ブラック企業をバックレて辞める方法 強引な引き止めや脅して辞められない時の対処 

バックレたい
ブラック企業に入って「こりゃもうダメだ」「このまま務めてたら死ぬかもしれない」とか普通になりますからね。

そうなっていざ辞めるとなると、ブラック企業って「辞めたい」とか上司に言っても退職届とかを出しても強引な引き留めに合って辞めさせてくれないこともあります。

退職したいっていう意思を伝えても、

「お前そんな無責任なことが社会で通ると思ってるのか?」

「辞めたらどうなるかわかってるんだろうな?」

「辞めたら殺すぞ」

みたいな冗談みたいな感じで仕事を辞めたせてくれないブラック企業もありまるからね。こういった極端なブラック企業は少ないですけど、こうなってしまったたバックレるしかない状況なんですよね。

法律的には労働基準法で辞めると言ってからは1ヶ月、民法では2週間で従業員は会社を辞める権利があります。だからブラック企業がやる脅して辞めさせてくれないということは、普通に違法というか恐喝まがいことなんですね。

こういったブラック企業はヤクザみたいなもんですから、常識が通用しないので普通にバックレるという選択もアリです。

そりゃ、当然ですけど会社に「辞めます」といって普通に退職日上司と調整して、退職手続きをして辞めるのがイイにきまってます。

でも、こういったちょっと常識が通用しない恐喝的な引き留めをして会社を辞めさせてくれない場合にはバックレるという手も致しかな無いですからね。

あたなの、精神とか健康が何よりも大事です。こんな違法行為を続けているブラック企業はバックレるしかないってのが現状ですしね。悲しいですよね。

バックレた後の離職票なんかの書類も必要になってくるので、そのあたりの対応方法もありますしね。

実際に会社からバックレるときの注意点を具体的に見ていきましょう。

まず、会社での自分の私物を無くしておく

まず、ブラック企業をバックレる前に、自分の会社にある私物を完全に整理しておきましょう。自分の机の中の自分のものはカラにして会社のもの

だけが残る状態にしておきましょう。

バックレする前日当たりで内容証明郵便で退職届を郵送する 

退職届を上司に直接出しても強引な引き止めに合う場合は、内容証明郵便で退職届を郵送で送りつけます。

「内容証明郵便」っていうのは何か??というと

その郵便を実際に出しましたよ・その郵便を出した日・その手紙の内容

これを郵便局が証明してくれるのが「内容証明郵便」です。よく、簡易的な訴訟とかに使われる、相手を訴えるときに使ったりしますね。

内容証明郵便は、普通に一般の人でも簡単に出せるもので誰でも利用できます。

郵便局に行って「内容証明を出したいんですけど」と言えば内容証明郵便用の封筒と出し方を教えてくれます。

退職届の書き方は下記のサイトなどを参照にしてシンプルに作成しましょう。

参照 【社労士監修】退職願・退職届の正しい書き方(手書き版・封筒の書き方見本あり)

内容証明を出すときの注意点

内容証明を出すときの受取人はこんな感じで書きましょう

受取人・・・・(会社の所在地)(会社の名前)(あなたの部署)(上司の名前)

差出人・・・・(あなたの住所)(あなたの指名)

・内容証明の受け取り拒否を防ぐために「退職届在中」などとは書かないほうがいいです

・退職願でななく「退職届」を作成する

・内容証明郵便の封筒には退職届以外の用紙は入れないようにする。自分の思いとか手紙とか入れる必要はない

・退職希望日を内容証明郵便を出す日から14日以上先の日付で設定する

・有給休暇を消化しておくということを書いておく

・できれば、内容証明郵便と一緒に「配達証明」をつけて出しておく。配達証明は郵便物が相手に配達されたかを証明してくれるものです。
これを付けておけば、会社側が退職届を受け取っていないということは言えなくなります。

上記のようなとにかく、余分なことは一切書かずに「退職届」を会社に送り付けることだけです。やってみると簡単なのでクールに対応していきましょう。

内容証明を出したら会社に行かない(バックレます)

内容証明を出したらにかく会社に行かないようにします。

当然ですけど、会社から電話がかかってきたり、上司が家まで来ることもあります。

これは完全無視しましょう。電話とかも着信拒否して出ないようにして、一人暮らしだったら人がきても出ない。できれば数週間テキトーに旅行とかするのもアリですね。

実家とかが近ければ実家にもよりつかないほうがいいです。実家が近い場合には親には電話だけして事情を話して、自分は大丈夫だから誰がきても自分の居場所とか言わないでくれ的なことを言っておきましょう。

実家が遠隔地ならそういった問題もありませんしね。

会社に返却するものを郵送で送る

会社に返却するものは

社員証・ICカード・制服や作業着など

会社から支給されているものは宅配便とかでまとめて自分の勤めている事務所あてに送ってしまいましょう。

バックレた後の離職票などの書類の対応方法

会社をバックレると、本来会社からもらう書類が直接もらえなくなります。

「離職票」「雇用保険被保険者証」「年金手帳」「源泉徴収票」

これらの書類は、普通に退職すれば会社から返却、作成して渡してもらえるものです。ただ、バックレるとこれがもらえないので、郵送などで送っておらうか

再発行することになります。一つ一つ書類の対応方法を見ていきましょう。

離職票

離職票は会社を辞めてから10日以内に発行してもらうことができる書類です。

これが無いと、ハローワークとかで失業給付がもらえなくなってしまいます。

最悪、失業給付がもらえなくてもイイや・・・みたいなことになりますけど、それもちょっと悲しですからね。

かといって、バックレた会社に

「離職票を下さい」

って連絡するのもきついです。

そいうときにはハローワークに頼んで、ハローワークから

「失業保険をもらいたいから離職票を発行してくれ」

とあなたの代わりにバックレた会社に行ってもらうようにお願いするのがいいです

離職してから10日以内に離職票を発行するのは会社側の義務なので、会社は、内容証明で指定した退職日から10日以内には離職票を発行しなければいけません。

これをハローワークに行ってもらうようにお願いしてみるのがいいでしょう。

最近ではブラック企業とかでは、ずさんな会社が多くて離職票が送られてこない会社も多いです。ハローワークに相談すればあなたの代わり離職票を発行するように連絡してくれます。

ハローワークからは「貴社にお勤めしていた○○さんから雇用保険をもらいたいから離職票を発行するようにと会社に言ってほしいと相談があった」とストレートに伝えてくれます。

こうなると、会社も無視できないので離職票を発行してあなたに送付するしかなくなってくるわけですね。

年金手帳

年金手帳は再発行できるので、日本年金機構のサイトを見ていざとなったら再発行してください。

参照 日本年金機構 年金手帳を紛失又はき損したとき

雇用保険被保険者証

雇用保険被保険者証もハローワークに行けば再発行できるので、ハロワで再発行申請用紙で再発行すれば大丈夫です。

参照 ハローワークインターネットサービス 雇用保険被保険者証再交付申請書

源泉徴収票

源泉徴収票は退職した日から一か月以内に会社が退職した人間に交付しなければいけないということが法律で決まっています。

第二百二十六条 居住者に対し国内において第二十八条第一項(給与所得)に規定する給与等(第百八十四条(源泉徴収を要しない給与等の支払者)の規定によりその所得税を徴収して納付することを要しないものとされる給与等を除く。以下この章において「給与等」という。)の支払をする者は、財務省令で定めるところにより、その年において支払の確定した給与等について、その給与等の支払を受ける者の各人別に源泉徴収票二通を作成し、その年の翌年一月三十一日まで(年の中途において退職した居住者については、その退職の日以後一月以内)に、一通を税務署長に提出し、他の一通を給与等の支払を受ける者に交付しなければならない。ただし、財務省令で定めるところにより当該税務署長の承認を受けた場合は、この限りでない。

参照 電子政府の総合窓口 e-Gov

内容証明で記載した退職日以後に一か月たっても源泉徴収票が送られてこない場合(というかテキトーな会社はこのケースの方が多いですけど)

その場合は、書留の形で郵送で「源泉徴収票を送ってください」と言うことと、上記の法律のことをサクッと書いて返信用封筒をつけてバックレた会社に送ってみましょう。

それでも源泉徴収票を送ってこない場合には税務署に行って

「源泉徴収票不交付の届出手続」

参照 国税庁 [手続名]源泉徴収票不交付の届出手続   

の手続きをしましょう。

そもそもバックレた会社に電話して頼むことはできないというか嫌だと思うのでこういった公的な期間の力を借りて会社に源泉徴収票を発行するように打診してもらったほうが早いです。

まとめ

会社をバックレなければいけないっていうのはホントに悲しいことです。できれば会社って円満退社をしたいとあなたも思っているでしょうし、ほとんどの人はそう思っています。

ただ、世の中には常識や法律までも通用しないようなキチガイじみたブラック企業があるっていうのも事実です。

常識が通用しないというか、恐喝、へたすると暴力まであるかもしれません。そもそも、会社を辞めたいのに強引な引き止めをするっていうのは怖いですし、そんなブラック企業にキレイ事でまともに退職の話をしても無駄になってしまうわけです。本当に悲しい現実です。

だから、会社をバックレるっていうのが、よく非常識みたいなことに言われますけど、会社のほうが100倍非常識なんですからあたなとしてもまともな方法で退職できないからしょうがなくバックレるわけです。そこは割り切って行動すべきなんですよね。

あと、補足ですけどこういったブラック企業に対しては、ボイスレコーダーとかでしかっかりと上司などの暴言などを録音しておきましょう。

出るところに出てもこういった証拠があれば安心ですしね。今ではスマホでも録音できますし、とにかくそういった暴言などの言動の証拠を取っておいたほうが何かと役に立ちます。

さて、会社をバックレるにしてもクールに行動していくのがベターです。常識が通用しない相手に対してコチラも感情的になってしまうのは損ですからね。

さて落ち着いたら転職活動をしてださい。ブラック企業に入るのはこりごりですよね

ブラック企業はもうコリゴリ・・・・そう思うなら転職エージェントを使ってくださいね。ハローワークとかちまたの求人誌ではブラック企業がたくさん掲載されています

これはハロワとかが掲載企業を審査していないからです。そのためブラック企業の奴隷の狩り場になってるんですね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しいとか言われてますし、やったことが無いと不安なものです。

しかし、優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通に取れます。準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるといいですよ。ブラック企業じゃない求人があるっていう確認にもなりますし、自分がやってみたい仕事の選択の材料にもなりますしね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (→公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!