年収を上げて手取りを増やすに方法 自分のスキルに合った成長中の会社に入べき理由

上り調子イメージ

転職で年収を増やすためには今の仕事のスキルを活かせる業界への転職が必要になります。

年収アップは「スキルや経験を評価されての高待遇」か「今の会社よりも企業規模(大手)になって給料が上がった」というケースです。

異業種でも企業規模がかなり上がれば給料アップは望めなくないですが、それなら今の仕事と今までのスキルが生かせることで、さらに企業規模の高い会社を狙えばより年収がアップする可能性は高くなります。

結論を言うと年収をアップが目的の転職なら「今のスキルを活かせる業界」での転職をするべきです。それ以外の理由の転職では現実的に、給料が下がってもしょうがない・・・というスタンスでないとなかなか転職はむつかしいでしょう。

あと、成長過程にある会社を得れ部ってのもポイントですね。

具体体には無名な会社だけど独占的な特許を持っている会社とか、ビジネスモデルが新しい会社ってのはかなりこれから会社が伸びていくので、それに比例して給料が伸びていくって可能性が高いです。

 

関連記事:会社は規模とかネームバリューじゃなこうて「成長性」で選ぶべき理由

大企業に入社して後悔する理由 会社の「規模」で見るのはやめて「仕事内容」「成長性」で会社選びをしないとダメ
大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

給料アップを目指すということは、あなたはかなり今の待遇に不満を抱いているはずです。その場合自分のスキルをしっかりと分析して高待遇の会社を選んで年収アップの可能性と探して選んだ会社の面接を受けていく必要があります。

これって自分で探すのはキッツいので第三者(転職サービスのプロ)にさがしてもらうのが手っ取り早いんですね。

 

まず自分のスキルを徹底的に洗い出します 自分を過信しない自己分析を第三者にやってもらうのがベターです

 

自分のスキルといっても今までやってきた仕事の内容を「客観的に」見ていくということです。

この「客観的」体のがすごく大事で、得てして自分のスキルを過大評価するパターンがほとんどです。実際転職でスキルが評価されるのは自分が思っているのの60%~70%くらいだと思えばちょうどいいです。

自分のスキルを具体的に分析しておきます。文面に書き出してい置いてしっかりと自分の「強み」を言葉で言えるようにしておくのがポイントです。

ただ、こういった自己分析は自分でやっているとやはり過大評価しがちなものです。それを防ぐためには転職サイトでエージェントに実際に自己分析をしてもらうのがおススメです。

また、自分が思っている以上の評価をしてくれる会社あって、相当な給料のアップがあってそれが「これ上がり過ぎじゃないか?」と思ったら、それはそれで要注意なんですよね。

実際その会社に入ってみて、仕事をしてみると評価されたレベルの仕事ができなかった・・・・というのは本当によくあるパターンです。

そうなると、あなたの社内での立場は悪くなり「給料泥棒」的な扱いを受けることになります。そうなると失意のまあ数年で退職してしまうということになってしまいます。

それを防ぐためにも自分自身のスキルや経験の自己分析を徹底的行う必要があります。転職活動をする前にここに数か月かけてもいいくらいです。それだけ自分を客観視するのは大事なポイントです。そうすれば、転職先の企業ともバランスと取れた給料交渉が自信をもってできますし、転職先の面談者ともうまく意思疎通ができるので転職がスムーズに進んでいきます。

私もこうやって「スキル」「スキル」みたいに書いてますけど、結局どんなにすごいスキルがあっても、転職活動って面接で決まってしまうってう現実もあります。

スキルがあったほうがイイにきまってますけど、けこう面接でのキャラがよかったりするとそれだけで会社に内定がもらえるってのもあるので面接対策をしっかりして、スキルだけに依存しないで内定をゲットしてみてください。

関連記事:面接で落ちる理由と受かる理由

 

年収をアップするために今のスキルが生かせる業界の転職で強気の交渉をしていきます 交渉はタダなので強気で言ったほうが楽ですしね

決断力

自己分析を謙虚に徹底的に行っておけば、年収アップのために強気の交渉ができます。

自分のスキルを把握して「これくらいの年収アップは望めそうだ」というラインを決めておきます。このあたりは先ほど述べた転職サイトに相談しておくと具体的な年収アップのラインを押してくれます。エージェントはその道のプロなので客観的な数字をだしてくれます。

逸れの基づいて、求人を探し「自分の今のスキルを活かせる業界」の会社で転職活動を行って行きます。同業種のでないと年収アップの金額のラインは出しにくいという現状もあります。

スキルが生かせる業界の転職に絞っておけば転職活動に迷いがありませんし、なにより「強気の年収アップの交渉」をすることができます。

もし自分のスキルと年収アップの相場が分からない場合は、まだ転職をしないで今の会社にいたほうが良いです。今の会社で仕事を続けて経験を積んで機会をうかがうのがベターです。

転職をするならできれば年収は50万円~100万円はアップしたいところです。今の仕事で別の会社に移って転職先の会社にどれくらい自分が「利益」を与えることができるかがまだわからないうちは今の仕事をやっていたほうが良いでしょう。

強気の交渉と「カン違いの交渉」の兼ね合いを注意しましょう

考える青年

自分の能力、スキルが一定以上で給料アップがその業界で望めるなら強気の交渉をしていkます。

ただ、自分の能力を大げさにアピールして年収アップをさらに大きくねらって行くのはあまりおススメできません。

営業だったらこれくらいの成果を獲得できるといって年収アップの交渉をして、実際転職してみて仕事をやってみたらまったく獲得数が上がらなかった・・・こういうのも良くある話です。これは「カン違いの給料アップの交渉」ということになってしまいます。

そうなると先ほどの話のように、社内での居場所がなくなって数年後に退職ということのになります。採用した会社もがっかりですし、採用した人も会社での印象も悪くなりますし、あなた自身も転職しなければよかったということになります。

こうなると誰も得をしないので、自分の能力スキルをしっかり把握して年収アップの相場を確認してらの強気の交渉がとても大事です。

何度も言いますが、自分ひとりで自己分析をしてその業界での年収アップの相場を出していたりするとどうしても過大評価に

になりがちなので、転職サイトを利用してエージェントのアドバイスを受けてみて第三者目線での自己分析が本当に大事になってきます。

仕事は年収がすべて

やっぱり仕事ってそりゃ年収が良いほうがイイにきまってますからね。

ずっと賃金が低い会社で働くってのは人生の貴重な時間を無駄にしているわけです。上述で「スキル」が大事とかいってますけど、ぶっちゃけ仕事のできない人でも待遇のイイ会社に入ればそれだけで、けっこうイイ年収をもらえるわけです。正直運がイイ悪いってのもあるわけですね。

しかし、どのみち転職活動をしなければ低賃金のまま一生、生きていくことになるわけなので、そこはやっぱい行動したほうがイイです。根性論とかじゃあなくて確率論ですね。

別の会社の面接受けない限りは、年収も上がるわけがないからですね。今の会社であまりに低い給料だったら、少しづつでも面接を受けていって待遇のイイ会社を見つけてみるのは人生にとって必要なですからね。