「正社員登用あり」の求人で契約社員から正社員になるのは無理な理由

契約社員のメリットって言うとどういうことがあるのかな?と思いますけど上げてみると

「手軽に職が見つかる」
「期間の定めがあるので、辞めるときスパッと辞めれる」
「半年、1年の期間限定で仕事がしたい時には重宝する」
「正社員のようにサービス残業をやらされることが無い」
「正社員より時間的な拘束が少ない」

というくらいですね。ただ、人生のスパンとしてみると最大のデメリットである

「簡単にクビにされる」

「ボーナスが無いなど給料が低い」

という致命的なデメリットもあります。

というわけで、もしあなたが、仕事を普通に探していて普通に就職していたいとおもうなら契約社員になる意味は全くありません。

契約社員とかのままだと年収で正社員と100~200万円くらいの差が出てきますし、なにより生涯年収にすると2億円くらいの差が出てきます。

私も別に「正社員至上主義」じゃあないですよ。契約社員とかでもイイと思いますけどね。でも、契約社員とかバイトとか派遣とかは、この世で最も効率の悪い働き方です。

上述のように「安い時給でこき使われて」「いつでも首にされる」っていう冷静に案が考えてみるとやりたい放題の条件を飲まされて働かされているんでね。

それに何より、契約社員とかでも正社員と同じレベルの仕事量と難易度の仕事をやらされることがほとんどです。私がいた工場とかでも正社員と契約社員、派遣社員、バイトと同じ仕事やってましたからね。それでも給料が違うってのはハッキリ言って「肩書」だけなんですよね。

だから正社員がイイってわけじゃあないですけど、リーマンとして働くなら正社員になる死なないってのが本音です。

どう考えても正社員のほうが雇用は安定していますし、給料も当然高いです。あと会社では正社員のほうが地位がたかいので契約社員は理不尽な待遇を受け継事が多いです。

たとえば仕事がろくにできない正社員でも待遇は正社員のほうが良いですし、正社員というだけで契約社員をあきらかに見下した態度を解く人間もいます。

会社で長く働きたいなら正社員一択です。そこは全然当たり前でしょう。

ただ、契約社員での働き方がマッチしているケースもあります。そこはうまく使い分けで人生の一定の時期をうまく使い分けていくのが大事なんですね。

ここでは契約社員で働くときの本当のメリットってつなぎで一時的にやる場合の仕事として活用する部分「だけ」なんですよね。

関連記事:30代までフリーターでいると人生が詰む

一人暮らしでフリーターだと貯金できないですしね。家賃とか生活費とかでいっぱいいっぱいですしね。手取り12~16万円くらいで、ボーナスもないし年収200万円とかじゃあ・・・しかも30代になると正社員にもなれなくなってきますし、年齢がいくとバイトとかでも雇ってくれなくなってくるので、年齢が行けば行くほどきつい人生になってきます。もうこれって議論の余地はないですよね。正社員になりましょうよ。

契約社員でのメリットはバイトと一緒で、仕事以外にやりたい夢を目指してるときの「生活するため」の手段の時だけ

契約社員のメリットは、「時間の融通が利く」「期間限定で働ける」というところにつきます。

逆に言うと、2年以上くらいその仕事を続けようと思っているなら正社員になったほうが良いです。これは間違いないです。

ただ、あなたがミュージシャンになるとか、作家になるとか、海外に転居したいとかそういう事情がある場合は契約社員になるメリットがあります。

契約社員はその名の通り「契約期間」があるというのが一番のメリットでありデメリットでもありますね。

メリットは契約期間が1年とかで1年後には海外に行く、本格的に夢の向かっての行動をしているというケースならかなりのメリットですよね。仕事を辞める時のわずらわしさもないですし、期間限定でお金を貯めることもできます。

自分のやりたいことをやる、いわゆる「夢」を追う場合でも生きていくためには、お金が必要です。

契約社員なら、それほと時間的に不必要に拘束されることも無くお金を稼ぐことができるので、自分の仕事以外でやりたいことが

決まっているならかなり美味しい雇用形態です。契約社員の雇用形態を利用して自分の人生の計画を立てていくのも大事になってきます。

契約社員になるなら、テンプスタッフ派遣が一番時給もイイですし、仕事の選択肢の幅も広いので最もおススメの契約社員の登録ツールです。

また働きたい派遣会社No.1!テンプスタッフ

ただ、もしあなたがこれといって普通に働いて、普通に家庭をもって・・・というケースであるなら契約社員のままでいるメリットは「一切」ありません。ホント「一切」ありません。

大事なことなので二度い言いました。それだけ普通に働いていくなら契約社員はキツイです。是が非でも契約社員になったほうがいいです。

これは契約社員になっている人なら痛いほど経験していることでしょう。

私の会社やほかの会社でも契約社員から正社員になった人を一度も見たことが無い 契約社員は基本使い捨てされるのは当たり前

私が以前いた会社(11年ほど勤めました)でも契約社員はたくさんいました。

もちろん契約社員でも3年以上契約社員は正社員になるみたいな規約みたいなのもありましたけど、見事に契約社員から正社員になった人は「一人もいません」でした。

11年いて一人も正社員になれませんでしたよ。ガチで。ちなみに一部上場企業です。

これがもっと中小企業だったらほとんど正社員になれる確率は無いです。ドラマみたいに話の分かる社長とかはいないですしね。

怖いですね現実ってね

もちろん契約社員の人でも正社員なんかよりも仕事ができる人はたくさんいました。でも正社員でいくら仕事ができなくてもボーナスはありますし、クビになることはありませんし、福利厚生もまったく違いますし契約社員って悲惨ですよ。

そして三年になる直前くらいに契約を継続しないで切るわけです。まあ会社の常套手段ですけどここまで露骨だとある意味すがすがしいです。

そりゃあそうですよね。契約社員で安い賃金でこき使って、そして正社員にする前に切ってしまえば会社的にはメリットばかりです。

人としてはどうなんだ?と思いますけど、経営的には当たり前のことをやっているわけです。法的に違反してるわけでも無いですしね。

現実こんなものです。もう一度言いますけど、契約社員から正社員になった人は11年間で一人見ませんでした。

この現状を見ていると、さっさと契約社員を辞めて就職活動をして正社員になったほうが良いですよ。もちろんブラック企業に掴まらないでが前提ですけどね。

関連記事:正社員でもブラック企業に捕まる度「使い捨ての奴隷」ですけどね

ブラック企業の社員は、使い捨てのコマ、使い捨ての奴隷です。使えなくなった(仕事が病気でできなくなったりしたら)ら捨てて、新しい奴隷を補充することで運営していく方法がブラック企業のやり方です。人海戦術ですね。使い捨てなので従業員がどうなろうと知ったことではありません。ただ、そういう会社はいつか破たんしますけどね。

特に夢とかが無い場合は正社員になりましょう 人生が後になればなるほど厳しくなってきます

決断力

先ほども言いましたけど、契約社員はあなたにこれからやりたいことや夢なんかがあって、それを実現させるために最低限のお金を得るための手段ならメリットがあります。期間決めて働けますし目標があるなら契約期間とい雇用形態を「手段」として利用するならメリットもあります。

しかし、普通に会社員として働いていくのが人生計画であるなら、契約社員でい続けるメリットは全くありません。正社員になったほうが間違いなく人生が上向きます。

別に正社員至上主義じゃないですよ。正社員になれば会社によってはサービス残業があったりブラック企業があったりと悲惨なことになるケースもそりゃああります。

ただ、ブラック企業なんてバイトでもブラックバイトがありますし契約社員でもブラックな会社に入れば同じです。できれはブラックじゃない会社の正社員になるというのが最強です。

そうだあと一点、仕事でやりたいことがあるというケースですね。サラリーマンの仕事でもやりたいことがあるならある程度その仕事が激務でもやっていけるでしょう。それでもあんまりブラック企業だとハッキリ言って精神的に参ってしまうほうが早いですよ。

人間てあなたが思っているほどストレスに強くないです。イヤなことを毎日イヤイヤやってしかも低賃金でやっていくのってとてつもないストレスがかかります。

サラリーマンで生きていくつもりなら期間社員は一刻も早く脱出して正社員になりましょう。これは早ければ早いほうが良いです。

年齢が行ってしまって30代とかになって契約社員のままだと、さらに正社員になれる可能性は下がってきます。

正社員になるには早いほうが良い理由はここですからね。

これって会社側の立場になるとわかるんですけど、私も面接官とかの係をやらされたことがありまけど、そんなに職歴とかは別に重視しないんですけど、さすがに20代のうちにっずっと契約社員やバイトとか派遣でやってきた人は採用することはほとんどありません。

なぜなら、正社員経験のある人がたくさん応募してくるからです。なにもリスクとをってずっとフリーター的なことをしてた人間を採用する会社って少ないでしょ。例外はブラック企業は人員がすぐ辞めて足りないので即採用されますけどね。そこでブラック企業に引っかからないようにしてくださいね

正社員になるといっても求人を探したり、自分に合った仕事とかはなかなか自分一人では判断心にくいです。

また就活が長くなると一人での就活はかなりのプレッシャーになってきます。

そいうときには転職エージェントに登録して正社員の求人を探してもらったり、するのがおススメです。

エージェントに転職について履歴書の書き方や面接対応の方法を相談できますし、なによりエージェントが求人を審査しているのでブラック企業に引っかかることがありません。ここがエージェントのお大きなメリットです。

転職エージェントを利用して期間社員から正社員になろう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.CONNECT(コネクト)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かリクルートエージェントを選択しましょう。

CONNECTもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!