会社の考え方・価値観が合わない時にどうすべきか?自分の思いを大切にして転職すべき理由

綱渡りするスーツの男

会社の方針ていうのは時期が来ると変わります。社長が交代したり、役員が大幅に動いたり時代の流れだったりと要因は様々です。

会社が良い方向に方針が変わるのならいいのですが、最近は得てして役員の暴走があったりして悲惨な方向での方針転換が多いですよね。東芝みたいに。

ここでポイントなのが、会社の方針転換で「自分が納得できるか」と「その方針で会社が無事存続できていけるか」を判断することです。

まず特に後者の「その方針で会社が無事存続できるかどうか」という意味で

「この方針は・・・完全に失敗するだろう。どうかしたのか?」

「お客さんのことを考えてるじゃなく、ただ儲けようとしてるだけ、これじゃあお客さんに愛想をつかされる」

と普通に客観的に判断出来たら、迷わずその会社を去るべきです。もちろんその時点では待遇もいいかもしれませんが

会社はあっという間に傾きます。そなってくると気づいたときにはもう会社の待遇もひどいことになって、退職金などもロクにもらえないような状態になっているケースが多々あります。

さて、次に前者の「自分が名納得できるか」の部分です。

会社の方針に自分が納得できないからといって、すぐに会社を辞めるわけにはいきません。家族がある人は自分が納得できない方針でも、従って行くしかない状況もあるでしょう。

ここでは会社の方針が納得できないケースについてみていきましょう。

自分の考えと真逆の仕事をしているとだんだんと苦しい会社人生を送ることになるんですよ

会社の方針に納得いかないで働いているとまず、それ自体が毎日ストレスになってきます。テキトーに仕事をしている金だけもらえればいいやーみたいな社員ならそれほど気にはなりませんが、仕事に誇りを持ってやっている人なんかはかなり精神状態になってきます。

仕事ってお金のためもありますけど、人の役に立つとか、自分を認めてもらうため、社会貢献など大きく持っています。

自分のやっている仕事に誇りをもってやっているのに、そのやり方が間違っている的な会社方針になっていく、変化していくということはよくあります。そうなってくると、もう会社にいる「価値」は無くなってくるんですよね。

方針が自分の考えと完全に違ってしまった時点で「ただお金を得る場所」に会社は変わります。あなたにとってはそういう場所になってしまいます。

それはそれでいいんですよ。会社ってお金を得る場所でもありますしね。そういう風に割り切って働いている人もかなりいます。というかそういう人のほうが多いかもしれません。

ただ、そのまま働き続けるとどうなるかわかりますか?年齢が行くと転職するにしても身動きが取れなくなってきます。

40代とかになって、さらに会社の方針が自分に合わないようになってきて、苦痛の中で働きます。これって相当なストレスですよ。でも家族がいるから転職できない。年齢的に転職は無理みたいな状況になってきます。

そういう「逃げられない状況」になってから公開することになります。そう私の周りとかそういう人がめちゃくちゃ多いです。

テキトーに仕事をやっている人のほうが幸せなのかもしれません。仕事をまじめに生きがいとしてやっている人が会社の方針が自分の考えが合わないというのは、もう死んでしまいたいくらいのストレスが溜まってきます。

これって人によってかなり違うと思いますけど、自分の考えがある人ほど会社の考え方が合わないとほんと苦痛になってきます。それが40代くらいになるともう環境を変えることもできなくなっているので、かなり苦しい会社人生を送ることになるんですよね。

自分の考えと違う会社にいて我慢して仕事をするのは長期間は無理があり苦痛がありすぎます

仕事だけは何かしらやっていかないと生きていけませんよね。稼がなければ生きていかないですし食っていけないです。

テキトーに仕事をしているのも、さっきは幸せかもしれないと言いましたけど、これはこれでキツイデスよ。

お金のためだけに自分の時間を売るってのはかなり苦痛です。できれば仕事というのは自分が認めれられる、社会貢献、自分が納得した仕事という方向性がないと、人としての尊厳みたいなものが保つことができません。

仕事で幸せになるためには、やはりある程度は自分の考えと会った会社でないと実現はできないということです。

イヤイヤ働いている人をいくらでも見てきましたが、完全に惰性で目が死んでいる人ばかりです。やる気も無く適当に時間だけ潰して帰っていくみたいな感じですね。こうなってくると、生きているのが嫌になってくる人もいるでしょう。

なぜなら、仕事って一番人生で時間を割くものなんでよね。好きだろうが嫌いだろうが時間を一番使うのが仕事です。

その会社の経営方針が自分の考えと会わないなら、これってかなり地獄ですよ。たいていそういう会社は上層部がろくでもない状況というのがお決まりのパターンなので、そこで働いていてもあまり進歩はありません。

人間で自分が価値を感じないことに自分をささげることができるほど器用じゃないんですよね。そうなってくると、「俺はなんやってるんだ」的なストレスが最大になって、うつ病になったりします。仕事じたいに価値観を見いだせなくなってきます。

ただ、転職するにしても家族がいたり年齢が厳しかったりするケースもあります。でもそういう自分が納得できない状況にあるなら転職すべきです。

そもそも自分の考えにあまりにかけ離れたところで仕事をしていても「楽しくない」じゃないですか。

そういう気持ちって大事ですよ。人生を楽しく生きていくことが、自分のため、家族のためになります。そのまま自分を押し殺したまま仕事を続けていると、確実に耐えられないほどの後悔に気づく日が必ず来ます。

でも、転職って言っても簡単じゃないだろ・・・・と思いのが普通です。そういう場合は転職エージェントを利用して転職のプロである

エージェントに自分が転職を効率的にやっていけるかどうかを相談するのがおススメです。

転職を効率的に進めていくには転職エージェントをりようしよう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人を適正に合わせてピックアップしてくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!