ホームセンターを辞めたい 長時間できつい肉体&接客労働の激務の現状と転職方法

ホームセンター

近所のホームセンターで良く買い物をします。今時のホームセンターは大きいですし、なんでもそろっていて、品物も豊富でホームセンターに行けば自分の欲しい工具とかちょっとした家の修理の材料とかは必ずそろうので重宝します。正直、無くてはならないものですよねホームセンターって。

ただ、私の知り合いの息子さんがホームセンターに勤めていて最近辞めてしまいました。その話を聞く機械があったんですけど、ホームセンターってものすごく仕事がきついみたいです。その息子さんは28歳ですけど、今では地元のメーカーに転職して仕事をしています。かなり仕事は楽になったと言っていました。

ホームセンタの仕事は、よくよく聞いてみるとたしかに「サービス・接客業」「肉体労働」「安い給料」「長時間労働」「人間関係がキツイ」といったブラック企業の要素をしっかりと含んでいます。見事にブラック要素が出ていますよね。

よく利用するホームセンターなので興味もアリ、その労働環境について聞いてみました。

ホームセンターの仕事は接客・肉体労働・低賃金の三拍子がそろった素晴らしいブラック仕事です

ホームセンターの仕事って接客では土方の人とか、チンピラとかを相手にしたりしてストレスがたまる接客もありますし、、思い角材や肥料とかを持ったりしてかなりの肉体労働です。

それでもって、給料が大卒でも18万円いかないくらい。そのあとほとんど伸びないわけです。だいたいホームセンターに入って1~2か月くらいでもう辞めたい・・・

と考え出すのが普通みたいです。なんかこれだけ見事にブラック要素がうまくハマっている職場もけっこう珍しいですよね。

ホームセンターの仕事はとにかく薄給激務で長時間働く職場 肉体的にきつい仕事なわかりやすいブラック体質

とにかく薄給なんですよね。初任給は高卒で14万円くらいで大卒で18万円くらいです。手取りだとここから3~4万円くらい減りますからね。このくらい安い給料でメチャキツイ長時間労働が待っているわけです。

たいていは朝の6時くらいに出社して7時くらいに店を開けるんですね。それで閉店が20時くらいで、かたずけなんかをやってるとだいたい22時なります。そのあと正社員とかは会議とかがあるケースがあるので、夜中まで働くことが多いです。それでまた朝6時に出勤・・・・

こういった無限ループが続いていくわけですね。私はこれを聞いただけでもう吐き気というかダメだこりゃと思いましたよ。こんなループで働いていたら、そんなに長く持つわけがありません。週に一回くらいしか休みが無くて、その休みも一日中寝ていたと息子さんが言っていました。

また、ホームセンターの仕事って男は土方の肉体労働と同じくらい過酷なケースが多いです。レジ打ちとかはだいたい女性の仕事で、男性や品出が仕事です。

品出しとかホームセンターにあるものって重い物がメチャクチャ多いですからね。角材とかパイプとかそれがまとまって納品したりするわけです。コンクリートブロックとか普通に砂利とか肥料とかもかなり重いですしね。これを見せに配置したり、お客さんも業者とか土木の人はまとめて買いに来ますから、これをトラックに延々と積み込む作業とかがあります。

砂利とか肥料とかは一袋20~25キロくらいありますし、角材もそのくらい重いですしね。こういっのを100個とかトラックに積んだりするんですよ。とにかく重いですし普通に筋トレでやるような「トレーニング」になってしまいますからね。筋トレ好きにはたまらないかもしれません。私はカンベンしてほしいですけどね(;・∀・)

これやってると普通に体育会系の大学生のバイトでも1日でいなくなることが多いらしいです。そう考えるとホームセンターの正社員て凄いですね。こういったことを毎日やりながら長時間で働いていたら、本当に肉体的には限界なはずです。なんかこういった正解が本当にあるんだ・・・・というのがまた驚きですね。

あと、やっぱりホームセンターの仕事って「木材とかをカット」してくれるじゃないですか。私もよくやってもらうんですけど、これで指とかいちゃう人もいるらしいです。そりゃこれだけ肉体労働してて、長時間労働してれば、材木を切る機械を操作するときに集中力も無くなりますよね・・・・

そんな状況で切断機械を操作するのは怖いです。簡単に指をもってかれるので、ほんとに注意してくださいね。

ホームセンターの客層が正直悪い 接客でストレスがたまりまくる

私もホームセンターによく行くので客層が悪いとか言うと自爆になりますけど( ;´Д`)

ホームセンターって土方のお兄さんとか当然良く来ますしね。基本、こういった土方系の人は普通やさしい人が多いですけど、怒らせるとやっぱり怖いです。

ホームセンターで働いていると普通に胸ぐら掴まれたりしますしね。扱いには注意したほうがいいわけです。

とまあ、土方系のお兄さんとかはまだいいんですけど、やっぱりホームセンターには頭が完全にイってしまったおかしい人がよく来ます。あれだけお客さんが多いですしね。

普通にお店でわめきちらしたり、店内とかの椅子に座って永遠に鎮座している人とか。休憩コーナーで酒飲んでる人とかすごいです。酒とかを注意するとまあキレるのでほっておくのがいいんですけど、やっぱりほかのお客さんに迷惑ですしね。対応するのは勇気がいります。

普通にチンピラ系の人も来ますし、こういった人にからまれると100%悪いことが起きます。でもお客さんですから無視もできないですし対応するわけです。

たいてい、商品とか態度とかにわけのわからないイチャモンつけられるわけです。こういうことが日常茶飯事のホームセターではもう、精神的なストレスは極大に増回してきます。当然だんだんと病んでくるんですね。

ホームセンターの仕事は結局は精神的に病んできてだんだんと退職していて人が残らないわかりやすい状況になります

ホームセンターの仕事をやってると、これだけ肉体労働で客層も悪く賃金も安い・・・となると離職率は当然高いです。新入社員とかも10人は言っても3年くらいで大体全員辞めてしまうみたいです。たまに生き残ることもあるみたいですけど離職率は80~90%というところです。

正社員ですらこうなので、バイトとか派遣の人は普通に仕事をバックレるケースが多いです。というか私も若いころでバイトだったらたぶんバックレてたでしょう。バックレる自信があります。

正社員はだんたんとまじめな人から精神的に病んできて「うつ病」の初期症状が出てきます。笑顔が無くなって、だんだんと人生に希望が無くなってきて朝起きると体が重くなり、疲れてるのに夜眠れないといった人が多かったみたいです。だいたいメンタルを病んで心療内科のお世話になるんですね。

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

こうなってくると、もうホームセンターのきつい仕事はできなくなってきます。集中力も切れてこうなってしまうと、自主退社を勧められることになります。

まあ、「使い捨て」ですよね。会社としては次の社員を入れればいいわけですし、たいして影響はありません。

でも、こうやって退社したひとはまだ救われますよ。仕事がきつくて自殺する人とかもいますからね。世の中には表立ってないですけど過労で自殺する人はたくさんいます。

うつ病になってると自殺肢体と言う意識が毎日のように出てきますからね。死んだらおしまいですからね・・・・

ホームセンターの仕事がきつくて限界でもう耐えられないと言う場合には労働環境を変えることを検討するのがベターです

ホームセンターの仕事がきついから、もう限界で辞めたい・・・耐えられないという場合は労働環境を変えていくことがベターです。

まず、ホームセンターの激務に耐えてきたなら、たいていの仕事に転職してもやっていけます。もちろん転職するならブラック企業は絶対避けるべきですけど、普通のそこそこ仕事が忙しい会社とかなら、ホームセンターの仕事をさばいていたなら余裕でこなせます。そのあたりは自信を持ったほうがイイですね。

知人の息子さんは地元のメーカーの工場現場をやっていて今では生産計画の仕事をしています。普通に定時で帰れますし、残業をしても残業代はつくし週に2回休むことができるし、有給休暇もしっかり取れて普通にボーナスも5ヶ月分出ると言っていました。

ブラックな業界の飲食業や介護業界、ノルマのある営業(ディーラー営業とか金融機関とか)を避けて転職すればホームセンターより状況のいい場所はいくらでもあります。

そういった場所を探していくことで人生にゆとりを持たせていくことは、今仕事をすることよりも135倍大事なことです。

ホームセンターに勤めるのってやっぱりきついですよ。そこまでして、そこに居続ける理由は無いと思うので、この機会に冷静に自分の置かれている現状を見直してみましょう。

ホームセンターを辞めて転職したいけど不安だ、もし転職してもブラック企業に捕まったらどうしよう・・・・と言う不安がある場合の対応

ホームセンターを辞めて転職したいけど、転職が不安だ・・・転職した先がまたブラック企業だったらどうしよう・・・と言う不安がある場合は、一度優良な求人を紹介してもらって、実際に見てみるといいでしょう。優良な求人を見れば世の中にはこういったまともな仕事があるということがわかりますし、自分のやりたい仕事というものを選ぶのにも判断材料になります。また、転職への不安も和らいできます。

ただ、ハローワークとかちまたにある求人誌とかでは、ブラック企業がたくさんたくさん掲載されています。これはハロワとかは掲載企業を審査していないからですね。

転職エージェントでは、厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動についてアドバイスをしてくれます。

転職って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらって履歴書を作成して面接対策をすれば、それほど難しいものではありません。準備と対策をしていけば内定は取れます。一度、優良な求人を見てみてからでも転職するかどうかを決めても遅くはないと思いますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!