転職の入社前後のギャップを防ぐ方法 自分で満足度を決めて判断すべき理由

飛ぶ牛

転職して入社後のギャップが起こる・・・自分の思っていた仕事とは違った、イメージが違う、やってみてダメだった。こういったことは永遠になくなりません。入社後のギャップが大きいと高確率で短期離職をすることになります。

転職活動して入った会社が入社後のギャップするとかなり大きなダメージになります。リスクを承知で転職したのに、いわゆる「転職失敗」ということですからね。

もちろん、転職の入社後のギャップは100%避けられるものではありません。運も悪い場合もありますし、人間の考え方なんて変わる場合も多いですから、いくらでも起こり得ると言えるでしょう。

ただ、ある程度対策をすることで、転職の入社後のギャップは防ぐことができます。せっかく転職するのですから、自分の希望に合った 会社に入りたいというのは誰でも思うことですからね。

まず、転職の入社後のギャップを防ぐ方法をしっかりとやってみるのが大事です。そのためにはある程度、転職活動にプラスアルファを入れる必要があります。

関連記事:仕事があまりにミスマッチで辞めたいと思っている場合の行動

仕事がミスマッチで辞めたい 仕事に情熱を失って悩んでいるときの対応と転職方法
今やってる仕事がどうしてもしっくりこない、合わないと思うのが「ミスマッチ」ですね。仕事がミスマッチだとやる気が起きないですし、情熱も冷めて転職したくなります。ただ、あなたの労働環境がホワイト企業的な会社なら転職は冷静に考えてからのほうがイイです。逆にブラックな労働環境なら迷わずさっさと転職活動をやっていきましょう。わかりやすい選択です。

まず前提として100%満足する会社はないということを自覚する 60~70%の満足度があればその会社は合格ですよ

まず、転職の前提として、

「100%あなたが満足する会社は存在しない」

ということです。そんな会社があったら夢のようですからね。自分の希望をすべてかなえて、やりたい放題の仕事ができる会社は存在ません。

だからといって妥協白と言っているわけじゃあありません。「満足度」を考えて「このくらいだったら転職して合格」というラインを決めておくのはとても大事なことです。

だいたい「60~70%満足できれば合格」くらいの思っておくのがイイでしょう。会社なんてそのくらいの満足度があればホント充分です。

ブラック企業なんて満足度マイナス20%くらいですからね。60~70%の満足度があればかなり、美味しい会社だということです。 たしかにもっと満足できる、本当にあなたにとっていい会社もあるかもしれませんが、それは相当運がよくないとめぐりあうことはありません。

そういう満足度を求めるなら独立して会社を興すか個人事業主になったほうが、よっぽど早いですし無理にサラリーマンになることは無いわけです。

あまり、転職先の会社に完璧をもとめると転職を繰り返すことになるのでスキルを得る前にあなたが消耗してしまいます。

そうならないためにも、満足度は適度なくらいに考えておくのがいいんですよね。

もしあなたがブラック企業に勤めていたとします。それでいわゆるブラック企業から「普通の会社」に転職できたとしてたら、たいていの会社は「なんて仕事がユルいんだ最高だぜ」とか思うはずです。

これもギャップていうか私もそうだったんですけどブラック企業からまともな会社に入ると本当に「天国」って思うくらいに満足度が増します。90%くらいは満足度出ますね。

逆に「普通のあ会社から普通のちょっといい会社」に転職すると「こんなもんなのかな?」とかで満足度は50%以下ない場合もあります。自分がいた環境にもよるってことですね。

この満足度のさじ加減はむつかしいですけど、転職した時に

「まあ多少の不満はあるが、何とかやっていけるだろう・・・・・」

って自分で冷静に思えるなら、その会社への転職は成功ってことですよ。なかなか

「この会社最高だぜイエーイ」

見たいな転職成功ってないですからね。何とかやって行けるな・・・・的な感じだったらギャップを感じないレベルと判断したほうがイイですね実際はね。

転職するあなたが対応力、順応力を高くするのも他大事です それでもだめならフツーにもう一度転職すればいいだけの話ですからね

転職ミスマッチをを防ぐ方法ではまず、自分自身が会社に対して「順応」をしていくつもりなのが大事です。 もちろん、ほんとにガチでイヤな会社に順応しろと言っているわけじゃありません。

仮に先ほど言った満足度が70%の会社だったそして、30%が不満があるからといって会社を辞めたりするのもあまりに「会社への順応力」が無さすぎますよね。

転職先の環境や仕事内容に適応していくのがやっぱり入社後のギャップを防ぐためには大事なんですね。適応力は大事です。

この力が低いと、どんな職場に行っても馴染めなかった利することになってしまいますからね。 自分がやりたいことをするために転職するならいいんですけど、職場に順応する力がないばかりに、 人間関係がうまくいかずに転職を繰り返すの悲しいですからね。

でも、そうはいっても転職って2~3回とか全然普通ですからね。5回以内くらいの転職回数なら全然普通ですよ。

だから、転職した先がまあギャップがありすぎて我慢できないなら、あんまり我慢するもの良くないです。フツーにまた転職すればいいわけです。

人生って一回しかないので、あんまり納得いかないなら転職なんて何回かやるのはそんなに悪いことじゃあありませんしね。我慢も大事ですけど、度を超えた我慢はまずいってことです。

平たく言うとその会社で定年まで勤めるのはちょっと苦しいなと思ったら転職するってことですね。転職は年齢絶対主義なので若い方が有利なのは不動の現実ですからね。

事前に転職応募先を徹底的に調べることで入社後のギャップを防ぐ これはほんとやるべきです

転職の入社後のギャップを防ぐためにはやはり、応募する会社はキチンと調べておく必要があります。充分リサーチして経営方針から、仕事の内容やりかたなんかをじっくり調べてから応募するのがベターですね。

これをやればやるほど実際転職した時の入社後のギャップの可能性は低くなりますし、応募する会社を調べるのは面接でも有利になるので、やっておいおいて損はありません。

実際にその会社で自分が働いているくらいの気分でシュミレーションしてみるのもイイでしょう。

一番いいのは実際にその受ける会社に行ってみることです。会社のビルとかまで行けばその職場の中には入れませんけど、昼休みとか従業員とが昼食とかで出て来たら表情とかを見るのがイイですね。

従業員を見ればたいてい会社がブラックかそうでないかがわかります。ブラック企業の社員は顔が疲労で死にそうですからね。フツーの会社だったらそこまでじゃあありません。実際に働いいている社員とかを見るのは一番手っ取り早い会社のリサーチですからね。

ただ、実際に転職活動をするときに会社のリサーチなどを一人でやるには限界がありますね。そう、自分で会社をしれべ手いると、履歴書書いたり面接対策まで時間が無くなってしまうケースもあります。それだと転職活動がいきづまってしあいますからね。

そういう場合は転職エージェントを利用して、求人内容の詳細を調べてもらうのをおススメします。

転職エージェントを利用して、求人内容をリサーチして転職の入社後のギャップのリスクを減らそう

転職のミスマッチを減らすには、応募企業の徹底的なリサーチが必要ですが、これを一人でやるとなると大変です。

その時に転職エージェントを利用して、転職のプロであるエージェントに求人情報を調べてもらいましょう。 調べてもらうと、個人で調べるのには限界のある、会社の雰囲気や内部情報まで聞くことができるケースもあります。

エージェントも企業と通じていることが多いのでそういうことが可能なですね。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから

 

どんなに会社をリサーチして転職しても、絶対に転職がうまくいって入社した会社に悪いギャップが出てしまうってのはどうしてもあり得ます。

そうなったら、まあフツーにもう一度転職活動すればいいだけなんですよね。そこは淡々と自分の人生のための投資だと思って本当にクールに行動していくしかありません。

そりゃあ、みつをじゃないですけど、ギャップも出ますよ人間だものね。そのあたりのギャップを楽しむくらいになれればいいんですけど、完全に転職が失敗したよマジでっていうシャレにならないくらいのギャップが出るときもありますからね。

転職してからのギャップはけっこう精神的にキッツいものがあると思いますけど、そこは自分の人生のため、気を取り直してもう一度転職活動をすればいいだけの話です。最終的にある程度長期で務めることが出る会社を見つけ出せばいいんですよ。気楽にやっていきましょうよ。

関連記事:転職失敗した時はすぐに再就職活動したほうがイイ理由

転職失敗したらどうするか? すぐ辞めて再転職活動するのがベターな理由と具体的な行動とマインドの持ち方
転職先がブラック企業だった、仕事が合わない・・これって転職失敗ですよね。どうしよう?と思いますよね。ほんと納得いかないですからね。ただ、失敗したと判断したらすぐに会社を退職して転職活動をするなりに行動をしていかないと時間だけがたってしまって、年齢も重ねて転職はドンドン不利になっていきます。すぐに辞めて転職するのがベターなんですよね