ブラックな仕事は1か月で辞めればいい そうしないと逆に行動が遅くなって後悔します

綱渡りするスーツの男

会社を1ヶ月で辞めるって、かなりネガティブな感じでそんなやつ「根性無しだ」とかいう情報もたくさんあります。

でもねえ、実際は今時行動が早いほうがイイですよ。1ヶ月で辞めたくなるって会社も相当ひどいと思いますよ。

別に新入社員のあなたの肩を持つわけじゃあないですけど、新人の根性が無いってのもたしかにあるけど、会社の方がひどいってパターンも今時はかなりありますよ。

世の中の6割くらいはブラック企業ですからね。6割といったら確率2分の1以上ですから。

そんな会社に入って、仕事を数年やったりしたら人生の大損害ですからね。貴重な若い時間をただ奴隷として働かされてゴミみたいな安い給料で使われてスキルも身につかないわけです。

そんな状況を鮮明にイメージできるから1ヶ月で辞めるんですよね。企業のほうが逆に恥ずかしいというか、会社側が悪いっていう発想は世の中にはあまりないんですよね。

あんまり、世間の情報に惑わされないほうがイイですよ。そりゃあ新卒で入った会社なんてどんな会社かじっくり調べる事も出いないような感じではいるんだから、自分のイメージとのミスマッチはありますよ。

それでもって、いきなり研修とかでブラック企業特有の社則とか大声で言わされたりしたら、1ヶ月で辞める人のほうが

かなり賢い選択になりますからね。そのあたりは「行動が早い人」というふうには世間ではならないんですよ。

でも、「行動が早い人」「見切りが早い人」っていうのなこういう世の中の流れが速い時代で結局生き残るんですよね。

そもそも人には状況があるので1ヶ月でやめることもある だってブラックだったら辞めるでしょ?

女囚人
そもそも、はいった会社がブラック企業だったら辞めるでしょ?どっちにしろ。ブラックでもイイって人ってこの世にいます?

いないと思いますけどね。遅かれ早かれ辞めます。辞めないと電通の新入社員みたいに自殺しますよ。

そう、結局命にかかわるくらいまで追い詰められるのですぐに辞めたほうがいいです。

そういう行動を「行動が早い」と言います。

よく「我慢が足りない」「根性が無い」っていうのって会社側とか世の中が、労働力を安価に使おうとしている方便です。「我慢が足りないねーそんな人間はダメだよ」って

いやダメじゃあないんですよ。我慢したら自殺してますよ?それってその方が悲惨じゃないですか。

そりゃあ簡単に物事を投げ出すのも良くないですけど、それと「キチンと判断して辞める」のは違いますからね。

ブラック企業と判断できたら、1日でも早く辞めたほうがイイです。若い時間がもったいないです。

行動は早い方がいいですからね そのあたりを強調している人がほとんどいない なぜなら奴隷として会社に拘束して起きたからです

そう、「行動が遅い」っていうのは致命傷になります。1年以内に辞めるなら1ヶ月で辞めても半年で辞めても同じです。私が面接官なら、半年と1ヶ月でもあまり印象の違いはないですね。やめら理由は聞きますけどね。

まあ、1ヶ月で辞めたなら、相当「ブラック企業だった」「全く自分のやりたいことと違っていた」といった理由に二択になると思いますけどね。

そう、会社選びって「行動が早い」ほうが勝ちます。どうせ辞めにズルズル1年とか勤めると、さらに3年くらいつとめることになります。

しかもブラック企業で3年とか勤めると、心身共に疲労がたまって高確率で「うつ病」になってますからね。

本当に体が動かなくなる重度のうつ病から、自分ではわからないくらいの、うつ症状みたいな差はありますけど、ほ簿間違い居なくうつ病になります。これって悲惨な運命ですよね。

1ヶ月で辞める人は世間的には「根性無し」みたいな理論がごり押しされますし、そういう価値観の人がいまだに多いですけど

「行動が早い」「選択が早い」「見切りが早い」

ということです。特にこんなブラック企業とかが多い時代に、そんな風に自分の身を自分で守れる人なんですよね。そういう人って。

基本ブラック企業って奴隷として会社に拘束しておきたいだけなので、動ける奴隷なら止めないように引き止めます。低賃金でポンコツに壊れるまで働かせて奴隷がうつ病とかで壊れてポンコツになったら捨てるという方法を取っています。いやあブラック企業恐るべしですね。

そりゃあ1ヶ月で辞めた理由は聞かれるけどそれはしょうがない リスクばかり考えても意味が無い

長時間残業をする男性

でも、そりゃあ1ヶ月で辞めればリスクもありますよ。当然1か月で辞めた理由は聞かれます。

「入った会社がブラックでした」

「まったく自分の考えていた仕事ではなかった選択ミスでした」

みたいな理由にオブラートをかけて言うことになるわけです。

でも、そういうリスクを考えていてもしょうがないです。これは半年で辞めても1年で辞めても聞かれますしね。

10年勤めて辞めても聞かれます。

たしかに面接では「1ヶ月で辞めて大丈夫かこいつ?」みたいな印象も出てきますけど、年齢がまだ20代ならそれほど

大きなリスクにはなりませんからね。なぜならそういう人いくらいるからキリがないからです。

そんなリスクを考えるより、「第2新卒」の枠を使えるっメリットの方が大きいです。

第2新卒は学校を卒業した25~26歳くらいまでの人材で、第2新卒の枠を利用して求人をかけている会社も多いです。

こういう枠を使う会社は、ネームバリューが少ないけど会社が成長過程にあって若い人材が欲しいという会社が多いです。

成長過程にある会社に入るのは会社選びでとても大事な要素です。

今では「第2新卒」の枠もあるので行動が早い方が逆に有利になるという事実

考える男性
今では「第2新卒」の枠での転職活動ができるので、1ヶ月で会社を辞めてもそれほど大きなリスクにはなりません。

というか、そのまま何年もズルズル務めていると第2新卒の枠が使えない年齢になってしまうので、ズルズル務めるのが

どれほど危険かっていうのが分かります。

第2新卒の枠での転職は「第2新卒専門の転職エージェント」を利用します。若い人材を必要としている優良だけどマイナーな会社の求人が世の中にはたくさんあります。

優良なの転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.JAIC(ジェイック)

2.若者正社員チャレンジ

3.いい就職.com

 

JAIC(ジェイック)の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あなたの立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

JAIC(ジェイック)では公式ページの説明会エントリーフォームの説明会の場所を選択して、名前、アドレス、TEL番号を入力して登録します。登録は30秒ほどで完了します。あとは選択した説明会会場に行って説明を聞くだけです。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

「JAIC(ジェイック)」の公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合は若者正社員チャレンジやいい就職.comを選択しましょう。

若者正社員チャレンジもいい就職.comも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「若者正社員チャレンジ」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

「いい就職.com」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!