アパレル業界がブラックすぎて辞めたい 自爆営業・給料激安の仕事はキツイ

アパレルショップ

アパレル業界はブラック業界とかいう情報はよく聞きますよね。けっこう華やかなに見える世界ってブラックが多いんですよね。

そう、華やかな業界は仕事内容を良く知らないで「あこがれ」で入ってくる人が多いんですよね。いわゆる「騙されてはいってきた奴隷ちゃん」たちです。

ショップ店員とかかわいい娘が多いですしね。きれいな服を着てなんか接客してますし、パッと見た感じでは全然ブラックがというイメージは沸きません。

でもまあ、服ってののは実際は原価も安くてブランドものなんかぼったくりの価格ですしね。原価500円の服を5000円~1万円とかで売ってるんですからそういった業界って働いている人間の労働力と給料もぼったくられているんじゃないでしょうかね?

結局、アパレル業界といっても普通の「営業」と変わらないわけです。服とか言っても売ってなんぼですからね。

最近ではもう、ファストファッションでGUとかユニクロとかでもそこそこのトレンドを抑えた服が簡単に手に入ります。オシャレがうまい人なら、わざわざ何万円も出して、服買うより低下買うな服でコーデができますからね。

何が言いたいかというと高いかね払って服を買う時代じゃあないってことです。こんないくらでも安価に服が買える時代に、あえてブランドものの服を買うってのは相当なこだわりがある人意外いませんからね。

だから服は全体的に売れないわけですよ実際はね。

ということは、アパレル業界のノルマもきつくなるし、人件費を抑えるので一人頭の仕事はどんどん増えていきます。

そうすると長時間労働は当たり前でサービス残業で理不尽な売り上げノルマで結局過労死、うつ病になっていきいます。まあ悲惨です。

 

関連記事:うつ病になったらさっさと会社を休職して休みましょう

仕事がてきなくて思考停止ならうつ病の危険アリ 急激に仕事の効率が落ちたらヤバいです
うつ病で仕事ができないくらいに、激務な職場、パラハラ上司、長時間労働で追い込まれれることがあります。うつ病になると思考回路が鈍って簡単な計算とか仕事の段取りもできなくなってきてミスを連発して仕事のスピードも目に見えて遅くなってきます。今までできていたことができなくなります。そういう自覚症状が出たら、うつ病はすでにかなりじゅうしょうになっています。

ノルマ・自爆購入・休日出勤・身体を壊して結局最後はポイ捨てされる業界がアパレル ああ怖い怖いです

アパレル業界ってのは、服をタダ売ってるだけじゃないんでよね。けっこう過酷なノルマがあります。

あんな若いお姉さんたちにもノルマがあるわけです。お兄さんもいますけどね。そりゃあ、ただ服を売るだけなら楽な仕事になってしまいます。そのノルマがまたきついんですよね。

上司から厳しいノルマを言い渡されて、店によってはノルマが達成できない場合は、いわゆる「自爆購入」をすることになります。

自爆購入ってのは、自分の店の服を給料からの差っ引きで買わされることですね。

ちなみに、アパレル業界の給料ってのは激安で手取り13万円とか言われています。

ホント嫌ですよ。接客業で変な客の相手して、ノルマもあって自爆営業までして給料が手取り13万円て・・・

どっか国の奴隷の強制労働ですかね?しかしすごい世の中ですよ。この給料じゃあ一人暮らしとかでは生きていけないんでしょうね。

そんなギリギリンの状況で仕事をしていて、しかも休日出勤もあるわけですよ。そうすると1ヶ月休みが無いとか普通にありますしね。

いや、いくらきれいな服着て華やかな業界つっても、そんな風に働いていて楽しいんですかね?

いや、実はけっこうアパレル業界に入ってくるひとは「あこがれ」だけで仕事の内容とか知らないで入ってくる人も多いです。

若いですからね。20歳前後の若者なんで、あこがれだけで仕事を選んでしまうパターンが多いです。

でもそれはアパレル業界にとっては「奴隷が入ってきたぜイエーイ」みたいな状況です。若い人材は知識も少ないですし奴隷としては使い奴いんですよね。

そもそも手取りが13万円とかでその異常性に気づくべきです。正社員になっても一人暮らしもまともにできないくらいの低賃金しかもらえない業界ってのはぶっちゃけ労働と給料がアンマッチすぎて、完全に従業員の労働力が搾取されている業界です

そういう業界って結構あるんですよね、介護とか飲食とか保育士とか、仕事は大変なのに極限まで給料が安いってことです。

 

関連記事:介護業界も超ブラックです

訪問介護のヘルパーを辞めたい 過酷な介護現場の現実と転職方法
訪問看護のヘルパーは介護の仕事でも一番ハードな仕事です。全部一人で高齢者に対応して、認知症の老人の暴言に耐えながらセクハラされ放題で汚物を処理する過酷な仕事です。それでも給料は安くて労働対価につり合いが取れてない仕事です。ヘルパーの仕事に限界を感じているなら労働環境を変えていく必要があります。

関連記事:飲食業界はもうブラック業界の代表です

飲食店の店長を辞めたい 超ブラックな業界の奴隷の代表である店長の実態と転職方法
ファミレスなどのチェーン店での飲食店で店長になったらほぼ人生詰みます。責任、長時間労働、バイト管理、仕入れ管理などで時間無視で働かされて、最後は精神を病んで辞めてしまうケースがほとんどです。奴隷としての駒としか扱われていないのが飲食店の店長です。病んで辞める前に労働環境を変える必要があるわけです。

アパレルダイエットとか言われてますよマジでこの業界の闇は深い

アパレルダイエット・・・・みたいな言葉があります。これって、アパレル業界の女の子は服を着るために無理にダイエットする

みたいな意味なんですけど、裏の意味もあって、アパレルの仕事がきつすぎて、体調が悪くなって痩せていくみたいな意味もあります。

個人的にですけど、女の子ってどうして「ただ痩せたい」んでしょうかね。食事を制限したりして痩せても、筋肉も何もないただの、みっともない、「ブヨブヨな体のガリガリ体型」になるだけです。

痩せるためにはワークアウト(筋トレ)をしながら、身体を作る食事をとっていくというのが健康的な痩せ方なんでけどね。

ホント女性の二の腕とか尻とかみるとブヨブヨですよ。まったく鍛えている様子はありません。筋力が無くてタダ痩せても

本当にみっともないですよね。20歳前後ならいいですけど25歳を超えるとただのブヨブヨガリガリボディの出来上がりです。

仕事ができる人は筋トレしている事実 出世する人は仕事効率を高めるため筋トレしてます
仕事ができる人って筋トレしてますからね。アメリカではワークアウト(筋トレ)は仕事の能率を上げるために必要なことと認識されています。ウォール街のビジネスマンは忙しい中でもジムに通ってますからね。それだけの時間を割いてでもワークアウトしたほうが体の調子がよくなるということなんです。

話が逸れましたけど、アパレル業界の仕事で精神的に肉体的に生きづまってたんだんとヤツレテ痩せていく人も多いんですよね。

それでもって、給料も安くて食費にお金をかけれれないので、ろくなものを食べれないので栄養状態も悪くなってしまいます。

しかも、残業で徹夜したり、休日出勤を出まくったりして過労も限界に達するんですよね。

そうすると精神的に病んできて「抗うつ剤」とかを持ち歩く女性も多くなります。というか普通に「うつ病」になってしまいます。

そうして、結局、心を体を病んでアパレル業界を辞める・・・ということになります。アパレル業界には健康的な人はいないとか言われてるらしいですよね。なんでそんな仕事やってるの?って思いますよまじめな話。ブラックすぎますよ。

そうなると、アパレル業界って大したスキルも身についていないので、体を壊して復帰が遅れてしかもスキルも何にもないという悲惨な状況になってくるんですよね。いやあ怖いですアパレル業界。絶対入りたくねえなマジで。

原価がが5分の1とかでショップでは5倍の値段で売られている いやあ服もぼったくり

だいたい服って原価って5分の1以下らしいですよ。ホントタダの布切れを加工して、ブランド付けて高く売ってるだけです。

最近はファストファッション的な低価格で品質もそこそこ高い服もありますけど、どう見てもかっこ悪いデザインなのに

変なブランドがついているのでTシャツが1万円とかするのもあります。そんなの買う人もいるからすごいですけどね。

まあ、何が良い対価と言うと服の値段なんてあって無いような者なんですよね。

そんなものに高い値段付けてノルマつけられて必死で売るのってなんかむなしいですよね。あなたが服が好きで死にそうです。

この業界の安い給料でノルマもあって休みも無くて奴隷として生きていくけど、それは服が好きだからみたい思ってるなら

いいですけどね。私はドMじゃないので、そういうの嫌ですけどね。なんか仕事に酔ってる人って結構いますよね。

仕事は楽で給料がイイのがイイに決まってます。仕事ですからね。

しかも、仕事で体を壊したりするのは論外です。そういう仕事が好きなら体を壊して仕事と共倒れしてください。

アパレル業界にいても未来はないので労働環境は早めに変えていってほうがイイですよね。

さてアパレル業界にいても未来はほとんどないので、労働環境を変えていったほうがイイですよ。

といっても私が言わなくてもアパレル業界にいてこの記事呼んでる人なら、すでに辞めたいと思ってるはずです。

その気持ちはいたって「普通」ですからね。「服が好き」くらいの気持ちで入ってしまったなら後悔していることでしょう。

今身体の調子とかが悪いなら、もう問答無用で違う業界に行ったほうがイイですよ。アパレル業界にいても、仕事が見た目華やかなだけで、内容って薄いですからね。スキルもたいしてつきませんしね。

もし、アパレル業界がもう嫌だったら普通に転職活動をしてみませんか?

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから

 

アパレル業界で働いているなら、ぶっちゃけ他の業界の仕事なんて楽勝です。

個人的には普通にブルーワークとかで工場の仕事とかも美味しいですよ。

工場の仕事ってなぜか女性は敬遠しますけど、定時で帰れるし有給休暇は消化できるし、正月、ゴールデンウィーク、お盆と10日前後の長期休暇もあります。それでもって女性の工場の仕事は軽作業が基本なので男性ほどハードでもありません。

関連記事:ホワイト工場の仕事は美味しいですよ

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

ハッキリ言うとアパレル業界以外で介護、飲食、保育士などの仕事を避ければある程度まともな会社に入ることができます。

それだけアパレルの仕事って自覚があるかないかは別にしてけっこう悲惨なっ状況ですよ。

正直「服が好きだから」とかいうきれいごとな理由だけでアパレル業界に入ると高確率で挫折します。そりゃ服が好きなのはイイですけど、実際の仕事は自分の好きでもないブランドの服を売り上げノルマがあるから無理やりにでも売っていかないといけないんですよね

もう一度言いますけど、今時はファストファッションでもそこそこトレンドを抑えて服が低価格で買えるので、わざわざブランド物の服を買う人はかなり減っていました。一言で言うと「時代が変わった」とお言うことです。

時代の流れから、アパレル業界は伸びていく業界とは言えない業界なんですね加奈しいですけどね。