職場で仕事ができないやつに限って一緒にコンビでやらなきゃいけない時の対処方法

ムカつくゴミ上司

職場でよくあるのが「コンビ」で仕事をすることがあります。

これがまたブラック企業だとめんどくさいんですよね。仕事量がめちゃくちゃ多い上に相手に気を遣わなければいけません。しかも、そのコンビ組むやつが仕事ができないやつだと・・・・

まあ、営業でも事務作業でもコンビを組んで仕事を擦るパターンは数知れないですね。ただ、その場合のコンビを組む相手が、とてつもなく仕事ができないという場合もあります。その場合は結局ただでさえブラック企業で仕事が多いのに、一気に仕事が1.5倍以上になるんですよね。

そうすると、コンビを組むと2人分の仕事なのに1.8人分を自分でやる・・・ひどいときは、その相方がミスを連発して2人分以上の仕事をする羽目になります。

この状況ってきついですよね。上司に相談しても上司もその上の支店長や役員から人員計画を渡されてやっているだけなので、改善することはほとんどありません。

そうなるとそのコンピのしりぬぐいをしながら、自分の仕事をすることいなるという、超悪循環な仕事環境になってきます。

こうなると、もうブラック企業というより、スーパーブラック企業になってしまうわけですよ( ;´Д`)

たいていこういった仕事のできない奴って

解ってないくせにわかったっていう

自分の意見とかないくせに、やたらと文句を言う

コミュニケーションが取れない

宴会とかで全く面白くない

やれと言われたことでも普通にやらないでスルーする

仕事が終わってなくても会社からいなくなる 仕事が納期にマニア若くても放置

みたいな感じなんですよね。ちょっと厳しい会社だとクビになるレベルですけど、ちょっとユルイ会社だと、クビになるギリギリでとどまってしまいます。

普段はこんな奴放置すればいいんですけど、一緒に仕事をやるとなると2分の仕事を任されて結局あなたがこいつの仕事までやることになります。会社ではメッチャよくあるパターンですよね。

関連記事:仕事ができなければ会社では振るうに嫌われますからね

仕事ができないと上司には嫌われることが多いですが、向いてない仕事だと正直やる気も出ません。無理にやる気を出すより向いている仕事をすればいいわけです。今では転職して仕事を選ぶことが常識になっているので上手く転職して自分に合った仕事を見つけましょう。

仕事のできない人間は仕事ができるようにならない 今まで途中から仕事ができるようになった人を見たことが無い

ビックリする考える人

まず残念なお知らせですが、仕事のできない人がだんだんと仕事ができるようになるということはありません。

まず、そういう人を無理に仕事をやらせてもミスを連発するだけなので、結局やらせても無駄なんですね。

「ちゃんと教えれば大丈夫」
「できないやつでもきちんと教育すればできるようになる」

というのはドラマの世界だけで、実際はそんな都合のいい話はありません。というかそんな仕事ができないやつが、急にできるようになるわけないでしょ?ダメな奴はダメなんです。

別にダメな奴でもいいんですよ。そんなのほっとけばいいわけですからね。でもそんなのが自分とコンビなんてことになったらまあ最悪ですよね。

実際、仕事ができない人が、途中から仕事ができるようになったのを見たことがありません。個人的にには。あるのかもしれないですけど、私の周りに人ではいなかったですね。サラリーマンを20年くらいしてきても、例外は一つもなかったです。

まず、その人が仕事をやっているうちい仕事ができるようになるかもという、甘い考えは捨てたほうが良いです。

そういう人間にコンビだからといって、深く接してなんとかしようと温情をもって接する人がいます。こういういい人ってるんですよね。ダメな奴の仕事までやってしまう人って・・・

それって、そのダメな奴のためになりませんよ。仕事でそれをやるとただの「甘やかし」ですからね。

いわゆる、「イイ人」「マジメな人」ですがこういう人は仕事では損をするタイプです。仕事はでいてもただの「イイ人」は搾取されて終わりになります。

一番わかりやすい例を見てみると、出世している人で「イイ人」っています?中にはいますけど少数派ですよね。

仕事に限って言うと「イイ人」「マジメな人」はプライベートと違って損をするばかりなのです。

でも・・・・・ブラック企業に「イイ人」「マジメな人」は奴隷として最適な人材なんですよね(^O^)/

だってダメな奴も分まで仕事してくれるわけですからブラック企業にとっては美味しいわけです。一人で二人分の仕事をしてくれる「奴隷」ですからね。この奴隷最高だわとか思っちゃってますよ。

真面目な人は社畜洗脳されている可能性が高いです。早いうちに社畜洗脳を解いておいたほうがイイですよ。

関連記事:ブラック企業から脱出すには

資本主義の労働者は奴隷と言うことですけど、実際当たっています。特にブラック企業は奴隷扱いなので、そういう会社で働いている人は洗脳されているケースが多いです。労働者搾取から脱出するためにはさっさとブラック企業以外の普通の会社に手職しましょう。人生が破綻してしまいますよ。

考えてみるとそいつと同じ給料なんですよね やってられません そこ一度考えたほうがイイですよ

指さす男

考えてみてください、そういうコンビ組んでまったく仕事ができない人でも給料は一緒です。

どんなに相手がミスをしても一緒、下手をするとそのミスをカバーしたりしても給料は一緒です。

あくまでも「仕事」ということを考えるとこんなに悲惨なことはありません。

そいつのおかげで仕事が増えてしかもそいつは給料が一緒という。そいつの分の給料分働いてるのと一緒ですね。

「仕事」は仕事に対しての対価を給料でもらうものです。よくやりがいとかそういう言葉で
ごまかされますが、それはブラック企業がよくやる手口ですね。

ブラックな相方にめぐまれてしまったら、その対応をまじめに考えなくてはいけません。

意外とその仕事ができないコンビの相方は、自分が仕事ができないということを軽く考えていることがほとんどす。

そういう人種のほとんどが「会社にさえ出てれば給料がもらえるラッキー」くらいに考えています。

そろそろ気づいてください、この仕事ができない人間とコンビを組まされた時点で大きく自分が「搾取」されているということに。仕事を手伝ってあげたりしても阿蘇の相手は恩義とか家事てないですよ。感じているフリはするかもしれませんけど、所詮ただの仕事の同僚です。

そもそもブラック企業なんていつ辞めるかわからないので、そんなのに恩義を感じ人なんていませんからね。ドラマみたいな友情熱い展開なんて絶対ありませんよ。

関連記事:結局仕事ができる人は奴隷になりやすい

社員は奴隷、バイトは奴隷以下と口に出していってしまうワンマン社長とかいました。なんかブラック企業の社長の典型的な人格ですけど、その会社に長くいることは無理ですよね。その時点で労働環境を変えていく方向で考えたほうがイイです。どのみち仕事は激務になって言って、給料は上がらない、サービス残業オンリーな会社なんですからね。

仕事ができない人とのコンビはまず解消するのが最優先

凸凹コンビ
仕事ができない人とのコンビを組まされてしまったら、まずそのコンビを解消することが最優先です。

なぜなら、そこに仕事ができなくてしかも、今後ずっとやる気のない人間のしりぬぐいをしてく時間はすべて給料が

大きく「搾取」されているからです。

そこを放置していると、その相方もそうですけど、上司なども「こいつはなんでも黙って仕事をするな、いいように使ってやろう」

と思われます。こうなったら、ガンガン仕事が増えるのに出世はまったくしないという悪循環になります。

余談ですけど、もしかしてこの仕事ができない相方のほうが、上司に愛想がよくて気に入られたら先に出世する可能性も高いです。仕事ができない人間はそういう能力「だけ」は高い人がけっこういます。

もう、そういう「上司に気に入られたから出世していく」という会社も減っていくとは思いますけどね。なぜなら

そんな人事をしていいたら、会社自体が将来的に傾いていくからです。それだけ上の人間はまともな人がいないとこれからの会社は成り立っていかないでしょう。

そういった状況では、まずそのコンビ解消について具体的に行動します。

「異動願いを出す」
「コンビの仕事ができない点を具体的に報告する」
「コンビを解消してほしい意志を上司に告げる」
「解消の理由はもちろん相方が仕事ができなさすぎて負担が大きいというこをとはっきりと告げる」

仕事なので、こういうこをははっきり言ったほうが良いです。

ただ、こういうきちんとした対応をしても大概改善してくらない上司がほとんどです。

そのまま仕事を続けるように丸め込まれて、しぶしぶ仕事をそのコンビをやっていくことになるとしましょう。

そうすると、あなたの仕事は増え続けてだんだんと精神的に限界がやってきます。

「マジメな人」「いい人」はそのまま「まだできる、まだ大丈夫だ」と自分をごまかして仕事を続けます。

はい、そうすると「うつ病」になります。これ本当にある日突然、朝まったく起き上がれなくなります。

そして物事にまったくやる気がなくなって、ずっと家で寝ていることになります。

この症状が1年以上続きます。完全にやる気が復活するには2年くらいかかってしまいます。

どうですか?こうなる前にか行けてする方法はあるのでしょうか?

応えは簡単です。転職すればいいのです。

転職をしたいけどリスクが怖いという場合は

会社にいくら言っても状況が改善しないなら、「転職」するるべきです。

体を壊すリスクと転職のリスクを考えれば、もう答えは出ています。

体を壊せば「働くこと」ができなくなります。このころはある意味「死」を意味します。それに比べれば転職のリスクなど知れたものです。

転職が怖い理由には、やはりこの会社を辞めてもろくな会社にしか転職できないんじゃないか・・・という思いがあります。

ただ、それは質に低い求人ばかりを見ていると誰でもそういう怖さを感じてしまうんですね。よくある求人誌やハローワークなどでは求人を見てもブラック企業が多いです。

ただ、転職エージェントではブラック企業はほとんどありません。これは扱う求人を審査しているからです。

エージェント側でもブラック企業の求人を紹介したとなれば信用にかかわるので、登録者も減っていいことはありません。だから求人の質は高いです。

一度求人を見てみるだけでも視野が広がって、今の仕事がいかに環境が悪いかと言うのが解かることも多いです。

そういう意味でも転職をするかしないかの判断は求人を紹介してもらってからでも遅くはないと思いますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.パソナキャリア

3.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録はスマホでは下段の転職希望時期→希望勤務地と入力していき、パソコンでは公式ページのだいだい色のボタンの「簡単スピード無料登録」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけでスマホ・パソコンとも1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (←公式サイトに移動します)

 

 

 

リクルートエージェントが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)を選択しましょう。

パソナキャリアもJAC Recruitmentも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

パソナキャリアは幅広い求人が多くJAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多いのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

パソナキャリア (公式)

 

JAC Recruitment(公式)

 

もともと、会社って仕事ができる人が損するようにできています。

仕事ができればできるほど仕事を押し付けららて、仕事ができない人は仕事が減りますからね。

かといって仕事ができるからと言って出世するわけじゃあありません。仕事ができない奴な、その空いた時間を利用して上司に媚びを売ったりゴルフに行ったりするので、上司から気に入られるのはそういった「仕事ができないけど媚びを売るのが得意」な人種です。

そういう人のほうが出世しますからね。まあ会社といっても人間の集まりなので、自分に自信のない人間は媚びを売られたほうが嬉しいもんです。そうして、仕事できない人が出世していって、役員レベルまで仕事ができない人でいっぱいになります。

そうなると企業体力が衰えて結局、会社はつぶれていく・・・・っていう細菌では典型的な日本の会社がこんな感じで傾いていますからね。とう〇ばとかシャー〇プとかね。海外の社長になったとたんに業績が回復することも多いので、いかに日本人の経営者が無能なのかわかります。

だから、仕事ができない奴とかかわくらいなら、外資系企業とかに入ったほうがイイかもしれません。

外資系企業は結果主義で仕事ができない人間なんて、一週間でクビになります。その代わり結果を出せる人なら、30代でも2000~3000万円の年収をたたき出すことができますからね。やっぱ仕事ができない人間とかかわりたくないなら、外資系企業ですよ。

私は地銀に勤めていましたけど、同期の営業のトップクラスの奴らは、外資系の証券や損保に転職していきましたからね。

そりゃそうですよ、地銀で営業がんばって結果出しても、出世できるとは限らないし、給料も上がりませんからね。外資系企業にいってガッツリ稼いでいました。年収が一気に倍以上になっていましたからね。

関連記事:外資系企業のメリットデメリット

日本企業はいくら成果を出しても給料が上がりません。その点、外資系企業では完全成果主義で成果を出せが給料はうなぎのぼりです。ただ、成果をさせなければすぐに解雇されやすいというデメリットもあります。外資系企業のメリットデメリットを見ていきましょう。

とにかく仕事ができない人間と一緒に仕事をするのはデメリットだけなので、さっさと労働環境は買いえていったほうがイイですよ。その方が気持ちのいい仕事もできますし、給料があがる環境も簡単に見つけることができますしね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!