仕事辞めたいけど次がないのは人生が詰む 長期勤続できる労働環境に転職すべき理由

天国に昇るサラリーマン
仕事辞めたいけど、次に務めるところが無い・・・・

っていうとどういうことですかね?もうすでに40代とかになっていて正社員じゃ無理とかっていう状況ですかね?これって年齢によってけっこう状況が違いますよね。

あなたが20代~30代前半くらいなら仕事辞めてもフツーに次はありますよ?このくらいの年齢で次が無いとか言ってたら、転職活動する人なんて全くいなくなってしまいますからね?

そもそもブラック企業に勤めていたらどのみち過労でダウンするかうつ病になって高確率でとちゅで退職することになりますからね。下手にズルズルと勤めて40代くらいで 過労で倒れて、そのまま退職とかしたら本当に目も当てられません。

仕事辞めても次がないとか考えるのは、気持はわらりますけどそんなにネガティブじゃ一生ブラック企業の奴隷ですよ?っていうかフツーに社畜洗脳されていますからねあなたって。

ブラック企業ってのはパラハラとかで従業員を追い詰めて、自己評価を低くするような洗脳をします。人間って毎日怒られていたりすると

「俺って仕事できない人間だ、だからほかの会社とかに行ってもダメだろうな」

とかネガティブな思考になります。こうなったらもうブラック企業の思うつぼなんですうよね。そうなればブラック企業に長期間奴隷として働くことが確定するわけです。

しかも、一番転職が可能な25歳から35歳くらいまでの期間をブラック企業に捧げてしまって40歳を超えたら捨てられるみたいなパターンになります。捨てられるっていうよりもブラック企業に勤めて40歳こえるとかって相当、寿命が縮まってますし、どのみち過労で倒れるか過労死するかうつ病で自分でジ・エンドになるパターンですね。

これって仕事辞めたいけど次が無いとか考えている場合じゃないような気がしますけどね。そもそも、今の会社に居たらどのみち自分が潰れてしまうような気がするんですけど違いますかね?

関連記事:ブラック企業ではたいてい社畜洗脳されている

ブラック企業の会社ってかなりの確率で社畜洗脳された人ばかりになります。効率のいい仕事とかをしようとすると逆に妨害される始末。サービス残業で働かされて仕事を邪魔されるという悲惨な末路が待っています。社畜になると効率的な仕事が出いなくなるんですよね。怖いです。

仕事辞めても次が無いってだったら今の仕事ずっと続ければいいんじゃないですかね?それがそどうしても嫌だからこのページ見てるんですよね

仕事辞めても次が無いってと思ってるなら今の仕事をずっとやればいいと思います。でも現実的にブラック企業で長時間労働、サービス残業、パラハラ上司、休日出勤、

ノルマがべらぼうに高い、給料が安いっていう場所で次が無いとか言ってずっと勤めます?私は嫌ですけどね。

次が無いってのはどうしてそう思うんですかね?新卒カード使った就職しかダメならホント世の中は失業者のほうが多いくらいだともいますけどね。

そりゃ、転職すれば給料が下がる可能性もありますからね。

それでも仕事が今より割と楽なら多少給料が下がっても全然いいですけどね。とにかく生活できるくらいの給料で、そこそこ仕事がやっていけるくらいならホントそっちの方がイイです。

仕事が楽って言うとちょっと言い方がおかしいかもしれないですけど、楽な仕事は確かに少ないです。ただ、今いるブラックな会社の仕事よりはまともな仕事っていくらでもありますからね。

私は地銀でけっこうなブラック営業を経験したおかげ?なのか、転職した製造メーカーの仕事はかなり楽に感じました。そのメーカーに新卒で入ってる人はけっこうキツイ仕事みたいなことを よくグチで言うんですけど、わたしからしてみればノルマもないし上司からパラハラ受けることもないしサービス残業もないし、変な説教とかもないしメチャクチャイージーな仕事でした。

そう、ブラック企業を体験すると、世間的にそこそこ忙しいって仕事でも、けっこう楽にに感じるんですよね。本当に地銀にいるときは朝から夜遅くまで気が抜ける瞬間とかほとんどなくて、 昼飯とか食べる時間もないくらい外回りして、夜遅くまで事務作業してたんですけど、製造メーカーに入ったら昼飯はキッチリとれるし、休憩もあるし大抵定時で(5時)で終わるんでよね。残業やっても残業代はつくのでサービス残業っていう街難が無いわけです。

そりゃこれだけ違えば、普通に仕事自体は忙しくても楽に難じるはずですよね。今こうやって書いているときにもその違いを思い出すくらいです。

仕事辞めても次が無いとか思ってるって、ちょっと今時これだけ情報が入ってく時代なのにおかしいですよ。

仕事は大企業とかに入るのは転職ではむつかしいですけど、これから 成長していくであろう会社に入るのはそこまで難しくはありません。中小企業とかでもそこそこ待遇にいい会社ってけっこうありすからね。

私は地銀で営業出回っていると そういう中小企業がたくさんありましたからね。しかもリーマンショックで景気が悪い時にもかかわらず、そういう会社もそこそこありました。

会社辞めても行く場所はありますよ。しかし、まともな会社もありますが、ブラック企業も存在しているので、そういう転職してまたブラック企業に捕まる人もいるわけです。

だから、仕事辞めても次が無いみたいなことを言われるんですよね。今のひどい労働環境よりもひどくなるっていうのは、相当失敗した転職活動です。

それってハローワークとかつかって転職活動とかしてるからですよ。転職に使うツールとか間違ってやるとブラック企業に捕まるケースも多いですからね。

関連記事:会社は成長性で選んでくださいね

大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

そもそも新卒で入った会社を3年以内で3割、10年以内で5割辞めます。半分以上の人が辞めるのに継が無いってことないでしょ?根拠のないことは考えないほうがイイです

仕事辞めたら次はないとか言ってても、新卒で入った会社を10年以内で半分くらいの人が辞めています。ってことは、半分以上の人が行くところが無いって感じになるんですかね?

私の勤めてる地銀とかけっこう人が辞めていきましたしね。地銀なんかは割と離職率は低い方でしたけどけっこう同期とかいなくなりました。

そしてブラック企業なんかは離職率なんて9割くらいでしょうから、そりゃあ世の中の会社全体をトータルすれば半分くらいは途中で辞めるでしょうね。だから会社辞めて次が無いってのはちょっとおかしな話です。

たしかに、いままでニートだったいきなり就活とかするなら結構大変ですけどね。でも今まで正社員として働いてき経職歴があって年齢が35歳以下くらいだったら転職ってそこまで難しくはないです。いや簡単じゃないですよ。でも「次が無い」っていうほどではないです。普通に転職ツール使って淡々と履歴書対策と面接対策をして行動していけば普通に内定は取れれますからね。

しかも今までいた会社がブラック企業だったら、それほど高望みしないで普通の会社に入っただけで、労働環境がメッチャ良くなったように感じると思います。私がそうでしたしね。

これって、たしかに若いうちに多少の苦労はしておけっていう意味がちょっとだけ分かりました。今、相当なキッツいことがあっても、あのブラックな職場で働いていたことに 比べれば全然楽勝ですからね。でもまあ、そんなキッツいことはもう嫌ですけどね。だからそこまで「仕事辞めたいけど次がない」ってことはないですよ。

そんなこと言っていたらずっと永遠にブラック企業に居ろってことですから、そんなんだったら死んだほうがマシですからね。

そりゃ40代とかなら次はないかもしれませんけどね これが20代から30代前半くらいまでは次が無いっていうか早く行動しないと悲惨なことになりますよ

そうあとは、年齢の問題もありすよね。もし私が40代だったらたしかに転職しても次はないと思うかもしれません。

というかそもそも40代までには何とかしてまともな会社に入りたいってのはありますね。そう、できれば20代から30代前半くらいでブラック企業的なものに捕まる人生ってのとは オサラバしたほうがいいわけです。そうしないと人生真っ逆さまにドツボにはなり㎡さうからね。

そう、ココ見てる人は40代のひとはほとんどいないでしょうし、できれば30歳前半までに長時間労働、サービス残業といったきつい仕事場からの負の連鎖を断ち切ったほうがイイです。

そう、ブラックな環境で働いていると時間のたつのが早いですし、そういう会社ってスキルとかも身につかないので、そのまま40代くらいになって過労で体にガタがきて倒れたり うつ病になるケースが跡を絶ちません。というかたいてい過労で倒れたりするのって40代くらいなんですよね。

たしかにそうなって、体がガタがきてどうしようもない状態になるともう次は無いのかもしれません。あったとしても派遣社員とかそいう方向性になってしまうんでしょうね。

そう、そうならないためにももしもあなたがまだ年代が40代にならないうちに、転職活動してある程度長期で務められる環境を作っておくべきです。

そりゃあ新卒で入った会社がそのままずっと長期で務められるようないい環境だったらいベターですけど上述したように半分くらいは会社辞めますしね。

そう、どれだけ35歳くらいまでに長期で働ける労働環境にいるかどうかってのは割と人生での優先順位ではかなり大事です。だから、とにかく「辞めたいけど次が無い」

とか言ってる場合じゃないんですよね。だってどの道ブラックな労働環境にいたら過労でつぶれる可能性のほうが高いですからね。そうなってしまうのが40代の年齢だったりしたら目も当てられないくらい悲惨ですからね。

早めに行動と言ってもブラック企業に捕まらないようにするのがとても重要 落ち着いて転職活動をしていきましょう

早い段階で長期的に勤められる会社に移ったほうがいと言っても、転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。

やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しいとか思われがちですし、初めての場合って何からやっていいかわからないってのもあります。

しかし、転職活動って優良な求人を紹介してもらったりして、アドバイスをもらって履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですね。ブラック企業じゃない求人があるっていうこともわかりますし、なによりこれからやっていく仕事を選ぶ判断材料にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)かリクルートエージェントを選択しましょう。

JAC Recruitmentもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

JAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

JAC Recruitment(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!