工場の仕事に就職する3つの方法【メリット・デメリットあり】

工場転職サイトの選び方のポイント【メリット・デメリットあり】

工場へ就職してみたいけど実際どうやって就職するんだろう・・・

求人を調べる方法とかあるのかな?それぞれのメリットデメリットがわかるといいんだけどな・・・

工場に就職するとどういった生活になるのかな・・・・・

本記事を書いた理由

地方銀行から製造業に転職した経験があります。

工場現場を2年やって工場のメリットデメリットを共有したくて記事を書きました。

本記事の内容

工場の仕事に就職する3つの方法

工場に就職する方法は以下の通りです。

・ハローワークで工場の仕事を探す

・求人誌で工場の仕事を探す

・工場転職サイトで工場の仕事を探す

ハローワークで工場の仕事を探す

メリット

地元の工場の求人が多い

デメリット

中小の工場の求人がほとんど

ブラックな求人が多い

大手の工場の求人はほとんどない

求人誌で工場の仕事を探す

メリット

地元工場の求人が多い

デメリット

自分で求人を調べないといけない

正社員の求人は少ない

工場転職サイトで工場の仕事を探す

メリット

求人数が多い

大手企業の工場の求人が多い

正社員・期間工・派遣社員の求人がそれぞれたくさんある

スタッフに求人を紹介してもらえる

デメリット

スマホやパソコンを使うのが苦手な人は向いていない

工場転職サイトを使うのがイイ理由

結論を言うと工場に就職するには工場転職サイトを使うのがベストです。

理由は、求人数が圧倒的ですし、工場の求人しか扱ってないのでよけいな求人を見る必要がないからです。

また、大手工場の求人がたくさんあり、給料のいい求人が豊富で工場の選ぶときの失敗が少ないからです。

工場転職サイトの選び方

工場転職サイトの選び方は以下の通りです。

・大手企業の工場・大手企業の下請けの工場の求人が多いサイトを選ぶ

・社員寮が充実した求人が多いサイトを選ぶ

大手企業の工場・大手企業の下請けの工場の求人が多いサイトを選ぶ

結論を言うと、大手企業の工場は福利厚生が充実しています。労働条件もしっかりしています。

大手企業(もしくはその下請けの企業)は、時間できっちり終わって、定時で帰れます。

大手企業だとボーナスやそれに代わる手当(皆勤手当)などが充実しています。

残業代も確実につくので、はたらけばはたらくだけ稼ぐことができます。

小さな町工場だと、サービス残業をやらされてり、福利厚生がなかったり、ボーナスや皆勤手当などがないところが普通です。

工場を選ぶときは大手企業(メーカー)の工場を選びましょう。

社員寮が充実した求人が多いサイトを選ぶ

工場の求人サイトでは社員寮が充実した求人があるサイトを選びましょう。

工場に努める大きなメリットは「寮付き求人」です。

社員寮は家賃が「無料~1万円以内」がほとんどです。シンプルにこの家賃の分を貯金に回すことができます。

家賃が3~5万円だとすると、寮に住むと36~60万円貯金することができます。

社員寮に入るメリットはかなり大きいので、社員寮が充実した工場サイトを選びましょう。

おススメの工場求人サイト

工場求人ナビ

・大手企業の求人が充実している

・正社員から派遣社員・期間社員と幅広く求人がある

・寮付きの求人も多い

・全国各地の求人がある

 

→工場求人ナビの公式サイトはコチラから

工場ワークス

・寮付きの求人が圧倒的に多い

・正社員から派遣社員・期間社員と幅広く求人がある

 

【工場ワークス】(公式サイトに移動します)

ランスタッド

・派遣社員の求人が充実している

・軽作業の求人が充実している

・高時給の求人が充実している

・派遣&軽作業&高時給が希望の人向け

 

ランスタッド(公式サイトに移動します)

工場就職のメリット・デメリット

メリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

定時で終わる

サービス残業が無い

寮に住めば家賃が無料~1万円以内ですむ(その分貯金ができる)

接客・ノルマがないので精神的なストレスが少ない

デメリット

体力が必要

夜勤がある

接客業が好きな人には向いていない

※体力は慣れてきます・夜勤はやれば夜勤手当で稼げるメリットもあります。

工場に就職した生活で変わること

  • 定時で帰れるので時間ができる
  • ジムに通ったり趣味ができる
  • 健康的になり、精神的に安定する
  • 寮に住むと貯金ができて将来に希望が持てる(精神が安定する)
  • 工場現場で仕事をきちんとやっていると、現場から事務所に入るケースが多い
  • 工場現場からリーダー・係長・課長となる人も少なくない
  • 人とのかかわりあいが少ないのでストレスが少ない
  • 収入が安定してくるので、恋愛・結婚ができるようになる
  • 人生に前向きになる
  • 人生が良くなっていく

使いやすい転職サイト

ここでは外しのない定番の転職サイトを
ピックアップしてます。

転職サイトでも大手で、
アドバイザーがしっかりしてる
優良な求人情報がある

ところです。

転職サイトをつかいながら
求人誌を見たり
友人・知人から情報集めたりするのが
効率的な良い求人の探し方かと。

 

リクルートエージェント

いわずとしれた業界ナンバー1の求人サイト

10万件以上の非公開求人

各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介

こんなオールラウンドな転職サイトです。

リクルートエージェントの公式ページはコチラ
↓↓

【リクルートエージェント】

就職Shop

コチラもリクルートキャリア運営の転職サイトですが

20代の向けの求人に特化してます。

新卒でブラックに入ってしまった20代の方に
ニーズが特別マッチしてます。

企業は100%取材 をうたってるんで
ブラックな求人の危険は低いです。

ブラックにいる20代
ブラックをすでに辞めてしまった20代

このあたりに特化した転職サイトです。

就職Shopの公式サイトはコチラから
↓↓

就職Shop

 

DYM就職

・未経験OK!既卒、第二新卒の方に優良な正社員の仕事をご紹介。
・2000社の優良企業をご紹介させていただきます。
・正社員求人100%。ブラック企業は徹底排除
・イベント来場者の就職率は脅威の96%。

このあたりをうたってる転職サイトです。

ここも

新卒でブラックに入ったけど辞めたい・・・・
新卒でブラックに入ってしまって辞めてしまった・・・

と思ってる20代の方向けの転職サイトです。

特に20代前半だと利用価値、高めです。

DYM転職の公式ページはこちらから
↓↓

DYM就職

リクナビNEXT

いちばん上の「リクルートエージェント」と同じくリクルートキャリアが

運営するサイトです。

リクナビNEXTとリクルートエージェントの違いは

「非公開求人」と「公開求人」の違いで

非公開求人→アドバイザーに求人を紹介される

公開求人→自分でさがして応募する

といったところです。

 

あとリクナビNEXTは基本「自分で」就活をします。面接うけたり履歴書も自分でやるイメージです。

リクルートエージェントだとアドバイザーから転職のコツから履歴書の書き方、求人の面接の日程調整、条件の交渉などをアドバイザーサポートする・・・・

 

とこんなちがいがあります。

自力で就活するほうがイイって方はリクナビNEXTがつかいやすいでしょう。

 

リクナビNEXTの公式ページはコチラから
↓↓

リクナビNEXT会員登録

使いやすい転職サイト

ここでは外しのない定番の転職サイトを
ピックアップしてます。

転職サイトでも大手で、
アドバイザーがしっかりしてる
優良な求人情報がある

ところです。

転職サイトをつかいながら
求人誌を見たり
友人・知人から情報集めたりするのが
効率的な良い求人の探し方かと。

 

リクルートエージェント

いわずとしれた業界ナンバー1の求人サイト

10万件以上の非公開求人

各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介

こんなオールラウンドな転職サイトです。

リクルートエージェントの公式ページはコチラ
↓↓

【リクルートエージェント】

就職Shop

コチラもリクルートキャリア運営の転職サイトですが

20代の向けの求人に特化してます。

新卒でブラックに入ってしまった20代の方に
ニーズが特別マッチしてます。

企業は100%取材 をうたってるんで
ブラックな求人の危険は低いです。

ブラックにいる20代
ブラックをすでに辞めてしまった20代

このあたりに特化した転職サイトです。

就職Shopの公式サイトはコチラから
↓↓

就職Shop

 

DYM就職

・未経験OK!既卒、第二新卒の方に優良な正社員の仕事をご紹介。
・2000社の優良企業をご紹介させていただきます。
・正社員求人100%。ブラック企業は徹底排除
・イベント来場者の就職率は脅威の96%。

このあたりをうたってる転職サイトです。

ここも

新卒でブラックに入ったけど辞めたい・・・・
新卒でブラックに入ってしまって辞めてしまった・・・

と思ってる20代の方向けの転職サイトです。

特に20代前半だと利用価値、高めです。

DYM転職の公式ページはこちらから
↓↓

DYM就職

リクナビNEXT

いちばん上の「リクルートエージェント」と同じくリクルートキャリアが

運営するサイトです。

リクナビNEXTとリクルートエージェントの違いは

「非公開求人」と「公開求人」の違いで

非公開求人→アドバイザーに求人を紹介される

公開求人→自分でさがして応募する

といったところです。

 

あとリクナビNEXTは基本「自分で」就活をします。面接うけたり履歴書も自分でやるイメージです。

リクルートエージェントだとアドバイザーから転職のコツから履歴書の書き方、求人の面接の日程調整、条件の交渉などをアドバイザーサポートする・・・・

 

とこんなちがいがあります。

自力で就活するほうがイイって方はリクナビNEXTがつかいやすいでしょう。

 

リクナビNEXTの公式ページはコチラから
↓↓

リクナビNEXT会員登録

工場の仕事
ブラ脱