ウェディングプランナーが鬱で辛いし給料安いから辞めたい時の行動方法

結婚式

ウェディングプランナーっていうと、自分で結婚式を企画して、オーダーメイドで結婚式を作るため「やりがい」がある仕事というわけです。

でも、そんな仕事をあなたは辞めたいわけですね。無理もないですね。超激務ですからね。

ウェディングプランナーの仕事って実際どうですか?やっぱりやりがいはありますか?そのやりがいを求めてウェディングプランナーの仕事をやっているわですよね。給料もどちらかとういと安いほうの仕事でも続けているということは結婚式関係の仕事をやりたいと思って仕事を選んだのでしょう。

でも現実はその「やりがい」をうわまわる激務があって、ものすごくきつい仕事であるのは今時では情報としてみんな知っています。

そもそも、普通の営業とかでもかなりきつい仕事なのに、ウェディングプランナーは「営業・企画・クレーム処理」の仕事を一人でやっているわけですからね。それでいて年収うが400万円前後という人もいるわけです。

「マジですか????」と思ってしまいます。それだけ激務で400万円前後の年収って・・・

そんなやすい給料でウェディングプランナーのあの長時間労働でサービス残業しまくり、クレーム出まくりでストレスたまりまくりの仕事なのに年収400万円前後です。田舎のブライダル会社なら年収300万円くらいってところもあります。

個人的には、あんだけキッツい仕事で給料安いっていうのは当たり前ですけど、ただのブラック企業です。あなたも気づいてますよね。現実を見つめてその会社でこれから長期で務めていくかどうかをしっかりと考えたほうがイイですよ。

 

関連記事:年収300万円前後ならすぐに転職しないと人生破滅する理由

スポンサーリンク

「やりがい」という幻想があるウェディングプランナーですけど、やってることは営業と企画とクレーム処理の3つの仕事を

同時にやってるだけしかも給料が安いってどんだけ?? ハッキリ言うと、「やりがい」っていうのは会社側が作っている幻想です。平たく言うと「やりがい搾取」ってやつですね。

そうでも行ってないと、ウェディングプランナーの仕事なんて誰もやりませんよ。

「営業・企画・クレーム処理」を一人で同時に行うわけです。

結婚式の数をこなせば会社に利益がありますからね。地味婚全盛の時代に、結婚式を売り込んでいくわけです。かなり無理なノルマとかあってそのプレッシャーと毎日戦います。私ならこの時点でもうダメですね耐えられません。

そして、結婚式をお客さんと打ち合わせして作っていく「企画」をします。結婚式って基本一度ですしね。二回の人もいますけどね。

そのため、ちょっとしたミスとかでもクレームになりますし。なんかイレギュラーなことがあると、結婚するカップルだけじゃなく親族からもクレームがきたりします。結婚式とか酔っ払いとかいっぱいいて居酒屋状態でもう手が付けられませんしね。

いや企画してもクレームがあるしね。もちろん、カップルに感謝されますけど、いくら感謝されてもねえ。年収400万円前後ですからね。

会社は前面に「やりがい」を出してきますし、あなたもそれを納得してやっています。でも私は無理ですね。仕事っていうのは、なるべく効率よくやってなるべく高い賃金を得るという考えです。

そうでないと、プライベートでやりたいこととか全くできないじゃないですか。ウェディングプランナーとかやってると 休みもかなり少ないですし、サービス残業ですしね。あ、仕事って時給換算してくださいね。サービス残業して時給に換算したら800円くらいだったなんてウェディングプランナー多いですよ。コンビニバイトより安い時給で働いているみたいな。

こういった激務な仕事をしていると、実生活で失うものが多いです。

体調を崩したり、プライベートな時間がなくて友達と疎遠になったり結婚できなかったりと考えてみるとかなり悲惨です。

なんかウェディングプランナーとかブライダル業界に勤める動機って

「お客さんの幸せを手助けしたい」

とか言ってますけど、今時幸せを求めるなら結婚式なんかしないほうがイイですよ。私は男ですけど男の98%は結婚式とかやりたくないと思っています。

金はかかるし、そもそも結婚式ってただの自己満足ですからね。結婚式なんて親族だけ集めて、地味にやればいいんですよ。友達とか呼びたくないですからね。そう男側の本音を言うと結婚式なんかやりたくないんですよね。やりたいのは女性だけです。男は結婚式とかウンザリしています。

だから実際結婚式って金使うしどのみち、30%以上は離婚するんですし、あんまり幸せとかには関係ないですよ。そのお金将来のために蓄えておいたほうが全く持って幸せになれると思いますけどね。

たいていウェディングプランナーやってると「うつ」になったりします そして時間が無いので自分の結婚が遠くなるという悲劇

そう、ウェディングプランナーって仕事量が多くて責任も重くて、給料が安い・・・冷静に考えるといいとこ無しです。

「やりがい幻想」にかかっているうちはいいんですけど、だんだんと幻想が解けてくるともう辞めたくなるのは当たり前。

そういう状態で仕事を続けていると高確率で「うつ病」になります。そりゃそうですよ。精神的にきつくて長時間労働で、給料が安いんじゃあ普通のひとなら「うつ」になります。

疲れていても夜眠れないとか、体が朝起きるとき重いなんて症状がでたらもうアウトです。

 

関連記事:どのくらい働きすぎるとうつ病になったりするのか?

しかも、プライベートの時間がないから、人の結婚を見ていても、自分の結婚とかが見えないとシャレにならないですよね。そうなると自分の人生自体が破綻してしまいます。

そうなる前にさっさと転職しましょう。転職ってウェディングプランナーやってた職歴があればそんなに難しくないですよ。それだけの仕事をこなしていたんですから、たいていの仕事はこなしていけることが出います。

私のいた会社なんて、テキトーに製造現場でライン作業をやってるだけで年収600万円くらいもらえましたからね。タダの単純作業でこんな感じです。しかも軽作業。残業もつくし、定時で帰れて休みも多いという。

関連記事:ホワイト工場の仕事は美味しいですよ

製造業の工場勤務がホワイトな理由【定時帰宅当たり前】
製造業の工場勤務をしてみたいと思ってせんか?本記事では工場勤務がホワイトな理由・ブラックな工場に入らない方法・ホワイト工場に入る方法を説明しています。工場勤務したい方は必見です。

そう、こういう会社って世の中になけっこうあります。ただ、そういう会社は人が辞めないので、あまり求人を出すことがないから見つけるのが難しいんです。 こういう会社の求人は転職サイトでないと見つけることがほとんどできません。

というわけで定時で帰れて給料もそこそこある会社に転職するのがあなたの人生でプラスですよ間違いなくね

転職するときにはハローワークとか求人誌を使うとほんとに、ブラック企業のオンパレードで嫌になってきます。

よくもまあこんな感じの職業があるもんだっていうくらいブラックな会社ばっかりですね。ハロワとか使っちゃダメですよマジで。

ということで、定時で帰れて給料もけっこうもらえる会社に転職しましょう。そのためには「転職サイト」を利用するのは必須ですね。なぜなら「非公開求人」があって条件のいい会社をたくさんストックしているからです。

転職サイトでは転職のプロであるエージェントが、求人を選択してくれます。その際に、「定時で帰れる会社」といった希望をしっかりと言っておくのがポイントですね。

あなたに合った会社を無理のない範囲で選んでくれます。世の中に出ない求人もたくあり競争率も低いわけです。

ブライダル業界ってとにかくもう、これから結婚式が減っていく時代ですからね。独身率も上がってますし、そもそも給料が上がっていかない時代なのに結婚式にお金をかけられる若いカップルなんていないですよからね。

結婚式に200万円とかかけるとか正気の沙汰じゃあないです。それだったらそのお金を将来のために資産運用していったほうが178倍いいと思いますけどね。

そもそも上述したように男性はとくに結婚式なんかやりたくありません。これはガチですよ。だってあんな友達とか読んでバカ騒ぎとかして、メチャクチャ金使うってホント意味不明です。そしてどのみち離婚するわけですから、そりゃあ理論的に考えるのは男ですからそりゃやりたくないですからね。女性の一時的な万続刊のために100万円以上の金を使うのってちょっと意味不明です。

何たい痛いかと言うと、ウェディングプランナーとかやってても給料が安くて激務なのはあたりまえですからね。人件費がかけられないんですよ。結婚式がどんどん件数も減って地味婚がふえてるんですからそりゃあ当然です。

余談ですけど、仕事って金が大きく動いている業界じゃないと給料は上がらないですよ。それか物が売れている業界とか、時代に合ったビジネスモデルをやってる業界じゃないとそりゃあ給料は上がりません。

それでも「カップルの幸せを手伝いたい」みたいな考えを貫き通して、激務でも低賃ぢんでもストレスでうつ病になってもウェディングプランナーをやっていきたいってなら止めませんけどね。私は絶対にいやですけどねそんな低賃金でサービス残業とかありまくりの業界なんてねマジで。

そういった業界自体がダメになっていくところにいると、どうしようもないレベルであなたの人生が傾いていきますからね。そこをちゃんと考えていかないと本当にヤバいことになっていきます。

とにかく会社を選ぶなら「これから成長していく会社」「これから成長していく業界」です。そういう意味ではブライダル業界は正直きびしい状況なので、選択肢には入らないということですね。

 

関連記事:会社選びは「成長していく会社」を選ぶのがポイントです

大企業に入社して後悔する理由 会社の「規模」で見るのはやめて「仕事内容」「成長性」で会社選びをしないとダメ
大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。