仕事でミスが多くて辞めたい時の対策 うつ病の可能性も考えて労働環境を見直そう

うつむく男性
仕事ができないから、ミス連発するから仕事を辞めたい。こう思うのは当然です。ただ、仕事って簡単に辞めるわけにはいかないのが現実です。

ミスを減らそうとしてがんばってるんだけど、やっぱり駄目だった。上司からきつい言葉が出る

「もうお前辞めたら?」
「使えねえなあ」
「何回同じこと言わせるの?」

とか言われたりします。直接言われなくても陰で言われていてだんだんと自分の職場での立場も低くなってきます。

仕事が人生ですべてではないですが、今いる職場で仕事ができないと、精神的にもつらいですし今後このままその職場で仕事がやっていけるのか?という不安も大きくなってきます。

そういう仕事ができない場合はついつい落ち込んで自暴自棄になりそうですけど、いったん自分を見つめなおしてその職場で仕事ができるようになれるのか?そうでなければどうすべきか?を考えり必要があります。

ここでは仕事ができない時の行動方法についてご紹介します。

まず、落ち込むのではなく自分のキャパを見て対策をしてみよう

仕事ができないと、どうしても落ち込みます。これはしょうがないです。ただ、そのミスを連発するのが

自分が仕事ができないからか?もしくは改善していくことができるか?ということを判断するのが大事です。

まだ、入社して数か月なら仕事ができないのも当たり前ですし、半年から一年くらいは我慢してやってみる必要があります。

そのくらいやらないと判断できないですしね。ただよくある「3年は我慢しろ」というのは無駄です。そこまでやってみても改善できない人はできないです。

もともとミスをする原因が何かを確かめてそれを改善する必要があります。

ミスのおおい場合は具体的にはこうやって対応します

①ミスをしたときに対処解決方法を探す

②上司や仕事を教えてくれる人に「私はちょっと覚えるのが遅いので・・・」と言っておく。教えてもらったら丁寧に感謝する。

③やはり自分自信を責めることはやめる。仕事をゆっくりでもいいから覚えて役に立とうを言う意識で仕事をする。

こういう仕事の仕方をしながら、そのミスの原因が単にあなたの「物覚えが悪い」「要領が悪い」というならその部分を治していくか、メモを取るなどして仕事を丁寧に覚えていく姿勢が大事になってきます。そういう対策をして、半年から1年くらい仕事をやってもミスを連発
するようなら、その仕事は諦めるしかありません。

そういう場合はその仕事が合ってない可能性もあります。もしかしたら、あなたが悪いのではなく、会社の仕事が本当に向いていないとか、もしくは、上司からの圧力やパワハラで精神的にまいって仕事ができないというケースもあります。

それでも仕事ができない場合はその仕事が合ってない場合もあります

ある程度マジメにやるとう、自分の欠点を考えて仕事をやっていても、どうしても仕事ができない、ミスを連発してしまうという場合はあります。

そうなると、どうしても上司から怒鳴られたり、嫌がらせをされたりするケースも多くなります。

そうなってくると、仕事ができるお言う以前に理不尽なことを言われて精神的に参ってしまうということもあります。

精神的にまいってくると、仕事ができないうんぬんよりも体が動かなくなったり、必要以上に委縮してしまってもうその場にいられないという気持ちになってくるんですよね。

思うのですが、そこまでして無理に今の会社で働く必要な無いと思います。人間には向き不向きというのが本当にあります。

たとえば漫画家や芸術家はコミュニケーション能力が全然ないコミュ障な人でも、すばらしい作品を作ったりします。

極端な例ですが、そいいう漫画家や芸術家が普通に働いてもたぶん仕事できないでしょうしね。それは誰でもわかります。

一度向いている仕事に関してじっくりと検討してみましょう。新卒で入った会社って、ほとんど会社の具体的な仕事内容がわからずに入っている人がほとんどです。

あまりにその仕事に無理があるなら、環境を変えるも大事になってきます。

もし仕事が合ってない場合は環境を変えることで仕事ができるできないが大きく変わることも多いです

仕事でミスを連発するのが、あまりに自分に不向きな分野だと感じている場合は、転職をすることで環境が変わると仕事のやりやすさも180度変わることがあります。

実際私も、金融業から製造業に転職したクチですが、製造業になると落ち着いて仕事ができて、かなり余裕ができました。

正直言うと、「金融にいたらこの人無理だろうな・・・・」という人でも製造業ならそれほど直接顧客と絡むことは無いので、何とかなっている人がたくさんいます。

業種を変えることで、仕事内容はガラリと変わりますので、視野を広めて自分の適性を再確認する作業も大切なのではないでしょうか?

仕事でミスをすると重度のストレスがたまって、うつ病になることもあります。うつ病になるとさらにミスを連発しますし悪循環になっていくこともあります。

実際にうつ病患者が続出するようなブラック企業。長時間労働、パワハラ上司、嫌な人間関係がいパイのブラック企業。そういう会社で精神病といった病気になる前に転職すべきなんですよね。ずっとその会社に居たいならいいんですけど、精神を壊してまでそこにいる意味がないわけです。それをわかってほしいところなんですよね。

ただ、違う業種に転職するといっても一人で求人情報を集めたり、面接対策をしたりするのは大変です。そういう場合は転職エージェントを利用して求人情報を集めていくことがおススメです。

転職エージェントを利用して自分の適性に合った業種を検討しよう

考えるサラリーマン

転職エージェントでは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!