地方銀行員のブラック具合がわかる友人の体験 辞めたい気持ちが勝って転職した話

友人の話からでた地銀のあるあるです。脚色してありますので念のため。

ただオーバーな表現とかはないので、だいたいすとーりーとしては合っています。

私の友人は新卒で中堅どころの地方銀行に就職しました。当時は情報も無くて銀行がどんな仕事をするのかもわからないくらいの状態で就職ました。

今考えるととんでもないことですけど、新卒の就職はとにかく社会経験がないので、どういっ他業種が仕事が楽で、この業種は仕事がきついかとかわからないですからね。ネットも普及し始めた時代なので、今ほど情報が無かったのも痛かったです。

そういう状態で入ってしまったので、けっこうな衝撃でした。転職してかラわかったのですが、とにかく一人当たりの仕事量がハンパないということです。

システム化してもその分人を減らしたり営業にまわしたりするので、うまく一人の仕事量をぎりぎり「死ぬか生きるか」くらいにするのがうまいですよね。これ以上やったら辞めるな・・・・ってところくらいの仕事量です。

でも辞めていく同期も多かったですけどね。

辞めていくパターンは仕事に耐えられずに辞めていくか、営業成績がいい人は外資系企業に転職していきました。

同じ激務でも外資系のほうが給料が倍くらいになりますからね。もちろん本人のガンバリ次第ですけどね。

そんな地銀の思い出を書いてみたいと思います。あまりいい思い出は無いのでその辺ご容赦ください。

関連記事:外資系企業への転職はメリットが大きい

外資系企業のメリットは、日本的な人間関係のしがらみが無くて給料が高いということにあります。仕事ができても給料が上がらなないという矛盾が外資系企業にはありません。仕事に自信がある人なら迷わず外資系企業い転職すべきです。日本的なしがらみが無いのは想像以上に仕事がやりやすいですよ。

地銀の思い出 いやあいいブラック企業の思い出でで懐かしい

地銀時代にはいい思い出ってほとんどありません。なんというか人生の暗黒時代と言う感じですね。

仕事がブラックだと趣味も恋愛もヤル気ができませんしん、なんといっても「このままこの仕事で生きていくのか?」という絶望感で毎日イヤイヤ仕事をしていました。

仕事が好きって人はいないと思いますけど、あんまり仕事がイヤすぎると本当に精神的に病んでくるっていうのは今更ながらよくわかります。

営業ではサイコパス上司が基本

一年くらい内勤をしてから営業に出るというのが基本新卒職員のお決まりのコースです。

営業が融資や住宅ローン・投資信託などを獲得してくることで地銀の利益が上がっているわけです。

地銀の営業は昔ながらのドサ周りです。今でも地銀につとめている友人に聞いても現在もそんなに昔と変わっていないそうです。

とにかく足で稼いでお客さん(法人・個人)のところに回って融資案件やローン・投資案件を取ってくるというスタイルです。

一見効率が悪いように見えますけど、まだまだネット銀行やネット証券を使えない人はいますからね。たぶん今の若い世代が
高齢になってくるとこういった営業もなくなるんじゃないかと思います。

そういう営業なんですが、大きな支店では10人くらい、小さい支店では2~4人の営業がいます。

そう思い切り体育会系です。体育会系の空気が合わない人はそこでもう無理な空気です。

私は学生時代は運動部で体育会系だったんですけど、それでもちょっとこの昭和な感じの体育会系は・・と思ったくらいですからね。

そんな環境だからいますよ当然パワハラ上司が。

「お前そんな成績で恥ずかしくないのか?」
「もう辞めていいよお前」
「取ってくるまで帰ってくるな」

とかわかりやすいお約束のパワハラ攻撃です。

地銀は転勤が3年くらいで異動があるので、こういうパワハラ上司が上になった時はやり過ごすのがうまいやり方です。

そのうちいなくなりますからね。

ただ、運が悪いともろに4年とか5年の付き合いになります。こうなるともう地獄です。精神的に弱い人はギブアップします。

今考えるとなんでもっと早く転職しなかったんだろうと思いますね。

挙句の果てに、成績がいい営業とかには妨害とかしてきます。これガチであります。仕事の邪魔してそれで成績上げてこいとかいうんですよ。もう正気の沙汰ではありません。

でもこれがよくあるのが閉鎖された地銀営業ですね。いまでも多かれ少なかれあるんでしょうね。

関連記事:パワハラ上司との付き合い方

上司にパワハラを受けてうつ病になったらさっさと休職してその間に転職活動をしましょう。ついでにボイスレコーダーで証拠をとっておいて労働基準監督署か弁護士に相談してその上司を再起不能にしましょう。会社内の人に相談してもまったく無駄なのでクールに行動していってくださいね(^O^)/

ノルマが厳しく営業成績が悪いと人間扱いされない

こらはまあ営業やってると「営業でのあるある」です。成績が悪いと人間扱いされません。

なので、基本地銀に勤めるならコミュニケーションの力がないと厳しいですよ。それと繊細な人は向いていません。

営業ってある意味、ごり押しでローンとか投資信託をゲットしてくることも多いです。正直ネット証券とかネット銀行のほうが手数料安かったりメリットも多いんですよね。

そういうのわかってて、売り込むわけですから良心の呵責とかいっしゅんでもあったらやっていられません。

お年寄りとかに普通に投資信託売るわけですからね。もちろん商品の説明しないと法に引っかかるので説明はキチンとします。

ただ、相手が本当に理解してるかどうかは疑問ですよ。そんな感じの営業やってるんで、まあ心は荒んできます。

でもそうしないと成績が上がらないのでやりますよね。そういうのができない人が成績悪いわけです。

人間らしい人は営業に向いていません。まっとうな人間ですよね。そういう人はもっと職人とか研究職とかについたほうがいいですよ。

関連記事:ノルマのない「BtoB」企業への転職はいいですよ

ノルマのない業界でかつ「BtoB」の会社がホワイト企業である可能性は高いです。そして独自のノウハウは特許を持っていて、ネームバリューはないけど地道に業績をの倍している会社というのがホワイト企業の特徴です。ブラックな会社に捕まらないためにもこういったポイントを押さえて会社選びをするべきです。

ほとんど職場結婚→ほかに選択肢が無い

職場結婚が本当に多いです。あとは見合いの結婚が次いで多いです。

仕事がハードで土日とかあんまり外にでたくないくらい疲れています。土日でもお客さんのところに行かなくちゃいけないですしね。

もちろん無償で行きます。持ち帰りの仕事も当然あります。

そんな状態なんで、学生時代からの彼女とかがいれば別ですけど、相手がいない場合は職場内で探すしか選択肢がなくなります。

職場内で探すのでまあそのまま結婚が多かったですよね。中には職場結婚して離婚してまた職場結婚するという強者がいました。

それ見て「職場しか男女関係ないのか?」とツッコミを入れたかったです。

それか見合い結婚も多かったですね。それだけ恋愛に費やす時間とパワーが無いということです。20代の一番いい時期を仕事オンリーになってしまうパターンですよ。これサラッと書いてますけど悲しい出来事ですよね。

職場結婚のほうがこういった地銀特有の仕事のキツさを理解してくれるというのもあります。知らないとほんとにガチでこんなにきついの?と想像できませんからね。

そういう意味では地銀で職場結婚が多いのは当たり前ですね。

関連記事:社内恋愛はめんどくさいからやめたほうがいい( ;´Д`)

職場恋愛は社会人になってから一番多い恋愛の形です。 特に仕事で忙しいと、仕事以外での時間がほとんどない・・・という人も多いで...

支店長がパワハラ系だと地獄が始まる

小さい支店だと10~15人くらいの支店もあります。

そういうところに職員を奴隷としか思っていないパワハラ支店長がきたら支店は地獄になります。

そういう経験おを2年ほどしました。

いや本当に何度辞めようかと思いましたけど、まだ営業にじゃんってから4年目くらいだったので、

「今辞めても仕事が無いかな?」みたいな根拠のないネガティブさがありました。

基本なぜかそういう支店長や上司に共通してるのが、店の成績は上げろというくせに、営業のやり方まで逐一管理したがって、逆に行動範囲や狭まってやりにくくてしょうがないということです。

成績上げろと言われればそのために工夫してやるんですが、そのやり方を全部否定して自分のやり方をやらせようとします。

結果成績が落ちて、自分のクビを占めるわけですが、正直「何やってんだこの人、いないほうがいいよ・・・」という風になります。

いてもしょうがないんですよね。お約束で部下のミスは擦り付けるし、部下の手柄は当然自分のものしますしね。

「お前そんな風に生きてて恥ずかしくないのか?」ということです。

でもね会社ではそういう人でも出世できたりするんですよね。ちなみにこの支店長と出会ったので転職を決意したんですけどね。

ある意味恩人ということですかね。

関連記事:パワハラ上司はサクッと外的機関を利用して潰してしまいましょう

パラハラ上司に対処法ってよく記事とかがありますけど、対処というよりもその上司をサクッと会社外の機関を使って排除する方法をやったほうがいいです。その前にさっさとパラハラ上司にあったら、ICレコーダーで証拠を取って心療内科で診断書をもらって休職して労働基準監督署か弁護士に相談して早めにパラハラ上司を排除しましょう。

お客さんの客層は悪い 地方だからねキチガイ老人とかいっぱいいたよ

地銀は客層が地域によっては悪いです。

会うたびにクレームつけてくる老人やおばさんが多いのも特徴ですね。

とにかく老人は主婦はじかんがあるので、クレームをつけることを趣味にしてるレベルの人間もいます。

こういうのとまともに付き合うとストレスがたまるので、適当にあしらっていますが、たまに人として言ってはいけないこととか平気で言う人もいます。

このおかげで「人間なんてこんなもんだよな」っていうことを知ることができたので大きな収穫でしたけどね。

「ボールペンを家で落とした家の床が傷がついたじゃないか」
「その髪型が気にくわない、坊主にしてこい」
「この前すれ違った時あいさつしなかったよな 支店長呼んで来い」

とかこんなクレームがほんとにあります。こういうクレームがあるともう脱力感しかありません。

地銀をはじめ金融は顧客に対して立場が弱いので、とにかくこういうクレームにも謝罪します。

このくらいのわけのわかラないクレームにも慣れてきます。なので普通の人間がとてもいい人に思えるような副作用があります。

個人事業主には変人が多い 

個人事業主は基本一人でやっているので、あまり社会をしらない職人系や税理士、美容室などがあります。

一番やばい経験では、美容室でおばちゃんがやっているのですが、またこの人が変人でした。

とにかくイライラしていて、集金に行くたびに怒鳴り散らす、本と大声で罵声を浴びせる。

「あんた、その曲がったお札はなんなのよ!!」
「ちゃんと答えなさいよ!」

とかまあキチガイ相手にしている感じです。というかキチガイでした。

いやあなた、まがりなりにも客商売でしょう。そんなんでいいの?と思いましたけど、美容室をやっている人間がこういう人間性でもやっていけるんだ・・・・というのにも驚きでしたね。今考えるといい経験でした。

まず人間には表裏があって、今考えると「サイコパス」だったと思います。

経営者とかはサイコパスが多いと言いますが、それは本当でした。

お客さんの前ではいい顔しますが、自分の言いなりになる人間にはこういう態度で、しかも罪の意識が全くないというのが「サイコパズ」ですね。

たしかに従業員を人と思っていたらユニクロとかワタミとか電通とか・・・そうなりますよね。

もちろんこの美容室、転職してから数年後通りかかったら店を閉めていました。

この手の人間が人が変わっていい人になったという事例を今までみたことがありません。

手形が不渡りになって夜逃げされた 

担当の個人事業主が手形が不渡りになってしまいました。

翌日その件で事務所にいってみると、もぬけの殻でいた・・・

うーんこんなドラマみたいな典型的な「夜逃げ」があるんだとその時は思いましたけどね。

これけっこうなインパクトがあって印象に残っています。

ただ、逃げても負債が消えるわけではないので、その後どうなったかは本社にしかわからないですけどね。支店の管轄から
はずれましたから・・・

これも切ない話でした。

仕事ができないから首にしたと自慢する支店長

さっきのパワハラ支店長の伝説ですけど、不妊早々

「俺はここに来る前仕事ができないやつを何人も首にしてきた」と一発目に言いました。

どう思います?こんな発言する人世の中にいます?

転職した先ではここまでキチガイはいませんけど、地銀とかではいるんですよね。なんか勘違いしてる人間がね。

実際、この支店長の親族がその地銀の役員をやっていたので、役員に言えば首にできます。実際首になっていました。

これ、今時なら労働問題で告訴されるぞくらいですけど、まだ当時はそういうのがおおらかな時代でしたからね。

この時からですね。「あれ?この組織なんかおかしくないか?」と違和感を感じるようになったのは。

営業で仲良くなると本当に結束が固くなる いい思い出です

ただ、悪いことばかりではなくて、営業をやっていると気が合う仲間は本当に仲が良くなります。

連帯感というか「一緒に苦労している仲間」っていうのはどうしても仲が良くなりますね。

飲みに行ったり、後ろ向きですけど仕事のグチをいったりする場所はどうしても必要でした。

そういうのがないとなかなかストレスを調整できなかったですからね。あの結束の固さといったらまあすごいですよ。

たまたま気の合う営業の仲間がいたときは楽しかったです。まあこれは仕事を選ぶ基準には待ったりませんけどこういういこともあるということです。

ちょっと美化いますけどね。美化でもしないと嫌な思い出ばっかりでウンザリするってのもあるですよね( ;´Д`)

私は体育会系のノリって嫌いじゃアないですけど、あんまりそれが度を過ぎることがあるのが地銀営業のよくあるところです。体育会系が嫌いな人は本当に地銀営業はやめたほうがイイですよ。

関連記事:体育会系のノリは会社ではうんざりするものです

体育会系の会社の特徴ってホント嫌なんですよね。これってブラック企業って基本体育会系なので体育会系企業はブラック企業として認定したくらいです。もし辞めたいなら、体育会系の会社に近寄らないほうがイイですよ。運悪く入ってしまったら労働環境を変えることも検討しましょう。

デメリットが多いですけど、それなりに社会的信用はあります

今考えると地銀はお勧めできない就職先です。私が不器用だったのもありますが、うまくやっている人もいました。

マジメで正直な人はつらいでしょうね金融関係は。要領がよくて、口がうまくてあまり人間臭い性格の人はむかないでしょう。

仕事を仕事と割り切って、ほんとうにマシーンのように生きていける人なら向いていますし出世もします。

また、なぜか地銀に勤めていると社会的信用みたいのなは高いです。公務員と同じくらいあります。

不思議なんですけどね。今時サラリーマンといえども安定はしてないですし、将来性のある業種のほうがよっぽど
社会的な信用は高いと思いますけどね。

田舎に行けば行くほどその傾向は高くなります。

そういう意味では社会的信用を得たい人なら地銀に勤める価値はあります。

個人的には就職はお勧めできませんが社会的地位を確保してクラスなら地銀でもいいでしょう

というわけで結論ですけど、デメリットは個人的には多すぎて地銀は就職先二はお勧めできません。

これを読んでそれでも社会的信用を得たい、金融機関で働いて出世してみたいという人は地銀に向いているかもしれません。

またこれを読んで、地銀を辞めたいと確信した人は「転職エージェント」を利用して転職を検討しましょう。

転職エージェントは転職のプロがあたなと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。

ブラック企業との関わり合いを絶つには、

「転職して今いるブラック企業から脱出する」

「就職するときにブラック企業に引っかからないようにする」

とこの二点が必須ですよね。このポイントを同時に兼ねそろえているのが「転職エージェント」です。

ブラック企業から脱出するにしても、一人で転職活動をするのは大変ですが、転職エージェントではプロのアドバイザーが転職の方法を詳しくアドバイスしてくれます。

また、転職エージェントの求人はアドバイザーが審査を行っているので、ブラック企業は限りなく少ないです。

ここが、ハローワークや普通の求人誌とは大きくし我う点です。ハロワや求人誌は求人掲載に審査が無いので、ブラック企業の求人の巣窟になっています。

ハローワークの求人でブラック企業を見分けて、避けて就職したいものです。しかし、見分け方を駆使するわけですけどそもそもハロワはブラック企業の巣窟になっているので、ホワイト企業はほとんどゼロに近いというのが現状です。それより効率のイイ転職ツールを利用するのがベターな方法です。公的な期間であるハロワですが嘘の求人を掲載できるというのは厚生労働省から黙認されているんですよね。悲しい現実です。

こういう理由で転職活動をするなら転職エージェントを利用するのがブラック企業を避けるために最も有効なんですね。

もちろん、転職エージェントの登録も利用も無料です。求人企業からの紹介料で運営しているので登録者にお金がかかることないので安心して利用できるのが転職エージェントです。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (→公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

金融関連がブラックっていうのがわかる関連記事

地銀営業をやってました。やっているうちにもう限界がきて転職したわけですけど、そのときにどんなことを考えていたかをちょっと思い出してみました。別に営業じゃなくても仕事はありますし、地銀なんかで激務やらなくても普通に楽に仕事ができる会社もいくらでもあるんですよね。そこに気づくか気付かないかだけなんですよね。現実ってね。
地銀のブラック営業をやってると、中小企業の社長連中との接待営業もありました。接待の宴会ですよね。「俺の酒は飲めないのか」というキャラのおっさんばかりで悲惨な地獄絵図です。酒弱いと営業とか辞めたほうがイイですよ。絶対後悔します。だって宴会ばっかりあるんですからね、営業の仕事って。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!