社員を使い捨てが当たり前のワンマン社長の会社から転職すべき理由

スマホを見るおっさん

社長は当然従業員から搾取して会社を成長させていく。これがいわゆる同族経営ブラック企業に多い考え方です。

ブラック企業の原点はこの親族だけが役員を占める会社、いわゆる同族会社です。こういう会社は当然、従業員はただの駒、奴隷であってその搾取された労働力の恩恵は社長の親族にすべて注がれます。

そういう会社がほんと多いですよ。しかもそういう会社は社員の洗脳技術が妙に高くて、洗脳されてしっまった従業委は高レベルな奴隷として、永遠に利益を社長の親族に送り続けるんですね。

なんとも切ない話です。日本人は幼少から「マジメに生きる人がいい人だ」という教育を受けているので、人のことを素直に聞く人が「いい人」という固定観念があります。

そういう人が同族経営系ブラック企業に入ると,スーパーな奴隷に成長するという。最終的にはうつ病になって捨てられます。

でも会社はそれでいいんですね。だってまた人を雇って洗脳して奴隷にすればいいんですからね。本当に切ないです。

特にワンマン社長が経営してるブラック企業とかは最強ですからね。某飲食系のチェーンや某大手ファストファッション系の会社とかわかりやすい、ワンマン社長の経営です。

こういった会社の現場とか見てると、なんとうか過剰サービスなんですよね。そこまでペコペコされてもちょっとドン引きってくらいの平身低頭です。そりゃ横柄な態度はダメですけど、もっと普通に接客すればいいんじゃね?って思います。

これってワンマン社長の指示で「お前らとにかう客には媚びへつらえ」みたいな指示が出てるんでしょうね。従業員のストレスとか全く無視でとにかくこき使うのが解かります。現場で働いている従業員の働き方見てるとだいたいわかりますよブラック企業かどうかってね。

こういうところって、ワンマン社長が指示とかメチャクチャ厳しく細かくする割りには、普通にサービス残業が横行していたりします。というか長時間労働させて仕事家に持ち帰ったりしてるので、サービス残業プラス家で仕事やって結局24時間寝てる時間以外は仕事してるって感じですね。

こんな生活してると、高確率で過労で倒れたり、うつ病になってダウンします。そして社員がダウンして体を壊したら「もう辞めたイイよ」的な使い捨てをするのが典型的なワンマン社長&ブラック企業の最強コンボの会社です。

いいですね。こんなことやってれば「会社だけ」「社長だけ」は儲かりますからね。あ、ちなみにこういう会社って大企業とかでも低賃金が当たり前ですから。。給料総額が普通だったとしても、サービス残業とか持ち帰り仕事で、実質仕事をやってる時間で割って、時給換算すればその辺のバイトと変わらないくらいの時給になりますからね。800円とか・・・・・

 

関連記事:仕事がきつくてうつ病の症状が出たときの対応

異動先の仕事が辛いし合わないから辞めたい 異動のストレスを放置すると過労死やうつ病になる理由
異動した先の部署の仕事が合わない、辛いしパワハラ上司で人間関係も最悪だ。もう会社辞めたいよ。ってのはよくあるケースです。マジメで仕事ができる意識高い系の人のほうがガンガン異動させられて普通ならやりたがらない仕事を押し付けられます。そしてこき使われて過労死するかうつ病いなるかってお決まりのパターンです。もう限界なら転職したほうがイイですよガチで。

自分の会社でしか通用しないルールを徹底的に洗脳する これが搾取テクニック ブラック企業の真骨頂ですね

会社の搾取のテクニックとして、初期段階ではとにかく社員を洗脳します。洗脳方法は自分の会社でしかない独特のルールを毎日のように教え込みます。

朝礼でわけのわからない社訓を言わされたり、その会社でしか通用しないレポートを提出させたりするのはよくある手口ですね。

そしてこれをやらない社員はこっぴどく叩かれるわけです。これが無いん回か続くと「自分は間違っているのか?」と思うようになり、

更には「間違っていたんだ。この会社が正しいのかも」と思うようになったら、洗脳完了です。有能な兵隊のできあがりですね。

後は壊れるまで社長の言いなりで、その搾取された利益は親族に還元されるというシステムです。

しかも兵隊が壊れればまた別の人間を採用すればいいわけで、かなり合理的なシステムです。 日本は派遣社員はパート社員の割合がどんどん増えている状況です。正社員のカードをぶら下げればそれだけで人は入ってきます。

こういう無限ループができる社会なので、搾取は永遠に無くなることはありません。会社の社長とその親族だけがおいしい思いをするわけです。

ある意味宗教と一緒で洗脳されやすい人間は搾取されるのが現状です

こう見てみると「新興宗教」と似ていますね。ワタミの社長もこんな感じで社長の著書を読んでレポートを提出させていますしね。

社長をカリスマとして、従業員という信者を集めるといった手法です。よくできています。洗脳できない人間もいますが、そういう人間は辞めてもいいんです。一定数の洗脳できる人間が会社にのこり優秀な奴隷になってくれれば会社は成り立つからです。

人間の弱さと、日本人特有の真面目と素直さを利用した、優秀なテクニックです。これを組織単位でやられるとたしかに簡単に洗脳されてしまうでしょう。そして洗脳された従業員の行く末はほとんど未来がありません。本当に切ないですね。

東建グループ朝礼風景 |東建コーポレーション

こういった朝礼とかってドン引きしますからね。

なんか、こういう朝礼で洗脳して「仕事は楽しいもんだ」みたいに洗脳して社畜化していきいます。すべてワンマン社長の手口ですからね。

楽しそうでいいじゃないですか。絶対こんなの嫌ですね。大人になってこんアのやるってキッツいです。

がんばってくださいね。社畜の皆さん。

 

関連記事:社畜洗脳はしっかりと解いたほうが無難ですよ 人生が傾きますから

会社辞めたら負けとか終わりとか考え時点で社畜洗脳されている事実
会社を辞めたら人生終わり、負けとか短絡的な情報がいっぱいすね。そんなので終わったらとても生きてけないでしょ。仕事なんて労働環境があまりい悪かった自分で変えていかないと状況はもっと悪化していきますからね。逃げるとか責任とかそういうきれいごと言ってる人はもうダメでしょうね。

現実はやさしい社長などいない やさしいのは自分の親族に対してだけ ワンマン社長の典型はそんな感じ

これを見てもわかるように、会社を設立する人間は人間的に尊敬できる人だと思われがちですが、実は人をこき使ってどれだけ自分に利益が出るかをしたたかに計算している人がほとんどです。

人を人とも思わないタイプのほうが、経営者には向いているものです。温情など挟んでいたら会社は大きくなっていきませんからね。

ただ、今まで日本は高度経済成長期はどん何仕事がきつくても給料は上がっていったので、我慢もできました。

現状では、ほとんど昇給もなく、労働時間ばかり増えてざーびす残業も当然になっている同族経営会社がほとんど。

「文句があるなら辞めてもらっていいんだよ。君の変わりはいくらでもいるからね。」というスタンスです。

「経営者は人間的にも器がでかい」というのは映画やドラマの世界の中の出来事なんですね。 私は金融時代にいろんな経営者を見てきましたが、そういいう人は残念ながらほとんどいませんでした。これが現実でした。

そして、同族経営は例外なしに自分の親族のみを役員にして、それ以外の待遇はただの使い捨ての社員という状況はどこでも一緒でした。 現実をみると少々悲しくなりますが、現実を見たからこそ「自分の身は自分で守る」というのが身に染みるわけです。

そもそも同族経営とかの会社に入ったらスグに辞めたほうがイイですよ。普通の大規模な会社とかでも、たいていなんか社長とかって息子とかになりますからね。

これって、社員で入ったら親族じゃないと社長になれないし、その親族に気に入られないと役員になれないってことですからね。そこまでして、出世するのもキッツいですし、そもそもそこまでこき使われて生き残れる人もなかなか少ないです。

ワンマン社長でしかも同族経営の会社は、メチャクチャわかりやすいブラック企業の典型ですからね。このあたりの情報は会社に入る前にしっかりチェックしておくことですね。

社畜洗脳されないためには自分の人生の我を通すことが必要

こういう高度な手口で社員を洗脳してくるのが同族経営系のブラック企業です。 この社畜洗脳避けるためには、「自分の人生の選択に我を通す」ことが必要です。

平たく言うと「自分の選択は自分で考えて決める。」ということですね。ただ、これは親や学校の先生の言うことをキチンと聞いてきたまじめな人にはとてもむつかしいです。

「人の言うことを聞くのが素直でいい人」という価値観が刷り込まれていますからね。

でもそれって、おかしくないですか?そんな人生でいいんですか?自分のイヤなことでもいうことを聞いてやっていくんですか?

そういうことです。私は嫌ですね。たしかにお金を稼げなければ、食っていけませんが職業の選択くらいは自分の意志で決めたいです。辞めたい会社は辞めたいです。

仕事を簡単にやめろと言っているわけじゃないですよ。同族経営系ブラック企業や搾取系の会社にはいたくないということだけです。

完璧な会社はないですけど、自分の以後ゴチのいい会社を求めて転職するのは普通の考えです。

「よく3年は我慢しろ」といいますけど、それは環境が普通の状態である場合のこと。

異常な洗脳が行われた上に搾取される同族経営ブラック企業でこの先10年我慢しても先は無いので、すぐにやめて転職しましょう

 

関連記事:とりあえず3年は我慢したほうがイイってのはガチで辞めたほうがイイただの思考停止です

転職を我慢して「とりあえず3年」は古い その間に転職機会を失いますよ
「とりあえず3年」理論て辞めてほしいですよ。言ってる方は当人がどれだけつらい状況にあるかってわかってないですからね。そんなこととをまじめにブラック企業とかで実際にやったら余裕で過労死、うつ病、自殺、思考停止、完全社畜状態いjなってしまいますからね。さっさと我慢しないで辞めて環境のイイ職場に転職しないと年齢ばかり上がってしまいますよ。

人生を考えて転職するステップを踏もう

ビックリする考える人
同族経営・家族経営の搾取会社から転職したいと思い立った。

でも転職を考えてステップアップしたいけど、具体的にどうすればいいかわからない。 そういうケースは「転職エージェント」を利用しましょう。転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人を探してくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

 

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから

 

こういう、ワンマン社長&ブラック企業の最強コンボの会社に入ったら、そのまま壊れるまでこき使われて、壊れたら捨てられます。会社は新しい奴隷はいくらでもはいってくるので、それを充当すればいいわけですね。

これの繰り返しでブラック企業は成り立っていますからね。使い捨ての奴隷はいくらでも変わりはいますから、会社は痛くもかゆくもありません。

そのあたりを理解してあえて奴隷になってるならまだいいですけど、完全の社畜洗脳されて仕事することが気持ちいいみたいになってハイな気分で自分に酔って仕事やってて、最後はうつ病でアボーンするパターンだけは避けてくださいね。

そういう人いままでたくさん見てるので、うつ病とかになった後は悲惨ですよ。自分の身は自分で守ってくださいね。

関連記事:うつ病になると人生けっこうきっついですよ

仕事でストレが限界で頭がおかしくなるととどうなっていくのかの具体例 うつ病・過労死当たり前の世界
仕事でストレスが限界のまま仕事を続けているとどうなっていくかを紹介しています。たいていこんな風になります。頭がおかしくなるとか言いますけど、たいてい過労で倒れる、下手をすると過労死やうつ病で自殺ということになります。命の危険がある仕事をやってるのって全くのナンセンス。どうしてそんな仕事を続けるんでしょうかね?