1日12時間労働がきついから辞めたいのは当たり前 サービス残業だったら即転職すべき理由

勝ち負け

1日に12時間労働っていうと、残業を3~5時間くらいですかね。いや・・・それってサラッと書くとただの数字ですけど、やったことがる人ならけっこうキツイです。

そもそも、まあ1日8時間とかでもきついですからね。私なんか軟弱なんで8時間でもきつかったですよ。でもまあ、そんな人間が実際4時間とか5時間の残業とかってやららせるんですよね。

ちょっと冷静に考えてみるとまあ、12時間とか働くってけっこう異常なことなんですよね。そこまで働いて20万円そこそこの手取りとかまあけっこうきついものがあります。

でも、世の中ってそのくらいの労働時間は

「当たり前」

とか思ってる人間か結構多いのが厄介です。特に経営者がそういう人間だと、まあ典型的な人材使い捨てのブラック企業になりますからね。そういうブラック企業的な場所にいると、さらに残業とかが慢性化して、毎日12時間労働とかやらされる容易になります。しかもそれがサービス残業とかだったら、悲惨の極致みたいな状況になりますからね。

1日12時間労働の世界はまあ、体験したことがある人は多いとは思いますが、それが単発でたまにあるとかなのと、毎日12時間労働もしくは、それ以上の労働を毎日やってるっていう世界とは全く違いますしね。

これ、私も経験しましたけど、なんというか当然ですけど、肉体的にも精神的にもボロボロになって、だんだんとうつ病状態というか、うつ病そのものになってきます。

金融時代に厳しい支店長とパラハラ上司のいる支店に異動してからこんな状態が2年以上続いたんですよね。もうそのころには今考えると精神的にまともじゃなかったです。完全にうつ病でしたし(実際うつ病で休職→退職しましたし)残業もサービス残業でまあホント、今考えるとなんでさっさと辞めたかったのか?って思うレベルですね。

当時は社畜洗脳されていたので、

「会社は我慢して死ぬまで働くものだ」

「会社を辞めることはかっこ悪い負け組だ」

「死ぬまで働くのはかっこいい」

的なまあ、典型的な昭和の社畜洗脳されいましたしね。それでも、自殺とかしなくてよかったですよ。けっこう追い詰められていましたからね。

何が言いたいかと言うと1日12時間労働とかを毎日とか続けて、それが半年とか異常になると人間は高確率で肉体的にか精神的にかはガタがくるってことが言いたいだけです。

関連記事:社畜洗脳とかは解いたほうがいいですよ

会社を辞めたら人生終わり、負けとか短絡的な情報がいっぱいすね。そんなので終わったらとても生きてけないでしょ。仕事なんて労働環境があまりい悪かった自分で変えていかないと状況はもっと悪化していきますからね。逃げるとか責任とかそういうきれいごと言ってる人はもうダメでしょうね。

1日12時間労働とかが週一くらいならそこまできつくないですけど、毎日だと大体2か月くらいで、うつ病になり精神が病んできます これ私の実体験ですけどね でもだいたい普通の
人間ならそれくらいじゃないでしょうか

1日12時間労働とかだと、だいたい、弱い人だと2か月くらいで精神的に病んできてうつ病になります。もちろん肉体的にも疲れがたまってけなりそこで弱気になって精神的に病んできます。普通にうつ病になりますしね。

まあ、たまーにこういいった残業とかが永遠に続いてもやっていける人がいますけど、そういう人ってけっこう定年したら60代とかで亡くなってしまう人が多いですしね。

そう、結局そういう残業があって、無理して毎日やってるのって寿命縮めてるんですね。ちょっと冷静に考えれば当たり前なんですけど、強いストレスががまって、玉の休みとか酒とか飲んで、残業とか毎日なんで運動とかもする暇も無くて、体も不健康になって寿命を縮めてるんですよね。

まあ、個人的にはこういった仕事だけの人生とかも否定はしませんけど、私は嫌ですからね。というか長生きと化したくないですけど仕事が原因で寿命とか縮めたくないですよマジで。

私の場合は1日12時間労働くらいで2年以上やっていました、しかもまあ仕事ではパワハラ上司とかに文句ばかり言われてホント今考えてみると、なんであんな労働環境で辞めたかったのか?

って逆に当時の自分を殴ってやりたい気分ですね。結局、うつ病なって休職してそのまま退職しました。救いだったのは転職して割と労働環境のいい製造メーカーに転職できたので、ほんと助かりましたよ。といってももう、そういったブラックな労働環境で働くくらいなら餓死したほうがいいなくらいに思ってましたからね。

1日12時間とか働くって、単発ならなんとかなりますけど、それが続いていくようなら高確率で精神を病みます。というかまあ大丈夫な人も結構いますけど、普通に繊細な人でマジメな人はかなり危ないです。

マジメな人ってそれこそ「社畜洗脳」にかかりやすくてまあ

「我慢するのは当たり前」

「仕事は身体を壊してでもやるものだ」

とか言い不明な洗脳をされてしまいますからね。社畜洗脳って会社にとってはホント都合のいい洗脳です。低賃金でいくらでも残業とかやってくる奴隷になるわけですからそりゃあ社畜洗脳された社員がいたほうがいいわけですしね。

1日12時間労働でもまあ、残業代がつくならやってもいいとは思いますけどね。そのかわり仕事だけの人生になりますから、それでもやっぱいやだわマジで。

これがサービス残業とかだったら、その会社に1ミリもいる意味が無いのでほんとそこからは脱出したほうがいいってことです。そうしないとほんとまじで人生が病んだ状態になってきますからね。

関連記事:サービス残業は当たり前はおかしい普通に違法行為

サービス残業が当たり前。そういう会社をブラック企業と言います。サービス残業は無くなることは無いですよ。サービス残業前提の経済が成り立っているからです。それがいやならサービス残業がない会社に転職するしか方法はありません。団塊の世代の価値観の支配されている会社に居続けるよりも、効率的に仕事をする会社に転職しましょう。

けっこう一日4~5時間残業するってまあきついですけど、もしそれがサービス残業とかだったら、その会社は即日でも辞めたほうがいいレベルです 残業代が出ないその残業量はあり得ないですからね

けっこう1日4~5時間残業するってのはやって人はわかりますけど、単発の1日でも相当キツいです。夜遅くなって全く疲れとか取れないですし、次の日の仕事の効率も落ちます。それが毎日続くようだったら、仕事の効率も落ちるし疲れも取れなくて、その疲れから精神的に病んできて

「もう仕事も嫌だし生きていたくない」

的な状態になります。まあ、それだけ残業とかやってて何ともない人は、ものすごく体力があるか、仕事しか楽しみが無いか、超絶楽天家な人とかですからね。

しかもそういった残業とかやっててそれがサービス残業だったらどうです?1日3~5時間も無給で働くことになるって・・・・それ、ものすごい地獄ですよね。そんな理不尽を受け入れてしまっている時点で、あなたの人生は良くなっていくことはまずないですからね。

そりゃそうですよ。時間を奪われれいる上にその時間が無給で働くのって、冷静に考えたらあり合えないことですからね。そこまでして働くなら私なら餓死したほうがマシだと思っています。

労働ってなんか、いいように「やる気」とか「我慢するのがカッコイイ」とか会社側に都合のいいようにマインドセットさせられていますけど、平たく言うと労働契約ですからね。

給料が出るのは当たり前ですし、残業代もつくのも当たり前です。そもそもサービス残業は違法行為。まあサービス残業とかを会社の文句を言っても変わらないでし、

そいういことを言ったところで逆に目をつけられて左遷とか降格と化させられるかもしれませんしね。

まあ、そんな会社どのみちいないほうがいいんですけど、そういうのは、サービス残業をやってるのを記録しておいて労働基準監督署に相談したほうが早いですしね。労基に相談すればサービス残業をしてる会社はすぐに勧告受けますし、会社内であれこれ言うよりも早いです。

でもまあ、そこまでしたらその会社にはいずらいですしね。というかそんな会社に居なくていいなら私ならさっさと転職します。そして、どうしてもその会社に居なければいけない状況で出世とかも見込めないなら労働基準監督署に相談しますね。

1日12時間も働いてその残業の部分がサービス残業なんてハッキリ言って鬼の所業といか、もうただの奴隷を働かせていると同レベルですからね。そいいうことをナアナアにしていると一生搾取れ続けて人生がどんどん悪くなっていきます。

関連記事:これくらいで働くとだいたいうつ病になります

長時間残業をしてストレスがたまっていくと、意外と簡単に「うつ病」になってしまいます。具体的にどのくらいでうつ病になったかを体験を踏まえてごしょうかいしています。あんまり思い出したくないことですが、これがあなたの役に立てば幸いです。

「残業をするのが当たり前」とかいう考えは、そもそも効率を考えた仕事をやってない、従業員は使い捨てみたいなスタンスの会社ですから今後のことは考えておいたほうがいいっですよ

よくあるのが

「仕事なんて残業するのは当たり前だよ」

とかいう、風潮もありますし、実際にこういうことを言う同僚とか上司とかいますよね。

これって根本的に間違ってるんですけど、仕事ってのは

「効率よく仕事をして定時で終わるのを目指すのが仕事」

です。まあ仕事ができる人は周りには言わないですけどこういう効率を重視していますし、頭のイイ人になればなるほど効率的に仕事をします。言い方を変えるとめんどくさがり屋なので、なるべく効率のいい方法をいつも考えているってことですね。

でもまあ、今の日本の会社、特にこうやって残業ありきの会社ってのは、

「仕事ができる人にはどんどの仕事を盛ってきて仕事が増えてしまう」

ってことが起きます。仕事ができる人が効率よく仕事をして定時で終わっても、それがわかるとさらに仕事量を増やしてくるってことですね。だから永遠に仕事量が増えていって減ることはまずありあません。

余談ですけど、こういのがわかってるので、わざと

「仕事ができないふり」

をして手抜きで仕事をダラダラやってる人ってけっこう多いですよ。仕事やればやるほど仕事増やされるので、そこはわかってるんじゃないですかね。だから仕事を無理にしないで適度にダラダラやってる人が多いです。

個人的にはこういうのはイイと思いますけど、結局、効率を求めないで仕事を展開してる会社、サービス残業前提で仕事をやってる会社とかは、仕事ができる人はなんだかんだで辞めていききますし、引きつかれたりしますからね。

そしてのこるはショボイ人材だけになるので、長期的にみるとそういった会社は成長しないどころかヘタすると傾いていきます。

「人材は使い捨て」

みたいなスタンスの会社はそりゃ1日12時間労働を永遠に続けますし、しかもサービス残業とかザラですしね。そんな会社はそりゃあ簡単にイメージできますけどいい人材は

辞めていきますし、そういったビジネスモデルももう限界にきているんじゃないですかね?飲食業界とか販売業界にこういった感じの人材使い捨て会社が多いですけど、だいたい経営が行き詰まってますしね。そりゃあ、仕事で効率を求めてないで、使い捨てとか言う会社なんてだれも入りたくないですし、外人のバイトとかでも嫌われるくらいですから

人が集まらなくなってきます。そして結局、経営が行き詰まるんじゃね?って思いますね。実際そうなってる会社けっこうありますよね。

1日12時間とか働くのを連続で屋される会社ってのは、まあ普通じゃないです。それがしかもサービス残業だったら、ただのブラック企業であなたは奴隷って位置づけですからね。

そのあたりに冷静に気づくことができれば、もうその後の行動はやるべきことはわかってくるんじゃないかとは思います。

関連記事:人材使い捨ての会社やマジでやばい

ブラック企業の社員は、使い捨てのコマ、使い捨ての奴隷です。使えなくなった(仕事が病気でできなくなったりしたら)ら捨てて、新しい奴隷を補充することで運営していく方法がブラック企業のやり方です。人海戦術ですね。使い捨てなので従業員がどうなろうと知ったことではありません。ただ、そういう会社はいつか破たんしますけどね。

転職活動をするにしても一人で求人を探すのはけっこうめんどくさいですし効率も悪いです。なによりブラック企業に捕まってしまうかもしれないので転職ツールは使ったほうがベターですしね

転職活動するにしても一人で求人を探してたりするのって結構きついですしめんどくさいですし効率悪いです笑。しかもブラック企業に捕まる可能性もあるんで転職ツールは使ったほうばベターです。

転職をする意志が少しでもあるなら、自分が転職をイメージしている業界の動向を一度転職エージェントに相談してみるのをおススメします。

無料で相談ができるので、気軽に自分が転職に向いているか、転職したい業界は今どういった状況なのか?給料はアップするのか?などをを聞いてみるのもイイですね。

転職活動はとにかく一人でやると時間がかかります。履歴書作成・面接の準備、企業の情報の収集など、これを一人でやるのは効率が悪すぎます。転職エージェントを利用すると、こういう時間のかかる作業を削減することができます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.CONNECT(コネクト)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かリクルートエージェントを選択しましょう。

CONNECTもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!