28歳で職歴なしのニートフリーターが正社員になる方法 職歴が無い理由付け作っておこう

履歴書と万年筆

28歳で職歴なしのあなた。ニートやってるかフリーターでたまにバイトしてるかの状況か、よくあるのが音楽とかの夢を追っていて諦めた・・・・・

みたいなパターンがほとんどでしょう。とにかく28歳でまったく働いたことが無いかちょっとバイトをやったくらいの状況というわけです。

今から過去の職歴を作れるわけじゃないので、そこを悩んでもしょうがないわけです。

かといって28歳で職歴が無いから、バイトをするりかないなあと思うとさらに人生が傾いていくことになりますからね。結局

「20代のうちなら職歴とか無くても正社員にはなれるからなっておいたほうがイイ」

ってことにつきます。バイトのまま30代になってしまうと、一気に「未経験でOKな求人」が減ってくるくるからですね。

30代でも未経験でOKな求人が無いってことはないですけど、30歳の年齢をさかいにグッと数が減りますし、なによりそういう求人のブラック企業率が高まります。未経験でもOKってことはブラックな会社で大量に人が辞めるので、未経験でもOKにして大量に人を雇うってことですからね。よく求人誌とかに永遠に求人が掲載されている会社です。

毎日のように人が激務で人が辞めていくので、毎日補充しないと回らないってことですね。

そんな求人が30代では多くなってしまうので、是が非でも20代のうちに正社員になっておいたほうが「楽」です。29歳と30歳では求人の質が天地ほど違いますからね。

年齢制限てのはかなり怖いです。

悲しい現実ですけど、正社員の求人て若ければ若いほどたくさんあります。今更ですけど当たり前の事実なんですよね。そして20代っていうのは当たり前ですけど人生で一番正社員になることが「楽」な年齢です。40代とかで転職して正社員になるのはぶっちゃけキッツいですよ。40代とかだと今までそこそこの職歴があってスキルがある人でも転職とかは簡単ではないです。

逆に20代では、そこまで思い詰めるほど正社員への就活はむつかしくないです。現実に私の勤めていた会社20代なら中途採用で今までフリーターとかニートだった奴とか入って来ましたしね。製造業で工場でしたけで、そういうブルーワーカー的な仕事なら割と20代で職歴が無くても入るところはけっこうあります。

そりゃ、大企業とかでホワイトカーとかは難しいですよ。そんなの新卒カード使わなければ入れません。

しかし、そういった大企業のホワイトカラーの仕事って、長時間労働でサービス残業、パラハラ上司が多いって仕事が多いですよ。変にエリート意識が合って多少給料が良くても、サービス残業をかなりやるので、仕事を時給に治してみると、残業代がしっかりでる中小企業のほうがよっぽど時給がよかったります。

余談ですけど、仕事をい選ぶときには絶対に仕事を「時給換算」してくださいね。給料が良くても毎日深夜までサービス残業とかして、仕事を家に持って帰って休日も持ち帰り仕事をしているような仕事をしていれば、給料を時給に治してみると時給1000円くらいだったみたいな仕事って結構ありますからね。

そのあたりを考えないで安直に仕事を選ぶと悲惨なことになりますよ。だから仕事は仕事内容がユルくて定時で帰れて、残業代がしっかりとついて給料のベースがそこそこな

会社が最強です。そう製造業のホワイト工場とかがそれです。

関連記事:ホワイト工場の仕事は美味しいですよ

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

28歳まで職歴とかが無い場合はその理由付けのストーリー作っておく バイトしたことなくてもバイトしてたと書いておいたほうが無難

28歳で職歴が無くても、実際に就活するときにはその

「職歴が無い理由付けのストーリー」

は作っておいたほうがイイです。ストーリーは1つ作っておけば面接で使いまわすことができるので、一つは作っておきましょう。

そんなに難しくありません。具体的には例えば

 

「どうしても挑戦したい夢があって、夢に挑戦しない人生など考えられませんでした。

両親も人生のいい経験にjなるということで、夢に挑戦することを許してくれました。自分にできることをやりたくバイトをしながら音楽活動をしていました。

しかし、音楽で食って行くことはできずに諦めることにになりました。中途半端な状態でいけないと思い正社員への道を希望しています。

正社員になるなら中途半端な気持ちではいけないので、仕事をやるからには全力で臨裳むと思っています」

 

こういったベタな感じでもいいので、職歴がない場合の自分ストーリーは一つ作っていきましょう。バレバレのベタなストーリーでいいんですよ。

それに実際バイトとかやったことがなくても、そういうストーリーを作っておけばいいわけです。バイトの職歴なんて調べることできませんしね。適当にコンビニとか、レンタルショップのバイトとかやってたってことにしましょう。ホントにずっとバイトをやってたなら言えばいいだけですしね。

やっぱり「正社員にならなかった理由」ってのは必要です。それが本当でもウソでも必要なんですよ。

公務員試験を勉強していて諦めた・音楽の道を目指していた・俳優や芸人を目指していた・・・・

的な理由付けが必要ですね。これって別にフィクションでもいいです。バイトやってた理由とかを間違っても

「なんとなく正社員が嫌だったから」「ニートだったから」

とか本当のことを言っちゃダメですよ。面接って結局建て前を言う場所ですからね。キレイごとだけ言っておけばいいんです。実際ホントの事なんて

面接で言ってる人いませんよ。

だって、私なんて転職の面接でホントは働くのは大嫌いですし、金さえあれば働くわけねーだろとか思ってる人間です。それでも

「御社で働く際には、常に全力で仕事にまい進したいと思っています」

とか、1ミリも本心にないことを言ってましたからね。面接ってそういうもんです。自分に有利な発言をしっかりと準備して面接に臨む人が勝つわけですね。

平たく言うとどれだけきれいごとのハッタリを言えることができるかってのが面接のポイントです。ホント面接でははったりかませばいいんですよ。

そのハッタリいうためにはしっかりと今まで正社員にならなかった理由付けの自分ストーリーは作っておきましょうね。

 

関連記事:3年未満の職歴の場合の対処方法

短い職歴は履歴書に傷がつくは嘘 面接は受け答えと態度で決まる理由
よく3年未満の職歴は履歴書にキズが付くとか言われて転職に不利ということをよく聞きます。それはデマと言い切ってもイイです。今時3年未満で退職するケースなど多々ありますし、面接では実際の人物の受け答えで合否を決めています。あまり履歴書とかは重視されていません。

今時28歳で職歴が無い人なんてくさるほといるので、普通に対策をとって面接受ければ大丈夫ですよ 逆に実力主義の会社に入れるからけっこういいかもしれません

今時では28歳で職歴ない人とかけっこういますからね。ニートもそうですけど、普通にバイトだけで暮らしてるフリーターとかも私に知人ではいます。

それとか、新卒でブラック企業に入ってしまって、すぐに辞めてしまってそのあとはバイトで生活してるパターンとかの人とかってかなり多いですよ。

新卒で入った会社を一瞬で辞めてるので、ほとんど職歴とかないですしね。あ、ちなみにバイトでの仕事は会社がいう「職歴」には入らないですからね。

もちろん履歴書にはバイト歴を書いたほうがイイですけど、ニートでバイトとかしたことなくてもそこは、フェイクでもいいのでバイトれきは入れておきましょう。

わざわざ面接で

「私はニートで働いたことがありません」

とかいうバカなことはしないでくださいね。そんな人採用する会社なんてありませんから。そのあたりは上述したように自分ストーリーを作って今まで
職歴が無かった理由を作っておきましょう。

そう、別に職歴が無くても28歳なら普通に正社員に慣れますよ。これが34歳とかだとけっこうキッツいです。28歳と30歳ではかなり正社員への就活の

難易度が違ってくるので、できれば28歳29歳のうちに正社員になるつもりで行動してください。そうしないとあとで一生後悔することになりますからね。

あとですね、職歴とかが今までなかった人を採用する会社ってのは、けっこう「実力主義」の会社が多いです。

会社に入るとわかるんですけど、会社って仕事ができなくても上司に媚び売ってる人のほうが出世したりします。これは悲しい現実ですけどこういう会社のほうが多いわけです。

しかし、職歴とかがバイトだけしかないような人を採用する会社って、やっぱり社長が実力主義の経営方針の会社ってのが多いんですよね。だから学歴とかが高卒とかでも、仕事ができれば大卒社員よりも出世することができる会社です。そういう会社のほうがいいですよ。仕事も効率よくやるので、

無駄な残業をして、ずっと会社にいる人が評価されるような会社じゃしょうがないですからね。

仕事って、効率よくやって短時間で終わらすことができる人が本当に仕事ができる人です。無駄に長時間残業している人のほうがなぜか評価がたかい会社ってたくさんありますからね。

職歴とか学歴とかあんまり重視しない会社って、効率的に仕事をやる会社ってことが多いので、長期的に見ると成長していきます。そりゃそうですよね。

効率的に仕事をやってる人を優遇する会社と、だらだら残業して上司に媚びてる人を優遇する会社がどっちが会社が成長するかってのは一目瞭然ですしね。

昔みたいに経済が右肩上がりの時代だったら、そりゃだらだら残業しててもよかったですけど、今そんなことをやっている会社は長期的には傾いていくのは当然のことなんですね。

 

関連記事:効率のいい仕事を邪魔される会社もあります

ブラック企業勤めは社畜洗脳されてる理由 効率の良い仕事はかえって邪魔される
ブラック企業の会社ってかなりの確率で社畜洗脳された人ばかりになります。効率のいい仕事とかをしようとすると逆に妨害される始末。サービス残業で働かされて仕事を邪魔されるという悲惨な末路が待っています。社畜になると効率的な仕事が出いなくなるんですよね。怖いです。

28歳で職歴なしで正社員になるならブラック企業に捕まらないように落ち着いて就活するのが大事ですね

正社員になるために就活しようとか思っても、就職活動のツールで何と使うか?っていうと就活エージェント一択ですからね。やっぱり就活してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが就活エージェントなわけなんですよね。

就活エージェントでは、厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、就活のプロであるエージェントが職歴のない場合の就活に的確にアドバイスをしてくれます。

就活って難しいっていうイメージもありますし、正社員への就活が初めてだとまず何からやっていいのか、わからないってのもあります。

しかし、就活は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通に取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。上述の職歴が無い理由付けのストーリーの作り方もエージェントに相談してみましょう。

優良な求人を紹介してもらって、自分の目で見てみるのがいいですね。ブラック企業じゃない求人があるっていう確認にもなりますし、これからやっていく仕事を選ぶ判断材料にもなりますからね。

優良なの就活エージェントは下記のとおりです。就活エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.就職Shop

2.若者正社員チャレンジ

3.ハタラクティブ

 

就職Shopの特徴は登録者の就職への希望を最大限に尊重した求人紹介が特徴です。

アドバイザーが就活について、あなたの立場に沿って就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれて、優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して就職活動を行うことができるエージェントです。

就職Shop登録は公式ページのピンク色の「面談予約に進む」からエントリーフォームに希望、名前、住所、アドレス、TEL番号、面談場所、住んでる地域が必須項目になってりるので入力して登録します。登録は1分ほどで完了します。

登録完了後にエージェントから確認のTELが入りますからTELは出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいですから大丈夫ですよ笑。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにも、アドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

就職Shop (←公式サイトに移動します)

 

 

就職Shopだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない、住んでる地域が地方だ・・・と言った場合は「若者正社員チャレンジ」や「ハタラクティブ」を選択しましょう。

若者正社員チャレンジもハタラクティブも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともジェイックに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

若者正社員チャレンジ事業  (公式サイト)

 

ハタラクティブ  (公式サイト)