転職での入社後のギャップを防ぐ方法 企業への順応力を高めて応募企業をリサーチして入社後のギャップを防いでいこう

飛ぶ牛

転職して入社後のギャップが起こる・・・自分の思っていた仕事とは違った、イメージが違う、やってみてダメだった。こういったことは永遠になくなりません。入社後のギャップが大きいと高確率で短期離職をすることになります。

転職活動して入った会社が入社後のギャップするとかなり大きなダメージになります。リスクを承知で転職したのに、いわゆる「転職失敗」ということですからね。

もちろん、転職の入社後のギャップは100%避けられるものではありません。運も悪い場合もありますし、人間の考え方なんて変わる場合も多いですから、いくらでも起こり得ると言えるでしょう。

ただ、ある程度対策をすることで、転職の入社後のギャップは防ぐことができます。せっかく転職するのですから、自分の希望に合った

会社に入りたいというのは誰でも思うことですからね。

まず、転職の入社後のギャップを防ぐ方法をしっかりとやってみるのが大事です。そのためにはある程度、転職活動にプラスアルファを入れる必要があります。

まず前提として100%満足する会社はないということを自覚する 60~70%の満足度があればその会社は合格ですよ

まず、転職の前提として、

「100%あなたが満足する会社は存在しない」

ということです。そんな会社があったら夢のようですからね。自分の希望をすべてかなえて、やりたい放題の仕事ができる会社は存在ません。

だからといって妥協白と言っているわけじゃあありません。「満足度」を考えて「このくらいだったら転職して合格」というラインを決めておくのはとても大事なことです。

だいたい「60~70%満足できれば合格」くらいの思っておくのがイイでしょう。会社なんてそのくらいの満足度があればホント充分です。

ブラック企業なんて満足度マイナス20%くらいですからね。60~70%の満足度があればかなり、美味しい会社だということです。

たしかにもっと満足できる、本当にあなたにとっていい会社もあるかもしれませんが、それは相当運がよくないとめぐりあうことはありません。

そういう満足度を求めるなら独立して会社を興すか個人事業主になったほうが、よっぽど早いですし無理にサラリーマンになることは無いわけです。

あまり、転職先の会社に完璧をもとめると転職を繰り返すことになるのでスキルを得る前にあなたが消耗してしまいます。

そうならないためにも、満足度は適度なくらいに考えておくのがいいんですよね。

転職するあながが対応力、順応力を高くするのも他大事です

転職ミスマッチをを防ぐ方法ではまず、自分自身が会社に対して「順応」をしていくつもりなのが大事です。

もちろん、ほんとにガチでイヤな会社に順応しろと言っているわけじゃありません。

仮に先ほど言った満足度が70%の会社だったそして、30%が不満があるからといって会社を辞めたりするのもあまりに「会社への順応力」が無さすぎますよね。

転職先の環境や仕事内容に適応していくのがやっぱり入社後のギャップを防ぐためには大事なんですね。適応力は大事です。

この力が低いと、どんな職場に行っても馴染めなかった利することになってしまいますからね。

自分がやりたいことをするために転職するならいいんですけど、職場に順応する力がないばかりに、

人間関係がうまくいかずに転職を繰り返すの悲しいですからね。

事前に転職応募先を徹底的に調べることで入社後のギャップを防ぐ これはほんとやるべきです

転職の入社後のギャップを防ぐためにはやはり、応募する会社はキチンと調べておく必要があります。充分リサーチして経営方針から、仕事の内容やりかたなんかをじっくり調べてから応募するのがベターですね。

これをやればやるほど実際転職した時の入社後のギャップの可能性は低くなりますし、応募する会社を調べるのは面接でも有利になるので、やって老いおいて損はありません。

実際にその会社で自分が働いているくらいの気分でシュミレーションしてみるのもイイでしょう。

ただ、実際に転職活動をするときに会社のリサーチなどを一人でやるには限界がありますね。

そういう場合は転職エージェントを利用して、求人内容の詳細を調べてもらうのをおススメします。

転職エージェントを利用して、求人内容をリサーチして転職の入社後のギャップのリスクを減らそう

転職のミスマッチを減らすには、応募企業の徹底的なリサーチが必要ですが、これを一人でやるとなると大変です。

その時に転職エージェントを利用して、転職のプロであるエージェントに求人情報を調べてもらいましょう。

調べてもらうと、個人で調べるのには限界のある、会社の雰囲気や内部情報まで聞くことができるケースもあります。

エージェントも企業と通じていることが多いのでそういうことが可能なですね。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!