32歳の女性が今後を考えた転職成功のポイント 30代のキャリアプランを考えておこう

喜ぶスーツの女性

32歳の女性というと、仕事の上ではキャリアも上がってきて部下もできてくる年齢です。仕事の責任も出てきて仕事での充実と現実のギャップにも悩む時期です。

女性は結婚などもあります。晩婚化がするんで来ているので、30歳前後の結婚が一番多いケースです。そうなるとどうして仕事ばかりやっているというのもできなくなってくる年齢でもあります。

真剣に仕事のあり方と人生のバランス(仕事のキャリアと結婚のバランス)を考える時期なんですね。

このまま仕事を重視していくのか?それとも結婚を考えていくのか?または両方を元止めていくのか?方向性をある程度固めていかないとどれも不十分な結果になって、後になって後悔するケースも多々あります。

仕事に関しては今の会社でキャリアを積んでいくのか?それとも転職してさらなる可能性を求めていくのかの方向性を決めていくべきなんですね。

仕事と恋愛(結婚)のバランスもかなり重要な方向性です。なるべく自分に合ったバランスで進めていかないと

30代後半あたりで後悔が大きくなってくることが本当に多いです。

ここでは32歳の女性が今後のキャリアを考えていくうえでのポイントをご紹介します。

32歳は女性の岐路になる年齢 現状を考えて働き方を考えよう

32歳の女性は仕事の現実もしっかり見えてくる時期です。キャリアの限界もわかってくる時期ですね。

このまま仕事をやり続けてもどのくらいのキャリアまでこの会社では進めるか?というのが具体的にイメージできる年齢です。

あまりここで考えるすぎるのも良くないです。シンプルに「このままキャリアが同じでも得に不満はない、結婚もするかもしれないし」今の仕事を続けていくので充分だ。と思うなら無理に動くこともありませんしどちらかと言えば恋愛に力を使って行くのが良いでしょう。

恋愛ってかなりパワーを使います。仕事がハードでしかも仕事が中心の生活のままで、恋愛にパワーを注げるほどのバイタリティを持っている女性はなかなかいません。普通はどちらかがメインになってきます。

「このままこの仕事でのキャリアでは終わりたくない。もっと自分の可能性を仕事で試したい」と思うなら転職すべきです。

32歳というとある程度自由に職種を選べるギリギリの年齢になっています。実勢35際になるとかなり転職の自由度は減ってきます。

一番やばいのは「仕事も恋愛もテキトー」っていうのが一番やばいです。30歳くらいの女性はぶっちゃけ仕事と恋愛のバランスで悩むもんなんですよ。そうじゃない女性はあまり充実していない証拠です。悩みがあるってのは充実してないひとからするとうらやましいものなんですよ。

なので、仕事と恋愛(結婚)のバランスをどのくらいに配分するかを決め行くってのも、おろそかになりがちですけど人生においてはものすごく大切です。

これって、決めておいて決意して行動するとかなりの行動力を発揮することができます。仕事って人生でかなりの時間をさくものですよね。人によっては7~8割くらい仕事の人もいますしね。

この配分をどうするかによって、今後の恋愛(結婚)などにかける時間(配分)もきまってきます。もちろん人生なんて計画通りに行くわけじゃないです。

極論、会社が倒産するかもしれませんし、結婚したとしても数年で離婚することもあります。

ただ、仕事も恋愛も「やり切った」というまでやっておかないと、正直必ず後悔します。一番ダメなのは「テキトーに流す」のがやばいですね。自分の意志で動くのがあとあとの人生で大きな違いを持ってきます。

まず、32歳になったら、仕事のキャリアアップと恋愛との力加減を自分の考えに合わせて、パワーを入れる配分を決めていくことです。

そうしないと、どっちも中途半端になってしまいますよ。

キャリアをどうするか迷っている場合は基本は自分のやりたいことをやる

仕事の責任も増えてきて、このままこの会社でキャリアをアップするべきか。結婚も出産もしたいし今後の人生がどするのか迷っていて、どういう方向性のキャリアを進んでいくかが迷って決まらない場合がります。

そういう場合はこれもシンプルに「自分のやりたいこと」を貪欲に求めていくのがベターです。

32歳でキャリアを考えるといっても、現実はなかなか自分の思った通りにはいかいものです。とにかく人の眼を気にしたり、するのが一番いけないことで、「自分やりたいことを一ミリでもやっていく」というのが精神的にも一番健全です。

仕事をやりたいなら仕事を思い切りやる、恋愛をしたいなら思い切り恋愛をする。両方したいなら両方やってみる。

個人的には仕事なら仕事、恋愛なら恋愛をどちらかに絞ったほうが中途半端にならないのでいいと思うのですが、両方やりたいとういい意味で欲張りな感情を抑える必要はありません。そのかわりかなりのバイタリティーが必要になってきます。

32歳は先ほど言ってとおり、自由が利く転職のぎりぎりの年齢になってきます。やりたいと思った仕事があるならここでそういう仕事をやってみるというのも大きな決断の時期でもあります。

そういう意味でも自分のキャリアの方向性に迷っているなら「自分の好きなことを思い切りやってみる」というシンプルな思考でいいと思います。

あれこれ考えているとすぐに年月は過ぎてアラフォーになってしまいます。「好きなことをやってみる」という思考で

やってみるとかなり行動も楽になってきますよ。考えすぎも良くないです。一番いけないのは「やらずに公開すること」ですからね。

自己分析したうえでキャリアと生活のバランスを自分なりに配分しよう

やりたいことと言ってもやみくもに転職活動をしたり、やみくもに恋愛に走ったいするのもちょっとまた違います。

しっかりとした自己分析をするのも30歳の年齢ではかなり重要です。自分を知ることはいい意味でも悪い意味でもやっておくべきです。

自己分析をすることで、自分が仕事で今後どれくらい伸びていくのか?それとも会社を変えて法が良いのかこのまま残ったほうが良いのかを客観的に判断することができるようになります。

仕事に見切りをつけて、(仕事を辞めるという意味じゃないですよ)婚活するのもそれはそれでアリです。あなたの人生ですからどんなことをしてもいいのです。自分の思った通りにやったほうが 後悔は少ないです。

ただ、自己分析といっても自分で自分判断するのって難しいです。簡単にできるならだれも人生の選択でそんなに迷ったりあしません。

おススメなのは転職エージェントを利用して、キャリア判断のプロであるエージェントに自己分析を相談していみるといいでしょう。

エージェントに求人を紹介してもらにもどのいみち自己分析が必要になってきます。30歳という年齢のあなたが今どういう状況なのかを第三者からの客観的な眼で見てもらうのはとても大事なことです。

転職エージェントを利用してキャリアの方向性をかくにんしてみよう

奪取するサラリーマン

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。

その際、あなたの適性がどういったものかをしっかり見てくれて求人を選んでくれます。適性というのはとても重要なんですね。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

登録から利用までが無料になっています。これは求人を出している企業側が、エージェントに報酬を支払っているので求人するあなたは無料で利用できるのです。

転職エージェントに登録するメリットは履歴書の作成から面接のやり方などプロのエージェントがしっかりアドバイスしてくれます。

あなたと面談して、求めている求人を選ぶ手助けもしてくれるので、一人で手探りで転職活動をするより格段に効率が良くなります。

また、転職エージェントには会社の中の情報もあるので、事前にブラックな会社や残業の多い会社、離職が多い会社を教えてくれます。

一人で転職情報を調べていても、こういった会社内部情報はほとんど入ってこないので、その情報だけでも価値があります。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!