会社にしがみつくのをやめて40代までに転職したほうがいい理由

会社にしがみつくのをやめて40代までに転職したほうがいい理由

ホントは会社を辞めたいけど他に行くところもないし会社にしがみつくしかないのかな?

会社にしがみつくのはやめたほうがいいのかな?

会社にしがみつかないでためにはうすればいいのかな?

こういった疑問にお答えしています。

本記事の内容

就職氷河期

会社にしがみつくのをやめて40代までに転職したほうがいい理由

会社にしがみつくのをやめて40代までに転職したほうがいい理由

会社にしがみつくのをやめて40代までに転職したほうがいい理由は以下の通りです。

 

・会社が仕事にヤル気のない社員を放置する時代は終わったから

・20~40代前半は会社を選ぶ時期 40代後半以降は「しがみつくしか選択肢が無い」世代

・会社にしがみつくのは40代後半からでいい

・給料が下がってもユルイ仕事とかをしたほうがいい

 

会社が仕事にヤル気のない社員を放置する時代は終わったから

結論を言うと、会社が仕事にヤル気のない社員を放置(会社においておく)余裕がなくなったからです。

会社にしがみつくってのは、悪いことでもないですし生活とかを考えると当たり前かもしれません。

会社にしがみつくことができるってのは、特にこんな経済状態というか、景気がイイと言われていても会社はその利益を社員にもどさないで、ひたすら内部留保する時代ですからしがみついているような従業員とかは、もう辞めてほしいんです。

これ外資系企業とかじゃああり得ない話ですけど、日本企業では会社に「しがみつく」ことができるわけです。

しがみついている社員をそのまま放置してる会社ってのは「ある程度余裕のある会社」ってことですね。

余裕のない会社が、「会社にしがみついてる社員」なんて放置できるわけないです。

実際私も地銀時代に営業で中小企業とか回ってましたけど、仕事できない人というか「しがみつくレベル」の人をそのまま放置するほど余裕のある会社なんてめったになかったです。

大企業で余裕のある会社じゃないと「会社にしがみついて人」を放置したりするなんてまあできないです。

それって、会社にしがみつけるだけでもかなり「ラッキーな人生」だと思ったほうがいいです。

ふつうは会社にしがみつくなんてこれからできなくなってきます。

IT化AI化で仕事は少なくなってきますし、パソコン使えないような人間とかが上司にいるとかでそんなの雇ってる余裕なんてなくなります。

ブラインドタッチとかできない人とかいるでしょ?

そんなの会社にいるって時代さすがにもうそろそろ終わりになります。

20代30代だったら会社にしがみつくって選択肢はあまり賢くないです。しがみつくよりも多少給料が下がってもユルイ仕事を探すとか行動しておいたほうがいいです。

いよいよ40代とかになってどうしようもなくなったらしがみつけばいいんですよ。それでも今後はそういうのも厳しい時代になると思います。

20~40代前半は会社を選ぶ時期 40代後半以降は「しがみつくしか選択肢が無い」世代

会社にしがみつくかどうかは、年代で決めたほうがいいってことです。

会社に「しがみつく」って思って人は、もうすでに

「仕事なんて楽しくないし出世の見込みが無いし、だからといって課支社辞めても行く当てもなさそうだからしがみつくしなない」

みたいなのが大体オーソドックスなパターンですよね。

こういった状況がすでに20代とか30代あたりで確定してしまったら、その会社にいても今後ろくなことがないので、転職したほうがいいです。

会社にしがみつくっていっても、それって思ってるよりもけっこうきついものがあります。

それこそ、かなり経営に余裕のある会社だったらそうでもないですけど、普通の会社だったら、けっこうキツイ部署とか閑職とかをたらいまわしにされて遠回しに自主退職の圧力をかけてれますしね。

そういったものに動じない精神力が必要なんですよね、会社にしがみつくってのはね。

20代から40代前半くらいだったら、会社にしがみつくってのはちょっとキッツいので、人間関係の薄い会社とか、ある程度給料が下がっても仕事のユルイ会社とかを探して転職します。

もしくはフリーランスでやっていきます。

今ではネットでもお金を稼げる時代なので、「お金を稼ぐ」っていうのに関してはハードルは低くなっています。

それにどのみち会社にしがみつくってことは、出世とかどうでもいいんです。

昔は経済が右肩上がりだったので出世してもメリットは大きかったですけど、今では、出世の費用対効果がかなり低い時代なんです。

課長職になれるのが50人に一人くらいだとして、

そのために会社のサービス残業を受けいれて、

どんな仕事でも文句ひとつ言わずにやって、

休日出勤も手当なしとかでやって家に持ち帰って仕事して、

上司にこびへつらって飲み会、

ゴルフに付き合ってそれを20年以上やる・・・・・

その結果平社員よりも年収が200~300万円いいだけ・・・・

これだと、結局時間をかけて、飲み会とかも費用が掛かってしかも、50人に一人くらいの確率ですからかなりムリゲーです。

20年かけて頑張ってやっても失敗する可能性のほうがかなり高いわけです。完全な無理ゲーです。

しかも費用と時間をかける割に年収が若干良くなるくらいなので、費用対効果が悪すぎます。

定時で帰れるような仕事をして、その時間を副業とかやって収入を補填したりして、飲み会とかはなるべく避けて出費を減らします。

収入が多くても貯金が少ない人って多いですからね。そうなってしまっては意味ないような気がします。

出世できないなら、会社にしがみついて頑張るしかないってのもあります。

とはいえ、20代から40代前半ならまだ転職もわりとやりやすい年代なので、そこで定時に帰れる仕事とか人間関係が薄い仕事、仕事量がある程度多くない仕事に絞って転職するのも悪くないと思います。

けっこう、激務で低賃金みたいな会社・・・・いわゆるブラック企業ってのも

ありますけど、けっこう定時で帰れてそこそこ給料がもらえる会社とかも探すとあります。

40代前半くらいまでで、なんかそのイヤな会社にしがみつこうみたいな感じ決めてしまうのはちょっと早いような気もします。

会社って出世とかを考えんければ仕事なんてユルクて、人間関係が薄くて、給料が極端に低くなければけっこう選択肢は多いです。

仕事がユルクて、給料がいいなんて仕事はそりゃほとんどありませんし、あるなら私が今からでも勤めたいくらいです。

でも、ある程度選択肢の幅を広げればブラック企業さえ避ければそこそこの仕事ってのはけっこうあります。

無理に、40代前半くらいまでは「会社にしがみつく」みたいなことを決定しないほうがいいような気もします。

会社にしがみつくのは40代後半からでいい

自分が仕事ができない・・・っていうか仕事ができなくても別に人間的に劣るわけじゃあないですけど、そりゃあ会社にしがみつかなきゃいけない状況も出てきます。

特に40代後半とか以降になると、会社にしがみつくしか選択肢がなくなるのはしょうがないことですね。

「会社にしがみつく」

ってのは、けっこう今まではできましたけど、これからってIT化AI化でさらに人間がやる仕事が減ってくるので、まあ人間なんていらなくなってくるんですよね。

会社にしがみつくってことは、もうそれ自体で「会社にとっていらない人」なんで、早期退職制度とかでも40代後半以降が対象になってますし、平たく言うと

「40代後半以降で、管理職以外はいらない」

ってことを言ってるのと同じです。でもまあ、今の日本では簡単に解雇はできないのでしょうがなく置いてるだけなんですよ。

ただ、これからは余裕のある会社とかも少なくなるというか、余裕があっても従業員の人件費に使うよりも、会社の内部留保に回すのでいらない人は容赦なく切っていくようになります。

派遣とか契約社員の形態もさらに増えるでしょうし、いわゆる役職定年とかも増えてきてがんばって出世しても50歳とか55歳とかで役職を下ろされたりして平社員にもどったりもしますしね。

何が言いたいかと言うと、40代50代とかでリストラとかに会う可能性が高くなってくるということです。

会社にしがみつこうとおもっても、そういう人は当たり前なんですけどまず最初にリストラ対象になります。

ホント、会社によって沢ありますけど、リストラ対象になるとホントに遠回しに自主退職を勧められたり、部署をたらいまわしにされたりして、圧力をかけられてリストラされます。

というか、個人的にはリストラ対象になって、それを言い渡されたらなるべく高い割増退職金をもらってそのあとは工場の派遣は期間工をやります。

工場の期間工とかってきついイメージもあってたしかにきつい工場もありますが、けっこう楽な工場もあります。

それに工場系は定時で仕事も終わるので、そのあとの時間を使って副業とかもできるし、ぶっちゃけて言うと、やり方次第ではけっこうな金になります。

参照:工場の求人については工場の仕事に就職する方法【メリット・デメリットで説明あり】の記事にくわしく説明してるのでどうぞ。

会社ってなんかサービス残業とか強制されて、休日出勤とかも手当が無かったり普通に違法行為する会社も多いですし、大企業でもそういうの多いです。

しかも無駄な飲み会とかあって、時間を浪費しまくってます。

工場系だけじゃないですけど、きちっと時間で終わる仕事のほうが給料が安くても時給に換算するとたいして変わらないみたいなことがすごく多いです。

会社にしがみつくと言っても、それって会社にとってはタダのお荷物なので、正直「会社にしがみついてるから安心」とかってないわけです。

会社にしがみついたあげくにリストラされるってことは普通です。

会社にしがみつくのもイイですけど、それもリスクが高い選択だってのは認識しておいたほうがいいです。

給料が下がってもユルイ仕事とかをしたほうがいい

無理に会社にしがみついてストレスを溜めまくって、生きていくのってそれはそれできついです。

どのみち、しがみつかなきゃいけないのは多かれ少なかれあると思うんですけど、20代30代とかになにも転職などのこうどうをしないで、そのまま40代後半に突入しているのって、けっこうキツイ状況ですからね。

だって、いくらでも転職のチャンスがある若い時期をフイにして、それでもって、その会社で自分がもう出世も何もないので、会社にしがみつく・・・・

まあ、思考停止して行動しなかったツケが回ってるようにしか思えません。

会社にしがみつくのに「いい環境」な余裕のある会社だったらけっこういいかもしれません.

とはいえ、そういった会社は少数派で、たいてい、会社にしがみついている要らない社員とかはリストラとかしますし、そうでなくても部署をたらいまわしにされて自主退職を迫られるとかけっこう見ています。まあそういうのに耐えられる強靭な鈍感力のある人もいます。

人はそういったものを持って無いので、けっこう高確率で自主退職していきます。

会社にしがみつくとかって5年くらいはいいですけど10年以上するとけっこう無理がたたって、どのみち辞めていく人も多いです。

それだったら、若いうちに自分が長期である程度最低限の居心地が確保できる会社に入っておいたほうが無難です。

そういう時に、大企業がイイだとか世間体とか考えないで、これから成長していく会社を選んでいくのがメッチャ大事です

関連記事;会社は成長性で選ぶべき理由

大企業に入社して後悔する理由 会社の「規模」で見るのはやめて「仕事内容」「成長性」で会社選びをしないとダメ
大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

こういった成長性とかで選んでおけば、成長する会社とかだったら「会社にしがみつく」ことも可能なんでそういう意味でも若いうちにある程度自分のいるべき会社を選んでおくのは人生の最優先課題なんです。

会社にしがみつこうがしがみつかまいが、なるべく成長していく会社で自分の力でやっていけそうな会社、ブラック企業じゃない会社を早い段階で見つけておくのが大事です。

そもそも新卒で入った会社でずっとやっていくとか考えてるのは無理ですよ。そんな一発勝負である程度居心地がイイ会社に入れる人はかなり運がいいです。

新卒で入っても半分はその会社を辞めていくわけで、どっちにしても半分以上の人は転職を経験してるわけです。

そういった状況ですから、数回の転職の間で自分がしがみつかなくてもいいような会社を見つけていくってのが人生で一番先にやっておいたほうがいいことです。

会社にしがみつく前にすべき行動

会社にしがみつく前にすべき行動

結論を言うと、求人を見て今の会社よりも仕事がユルイ会社をさがしましょう。

理由は「今の会社を辞めたいとおもっている」というなら、その会社にいてもストレスはこれからドンドン大きくなるからです。

仕事がユルイ会社ってのは意外とあります。給料は下がるかもしれませんが

定時で帰れる

残業が少ない

こういった会社なら副業をする時間もできたりするので、逆に人生に余裕が出てくることもあります。

ブラック企業をさけて求人を探す方法は転職活動する3つの方法【効率のいい活動でブラック企業に入らない】の記事にくわしく書いてるのでどうぞ。

まとめ

会社にしがみつくことができる時代はもう終わっています。

ヘタにしがみついて年齢が上がった時にリストラ対象になり転職もできない・・・

こういったことにならないために、早めの行動をとっていきましょう。