キャビンアテンダント(CA)を辞めたい 客室乗務員は激務でストレスが多い仕事です

キャビンアテンダント((CA)は女性がなりたい職業で必ず上位に入っていますよね。華やかなイメージで海外を渡り、客室乗務員のお姉さんはキレイな人ばかりです。

航空会社のキャビンアテンダント(の求人はめちゃくちゃ高いですし、当然競争率もものすごいです。そういう難関を勝ち抜いてせっかく勝ち取った客室乗務員の職ですよ。

でも、現実はかなりの体力勝負の仕事で、時間は当然不規則ですし、海外便なら時差ボケもあります。

お客さんは神様ですし、ウェイトレス的な仕事でもまります。基本「奉仕」の心がないと務まりません。

近年では格安航空会社も出てきており、日本の航空会社もかなりコストを切り詰めています。そのため、CAもできるだけ人員を減らしているので、当然シフトもかなりハードなものになってきます。

これじゃあ、あまりにキツクて「辞めたい」っていうCAもいますよね。理想と現実は違うということです。

キャビンアテンダント(の仕事は語学力も必要で、対人スキルも高くなければいけないですし、なによりハードな日程をこなしていくため体力的にも優れていないといけません。

いわば、「スーパーウーマン」という人種の人がやっている仕事なんですね。

ただ、やはり疲れはたまってくるのが人間です。キャビンアテンダント(で頑張ってみたけど、ほかの仕事もやってみたい。もっと語学を生かした時間がきっちりした仕事がしたいと思うのも人間です。

CAって見た目はなんかイメージ先行でかっこいい仕事ですけど、やってることはフツーに飲食業と変わらないって感じです。接客業ですね。

女性が容姿を生かして仕事するってのはまあモデルとかの法がイイのかもしれません。それに、男でも女でも接客するってのは結局対人ストレスが溜まって長期的にやっていく仕事にはできないと思うんですよね。

私も営業やってましたけど、ストレスたまりまくりで、なんかわけわからないクレームとかあって毎日対人ストレスがフルボリュームでしたからね。

何が言いたいかって言うと、華やかなイメージのあるキャビンアテンダントっていってもただの接客業でストレスたまりまくりってことですよ。

スポンサーリンク

辞めたいならスパッと辞めて語学が生かせる会社にはいればいいですよ 

難関を突破して苦労してCAになった・・・・でも仕事がキツクてストレスもたまってCAをやめたい・・・・ とそこまで思い詰めているのなら、CAに限らずどんな仕事でも言えるのですが、スパッと辞めて転職を考えたほうが前向きです。

CAになるくらいの人なので、マジメで努力家の人なのでしょう。ただ、あなたは限界まで我慢して仕事を続けてしまうかもしれないんですね。 限界まで仕事をやってしまうと、高確率で「うつ病」になります。

CAでもうつ病はかなり多いようで、美しく自立した女性であるゆえに、仕事をやめられないというジレンマもあるかもしれません。

ただ、「体を壊したら本当に後悔」することになります。もしあなたが限界が目の前にあるような状態だったら転職をすることは「逃げ」ではありません。 人生は長いので、そういういったん自分をいたわることも、とても大切な考えです。

キャビンアテンダントって人的ストレスはハンパないですからね。お客様は神様で酢状態です。そういいう状況でクレーム処理から要望を何でも聞いて働いていると、人的ストレスはとてつもなく高くなってきますからね。けっこうキャビンアテンダントでうつ病の人が多いてのもわかりやすいげんじつですからね。

キャビンアテンダント(は語学が堪能でしかも対人スキルがあるので転職先は多様にあります

CAは語学ができて、対人スキルもあるためいわゆる日本の企業なら

製造業(特に自動車関係)の海外部門
金融業の外為部門
外資系企業の営業や事務

こういった、語学ができて対人スキルも生きるといった転職先が向いています。

製造業でも自動車関連の会社は海外に多くの支社を持っています。CAと違うことは、基本仕事の内容は事務的で営業ノルマなどもなく、時間もキッチリしています。

特に女性でも語学が堪能なら海外勤務する人も多く、現地のアメリカ人と結婚して人もいます。仕事もそれほどハードではなくて長く務めるにはいい環境です。

現地の人とうまくコミュニケーションが取れるかどうかがカギになってくるので、CAで培った対人スキルが生きてきます。

金融部門の外為部門は、金融商品の取引を直接英語で大人うことになり、金融のスキルと語学ができる人間でないとなかなか務まれいません。

金融のスキルは金融機関に入ってから身に着けていきますが、語学を使える人間がなかなかいないので、金融機関では重宝されます。

ただ、金融取引は細かい作業であり、金融商品も日々開発されていくので勉強を続けていく姿勢は必要になってきます。

また、いっそのこと外資系企業に勤めるというのもかなりアリな選択です。

外資系企業のメリットは日本の企業より給料が高く、日本特有の飲み会などの付き合いもほとんどありません。

女性だからと言って下見煮られることも無くチームとして男性と対等に仕事をしていくことができます。

外資系というと、男性が営業で超激務というイメージがありますが、それは営業職であるからであって普通に事務職であれば

時間もきっちり終わることができてほとんど残業もありません。もちろん日本にありがちなサービス残業などあり得ません。

そのわりに外資系は事務職でも500万程の給料があるところが多く、日本の事務職が300~400万くらいであるの対してかなりいい給料をもらえます。

それでいて、日本の企業とそんなに仕事内容が違うわけでもないんですよね。違うところは外国語が使えるかどうかというところです。

「製造業や金融機関の外国部門や外資系企業って、求人とかどう探せばいいの?」というケースなら転職サイトを利用するのがベターです。

格安航空も出てきたりして航空業界はもうからない時代

キャビンアテンダントの仕事って、最近では格安航空会社も出てきたりして、昔よりも人件費をかけてれなくなってるんですよ。

だから、一人当たりの仕事ってのは当然多くなってきますし、当然ですけど、給料も上がっていくのは見込みが薄いです。

極論言うと別に飛行機乗ってるだけなのでキャビンアテンダントとかいらないですしね。AIとか発達したらロボットでもいいわけですし、そのあたりを考えるとこれから需要が大きくなっていく職業ではないです。ということはキャビンアテンダントの労働環境が良くなっていくってのはちょっと無理ってことですね。

今ではCAになるよりもキャバ嬢とかになりたいって女の子が多いみたいですしね。やっぱり時代を反映して女性も現実的になってきています。

ぶっちゃけキャバ嬢のほうが儲かるわけですよ。どうせ同じ接客業をやって同じストレスを味わうなら儲かるほうがイイですしね。このあたりは女性の感が肩が現実的になって生きている証拠でしょうね。

時代の変化によって必要とされる職業もだんだんと変化してい行きます。もちろんCAが全く必要ないってことにはならないですけど、「必要人数」は今後減ってくるのは間違いないでしょう。

そういった背景があるので、あまりにキャビンアテンダントの仕事がきつくて辞めたいなら今後の人生を考える上で労働環境を変えていくのも必要なんじゃないでしょうか?