「社員は兵隊」「バイトは奴隷」と口に出す会社はブラック確定 辞める会社です

奴隷社員

私の知人の話ですけけど、いわゆる自動車の駆動系の部品と作っている中小企業につとめていました。

経営者が典型的なワンマン経営者で、当然人の意見など全く聞きません。当然仕事もきつくて一人当たりの作業量もハンパなかったみたいです。

ただ、新卒で入ったということもあって、一年半くらいがんばってみそうです。きつい仕事にも耐えていたそうです。

でもどうしても耐えられないことがあってその社長が「社員のことを兵隊呼ばわりすること」があるみたいです。

そこにはバイトも数名いるそうでバイトに対しては「バイトは奴隷呼ばわり」するみたいです。

さすがに直接バイトに奴隷呼ばわりはしないですが、会議とかでバイトに聞こえないところでは、奴隷をちゃんと使ってもっと生産効率挙げろ・・みたいなことを言うそうです。

朝礼では「社員は兵隊なんだからもっとちゃんとしないとな」とか平気で言います。

これってもう終わっているような気がするのは私だけでしょうか。社員を道具扱い?人間扱いしていないということですね。

兵隊って・・・・兵隊だから一応人間なのか。でも奴隷は完全に人間じゃないよね。兵隊なら金を出せばいくらでも酷使して死ぬまで働かせていいっていう考えなのがミエミエですね。

奴隷は完全に死ぬまで働けってかんじですかね。こういう会社が成り立っているのがちょっと怖いですね。北朝鮮?ここは日本です。

でも兵隊でも社長に気に入られれば「兵隊長」になることができるみたいです笑。社長の好きか嫌いかで待遇が変わるみたいですね。

厳しいですね現実って。こういうことが平気で起こるのが職場の現実です。そのためには自分で行動して自分でこういったゴミみたいな環境から抜け出すのはもう絶対に必要なんですよね。

確かに社員は兵隊という会社もあるがそれを口に出すのは考え方がヤバイ

現実は会社は社員は兵隊と思っています。というかブラック企業は社員でさえ奴隷ですよね。

ブラック企業は当然辞めるにしても、こういって実際に「社員は兵隊」とかいう人の神経ってどう思います?

もし自分の親とかが社長でこんなことを社員に言っていたら、その親とは縁を切りたいですね。と言ってもそういう親なら家族もそれなりの人間性になりそうだから、同じようなレベルの人間になるんですかねやっぱり。

会社の一員なら兵隊というのは現実は誰でもわかっています。ただそれを口に出す経営者はかなりヤバイです。

まず、重要なのがそういう会社が無事存続できていくかっていうの問題がありますよね。

中小企業のワンマン社長なら社長の経営手腕がダイレクトに営業してきます。ヤリ手なんでしょうけど、そういう人間性なので、従業員からは全く信頼は無いでしょうし、生産性が上がるとは思いません。

イヤイヤやらされてる仕事って思ったより生産性上がりませんよ。なんだかんだ言って、「上司がある程度尊敬できる」から「この人だったら仕事頼まれてもイイな」的な感情の時が一番生産性が良いです。

仕事も楽しくやるのが生産性が良いんですよね。面白くない仕事を楽しくやるってのも大事です。

でも社長が「社員は兵隊」とか「バイトは奴隷」とか言ってたら・・・もう職場の雰囲気は最悪最低ですすよね。

簡単にイメージできます。そういう会社が成長していくのはまず無理です。

そして取引先とかにもその社長の人間性でトラブルが起きるかもしれません。サイコパズなら逆に二重人格でうまくやりそうですけど、経営者ってサイコパスがおおいですから、それはそれでもうその会社にいるのが絶望的に嫌になってきますよね。

いいたいことは「そんな会社には未来はないよ。ということですよ。

あなたはそういう会社にいたいですか?というかその会社が定年まで存続すると思いますか?

正直、相当な理由がない限りその会社があなたが定年まで存続するとは思えないです。その前になんか重大なトラブルとかあって経営危機になりそうです。

とはいえ「社員は兵隊」っていうのも嘘ではないです。でもあなたが経営者だったらそれを口に出しますか?

少しでも共感できるならその会社で働けばいいですし、反吐が出るくらいだったらさっさと転職を検討したほうが良いです。

そういすひどい会社もありますけど、世の中には割とまともな会社もあります。

そういう会社ってザービス残業だったり、有給をとっただけで「お前有休なんてとっていいのか?」みたいなことを言い出すような環境ですよね?

経営者がそういう人なら大体そういうお決まりのパターンです。そんな会社に明日は無いので環境を変える行動はあなたの将来をける大事な作業になってきます。

「でも転職って言ってもどうすればいいかわからない」という場合は転職エージェントを理療するのがおススメです。

転職をするなら転職エージェントの利用がおススメです

笑顔の女性
転職エージェントはプロのエージェントがあなたと面談をして希望の求人を適正に合わせてピックアップしてくれます。

ブラック企業との関わり合いを絶つには、

「転職して今いるブラック企業から脱出する」

「就職するときにブラック企業に引っかからないようにする」

とこの二点が必須ですよね。このポイントを同時に兼ねそろえているのが「転職エージェント」です。

ブラック企業から脱出するにしても、一人で転職活動をするのは大変ですが、転職エージェントではプロのアドバイザーが転職の方法を詳しくアドバイスしてくれます。

また、転職エージェントの求人はアドバイザーが審査を行っているので、ブラック企業は限りなく少ないです。

ここが、ハローワークや普通の求人誌とは大きくし我う点です。ハロワや求人誌は求人掲載に審査が無いので、ブラック企業の求人の巣窟になっています。

ハローワークの求人でブラック企業を見分けて、避けて就職したいものです。しかし、見分け方を駆使するわけですけどそもそもハロワはブラック企業の巣窟になっているので、ホワイト企業はほとんどゼロに近いというのが現状です。それより効率のイイ転職ツールを利用するのがベターな方法です。公的な期間であるハロワですが嘘の求人を掲載できるというのは厚生労働省から黙認されているんですよね。悲しい現実です。

こういう理由で転職活動をするなら転職エージェントを利用するのがブラック企業を避けるために最も有効なんですね。

もちろん、転職エージェントの登録も利用も無料です。求人企業からの紹介料で運営しているので登録者にお金がかかることないので安心して利用できるのが転職エージェントです。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!