無職期間が長い時の就職活動 無職期間の言い訳と理由を作るポイント

縫いぐるみイエーイ

無職期間が長いと再就職のときに面接で突っ込まれるというパターンはよくあります。

「この期間なにやってたの?」

ってことです。ただ、こういう無職期間にずっと前向きに生きている人なんでそうはいません。ダラダラしたり、のんびりしてることも、そりゃあありますよね。

その方が人間らしくて個人的には大好きですけど、採用する企業としては前向きに頑張っている人大好きなわけです。

でもねえ、個人的にはブラック企業でこき使われているより、無職のほうが人生幸せなような気がしますよね。どうせブラック企業に使われて精神的に追い込まれて自殺とかしちゃうくらいですからね。

話がそれましたけど、言い方は悪いですけど、無職期間の理由をハッタリで作り上げることができる人のほうが、面接では有利です。図太い人ですよね。

ただ、無職期間が1年以上になってきたら、それなりに1年以上無職であった理由を決めておいた方が再就職は楽です。そのために自分なりに無職期間の理由を作っておくべきですね。実際は何もしていなかったとしても、それなりのものを作っておきましょう。

なんだか、そこまでして自分を偽って就職活動をするのもちょっとアレですけど、日本の会社ってのは建て前が大好きですしね。

そこは割り切って就活対策をしないと効率が悪すぎます。

ここでは無職期間が長いと不利になる理由と、その期間の理由の作り方をご紹介します

まず無職期間が長いと不利になるというのは日本では仕方がないです 素直に対応策を考えましょう

無職期間が長いとただ不利になるのが日本の特徴です。

たとえば2年くらい海外を放浪していたとか言ってもそれが、「すごいバイタリティだねー」とプラスの評価になると思いきや、日本の企業では「それって2年間働かずに遊んでたってこと?」となってしまいます。

これも個人的には海外放浪してるやつのほうが、かなり仕事でつかえそうな気がしますけどね・・・なんと日本的思考は悲しいものです。

とはいえ、そういうのが現状なんで、無職期間が1年を超えたらそれなりの理由をあてがったほうが無難です。

無職期間の理由は「就職活動をがんばっていたが決まらなかった」「勉強をしていた」とこの2つの理由で充分です。

ヘタに広げ過ぎると逆に墓穴を掘るので、就職活動をがんばっていたんだけどダメだったということと、勉強をしていてそのために就活でも会社を選んでしまって、なかなかきまらなかった・・・くらいの理由でいいでしょう。

そのための詳しいマインドはどうすればいいか見てみましょう。

無職期間の理由がしっかりある人のほうが少ないです ハッタリでもいいので自分のやったことを言いきりましょう

ぶっちゃけ言うと、無職期間でニートしてたとかブラブラしてた人のほうが多いです。もちろん就職活動をしていて面接で落ちて、しばらくゆっくりして、また就活して気づいたら1年くらいたったという人は本当にザラです。

そもそも、ずっと無職期間に努力しまくっている人なんてそうはいません。どんだけストイックなんだ?修行僧か?という人ばかりではありません。

無職期間のポリ夕のポイントは、とにかく

「就活は続けていた」

「自分の将来を考えていたので、なかなか会社が決まらなかった」

「転職を考えて勉強していた」

といったことをハッタリでもいいので言い切ります。こういうことを言いきると当然「どういう勉強してたの?」とか「どんな業界を受けていたの?」とかいう質問出てきます。

その場合にこたえられるように、業界の本を数冊読んでおいて、ある程度一つの業界のことを知っておくといいです。要はその

「就活で受けていた、受けようとしていた業界のに関する本」ですね。2~3冊くらい読めば十分その業界に精通することができます。

金融でも、自動車業界でも、飲食でも、アパレルでもなんでもいいんですよ。その業界のビジネス本を読んで、この業界を目指して勉強していた・・・みたいな答えで充分です。

色んなサイトで無職期間の理由つけをあれこれ考えていますが、結局「就職活動をしていた」「勉強をしていた」くらいに無職期間の理由を絞っておいた方が無難です。あれこれ考えるよりも、無職期間てこれくらいしかやることはありません。

現実は遊びほうけていたという人もいますが、面接でそんなことを言う人は誰もいないでしょうし、結局「就活をしていた」「勉強をしていた」の二本柱の理由を軸に、あとはそこに突っ込まれてもいいように、理論武装していけばいいでしょう。

「就活していた」→「どんな会社を受けたの?」→「こういった会社です。」と実際に受けてなくても、受けたかどうかなんでわからないですから、これこれこういう会社を受けました。でも落ちましたでいいです。

「勉強をしていた」→「どんな勉強をしていたの?」→「この業界の勉強をしていました。こういう点について興味があったのでそこについての勉強です。」・・・・こんな感じで本で読んだ知識を披露すればいいわけです。

無職期間の理由はこのくらいでいいです。それより、これからどういう仕事をしていきたいとかをしっかりアピールできれば面接は受かります。

普通の生活で自分アピールは他人からうざがられますが、面接という舞台だけではどれだか自分アピールできたかで勝負が決まります。

無職期間の理由をサラッといったたとで、自分の「この会社に是が非でも就職したい」という泥臭いアピールができる人が勝ちます。かっこいいアピールとかより、面接官は年輩のオジサンがおおいのでとにかく「泥臭い根性論」が大好きです。

それでも不安な時は転職エージェントで無職期間の理由付けのアドバイスをもらいましょう

ただ自分で無職期間の理由を考えるのはなかなかうまくいかない時があります。こういう不安があるときは転職エージェントを利用して、エージェントに面接のアドバイスをもらうの必須です。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!