ブラックできついスーパーの正社員を辞めたい 底辺で長時間労働でサビ残売り上げノルマでキツイ現状ですよ

スーパーマーケット

スーパーマーケットというと、もうブラック企業の代表格みたいな感じですよね。もうこれだけ情報がある時代なので誰でも知っているころですよね。

なので、あえて記事にするまでもないと思うんですけど、スーパがどれだけブラックで勤める意味がないってことを書いていきます。

もちろん、全部のスーパーマーケットがブラック企業ってわけじゃあないですよ。でもそんなのはどんな業界でも同じですよね。

スーバーの業界はブラック企業の方が「圧倒的に多い」ということだけです。これってブラック業界ならどこでも一緒ですからね。

だからなにも、ブラック企業が多い業界を選ぶ必要もないんじゃね?って思いますけど、そういうことを考えずに就職しちゃう人もいるわけです。

そんなスーパーの正社員の仕事がきつくて限界になる理由を見ていきましょう。

スーパーの正社員は想像通りのブラックな仕事なんですよね これ早く脱出したほうがイイですよマジで

スーパーの仕事って重労働で安月給なんですよね。しかも数字に細かいし気を遣う割には、ほんと給料が安い・・・・手取り20万円いかないで年収300万円いけばいいなんてのがザラです。

正社員でも部門長とかからこき使われて、正社員はたいてい青果・鮮魚・精肉なんかの担当を持たされます。当然ですがノルマがあって

「これだけ売上上げろよ、あげないとわかってるよな?」

みたいなことを言われるわけですよ。しかも売り場のパートのおばちゃんとかを管理しながら売り上げノルマを上げていくわけです。

正社員だといいなり店長とかやらされるケースもあって、店長でも本部からの売り上げノルマあって、責任をやることはメチャおおいですけど、そんなに店長でも

給料は変わりません。名ばかり店長で残業代もつかないなんちゃって管理職で、店長でも年収400万円とかざらですからね。

パートのおばちゃんとか女性とかは派閥とかあって、いじめとかもけっこうあります。そういった人たちを管理するのは神経がすり減りますからね。

おばちゃんたちの管理に気を使いつつ、売り上げノルマをこなしていくというのが日々の仕事になります。人間関係もハッキリ言って悪いですしねスーパーの職場ってね。

店の中だけでなく、質の悪いお客さんの相手もしないといけません。

デパートとかと違って、スーパーとかは客層も残念ながら低いのでDQNな客が多いですしね。

「店員の態度が悪い」

「レジを打つ態度が気に入らない」

「なんだこの店の雰囲気は」

みたいなわけのわからないクレームとか普通にありますからね。そういう時には正社員が苦情受付の出番です。

こんな生活が続くわけですから、当然辞める人間も多くて正社員もパートも退職する人が多いです。だから、常に人員を募集していていつも新人に教育しているような状況なんですよね。

そうなると、正社員の仕事の負担は増していきますし、下手に正社員が一人辞めたりするとその分をカバーしなければいけないので仕事がガンガン増えていきます。そして自分自身も肉体的精神的に限界がきて、過労で倒れる、うつ病になる、自殺するみたいな負の連鎖になってくるわけですね。

スーパーでいつも人員募集してるって求人ありますよね。そういうスーパーはわかりやすいブラック企業です。

仕事が尋常じゃなくキッツいうえに人間関係がるく正社員だけでなくパートとかにも売り上げノルマを押し付けるので、そりゃあ正社員はまだしもパートとかは時給900円とかでノルマとかあった日にはソッコーで辞めますからね。辞めないのはマジメでバカな社畜精神を持った人だけですからね。

イメージ通りですけど、よくやるのがタイムカード早めに押して、正社員なんかはエンドレスで店で仕事してることが多いです。合法サービス残業の技ですよね。

このタイムカード早めに押す作戦はやめてほしいんですけどね。その時点で訴えることができますよマジで。

こんな状況なのでスーパーで正社員なんかやってたら人生お先真っ暗になります。早めの戦線離脱が賢明ですよ。

余談ですけど 製造業とかいいですよホワイト工場なんか定時で帰れますしね

このサイトではよく言ってるんですけど、私が地銀から製造業に転職してホワイト工場だったので、製造業が美味しいってのは何度かお話してます。

スーパーで働いている人を見てると、

「これって工場で普通にラインやってるほうが全然楽だよな・・・・」

ってよく思いますからね。工場の仕事って定時で終わって、有給休暇も全部使えますし長期休暇もあって、人間関係も薄いんですよね。ノルマとか当然ないですしボーナスも人並みにあります。

仕事が慣れるまではちょっと大変ですけど、仕事が慣れると単純作業というかルーティンワークなので、体が多少疲れるくらいで人間関係のストレスがほとんどありません。

私も地方銀行で営業やってましたけど、とにかく「お客さんを相手にする仕事」「ノルマのある仕事」はもうコリゴリというか仕事として選ぶべきじゃあないんですよ。

そういう仕事でも給料が良ければいいですけど、地銀もそうですけどスーパーとかも給料安いのに人的ストレスとノルマがあって意味が解りません。

製造業に転職した時には「仕事って種類が違うだけでこれだけストレスが減るものなのか?」と身震いしたく代ですからね。別に普通の製造業で高卒で入ってる人とか

いっぱいいますし、高学歴な人のほうが少ないような会社でも普通にホワイト工場でしたしね。

転職するには「BtoB」企業・・・・いわゆる取引先が企業ってほうがいいですよ。ノルマも無いですしね。そのあたりが新卒とかのときにわかっていればよかったんですけどね。

スーパーの仕事はもろに個人客相手の「BtoC」企業ですからね。そりゃストレスもと溜まりますよ。マジメな話( ;´Д`)

関連記事:工場の仕事はストレスがホント少ない

ホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

関連記事:仕事は「BtoB」企業を選ぶべきですよやっぱりね

ノルマのない業界でかつ「BtoB」の会社がホワイト企業である可能性は高いです。そして独自のノウハウは特許を持っていて、ネームバリューはないけど地道に業績をの倍している会社というのがホワイト企業の特徴です。ブラックな会社に捕まらないためにもこういったポイントを押さえて会社選びをするべきです。

まずスーパーマーケットで働いている人の表情を見てみましょう 表情が明るい人ってほとんどいないですからね

スーパーマーケットで働いている人見てみましょうよ。私の行く地元のスーパーとかはそこそこ中規模チェーンのスーパーですけど、なんか仕事ホントキツそうです。

低価格がウリのスーパーなので、人は入っていますけど薄利多売なので、とにかく売らなきゃいけないんでしょうね。

なんか従業員ガチで疲れた表情していますね。あの表情ですよブラック企業で働いている人の表情。

ちょっと虚ろで目にクマができていて、とにかく表情が暗い。笑顔があってもひきつっている。お客さんへの笑顔がひきつっている。

こういうスーパーって多いですよね。そうブラック企業だからなんですよ。

スーパーなんて働いている人の仕事ぶりを見ることができるんですから、自分がこの業界で働くかどうかを判断できます。

えっと、私は絶対嫌ですね。あんなハードワークできませんからね。

そもそもスーパーも低価格競争を強いられて、もう薄利多売の限界にきています だからとことん従業員を働かせて事件費を削減するけです

スーパーって今どこどこでも低価格競争に巻き込まれています。高級志向のスーパーもありますけど、少ないですよね。

低価格競争に巻き込まれて、結局、薄利多売になっています。当然、人件費を極限まで抑えるようにするので、

従業員の残業はサービス残業。店長は名ばかり店長で、少ない手当で24時間働くくらいのレベルです。

聞いた話によると朝5時に出勤して26時(夜中の1時)までブラック企業スーパーでの店長は働くわけです。

20時間勤務?いやすごいですね。そりゃ過労死で死にますよね。確実に死ねるラインです。こういったスーパーの店長やってみたいですか?

そう、スーパーって結局、長時間店が開いているので、結局正社員はこういう勤務になるのが目に見えますね。しかもサービス残業でね。休みも無いです。一か月ぶっ続け勤務したとか普通にヤフー知恵袋とか見ればいくらでも情報が入ってきますしね。

過労死できるところがブラックなスーパーマーケットです。それを前提にブラックスーパーの特徴を挙げてみましょう。

ブラック企業なスーパーマーケットの特徴を挙げるとするとこうなります

会社の社長がワンマンオーナー

労働組合が機能していない、

24時間営業は当たり前、

残業代は当然サービス残業(これあくまでも違法ですからね)

福利厚生が機能していない 当然育児休業制度とかも女性が取るのは難しい

低価格競争に巻き込まれて人件費を極限まで削っている(会社自体は儲かっている社員は地獄)

休日出勤は当たり前

バイトやパートが休んだら正社員が代わりにその仕事をする 休日でも当然出勤

とにかく辞める人が多いので、一年中求人サイトに正社員募集の求人が掲載されている

人がすぐに辞めるので、一から教育するので手間がかかる 非情に効率が悪い

現場の従業員の笑顔が引きつっている 目が死んでいる 常に疲れている

過労死した人がいるという噂がある もしくは実際に過労死があった会社

と挙げればきりがないのでこの辺にしておきますけど、なんかこういったのを挙げてみると切なくなってきますよね。

職病選択の自由ってあるんですよ。あえてブラック企業のスーパーを選ぶことはありません。

もう一度言いますけど、今ではこういった小売業界って低価格競争の波にもまれて、もう削るところが人件費しかないんですよ。

だから従業員の待遇が良くなっていくことはもうありません。だからスーパーマーケットの仕事の仕事に未来はありません。なんだか気分まで暗くなってしまいますよねこれじゃあ。

なにもブラックなスーパーを選んだり勤め続ける必要ないじゃないですか まともな会社ってけっこうありますよ

ブラック企業のスーパーマーケットで働くと、普通に過労死できるラインで仕事ができます。

こういうスーパーに勤めた知人がいます。当時はネットもまだ普及してなかった時代ですが、今ではもうスーパーマーケットがブラック企業というのは誰でも知っている事実です。

そうとうな訳アリ出ない限り、就職先からは外すべきなんですね。もしくは、訳があってスーパーに入ってしまったとしてもそれこそ、いくらでも「まともな会社」っていうのはあります。ブラック企業が多いわけですけど、まともな会社も多いです。

そういった情報はハローワークとか求人誌だとほとんど入ってこないですしハロワの求人は実際ブラック企業ばかりです。

転職エージェントには「まともな会社」が多いです。これは実際転職活動で使ってみたときに、ハロワとは全然違ったのに驚きましたからね。

スーパーマーケットにあえて勤める理由が無ければ、仮にほかに行く場所が無くて勤めていたとしても、探せば他にもっといい労働環境はあります。それを知ってほしいというのが私の本音なんですおね。仕事は自分の好きなことをやる以外はあくまでお金を得るためのものですから、なるべく労働時間が短くて労働環境が良いほうがイイにきまっていますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!