転職失敗したらどうするか? すぐ辞めて再転職活動するのがベターな理由と具体的な行動とマインドの持ち方

ビシっと指名する

転職活動をやって、見事転職に成功したけど・・・

いや、この会社どう考えてもブラック企業じゃんおかしいよ

この会社、上司がパラハラ擦る奴ばっかりじゃねえか

仕事内容が調べた内容と全然違うよ、これじゃあ転職した意味ないよ

みたいな感じになってしまった。認めたくないけど、転職失敗したよ( ;´Д`) がんばって転職活動して時間もかけて転職できたのに、

務めてみたら、あきらかに転職先の会社がおかしい・・・・・これっていわゆる「転職失敗じゃね?」とか思ったらもう愕然とするのはわかります。

ごめんなさい、私は転職したときにはうまくいったんですけど、新卒で入った会社(地銀)は失敗したので気持ちはひじょーにわかります。

私の場合は新卒で入った会社が失敗だったので、まだいいですけど一念発起して転職した先が失敗だったらかなりきつい精神状況ですよね。

精神的じゃなくて、時間的にも半年から1年かけて転職活動した場合はその時間が無駄になりますし、お金もかかっているはずなので人生での実害もあるわけです。

そんな落胆した精神状態で、その転職先で長期的に仕事をやっていけるとは到底思えません。ブラック企業だったらなおさらですしね。

どのみち失敗したことは事実と受け入れて、再度転職するしか選択肢はないんですよね。

ただ、我慢して数年勤めてから(3年くらい?)転職しようと考えてますか?それってあんまりおススメできませんよ

結論から言うと転職に失敗したらその会社はすぐに辞めたほうがイイです だってどうせ辞めるんでしょ?転職では年齢が「若い方が有利」は不変ですから

結論を言うと、転職に失敗したらその会社はすぐに辞めたほうがイイです。何年か我慢して勤めてから辞めようとか思っていますか?

どうせ辞めるんですよね?ずっとその会社で我慢して定年まで勤める気なんて全くないですよね?

だったら、すぐに辞めたほうがイイです。その方が転職にも有利になりますし、なにより人生の時間を無駄人することがありません。人生って

思っている以上にすぐに時間がたってしますよ。とくに嫌な仕事をやっている時期って本当に「人生で無駄な時間を過ごしたな」という思い出になってきます。

ソースは私です笑。 自分の嫌な職場でイヤイヤ仕事をいる時間て、離婚してたくてしょうがないのに仮面夫婦を長年続けてるようなもんですからね。

それに耐えられるのであれば頑張ってその転職が失敗した職場でズルズルと仕事をしていくのもイイでしょう。

職歴が短いのは転職ではほとんど不利になることは無いので、そこは気にする必要は無いです

まず、転職に失敗してすぐに辞めてしまったりすると、職歴が短くて転職する際に不利になるとおもってませんか?

これって、転職を5回以上やっていて職を転々としてばそのあたりを面接官が気にするかもしれませんが2~4回くらいの転職回数で職歴が1年以内だとか半年だとか、そういったところってほとんど気にしていませんよ。

そもそも、新卒で入った会社を3割の人間が3年以内に辞める時代です。それにこれだけブラック企業がだくさんある世の中ですから、転職してもミスして

ブラック企業に入ってしまうこともよくあるケースです。ブラック企業に入ったら、ドMの社畜精神の人以外の「普通の人」ならそりゃソッコーで辞めますからね。

だって、ブラック企業なんて長期で務めるなんて不可能ですし、仕事を割り切ってやってる人であればあるほど、すぐに辞めます。即日辞める人もけっこういますからね。

なので、正直職歴が短い人なんて腐るほどいます。

そんなことよりも、ズルズルと転職に失敗した会社に勤めていて、ダラダラ仕事してしまうほうが問題です。

例えば28歳くらいで務め初めて3年勤めれば30歳になってしまいます。年齢的には3年ちがうだけですし全く自分自身変化はないような気がしますけど、転職市場で「20代」というくくりと「30代」というくくりでは全く有利不利がちがってきますからね。

求人見るとわかりますけど、20代なら未経験でもOKと言う求人はけっこうありますけど 30代になって未経験でOKという求人はガクッと減りますからね。

転職市場では年齢が若い方が有利というのは鉄板の事実です。

転職先が失敗だった、でも数年は勤めてみよう・・・・とか思ってるとそれが5年とかになってしまったらぶっちゃけ取り返しがつかないことになります。

「転職を失敗」したんですから、転職活動をすぐにでもやり直すのがベターな行動なんですね。職歴とかその転職が失敗した会社とかに気を使うとか

そういうキレイ事を言っているケースじゃあないんですよね。仕事って自分の人生に大きくかかわる頃なので、そういう行動が遅れるころが致命的な失敗になりかねないわけです。

行動パターンは会社に勤めながら転職活動するか、すぐに辞めて転職活動をするかを決める 非常にシンプルですよ

転職が失敗して転職を決めた場合の行動パターンは2択です

会社に勤めながら転職活動をする

すぐに退職して転職活動する

 

の二択です。ただ、これって転職した先がブラック企業だったら、長時間労働でサービス残業、仕事もきつくて肉体的精神的に披露しまくるわけですから、

その状態で転職活動はほぼ無理です。ブラック企業に勤めたことがある人ならわかるんですけど、ブラック企業の殺人的な激務をやりながら転職活動とかってまあ無理です。

そもそも転職活動での面接は平日が多いのでブラック企業に勤めていてまともに休みが取れるとも思えません。履歴書書いたり、面接対策したりする時間てブラック企業に務めだらできると思います?答えはNOです。無理な行動は結局中途半端になって時間の無駄になってしまい素からね。

また、転職先がブラック企業ななくて、普通の会社だけど「仕事が合わない」などの理由では会社に勤めながら転職活動をすることはできなくもないです。

しかし、入ったばっかりの会社で平日にいきなり有休取って面接に行くってあんまり現実的じゃあないです。というか、入社してから半年たたないと有休休暇って発生しないですしね。これって労働基準法で決まっていますし、しょうがないことなんですけど、有休もない状態で転職活動するってのはちょっと無理ゲーです。

 

使用者は、その雇入れの日から起算して6箇月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない(労働基準法第39条第1項)

参照 年次有休休暇(ウィキペディア)

 

務めながら転職活動をするか、退職してから転職活動をするかはあなた次第ですけど、個人的には退職して集中して転職活動をやったほうが間違いなく効率はいいと思います。

ブラック企業だったら引き止めとかに会う可能性もあるので、そこはクールに対応しましょう

転職に失敗して会社を辞める場合って、ソッコーで会社を辞めることになるじゃないですか。1ヶ月とか2か月とかそれくらいしか勤めてないけど

辞めるってやっぱり気まずいもんです。

しかし、長く勤めていても退職申し出るって気まずいもんです。マジメな人ほど気まずいものですけど、自分の人生を良くするためだったら、

そう言ことで躊躇していてもいみがないですからね。そこは割り切っていきましょう。

転職をしたあなたなら、退職を申し出るのは経験済みのはずですから後は行動するだけですよね。だからある意味どうやって行動すればいいかは経験ズミ

なわけです。ただ、それが入社して早い時期にそれをやるだけなんですね。

そりゃあ、上司によってはイヤミの一つも言われるかもしれません。でもそれって、もう一度言いますけど、長く務めた場合でもおなじですからね。

退職の行動は割り切って粛々と進めていくのがベターです。

余談ですけどブラック企業だと退職するのを引き止めにあう可能性もけっこうあります

ちょっと余談ですけど、転職に失敗ってその会社がブラック企業だったっていう場合があるじゃないですか。

ブラック企業ってとにかく奴隷を働かせたいので、退職の意志を伝えると露骨に引き止める場合もあります。

「お前そんな辞めるとってどれだけ会社に迷惑がかかると思ってるんだ」

「お前が辞めるとみんなに迷惑がかかるんだぞ」

「辞めるなんて許されると思ってるのか?」

「ここを辞めてもお前なんか勤めると個なんてないぞ」

とかブラック企業特有の知能指数が低い引き止め似合う可能性もあります。

こういう可能性もあるので、上司に退職の意志を伝えるときにはボイスレコーダーとかで会話を録音しておくのがいいですよ。

こういった上述のような引き止めにあっても退職する権利はこちらがわにあるので、こういうはサクッとスルーして「でも退職します」を淡々と述べていきましょう。

口頭で言うのが無理なら、退職届を書いて提出するのもイイですし、受け取ってもらえないようなら内容証明郵便で退職届を送付するとか、最悪でもボイスレコーダーで録った音声をもって、労働基準監督署に行って相談すれば、退職を指せるように勧告してくれますしね。

ここまで、引き止められることは無いと思いますけどブラック企業って私の経験上あまり「常識」が通用しないのでこういった状況仮になったとしても慌てずに対処していきましょう。

ブラック企業だとバックレるしか方法が無い最悪の場合もありますけどそれもクールに対応するばそれほど問題じゃあありません。

 

関連記事:ブラック企業のバックレ方方法

ブラック企業をバックレて辞める方法 強引な引き止めや脅して辞められない時の対処 
ブラック企業を退職したいけど、強引な引き止めや理不尽な仕事強要、辞めたら殺すぞ的な違法な教養とかするキチガイなブラック企業もあります。普通に退職するのがイイにきまってますが、それができない会社ならバックレるしかないということもあらいます。会社をバックレるときに知っておいたほうがイイことをご紹介しています。

転職に失敗したらすぐに転職活動すべきなんですけど、再度転職活動するときに「転職失敗した」わけですから前回の転職活動の失敗を改善すべきです

転職が失敗したらまたすぐに転職活動すべきなんですけど、また、転職活動するときには転職に「失敗した」経験は改善するべきなんですね。

たしかに、転職って失敗する可能性をゼロにすることはできませんけど、前回失敗した経験からおなじ失敗はしないしなければいけません。

失敗する原因は共通しているので具体的に見てみましょう。

自分がやりたいと思っていた業界だったけど、転職してみてやってみたらなんか全然違っていた

転職するケースでは自分がやりたい業界に「未経験」で入るケースが多いです。未経験だけにやったことが無い仕事に

必要以上に良いイメージをもっていざ就職してみたら、なんか違った、こんなはずじゃアなかった・・・・みたいなことも多々あります。

こういうことを避けるためには、実際にその業界で働いている友人、知人にどういう仕事をやるか聞いておいたり、突っ込んだところまで仕事内容を調べておく必要があります。

もし可能であれば、その受ける会社などに行ってみて実際に仕事をしている現場とかを見れればいいですけどね。それができない場合もあるので、とにかく突っ込んだところまで、業界の仕事内容を把握しておくことがポイントです。実際に働いている人の話を聞くのが一番ですね。

社風が合わない 

これって、難しいところですけど、これも実際にその会社で働いている人から話を聞いたり、仕事をやっている現場を見てみるのができればいいんですけどね。

個人的には社風が合わないとかいう理由って、厳しい言い方をするとどんな会社に言っても多少は出てくると思うんですよ。リサーチだけでは完全に社風までは突き止めるのが難しいですけど、やはりその会社で実際に働いている人の話を聞くのが一番でしょうね。

転職した会社に入ったらパラハラ上司がいた

こればっかりは、「運」だけなんですよ。どんな優良企業で仕事がユルい最高の会社でもたまたまパワハラ上司が直属の上司になればそこはブラック企業に早変わりしてしまいます。

パラハラ上司とかがいたら、その上司が異動しそうだったりする雰囲気(1年以内)だったら我慢する、ずっと一緒にやりそうだったら転職をすると割り切って考えたほうがイイです。

このパラハラ上司にあたると本当に、人生が変わるほどのダメージを受けることがあります。これもソースは私です( ;´Д`)

こればかりはいくら転職前にリサーチしてもどうしようもないので、こういう可能性もゼロじゃあないということを知っておけば最悪の状況であってもクールに対応できるようになります。

ただ、全体的な傾向ですけど、やっぱり激務な会社にはパワハラ上司が多いです。なので、給料が良いからと言って激務だと解ってる会社ではパワハラ上司って

多いですからね。そのあたりを考えて転職活動そすれば自ずとパワハラ上司に出会う「可能性を低く」することができます。

 

関連記事:いざとなったら上司を潰してしまいましょう

嫌いな上司を潰す方法 ゴミなパワハラ上司復讐するには社外に訴えたほうがイイ理由
クズでむかつく嫌いな上司を潰すには社内で相談しても無駄です。労働基準監督署に訴えるか弁護士に相談して上司を訴えましょう。懲らしめて精神的に追い詰めて潰すにはそうしたほうがイイです。そこまでするくらいの価値がある行動ならですけどね。そんな会社さっさと見切りをつけて辞めてしまうも効率的な人生を渡ってい行くための方法でもあります。

転職活動ってそりゃ人間ですから失敗しますよ そういった失敗をリカバリーする人だけが最終的に「転職成功者」になるわけです

ちょっとありがちな話で申し訳ないんですけど、転職活動って失敗もありますよ。人間ですし、正直運の要素もありますからね。

だから、失敗するのはどんなに対策を練っても、優秀なスキルがある人でも失敗するこをはありえるんですね。これはしょうがないことです

しかし、転職を失敗したときに、その「失敗を受け入れて行動」する人だけが最終的に転職に成功します。

こんなサイトやってますけど、転職が一発で成功するってのはけっこう運がいい方だと思ってます。もちろん、求人を選んで、履歴書を作って

面接対策もやっていくわけですけど、上述したように入ってみたらいきなりパワハラ上司に出会ってしまう可能性もあるわけですから、現実って厳しいものなんですよね。

そういった失敗するかもしれないという現実を分かったうえで転職活そうして、失敗したらもう一度転職活動ができる人「だけ」が最終的に転職に成功します。

私の知人でも何度か転職して最終的に納得できる職場にたどり着いたっていう人はけっこういます。

だから、荒れらず気楽に転職活動をやって、うまくいったらそれでよし、転職に失敗したらもう一度転職すればいいさくらいのスタンスの人のほうが結果転職に「最終的に」成功します。

転職失敗して再転職をするための転職方法の改善は転職エージェントを利用してアドバイスを受けるのがベターです 

転職に失敗したら、再度転職活動をするわけですけど、やはり改善点をプロの目線からアドバイスをもらうことで失敗する可能性を極限まで低くすることができます。

そのためには転職エージェントの利用が必須になってきます。

ちなみに転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。
やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントは厳しい基準で掲載企業を審査いているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが手職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職に失敗するとどうしても弱気になってしまいますし、失敗が続くのはイヤだとついついやる気も少なくなってしまいます。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらって履歴書対策、面接対策をやっていけば成功率は自ずと高まっていきます。

優良な求人を紹介してもらって、自分の目で見てみるるのがイイですね。ブラック企業じゃない求人もあるとのもわかりますし、自分がやってみたい仕事を選ぶ判断材料になりますからね。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから