年収300万以下のアラサーは人生詰むし結婚もできない理由 給料の上げ方

スマホを見るおっさん

せっかく正社員として働いていて、仕事も激務なのに年収が300万円以下というあなた。 これって自分でどう思います?おかしいと思いませんか?あなたが20歳前後なら話も分かりますが、アラサーくらいの年齢でこの年収だったら危険な状況です。

これって、あなたのいる会社の業界自体が不景気だったり、会社自体の経営がおかしかったり、経営者がぼったくって給料を抑えている可能性があります。実際年収300万円以下って先進国である日本でこんな賃金あり得ないですよ。

年収300万円以下だと、独り身であったとしても、なかなかきつい状況です。生活できませんよ。これじゃあ結婚とか過程を持つとか無理ですし、なんか貯金とかもできないので、将来かなり悲惨なことになります。

う「人生計画を組むことができないレベルの年収が300万円以下ということなんですね。

これって正社員である意味がないくらいの年収です。現実的に早急に別の職業を探していく必要があります。 ぶっちゃけていうと、年収300万円以上の仕事はいくらでもあります。あなたはただ、「会社選びを間違っているだけ」という状況なんですよね。

まず、アラサーで年収300万円以下ってのはハッキリ言って異常です。これって工場系の派遣とかやれば年収300万円くらいいきますからね。正社員で年収う300万円以下ってことは手取りが10万円台でボーナスがほとんど出ないか1ヶ月とかそんな感じなんでしょう。

まず、アラサーだったら転職も普通にできますけど、これがアラフォーになると転職がけっこうきっつくなるのは簡単にイメージできますからね。アラサーといっても特に20代なら是が非でも今の安い給料の会社からは脚を洗ったほうがイイです。しかも今の給料で仕事がけっこう激務なんて会社だったらもう、考える余地もなく会社は移ったほうがイイですからね。

もう一度言いますけどアラサーで年収300万円以下とか異常です。正社員でその年収だとたぶん40代50代になってもまともに生活するのは無理で、結婚とかも厳しい状況です。仮に独りで生きていくとしても、生活は楽になないので、けっこうキッツい人生が待ってますよ。

関連記事:20代後半で手取り14万円とかでは人生やっていけない理由

20代後半の正社員で手取り14万円で年収300万いかないならすぐに転職活動をすべき理由
20代後半くらいで手取り14万円くらいしか給料が無い。年収もヘタすると300万円以下ない・・・と言った状況なら完全にブラック企業の利用されているだけなので、すぐにでも転職をしないとまずいです。30代になると未経験でも転職できる会社も無くなってきますし、なにより、そういった低賃金の会社は高確率で経営が傾きます。従業員を大事にしない会社は傾いていきいますからね。

年収が低い人はずっとそのまま低い年収のまま 仕事ができるとか能力があるとかは関係ない これって悲しい現実です

だって普通、会社に正社員で勤めていれば給料は上がっていきますし、ボーナスもあるはずです。それがアラサーくらいで年収300万以下ってことは、給料は上がって無いしボーナスもほとんどないくらいの計算ですよね。いくらなんでもその会社は「ちょっとおかしい」ということを感じ取ってください。

そうです。普通の会社が年収300万以下になることってほとんどありえません。かなり「特殊」な会社です。というか平たく言うと「どうしようもなくダメな会社」ということです。

あなたの仕事ができる能力とかスキルとか全く関係ない次元の話です。完全に「会社の選択ミス」というレベルです。 そんな低い給料しか出せない会社は、もう相当会社自体が終わっているか、人件費がかさんで高齢者が居座ってる会社とか経営者がぼったくりしている会社です。

もしそのまま勤めていると40代とかになったら転職もできなくなるので、いわゆる「人生が詰んだ」ことになります。 長く勤めれば勤めるほどほかに効い場所が無くなってきて、その悲惨な年収でずっとやっていかなければなりません。

そうまさに「抜け出せない地獄」という環境になってしまうんですね。 一刻も早くその会社から抜け出さないと一生年収300万以下と言ことになってしまいますよ。

私のいた会社とかは、給料は「普通くらい」でした。40代超えると年収は500万円はこえる(平社員で)ってくらいの会社です。

ただ、仕事が出なくてん何もしてない、ぶっちゃけ派遣社員やバイトとかよりも仕事できない正社員とかもいます。そういう人でも年収500万円以上はキープできるってことですね。仕事できない人がある意味「最強」な気がします。ろくに仕事しないですし、仕事できる人の正直20%くらいしか働いてないです。それでも年収500万円以上はきーぷできます。

何が言いたいかと言うと、ある程度給料がもらえる会社に入れば事ができない人間でもそこそこの年収をキープできてしまうよ。仕事ができ人でもショボイ低賃金の会社に入れば給料は頭打ちってことです。ショボイ会社だと課長クラスに出世しても年収500万円いかないってかいしゃもおおいですしね。

平社員で仕事できなくてテキトーにやってる人でも500万円の年収、仕事頑張って会社や上司にこびへつらって20年くらいかけてやっと課長になっても500万円の年収。どっちがイイかは人の判断によって違うと思いますけど、私は待って曇って仕事できないでテキトーにやって年収500万円のほうがいいですね。仕事はキチンとやりたいですけど、やっぱり努力の対価が低いってのは人生で大きく損をします。

努力するのはいいですけど、その方向性とか努力する場所、環境がしょぼいと成果が激減するってことですね。特に環境がそういって低賃金の場所だと、もちろん出世しても年収はロクに上がらないですね。同じ課長になるまで頑張っても年収500万円と年収1000万円とかのちがいがあるので単純に倍は違うってことですね。

アラサーくらいならまだ方向修正は可能なので、低賃金の環境からはいったん抜け出して、土台つくりをしたほうが無難です。

年収300万以下は普通に転職するのが必須の状況です 迷う意味が1ミリもないです キャリアとか関係ないですよ実際の転職は

年収300万以下の会社は、まずその会社の仕事がものすごくユルくて楽だったとしても、実際ガチで生活できていけないですし、結婚をしたい人ならもう完全にアウトな給料です。 転職しないでダラダラその会社に勤め続けていると、もう収入アップの道は完全に失われてしまいます。

なぜなら転職は若いければ若い方が有利だからです。30代後半くらいになると相当なキャリアを持ってい無いと現実は厳しい・・・

「転職なんてできっこない」

と思っているなら、求人を見てみましょう。年収300万円以下の仕事をやっていると本当に本当に人生がやばい状況になります。

まず、年収300万以下だとまともな貯金もできないレベルです。

何かのトラブルや自分が病気になったり、親が病気になったり自分が急にリストラされたときなど、貯金が無いと生活が破たんしてしまいます。

最低でも200~300万円の貯金が無いとそれなりの突発的なことがおこるとかなり厳しい状況になってきます。年齢が上がればそれだけリスクが上がっていくわけですね。

安定主義というわけでは決してありませんが、最低限の安定が生活に無いとどうしようもない危機がある場合があります。 その場合には最低限のお金は必要なんですね。

それに上述しましたけど、いくら頑張って出世してもたいして給料が上がらないですからね。40代とかになってしまうとそりゃあ転職もきついというか、無理ですしね。

そもそも40代以降って早期退職制度の対象になる年齢ですからね。管理職以外の40代って会社にとっては「いらないもの」なんですよ。でも正社員だからその会社に居られるってことなんですね。余談ですけど、だから正社員ってある意味美味しいですよ。派遣とかやってる人って本当にそのあたりの意味が分かってないわけです。このページ読んでるあなたはそのあたりには是が非でも気づいてほしいものです

給料の土台が低すぎる会社はさすがにヤバいです。これっていいようにこき使われて、会社に利用されてるだけってことですからね。そのために給料アップの転職をしておけば、無理なく貯金をすることができるんですよね。

 

関連記事:会社を変えて年収を上げる方法

年収を上げて手取りを増やすに方法 自分のスキルに合った成長中の会社に入べき理由
自分のスキルを活かせる仕事・・・それならば今よりも給料を上げることが可能な転職ができます。転職で給料を上げていくにはそういった即戦力が基本です。もちろん普通に転職するのもイイですが、給料を今よりも上げるという条件があるとすれば自分の今持っているスキルをどれだけアピールできるかがカギになってきます。

年収が少ないのはやばいと思いましょう

年収が300万円以下って、その会社に入った瞬間に「ヤバい」ってことに気づかないとそれこそヤバいですし、その会社から脱出を「今」しないとすぐに30代後半とかになってしまいますからね。

あっという間にい年齢を重ねてしまうので、気付いたら一生低賃金だった・・・・ってことになります。年収300万円いかってかいしゃはある意味、冗談みたいな会社なので以上だってことに早期で気づくことがめちゃくちゃだ大事ですよ。