短い職歴は履歴書に傷がつくは嘘 面接は受け答えと態度で決まる理由

面接女性

なんか転職サイト見ていると、「3年以内の職歴って履歴書の傷になる」とかいう情報多いですよね。 これって長く勤めてる方が我慢強いとかそういう意味でいってるんですかね?

そりゃあ会社をポンポン開けて5社も6社もてんしょくしてるとさすがに目立ちますけど、(派遣とかは関係ないですけどね)3~4社くらいの転職回数で、それで会社に勤めた期間が3年以内だからといって、「履歴書が傷になることは無い」です。

実際私は、会社で面接担当でしたけど面接官てそんなとこ見てないですよ。いまどき普通にブラック企業とかこれだけあるし、運が悪ければそういうのにハマってしまうのなんてわかっています。

ブラック企業とかに3年以上とかあなた勤めますか?私は絶対嫌ですけどね。

そういうのは企業側もわかっています。それに、一つの会社でずっと勤めるっていうのは今では「社畜・思考停止」してる場合が多いですからね。

そういう時代の流れもありますが、3年以内での職歴がまずいってことは全くないです。

そんなことになったら、ブラック企業大喜びですからね。

「3年くらいは奴隷として頑張ってくれるよこいつ」

ってなってしまいますからね。

「会社って3年以上勤めないと職歴に傷がつく」

みたいに思っている人は逆にヤバいですよ。会社の思うつぼみたいになってますね。

結論を言うと、まあ3年以内とか数か月で会社を辞めたとかの職歴で、面接に不利になることはまずないです。そりゃ5回連続で1年以内で職を転々としてるならまずいですけど、短い職歴って言っても1~2回くらいでしょ?

私も前の会社で面接官をやらされたことがありますけど、履歴書の職歴とかをじっくり見てそれで採用決定することなんてまずないですからね。

そもそも、そんな立派な職歴を持った人とかいないですしね。そんな人は前な会社じゃなくてもっといい会社に行くでしょうし笑。

そんなことよりも、面接を受けている人の受け答えや態度を見ています。ほかの面接官も同じですよ。それでもって

「こいつとなら一緒に仕事をやっていいな」

って思えばそれで内定が取れるっていう仕組みです。

関連記事:面接で落ちるときに対応方法

転職の面接で落ちまくるのは私も転職の時に経験しました。面接で受からない理由がわからなかったのですが、そこを自分なりに考えてみて、それについて対策していきました。理由と対策を私なりに転職経験から具体的に書いてみました。自分を客観的にみてみて対策をしていけば面接はクリアーできるので大丈夫ですよ。

履歴書とかで見てるのは、「字がしっかり書いて当たり」「志望動機が自分の考えをしっかり持っている」とかそういう部分

履歴書を見て書類選考するわけですけど、職歴とかもちろん見ます。

でも、それが「3年以内」とかそんなことまでいちいち見てません。どっちかっていうと、

「字がキレイ」

「志望動機とかきちんと書いてあって、自分の意見を書いてある」

「受ける会社のことを研究してるなという文面がある」

「写真の表情がさわやか」

とかそういうところ見てます。職歴とか悩む暇が合ったら、履歴書をキチンとつくったり、志望動機を企業を調べて徹底的に練るとかそういうことに時間割いたほうがイイですよ。

「職歴が汚れる」とかそういうのってちょっとおかしい考えですよ。そんなことまで気にしていたら転職なんてできませんからね。

面接官って書類選考って大量にきますから、ぱっと見の写真とかもけっこう見てます。職歴っ見ますけどそんなに重要視されていません。 どんなに立派な職歴でも面接して人間的にカスだったら内定とれませんからね。

けっこういるんですよ。職歴が立派でたしかに頭もよさそうなんですけど、あきらかにそれを「鼻にかけている人」っていうのが。平たく言うと「謙虚さが無い」タイプですね。こういうのって面接官は百戦錬磨ですから簡単に見分けることができます。謙虚さって必ず持ってたほうがイイですよガチで。

履歴書に書いてある内容とかって、けっこう面接官ってそんなに見てないです。っていうかけっこう履歴書とかを何枚も見てると、面接官も人間ですから「まあどうでもいいや、面接の印象で決めるか」みたいなってきますし、これ実際ガチでこうです。

そう、私も面接官やってるとき、仕事なので、何人も何人も面接するわけですね。履歴書なんてだいたいだれでも無難なことしか書いてないので、読んでても何が違うのかとかわかりません。

そりゃ、履歴書はキチンと書いたほうがイイですけど、重視すべきは内容よりも、字をちゃんと書くとかわかりやすい言葉で書くとかそういう方向性です。立派なキャリアとか安間関係ないですね。

そんあことよりも履歴書は抑えるところだけ押さえて面接対策(模擬面接)とかに時間を割いたほうがイイですよ。

基本面接官は、職歴ってあんまり見てないです面接では話した感じで見ています

実際の面接で、面接官が見てるのは

「その人のキャラ」

「面接の質問に的確に答えられるか」

「落ち着いているか」

「人間的な柔らかさがあるか」

「こいつと一緒に働いてみたいか」

といった「人間的」なことばっかりです。スキルとかは履歴書見ればわかりますしね。スキルの面は実際仕事やらせてみないとわからないという点もあります。

スキルがあるとかいって、実際仕事やらせてみたら使い物にならないっていう人って、けっこういますしね。

コレ言っちゃうとおしまいですけど、面接してて、面接官が「こいつ楽しい奴だな」とか「こいつが職場にいたらいいな」とか思ったらそれで採用になりますからね。

平たく言うと「面接官に好感をもたれればそれでOK」です面接の本質はここです。 そういう本質がわかっていないと、情報として「3年以内の職歴があると履歴書が汚れる」というふうな情報を出すような事になってしまいます。 いやだから、ブラック企業だったら3年も勤めてたりしたら、逆に「バカな人間」ですからね。

仕事はたしかに我慢する部分も多いですけど、理不尽な労働環境とかは我慢したらただの「バカ」ですからね。 サービス残業とか平気で受け入れていますけど、これって「思考停止」ですから。一言で言うと「バカ」です。

そういう会社が、いざとなったらあなたを守ってくれるとはとても思えないですからね。 うつ病とかになったら、サクッと会社から捨てられて終わりですよ。そんなもんですし、実際私がそうでしたからね。

もう、「まともな労働ができる会社ではたらく、労働を搾取する会社からは逃げる」というスタンスでないと、ずっとサービス残業とか一生やらされて、時給換算800円くらいでバイト以下の正社員生活を送ることになります。

話がそれましたけど、ぶっちゃけ面接官は職歴なんか重視しません。よほど技能が必要な職業だったら職歴参考にしますけど参考程度です。 そういうことなので、3年以内で会社を辞めたら職歴に傷がつくとかいって、ブラックに3年もつとめたらバカになりますから、さっさと辞めて転職してください。

今時はブラック企業が完全に認知されてる時代なんで、ブラック企業をソッコーで辞める人なんていくらでもいます だから短い職歴とか多いのでほとんど目立たないです

昔は、それこそ新卒で入った会社に一生務めるのが当たり前と言うかカッコイイみたいに思われていましたけど、今ではブラック企業とかも社会的に認知されていますし、特に若い時代の転職とかはフツーにやってますからね。

そもそも、新卒カードつかって入った会社を3年以内に辞め人は3割以上ですからね3人に1人は辞めるし10年以内だったら半分の人が辞めます。

こういった時代背景もあるので、短い職歴が1~3個くらいあっても、まあ面接官は奇異にしないですね。そんなことを気にしてブラック企業を辞めれないとかだったら愚の骨頂です。

ブラック企業とかは「お前なんかこの会社やめてもほかに行くところはないぞ」とか言って引き止めますからね。ブラック企業の常套手段ですからね(;´Д`)

関連記事:ブラック企業はけっこう仕事辞めるとき強引に引き留めするときが多いです なぜなら奴隷を逃したくないからw

ブラック企業とかで仕事を辞めたいときに引き止め辞められない・辞めさせてくれないのはよくありがちです。奴隷を確保しておくためですけど、人手不足とか責任が無いとかいろんな手口で引き止めますけど、こんなのでズルズルとやってるとそれこそ転職しやすい年齢を過ぎてしまって、一生ブラック企業を渡り歩くという悲惨なことになってしまいますよ。

そんなことを気にするよりも、ブラック企業とかはサクッと脱出して、さっさとまともな会社に移ったほうが言いに決まてますからね。

結論言うと職歴が3年以内でも傷はつかないですよ ハロワとかブラック企業が多いので転職エージェントつかってサクッと転職しましょう


というわけで、結論言うと職歴が3年以内でも履歴書に傷はつきません。 それより転職活動を今始めないと、年齢がどんどん上がってしまうのでその分転職が不利になります。

転職というとハローワークとか転職サイトとかを使うイメージですけど、ハロワとか転職サイトをとかはブラック企業がてんこ盛りです。

そこで転職には「転職エージェント」の利用が必須です。プロのエージェントが面談をして希望の会社の求人をピックアップしてくれます。 エージェントが企業を審査しているので、ブラック企業は基本ありません。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

もちろん登録から利用までが無料になっています。これは求人を出している企業側が、エージェントに報酬を支払っているので求人するあなたは無料で利用できるのです。

転職エージェントに登録するメリットは履歴書の作成から面接のやり方などプロのエージェントがしっかりアドバイスしてくれます。

あなたと面談して、求めている求人を選ぶ手助けもしてくれるので、一人で手探りで転職活動をするより格段に効率が良くなります。

また、転職エージェントには会社の中の情報もあるので、事前にブラックな会社や残業の多い会社、離職が多い会社を教えてくれます。

一人で転職情報を調べていても、こういった会社内部情報はほとんど入ってこないので、その情報だけでも価値があります。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.パソナキャリア

3.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録はスマホでは下段の転職希望時期→希望勤務地と入力していき、パソコンでは公式ページのだいだい色のボタンの「簡単スピード無料登録」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけでスマホ・パソコンとも1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (←公式サイトに移動します)

 

 

 

リクルートエージェントが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)を選択しましょう。

パソナキャリアもJAC Recruitmentも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

パソナキャリアは幅広い求人が多くJAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多いのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

パソナキャリア (公式)

 

JAC Recruitment(公式)

 

職歴が短いとか言ってたら3年以上会社に勤めなきゃいけないことになりますからね。それってものすごく時間の無駄です。

入った会社がダメかどうかなんて1年以内にフツーはわかりますからね。というか半年でも十分なくらいです。これだけ情報量が多い時代に3年もかけて会社を判断するとかはいわゆる思考停止ですからね。

関連記事:3年は我慢しようは思考停止

「とりあえず3年」理論て辞めてほしいですよ。言ってる方は当人がどれだけつらい状況にあるかってわかってないですからね。そんなこととをまじめにブラック企業とかで実際にやったら余裕で過労死、うつ病、自殺、思考停止、完全社畜状態いjなってしまいますからね。さっさと我慢しないで辞めて環境のイイ職場に転職しないと年齢ばかり上がってしまいますよ。

思考停止になるまえに自分で行動して、転職を決めてください。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!