コミュ障が営業を辞めたくなる本当の理由 一人の時間が好きなのに職業の選択を誤ったから

樹海

私もどちらかというとコミュ障の方で、大学時代はイケイケの友人とかが遊びまくっていましたけど、私は地味な大学生活を送っていました( ;´Д`)

そんな私が新卒で入ったのは某地方銀行、すぐにコミュ障なんですけど、すぐに営業をやらされるという悲惨な運命をたどってしまいます。

たいして情報収集しないで地銀に入ったら普通に事務とかやるとおもってた自分があほみたいでしたね。それでも営業をやってみてしばらくするとしゃべれるようになるもんなんですよ。

これって不思議なもんで、あきらかにコミュ障的なキャラの人と、いかにも社交的な人とでも営業をやってみるとそんなに営業成績は変わらなかったりします。

営業ってその人の持ち味を出せばいいので、コミュ障なら誠実キャラで行けばいいですし、イケイケな人はそのままのキャラで行けばいいわけです。

営業は「慣れ」ですからね。本当にそう思います。

ただ、もともとコミュ障の人って、かなりしゃべること自体にストレスを感じるので、営業をやることそのものが「キッツい仕事」になってきます。

私も毎日イヤでしたよ。どちらかと言うと人としゃべるのが嫌いったわけじゃあないですけど、一人でいるほうが好きないタイプですし、仕事とかも普通に事務をやったり、今考えると「職人になればよかった」と思ってるくらいですからね。学校では「職人になれ」と言ってくれる人は誰もいなかったですしね・・・・

全員が進学してほぼ、全員が大学からサラリーマンになる時代でしたからね。いまでもそうなんでしょうけどね。

コミュ障な人でも営業はできるんですけど、ただ、営業をやることでストレスのたまり方が、コミュ力が高い人よりも数倍以上溜まってしまう・・・これがコミュ障が営業を辞めたくなる理由です。

営業はコミュ障でも3か月くらいでも慣れてきますし 意外と誠実なほうが長続きします 

意外に思いますけど、コミュ障でも営業で成績を上げてる人ってけっこういますよ。

なんというか、地銀とかだと売っている商品が金融商品で堅い感じのものってのもありますけど、そんなにコミュ力が高くなくても誠実に話をすれば意外とお客さんも話を聞いてくれます。

というか、営業ってコミュ力っていうかどれだけお客さんの話を聞いてあげるかっていうほうが大事なんですよね。どっちかっていうと。

営業なんて、主婦とか高齢の人がメインターゲットです。旦那とかは日中働いていますからね。こういった主婦とか高齢に人は心を開いてくると、向こうの方からいくらでもしゃべってきます。

人間て接する回数が多ければ多いほど親しくなってくるっていう単純な生き物なのでマメに通って合っていればコミュ障でもそれなりに営業はできます。

そんなに高度なトークスキルとか必要ないです。

でも・・・コミュ障っていうのは「人と接するのがそんなに好きじゃあない」人種なんですよ。私もホント一人でいる時間のほうが好きなので、そういう意味で営業がイヤになってくるんですよ。

関連記事:営業は本当にストレスがたまりますよね

飛び込み営業をやってると、いつも門前払いでメンタルをやられるうえに、ノルマで上司に罵倒されてでも出世もできず給料も安いという1ミリもイイことがありません。なんかやりがいとかいう言葉で騙されて一生飛び込み営業するわけにもいきませんからね。こういった辛い職種は普通にブラック企業を避けて転職するのが一番だと気づいてしまったんですよね。

ただ、もともとコミュ障なのと我慢して無理して仕事をしているので、ストレスのたまり具合は普通の人よりも倍くらいストレスがたまるんですよね

そう、もともと「コミュ障」な人って、生まれつきの性格によるものが多いんですよね。

もちろん性格が変わる人もいますけど、そういう人は少数派でたいていはコミュ障はずっとコミュ障で人と接するのが嫌いです。

人と接するのが好きならコミュ障とは言わないですからね。人間嫌いってわけじゃあないですよ。一人の時間が好きな人間ってことです。

コミュ障ってそういうキャラなので、営業ってそういった無理に人と話す機会を作ってしまった増すからね。しかもノルマとかあってそういうのって上司からなんやかんや言われることになりますし。

コミュ障って職人とか一人でやれる仕事をやればいいんですよ。でも、そういう職業無理なら、なるべく中小企業で異動の少ない研究職や技術職をやればいいわけです。だから私は地方銀行から転職して製造業の工場に入ったら、かなり楽になりました。人としゃべる機会が激減したんですね。

関連記事:コミュ障でもできる仕事

コミュ障でも正社員でできる仕事はあります。一つだけコミュ障で絶対やってはいけない仕事は「営業」です。もし営業に配属されたら、転職を考えるべきですね。具体的なコミュ障でもできる仕事をご紹介しています。

もう一度念を押しますけど、別に人間嫌いじゃないですよ。一人で黙々と作業とか仕事をするのが好きなだけです。人と話すのは、飲んだりプライベートで

たまにしゃべるくらいで充分なんですよね。

そんなコミュ障の人間が「営業」って仕事をすると、営業は話す量が普通に生きているよりも10倍以上にはなりますからね。単純にストレスが10倍以上になります。

そういうストレスも蓄積されて、あとは営業になると誰でも味わう

「きついノルマのストレス」「上司からの圧力のストレス」「基本、上司はみんなパワハラ野郎」

っていう理不尽なストレスもたまります。

何が言いたいかと言うと、営業なんて仕事は「外資系企業で歩合制(インセンティブ)」があるような会社じゃないとめりっが無いってことですよ。

普通の会社で営業をやってても、事務や経理、総務をやってる人間と給料同じですからね。営業成績が良くたって別に給料が良いわけじゃあないです。

外資系企業なら営業をやるにも、成績を上げればそれだけ給料が跳ね上がります。

実際、地銀でトップクラスの営業の同期の奴らは外資系の生保や証券、損保会社に転職したり、引き抜かれたりしていましたね。まあ、外資系は

成績が悪いとすぐにクビになるっていうデメリットもありますけど、それにしも地銀で営業やってるよりは給料は倍以上になったと言っていました。もうけっこう7年以上前の話なので、外資系にいったあいつらが今でも頑張ってるのかはわかりませんけどね。

正直一人でいるのが好きとか、人と会話するのがあまり好きじゃあないっていう人はストレスがたまりすぎて結局営業はやめてしまいますからね

一人でいるのが好きという人とか、人と話すのが苦手っていう人が、会社に入ってたまたま「営業係」になってしまうとけっこう悲惨です。

営業って、外資系企業で高い給料をもらうため以外には仕事としては何のメリットも無いですからね。

お客さんのクレーム

きっついノルマ

上司の罵声

ずっと営業成績が悪い奴はゴミという価値観

仕事ってお金をもらうために、イヤイヤやる人が99.7%だと思いますけど、その上で営業って正直コミュ障じゃなくても嫌なもんですよ。

何度も言いますけど、営業やっててメリットないですからね。成績上げても給料が上がるわけじゃあないし、出世するわけじゃあ無いし。上司に媚びてゴルフいってれば出世できるので、むりに営業なんてやりたかないですからね。そりゃ辞めてくなりますよ。

こういった、対人系の仕事をしたくないなら、製造業とかのメーカーとかもイイですしね。とにかく「BtoB」の仕事(取引先が法人同士の仕事)を選んだほうがイイですよ。

関連記事:「BtoB」の仕事は美味しいですよ

ノルマのない業界でかつ「BtoB」の会社がホワイト企業である可能性は高いです。そして独自のノウハウは特許を持っていて、ネームバリューはないけど地道に業績をの倍している会社というのがホワイト企業の特徴です。ブラックな会社に捕まらないためにもこういったポイントを押さえて会社選びをするべきです。

営業が嫌で嫌で嫌でしょうないなら転職したほうがイイです。転職して私もかなり人生が好転しいましたからね。転職するまでは

プライベートとかも疲れて何もできなかったですし、休みの日でもノルマのこととか頭にこびりついていて、休んだ気になれませんでしたからね。

ただ、転職活動をするにしても、ハローワークとかちまたにある求人誌とか使うとブラック企業が沢山掲載いますからね。これはハロワとかが掲載企業を審査していないから

ブラック企業でもオールスルーで掲載されてしまいます。ブラック企業のかっこうの奴隷の狩り場になってるわけです。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的を得たアドバイスをしてくれます。

転職って難しいと言われますし初めての場合だとより不安になります。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。

準備と対策をすれば内定は取れるもなんですね。

優良な求人を紹介してもらって、自分の目で見てみるのがいいですよ。ブラック企業じゃない求人があるという確認にもなりますし、これからやっていく仕事を選ぶ判断材料にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (→公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!