですから、時間効率のイイ方法で働くのが良いわけです。派遣・バイトは最も時間効率の悪い働き方です。

結局、人生のスパンで見ると全然正社員のほうが楽な人生を送ることができる 30代から正社員と派遣・バイトの状況は一変する

人生のスパンで見ると20代くらいの一点で見ると、多少自由がきく派遣・バイトのほうがいいように思われます。

そのうち派遣・バイトだと金が貯まらない、それどころか普段の生活もイッパイイッパイだから正社員になろうと思うときが来るわけですよ。

しかし、その時30代とかになってたら正社員になるのってかなりむつかしいです。30代の前半くらいまでがギリギリですね。ずっと派遣・バイトをやっててそこから正社員になろうとするのは30代前半くらいまでがリミットです。

私の知人とかでもギリギリで気づいて30歳前後で正社員になった人もいますけど、そのまま正社員になれずに派遣・バイトで40代とかになってる人もいます。

派遣・バイトのままで40代になった人の生活を見れば、派遣・バイトとかがキツいってのがよくわかすからね。

40代くらいになると、周りの友人知人は正社員だとそこそこの給料をもらうようになるわけですね。年収500~550万円くらいですからね40代になると。管理職になってれば700~1000万円の年収になりますからね。

一方派遣・バイトだと年収は240万円とかですからね。しかも40代くらいになると派遣・バイトの仕事ですら雇ってもらえなくなります。

そりゃそうですよ。コンビニバイトだって40代のオッサンとかを雇うよりも大学生とか20代を雇いますからね。わざわざ、動けないオッサンとかを雇うバイトとかありません。

そう、40代以降になると派遣・バイトの仕事すらなくなってきます。そうなると「生きていくだけ」でもきつくなってきますからね。

実際に40代で派遣バイトやってる人はもう今後の人生でお金がたまっていくことはほとんどありません。普段の生活だけで精いっぱいで貯金どころじゃあ無くなりますしね。

それをちょっと想像するだけでもかなりキツイ状況です。そういう人を何人も見ていますけど、まあ、楽しそうにやってる人もいますよ。無理してる感がかなり出てますけどね。

もう一度言いますけど、私は働くのは嫌いですけど、派遣バイトをやるつもりは一切ないです。時間効率も悪いうえに人生スパンで見るとあまりにデメリットが多すぎるからです。これは現実なのでしょうがないことなんですね。

 

関連記事:生涯年収を上げる方法

サラリーマンが生涯年収を上げる方法 結婚相手を選ぶ・出世か転職が副業がポイント
サラリーマンが生涯年収(生涯賃金)を上げるための方法をご紹介します。前提はブラック企業を脱出しているのが大前提ですね。そこから正社員同志で結婚するか、まともな会社で出世するかの二択です。もしくはネットでアフィリエイトなどで副業をやるのも一つの手です。夢のない選択ですけど、生涯年収をサラアリーマンとして上げていくにはこれしかありません。

派遣・バイトは人員整理のための要因ですからねいつでも切られます そして年齢が上がると派遣・バイトでも雇われなくなりすよ

以前の会社で私は派遣の人員管理の仕事をいていました。製造業の工場現場では派遣の人数の調整で人員のちょうじりを合わせています。

生産量が増えて作業員が足りない場合は派遣を雇って、生産量が減れば派遣をクビにして人員を減らすっていう単純な人人調整です。

これでものすごく印象に残っているのがやっぱり「リーマンショックの時の派遣切り」です。

この時は派遣社員が120人くらいいたんですけど「全員首切り」ですよ。120人一週間くらいで無職です。

しかも、普通だったら派遣で首を切られたらほかの派遣先とかを紹介してくれるもんですけど、リーマンショックの時にはホントどこの派遣先も人員

なんていらないですからね。1年以上無職になるケースが多かったです。

そのとき派遣社員でも飲みに行ったりする奴とかもいたので、聞いた話だと

「家を売った」

「離婚した」

「食うこともできない」

「こんなことなら正社員になっておけばよかった」

「田舎に帰って仕事を探してみる」

「死にたい」

と言ったよう感じでした。急に収入がなくなるってのはかなりキツイ状況です。

リーマンショックの時でも正社員なら普通に首をられることは無いですからね。景気自体が悪くなると派遣やバイトだとどこもいらないって状況も

起こります。そのあたりとか考えたことがあります?ホントにリーマンショックの時って地獄絵図でしたよ。

派遣社員にクビだというこをと言うと、泣きつかれたり、何とかならないか?とか土下座されたりしましたけど、私も会社からの指示でやってるだけなので、どうすることもできないわけです。

本当にあの時のことってトラウマですよ。この時にも絶対派遣社員をやるのは避けたほうがイイというのがもう心に刷り込まれましたね。

 

関連記事:派遣社員は人員調整のコマです

20代後半のフリーターやニートが正社員に就職しないと人生が詰む理由 効率的で賢いホワイト企業への就職方法
20代後半でフリーターニートのままでそのまま30代になると人生が詰みます。正社員になるのが難しい、きついと嘆いているだけで現実から目をそらしているとそのまま一生バイトや派遣で生活することになります。20代後半のフリーターでも就職できないというのは間違いで、普通に準備と対策をすれば内定を摂れる理由をご紹介しています。

別に正社員になってみて本当に嫌だったら正社員辞めて派遣やバイトにもどればいいだけですからね 

20代くらいだと正社員になりたくないってのもわかりますけどね。新名の人生なので好きな生き方をしたほうがいいですしね。

しかし、派遣やバイトだと経験上本当に悲惨なことが待っていますからね。それはあなたも気づいているんじゃないですかね?

それに、正社員てなりたいと思っても30代後半以降だとなることができないですからね。そうなってからだとどうでしょう?後悔するんでしょうかね?

もう一度言いますけど、私ならホント時間的な効率が悪すぎて派遣・バイトなんてできませんよ賞与も無いですしね。同じ時間を使うならお金稼いでお金貯めたほうがイイと思っていますからね。

正社員がいやなら、一度やってみて嫌なら辞めればいいんですよ。ぶっちゃけていうと派遣・バイトも正社員もそんなにきつさって変わらないですよ。

だって、学生時代にやってた飲食店のバイトのほうが正社員時代の仕事よりもきつかった記憶があります。

正社員もブラック企業じゃあ話になりませんけど、普通の会社ならそれなりに働けるもんですよ実際にはね。

正社員になる場合には、転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスを手してくれます。

転職って難しいというイメージがありますし、初めての場合何からやっていいのかわからないってのもありますからね。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがいいですね。ブラック企業じゃない求人があるという確認もできるし、これから自分がやっていく仕事を選ぶ判断材料にもなりますからね。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから