新卒就活で内定ゼロで卒業した場合の行動方法 絶望とか人生終了とか言ってる前に就活すべき理由

内定ゼロを悩む就活生
大学卒業する前に就活で内定が取れずに人生終了とかって・・・・

そんな安直な考えって言うか情報とかうのみにしてたら、これから生きていくのに失敗なんて何回もあるのに、生きていけませんよ(;´Д`)

就活で失敗したくらいで・・・・いや、それで人生終了だったら、人生終了者でこの国あふれてますからね。幸いこの国は生きていて餓死することかめったに無いですし、全然余裕ですよ。

そりゃ40代とかで就職できないってなら人生がヤバいって感じもしますがまだ20代前半とかなんか普通に就活すれば就職なんていくらでもあります。

「でもさあ、大企業とかにはもう入れないじゃん」

いやいや、大企業って思ってるほどおいしくないですよ?大企業とかって、けっこうブラック企業が多いですし、たいてい日本の大企業とかって企業の成長過程で「衰退期」に入ってるケースがほとんどじゃないですか。高度経済成長期からバブルまでが「成長期」「安定期」できてますからね。そこから衰退してもう終わりみたいな大企業ばっかりですからね。

参照:企業の一生を表す成長曲線

成長曲線

画像出典元 プラスワーク 成長曲線・ライフサイクルとはなんでしょうか?

そもそも、新卒カード使った就活で失敗したんですから、その経験を生かせるから下手に新卒で会社入るよりも成功する可能性高いですよ。

人間、失敗してそれを糧にして生きていくしかない生き物ですから、新卒での就活の失敗は役に立ちます。

考えてみると新卒で入った会社だって最終的には5割くらいの人が辞めていきます。半分に人が辞めるわけです。これって新卒で入った

会社が耐えられなくて半分の人がやめるってことです。

それだけじゃないですよ。あと残っている半分の人だって

「辞めたいけど新卒で入った会社だからしからなく勤めている」

って人がけっこういます。それを考えると、実際新卒で入った会社が自分の納得するレベルの会社だっていう人は2~3割くらいじゃないですかね?現実はそんなもんです。

どうせ新卒で入った会社も3年以内で3割辞めるし、長期的には5割の人が辞めます 私も新卒で入った会社はブラック企業で辞めましたからね 人生そんなもんです

そうなんですよね。どうせ新卒カードで入った会社も3年以内には3割の人が辞めてしまいます。しかも長期的には5割のひとが新卒で入った会社を辞めてますからね。

私も新卒で入った地方銀行はあまりの仕事がブラックでパラハラ上司とかの圧力でうつ病になって辞めました。

新卒で地銀の内定をもらった時には、周りからうらやましがられましたし、両親や親族もよろこんだものです。「イイところに内定が決まったね」とか言われちゃいましたよwww

それが、実際働いてみたら、ノルマ地獄の営業で毎日パワハラ上司から罵声を浴びせられて、長時間労働でサービス残業当たり前です。だから給料もたいして良くなくて、そのあと転職した製造業と給料がたいして変わらなかったってオチがあります。ちなみに製造業はホワイト工場でメッチャ仕事がユルイ定時で帰れる職場でした。

関連記事:製造業のホワイト工場は美味しい仕事ですよ

製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

そう、新卒で割と評判のいい会社とかに入ってこれですからね。大学生の時にはイメージとかネームバリューとかでキメてしまていますからね。

最近のヤフーニュースとかでも銀行が合併、リストラで転職希望者がメチャメチャ出てるなんて記事もありましたから、結果として斜陽産業とうかもうネット銀行とかに仕事を奪われて必要のない仕事だったんですね。だから、一人頭の仕事量も多くて悲惨でした。

さて、ここでも何が言いたいかと言うと、世間的に「いい会社」とか言われて内定が決まるとうらやましがられる会社でも入ってみれば激務で悲惨、しかも給料もたいして良くないみたいな状況としては最悪でした。

それで、私は製造業に転職するわけですけど、その会社は全くネームバリューも無くて規模も中規模な会社って感じです。ただ、ある部品で特許を取っていましたし、ある程度ビジネスモデルが独特で一定の市場を独占していました。世間的には全くマイナーな分野だったので誰も知らないですけどね。

だから、仕事も残業とか少ないですし、緩い仕事で定時で買えるのが基本。有休も消化できるし給料もそこそこよかったです。地銀と変わらないくらいでした。

そう、新卒で入った会社ってホントイメージだけで選んでましたからね。結果的には失敗してよかったのかもしれません。

だから、別に新卒カードの就活で内定がゼロってのもその失敗を、次の就活でいかせばいいだけです。新卒でいわゆる「いい会社」に入っても

仕事時代はブラックなことが多いので、けっこ悲惨なことになってる人が多いですよ。

新卒で内定が取れないってのはよくある言ことですしどうせ入っても5割はやめるわけですしね。その失敗を生かして「まともな会社」にはいるのが得策でs。

逆に新卒で入る会社ってイメージとか規模とかネームバリューだけで選ぶんで失敗するんですよね 仕事がユルくてビジネスモデルが優れている会社って新卒の求人には逆に少ないです なぜならネームバリューが無いから人が集まらない

もう一度協調しますけど、新卒カードを使った会社選びって「ネームバリュー」「規模」「イメージ」だけで選んでることがホント多いですよね。

自分お好きなアイドルとかを選んでるみたいな感じもします。マッチすればそこの面接を受けて入社してしまう‥‥

実際、入っているとっメッチャブラックな激務だったってことがおおいですからね。日本ではインターンで仕事を体験するって制度もほとんどないですし仕事は入ってからのぶっつけ本番です。

どうして、大きな企業ばかりにこだわるのか?って思いますけどね。

金融、証券、飲食、介護、広告、販売、小売り・・・・・このあたりの業界はホント避けたほうがイイと思いますけどね。

個人的にには、個人でやってる会計事務所とかのほうが全然マシだと思っています。会計事務所ならどこに行っても役立つ実務が学べますしね。

それにくらべて銀行員とかってただ、金融商品を売ってるだけなのでまったくスキルとかも身につきません。

それより、工場で加工技術とか学んだほうがよっぽどスキルになりますしね。

入っちゃいけない業界とか、会社に入ってからえられるスキルとか、そもそも、サービス残業があるかどうかってのは徹底的に調べたほうがイイですよ。

それって、別に中小企業でもしっかり残業代が出る会社もおおいですし、規模が小さくても世の中に全く知られてない会社でも、それこそある分野で特許を持っていたりビジネスモデルが独自でしっかりした土台のある会社がいいわけです。

ちなみに、金融とかはAIの発達でこれから人間なんていらなくなってくる業界です。大手の証券とかもそうでしょうね。ホワイトカラー系の仕事って

これから減ってきますからね。いわゆる「大企業」って結構きつい状況になってますからね。

新卒の就活で内定が取れずに卒業したら、就活はすぐに始めるべきですが、そこでやっぱり新卒でやっていた

「イメージ」「規模」「ネームバリュー」

だけで仕事を選ぶってのはやめたほうがイイです。会社は「成長性」と「仕事内容」を重視すべきですからね。これから成長していく会社はまだ規模が小さい

ケースもあります。そりゃそうですよね、これから成長していくんですからね。

関連記事;会社は成長性と仕事内容を吟味して選ぼう

大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

また、できれば会社の取引先が「企業間」の会社を選びましょう。いわゆる「BtoB」の企業です。

取引する相手が個人の人間が相手の業界・・・・・飲食、販売、介護、金融、証券とかはノルマもあってそりゃキツイですしそりゃめんどくさいですからね。

個人を相手に仕事してるとそれだけストレスはたまるしクレームも当然あるし会社の人間関係だけじゃなく、顧客との人間関係もめんどくさいです。

それが、取引先が企業同士ならクレームも激減しますし、取引先同士でのストレスも激減します。このあたりを考えないで就職するとけっこう地獄を見ます。

よく大学生でアリがちなのは

「人と接するのが好きだから、販売業とかをやりたい」

とか、バカで能天気な考えで接客業とかを選ぶ人がいますけど、本当にこいつアホじゃねえのか?とか思いますね。

人と接するのが好きってのは、自分が好きな人と接するのがすきなだけで、キチガイなクレーマーとか、頭のおかしい客とかいっぱいいますからね?

そういうキチガイと接するのが好きな人っています?

もし、キチガイな客と接するのが好きなら、そうとうなドMだと思います。私は、仕事とはいえもうそういうキチガイと接するのはいやですからね。

やっちゃいけないのは、卒業してからバイトとかをやっちゃうとフリーターまっしぐらで人生詰みます 第二新卒の枠で就活したほうが新卒カードでの失敗を生かせるので結果良くなるような気がします

あと、新卒で内定が取れないで卒業するとやりがちなのが

「とりあえずバイトやっておくか」

みたいにフリーター的なことをやってしまうと、これアウトです。

これってちょっとバイトするつもりで普通に1~3年とかバイトやってるとそのうち20代も後半になって職歴なしになってしまいますからね。空白期間もできるしめんどくさいです。

20代なら就職はできますけど、なんでフリーターやってたの?とかを面接で説明しなきゃいけないのでめんどくさいわけです。

関連記事:職歴の空白期間がある場合の対応方法

第二新卒での転職でのマインドはそれほど難しく考えなくてもイイです。新卒の就活で失敗した部分を繰り返さないというくらいで充分です。空白期間の対策とブラック企業に捕まらないようにすれば第二新卒での就活はうまくいきます。うまく転職エージェントを利用して就活をするのがベターな選択になります。

それがめんどくさいですし、なにより第二新卒の枠って25~26歳くらいまでのことをいうので年齢が上がってしまうと第二新卒の枠を棒に振ってしまうことになります。

バイトってこの世で一番効率の悪い働き方ですからね。メチャクチャ安い時給で時間を売って働くって、ホント人生での時間を無駄にしています。

その時間があるなら、就職活動したほうがイイにきまってます。バイトは人生でやる必要がないなら一切やらないほうがいいわけです。時給制でしかも

900円とかの時給で働くって究極に効率が悪いですからね。

関連記事:正社員になりたくないっていうのはホント辞めたほうがイイですよマジで バイトって効率が最悪の働き方です

20代でフリーターとかニートでバイトや派遣をやってる・・・正社員になりたくないですか?30代40代になってそのまま派遣バイトだとどうなるかは薄々分かってるんじゃないですか?ちょっと現実を見てみましょう。それが解かるといかに派遣バイトが時間効率の悪い働き方ってのが解かります。なにより年齢が上がっていけ派遣バイトの仕事でさえ就けなくなってきますよ。

内定が取れずに卒業したら4月から就活してくださいね。というか、別に卒業前から就活してもいいわけですよ。ぶっちゃけ第二新卒で採用を募集してる会社って

「知名度が無いから新卒採用で人が集まらない でも事業が拡大するんで人員採用してる」

みたいな会社がけっこうありますし、こういう会社を狙って行くべきなんですね。

そこが分かっていれば、バイトとかをするってのがいかに時間効率が悪いってのが解かります。自分で自分の首を絞めていくだけなんですね。

就活するならブラック企業に捕まらないようにするのがとても大事です 落ち着いて就職活動をしていきましょう

就活するときには就職活動のツールで何と使うか?っていうと就活エージェント一択ですからね。やっぱり就活してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが就活エージェントなわけなんですよね。

就活エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、就活のプロであるエージェントが就職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

第二新卒の就活って難しいってイメージもありますし、やったことが無いわけですから何からやっていいのかもわかりにくいです。

しかし、就活は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通に取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですね。ブラック企業じゃない求人がある確認もできますし、なによりこれからやってく仕事を選ぶ上での判断材料にもなりますしね。

優良なの就活エージェントは下記のとおりです。就活エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.JAIC(ジェイック)

2.就職Shop

3.若者正社員チャレンジ

 

JAIC(ジェイック)の特徴は登録者の就職への希望を最大限に尊重した求人紹介が特徴です。

アドバイザーが第二新卒での就活について、あなたの立場に沿って転職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれて、優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して就職活動を行うことができるエージェントです。

JAIC(ジェイック)の登録は公式ページの無料登録フォームに名前、住所、アドレス、TEL番号が必須項目になってりるので入力して登録します。登録は1分ほどで完了します。

登録完了後にエージェントから確認のTELが入りますからTELは出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいですから大丈夫ですよ笑。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにも、アドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

(公式サイトに移動します)

 

 

JAIC(ジェイック)だけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合は「就職shop」や「若者正社員チャレンジ」を選択しましょう。

就職shopも若者正社員チャレンジも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともジェイックに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

就職Shop (公式サイト)

 

若者正社員チャレンジ事業  (公式サイト)

 

 

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!