転職で長く続けられる仕事を探す方法 一生続ける仕事を探すのは大事です

指さす男

やっぱり仕事を生活をしていくための手段と考えると、「長く続けられる仕事」を選ぶのは当然の選択ですね。

あたなはそういう仕事に就きたいと思っているわけですよね。じゃあ、そういう仕事を探していくためにはそういうポイントがあるのでしょう?

これってかなり個人差がありますけど、結局、人間だれしも年を取ってくれば体力と気力が衰えてくるわけじゃないですか。

だから長く続けられる仕事って体力と気力が消耗しにくい仕事なんですよね。私の軽い頭脳だとそういう考えになってしまいます。でも、私もサラリーマンやってきて、そう思うんですよね。

好きな仕事なら長続きするとか、よく言われがちですけど、どんだけ自分が好きな仕事に就ける人っています?そんな人あんまりいないですよね。現実を舐めちゃあいけません。やっぱり現実を考えると気力体力が消耗しにくい会社を選ぶべきだと思うんですよ。

キレイごと言っていていもしょうがないので、やっぱり長く続けることができる仕事ってのは、ユルイ仕事ですね。楽な仕事です。と言うか仕事って楽な仕事ってあんまりないですけど基本スタンスは「ブラック企業にさえ引っかからなければなんとかなる」ってことです。

日本人はもともとまじめで仕事を黙々とやる気質なので、メチャクチャ激務とか異常な長時間労働とかの労働環境がゴミレベルでない限り長期で続けることはできるもんなんですね。

ブラック企業は論外ですけど、長く続けるには「体力」「気力」の二点が消耗しにくい仕事をイメージする必要がります

頭痛の男

まず、ブラック企業にハマるというのは、ここでは「論外」ということにします。ブラック企業ハマるのは長く仕事を続けるには100%無理ですからね。

そこで、長く続けられる仕事というのは、「体力」と「気力」消耗しにくい仕事です。シンプルに考えてください。

個人差はありますが、年齢を重ねると「体力」と「気力」はだれでも消耗していきます。

30代40代になっていくと、けっこう体力・気力は消耗しますよ。仕事を続けていくにはこういった「体力」「気力」が消耗が少ない仕事がもとめられます。

じゃあ、体力気力が消耗する仕事を見てみましょう。まずイメージできるところを上げてみます。

ノルマのある営業
ルート営業
接客業
コンビニ店長
中間管理職
飲食業
ホテル業
仕事のキツイ製造業の生産ライン
金融業(細かい)
国家公務員
外資系企業(給料はイイが・・・)
アホなパワハラ上司がいる会社
バカなリーダーのいる会社
キチガイな同僚のいる会社

とまあ思いつくのはこんな感じですかね。これって共通点を見ると

「対人の仕事」
「仕事自体に動きがある(体を使う)仕事」
「身近にいる上司や同僚がクソだとキツイ」

ということですね。

こういった要素がなるべく少ない会社が「長く続けられる仕事」ということになります。

長く続けられるのは

「あまり人とのかかわりが少ない仕事」
「仕事自体の肉体の負荷が少ない仕事」
「身近にいる上司や同僚がイイ人である確率の高い職場」

ということになります。まあ主観入ってますけどね。間違いじゃないでしょう。

「でも、人と関わり合いの無い仕事ってどうなの?」

とかいう意見もあるかもしれませんけど、会社を転職したい理由の9割が「人間関係の悪化」です。

転職の表向きの理由って、「キャラアップ」とか「スキルを上げたい」とかですかど、それは建て前で実際は「会社での人間関係が悪化した」というパターンがほとんどなんです。これ現実ですから怖いですよね。

まあ人間関係って思っている以上にめんどくさいですよ。特に「仕事」って割り切るとお金をもらうためのものじゃないですか。

そこに「人間関係」ってのが余分に入ってくるとやっぱり長続きしません。このくらいの仕事に対する割り切りは必要ですよね。

結局上述してることをまとめると「BtoB」企業、いわゆる取引先が会社どうしての仕事ってのが選択肢に上がってきます。

逆に「BtoC」企業・・・・相手をするのが個人の仕事(接客業、介護、販売、保育、営業の仕事全般)とかは結局人間同士がからんで仕事が増えて、ストレスもたまりノルマもある仕事が多いわけです。

できれば製造メーカーなどに代表される「BtoB」企業を選択するっていうのが、長く続けていく仕事をやっていくうえで大事な選択の基準の一つになるわけです。

関連記事:仕事は「BtoB」企業を選ぶべきなんですね

ノルマのない業界でかつ「BtoB」の会社がホワイト企業である可能性は高いです。そして独自のノウハウは特許を持っていて、ネームバリューはないけど地道に業績をの倍している会社というのがホワイト企業の特徴です。ブラックな会社に捕まらないためにもこういったポイントを押さえて会社選びをするべきです。

長く続けられる仕事を自分でイメージしてみましょう そうするとやっぱり人間関係が薄くてあれこれ言われない仕事ってのが筆頭に上がってきますよね(;´Д`)

気楽なサイクリング
先ほど言った

「あまり人とのかかわりが少ない仕事」
「仕事自体の肉体の負荷が少ない仕事」
「身近にいる上司や同僚がイイ人である確率の高い職場」

ここから私の主観で職業を上げてみます

職人
製造業の割と楽な生産ラインでの仕事
事務職
生産管理の仕事(激務でない)
いい先生のいる会計事務所などの士業のスタッフ
自分でやってる自動車修理工場
仕事のユルい定時で帰れる会社全般

とこうなります。いやあ少ないですか?

最後に「仕事のユルい定時で帰れる仕事」というのを書きましたけど、結局最後はここに集約されますよね。

そう長く続ける事ができる仕事って「仕事がゆるーくて定時とかで残業があまりない仕事」につきます。こういう仕事なら、仕事がゆるいのでその職場の人のストレスも少なく人間関係も割と良好です。

こういう会社を選ぶしかないですね。結論言っちゃうとすべてここに集約されちゃうんですよ。

余談ですけど、製造メーカーの工場とかは「定時で帰れて有休もも消化できて、給料もそこそこいい」っていう仕事です。これってあんまり知られてないというか工場ってイメージだけで敬遠されるんで、やってみると定時で帰れるってのがメッチャ助かりますからね。詳しくは下記の記事を参照にしてください。

関連記事:ホワイト工場は美味しし仕事ですよ

製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

当たり前ですが長く続けられる仕事の大前提は「人間関係」が悪くならない組織これにつきます

結論から言うと結局「人間関係」なんですよね仕事って。仕事で長く続ける秘訣は「人間関係を良く保つ」というのにつきます。

そのためには、差いいほどの「仕事がユルくて定時で帰れるような仕事」を選ぶのが最善です。

そうこういう仕事なら働いている人のストレスが少ないので、その結果、人間関係も穏やかになってそれほど荒れることが少ないからですね。

あなたは仕事を「長く続ける」ということを選択するなら、こういう選択をするのが必須です。

ジブの好きな仕事でバリバリ仕事をしながら、しかも長く仕事を続けるとかもいいですけど、あまり多くの希望を転職に求めると挫折します。全部はかなえられないんですよ。実際は。

ただ、「仕事がユルくて定時で帰れるような仕事」っていうのは探すとけっこうあります。

そういう条件の仕事に絞って転職活動するのが一番です。そのほうが「確実です」

ただ、その条件を満たす求人を一人で下がるのって「苦行」ですよ。なかなか無いですからね。というか世にでにくいです。

そんな場合は転職エージェントにさがしてもらうのが一番です。この辺りはプロなので、希望を言えばそれに合った求人を探してくれます。求人はエージェントが審査してるのでブラック企業とかないですし、安心感があります。

間違ってもハローワークとかで探さないくださいね。ブラック企業ばっかりで悲惨な目にあいますよ。

関連記事:ハローワークでの転職相談は絶対NGな理由

ハローワークで転職活動をするのはやめたほうがイイです。求人の質が企業が多くて、職員も派遣や嘱託社員なので本来仕事にやる気がありません。ブラックな求人を紹介されて終わり・・・と言うケースが多いです。その点民間の転職エージェントが転職相談するには効率がイイかの理由をご紹介しています。

長く続けることができる仕事を探すには転職エージェントの利用は必須ですよ

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)かリクルートエージェントを選択しましょう。

JAC Recruitmentもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

JAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

JAC Recruitment(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

やっぱり、長期で仕事を続けていくなら、ストレスの少ないユルイ仕事を探すのが一番です。なぜか日本人て燃え尽き願望?なぜか自分からキッツい環境を好んで選択するような人もいますよね。

それとか我慢するのがかっこいいとか、仕事をやって死ぬならかっこいいとか意味不明な社畜洗脳されてる人とかこんなに情報がいくらでも入る時代にまだいますからね。仕事は楽ほうがいいです。そういうことが分かってない人は、本当にブラックな会社で地獄を見たことが無い人だからです。一度でも地獄を見た人なら、仕事なんて楽なほうがイイにきまってるって思いますからね。

そのあたりはちゃんと現実に生きていくために長期で可能なら一生働いていける会社を選んでいってください。きれいごとばっかりいってると後で後悔しますよ。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!