マイホーム購入後に転勤辞令が出る事実 会社からの嫌がらせ行為です

黒板に書く人

大手企業で全国に支社があったり、総合商社や外資系企業、製造業でも海外支店は多々あります。そのためある程度規模の大きな会社に入ったら転勤するのは当たり前になってきます。

昔は、転勤して帰ってきたら昇進するみたいなことも多かったのですが、最近はガチで人手が足りないからそこに転勤させられる。海外に10年近く行ったっきりみたいな転勤も多いです。

転勤させられて「うれしい」という人はいないでしょう。転勤はいやなものです。できればしたくありません。

ただ、会社員で転勤を断るということはむつかしいですし、転勤を断れば法的には行ってはいけないことですが、たいていそれなりのペナルティ的なものがあります。その後の出世が無くなったり、評価が悪くなったりと・・・これはしょうがないですね。

会社側から見れば転勤を断った時点で、忠誠心が無いと思われるのは当然ですし、そんな人に好待遇を与える会社など存在しません。

そのため現実には転勤を断る人は、ほとんどいません。相当な事情(親の介護や会社の待遇などはどうでもいい人)が無い限り転勤辞令に従って転勤するでしょう。

結論言うと、住宅ローン組んでマイホーを購入すると年末調整とかでバレてその時点で、

「もうこいつは会社辞められないなwwwww」

とか、完全奴隷認定されるわけです。そりゃそうですよね。住宅ローンで3000万円で30年とかローンを組んだら会社なんて辞めれるわけがありませんからね。

そりゃ、会社だって誰も生きた良くないような転勤先にこういった住宅ローンを組んだ人間を最優先で異動させるわけです。ご愁傷様です。

マイホームを購入して住宅ローンを組んだ瞬間に転勤させられる これってけっこう実際に何人も見てきましたよマジで

 

これはこのサイトでもたびたび言ってますが、家庭をもって住宅ローンを組んだ瞬間に国内でもかなりの遠隔地や、海外転勤を言い渡される法則です。

これは経験がる人も多いんじゃないかと思います。会社の経理部で給料関係の税金を見ればすぐに住宅ローンを組んだかどうかわはかってしまいます。

住宅ローンを組めば、もうそう簡単に会社を辞めたりするリスクある行動を取れないというのは、当然会社の思惑にあります。

そうなると、普通の人なら断るような転勤先を打診してきます。たいてい海外の僻地や国外でも田舎の方の本社からかなり遠い部署です。

そこに行っても、仕事がめんどくさいだけで対して仕事のスキルや人間関係を構築するこをもできないメリットのない転勤先ばかりです。

住宅ローンを組んだほんとに半年以内にはだたいていそういう転勤の打診があります。ほとんどの人がそれに従いいます。無理もないですね。

住宅ローンを組んで新築の家を建てたわけですよ。家族で楽しく暮らすために。当然単身赴任で転勤しますから、新築の家にいきなり住むことができないわけです。

ローンだけ払って自分は一人暮らし。たいてい子供は小さいことがおおいですから、年に数回しかあえない父親の顔を見て「このおじさん誰?」みたいなリアクションを取られるわけです。ええ、ものすごく悲しいです。ここまでして生きていかなきゃいけないのか?とふとむなしくなる瞬間です。

会社のいいなりになって、給料をもらって住宅ローンを払うだけの生活が長期間続くことになります。

私の同僚でも住宅ローン組んだ瞬間に中国に転勤になったり、ベトナムとかに異動ん会ったりしましたね。

中国とかベトナムには悪いんですけどメチャクチャ誰も行きたがらない海外勤務です。アメリカとかイギリスとかはけっこうみんな行きたがりますけどね。あとインドもありました。中国とインド、東南アジアは誰も行きたくないみたいです。

といってもマイホーム購入して住宅ローン組んだ瞬間に行きたくない海外への異動ですからね。

中国に異動した同僚は、年間2~3回くらい帰国するんですけど、その時に話を聞くと

「新築で買った家の風呂とかに入ってない」

とか言ってました。いや・・・・これって住宅ローン組んで新築の家に住めないなんてどんだけ意味不明なんですかね?買った意味ねーじゃんとか突っ込みたかったけどあまりに気の毒だったのでやめておきました。

なんか人生の意味を考えますよねマジでこれって。

 

関連記事:住宅ローンがあるけど会社を辞めたい時の行動方法

住宅ローンがあるけど仕事辞めたい ローンを組むと海外異動や僻地に飛ばされる現実
会社って住宅ローンを組んだ瞬間に海外転勤とか左遷とかあります。住宅ローンを組んだらもう会社を辞められない奴隷になるわけですからね。そんな状態で3000万円とかローン組むって怖いですねえ。というか私は無理ですすいません。住宅ローン組む前に転職したい人は検討しておいたほうがイイですよ。ローンを組んでしまってから転職する場合は今の会社に勤めながら転職活動をしましょう。それがリスクを回避する唯一の方法ですよ。

ぶっちゃけて言うと転勤しないで本社勤務になっていたほうが出世するという法則です ただ転勤を断れば出世は終わります

綱渡りするスーツの男

昔は転勤して本社に復帰すると昇進したものですが、今はあまりそういう傾向も薄くなってきています。

転勤して本社から離れたり、人間関係の薄い僻地の支店に飛ばされたままだと結局、社内で力を持った上司との接点が無くなってきます。

結局、たまたま転勤を逃れて本社で勤めている期間が長い人のほうが出世しています。これは私が転職した先の会社で全部こういった傾向でした。本社で転勤しないのが出世するには最強です。

もちろん、転勤しても本社に戻ってくることができればいいのですが、そんな保障は全くありません。運悪く地方や海外をずっと何十年も転勤しっぱなしという人を何人も見てきました。そういう人はもう達観してあきらめていますけどね。

あまりそういう損得や出世や待遇を考えないように思考停止しています。ある意味「どうでもいいや」みたいな感じになっているような印象でした。

転勤てメリット一つもないんですよね。それで評価が上がるわけでもないし、せっかく気付いた人間関係がゼロになるわけですし。

最近ではそれに気づいた若者が、転勤を断るケースが多いそうです。それほど会社への忠誠心が薄い若い世代ならではの当然の行動と言えるでしょう。

そりゃ転勤とかの命令を忠実に従っていても出世できる保証がないなら、転勤なんてしないですよね。会社に居さえすれば普通に生活はできますし、定年までいれば住宅ローンは返済できるので、ただしがみつけばいいだけですからね。あんまり会社の言いなりになりすぎて、しかも会社からの見返りがないってのはあまりに悲惨です。

とくに仕事なんてギブ&テイクですからね。会社の嫌な仕事をするなんて、出世するとか給料が上がるとかそういう見返りが期待できるからこそ、みんなイヤイヤ仕事してるわけです。会社なんてもうテキトーにクビにならない程度に寄生するのが一番っていう時代になってきてますからね。

家庭があるなら単身赴任で子供に合えない 海外転勤なら年に数回しか会えない耐えられますか?

頭が痛いサラリーマン

先ほども話しましたが、転勤すればたいていの人は単身赴任になるでしょう。なかなか家を持ったりすると家を売って家族全員で移住っていうのをあまり見たことがありません。単身赴任すると海外勤務や国内でも遠隔地の場合、家族に会えるのは年に数回。それが5年から10年続くケースもあります。かんがえてみるとすごいことですよね。

実際うちの父親がそうでしたけど、子供のころの父親の顔をあまり覚えてません。会ったことが無いんですからね。

逆に祖母の顔のほうが鮮明に覚えているくらいです。私なんかは割と祖母が小さいころ相手をしてくれたので、それほど愛情に飢えているということはありませんが、場合によっては子供への愛情不足でひきこもりになったり、グレたりするケースもかなり多いと言われています。

先ほども言ったように会社の転勤辞令には逆らうことはまずできません。それが普通の感覚です。

ただ、転勤辞令が出る、転勤を打診されるということはある意味「転機」です。

自分はこの会社にこのままいてもいいのか?

転勤に従ったとして、家族のためになるのか?

そもそも転勤して人生後悔するんじゃないのか?

というこをと一度考えてみるのが大切です。

転勤辞令が出たら今後のの自分の会社でのあり方を確認しよう 転職はそれほど難しくありません

転勤辞令が出たら、一度自分の今後の会社での仕事の方向性を考えてみましょう。

転勤に従って自分が納得して仕事を続けていけるのか?いっそのことこれを機会に転職をしたほうが良いのではないのか?

今後の身の振り方を考えるいい機会です。

転職といってももちろんリスクはありますが、普通に行えば社会人としてのキャリアがあれば、自分の求めている待遇の会社に入るメリットもあります。

転職活動をするには、やみくもやればリスクも愛りますが、手順を踏んでおこなえばそれほど恐れることではありません。

「転勤が少ない会社」
「家族との時間が取れる労働時間の管理がしっかりしている会社」
「自分のスキルが生かせる会社」
「間違ってブラック企業を選ばないようにする配慮」

こういう基本的なことをこなしていけば、普通に転職するのはむつかしくありません。ただ転職活動を一人で行うのが

大変です。転職エージェントを利用して自分の要望を面談で伝えて、求人を集めていけば失敗する可能性もほとんど無くなります。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

 

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

 

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)

マイホーム購入後に転勤辞令が出るのは、ただの会社の嫌がらせみたいなもんです。

普通なら、新築の家を買ったら5年くらいは住まわせてやりたい・・・・って思うもんですけどね。会社の思考は逆です。

「もうこいつ会社辞めれないからいくらでもこき使っていこーぜイエイw」

っていうノリになります。いい感じで奴隷として利用されまくって、奴隷として頑張って生きてくわけです。

個人的には、住宅ローンなんて組まないほうがイイですよマジで。

定年まではマンションか住宅を賃貸で借りて、定年後に家を建てればいいわけです。現金でね。

住宅ローンて金利だけで1000万円いじょう取られますからね。その他保証料とか手数料で50マンとか軽くいきますしね。住宅ローンを組む人は自動的に、銀行の利益を爆上げしてくれます。住宅ローンがめっちゃおいしいんですよね銀行にとってはね。

住宅ローン組むとほんとマジで悲惨ですよ。住宅会社と銀行の口車に乗られて人生を奴隷で生きていくのを選択するかどうかはあなた次第ですからね。