プログラマーはきついし激務だけど就職した会社が良ければ稼げる理由

ムカつくゴミ上司

プログラマーというとひたすらプログラミングをしているかなり激務な仕事というイメージもあります。ブラック企業というイメージも濃いですよね。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」にあるようにで素マーチが続いて無茶な納期を押し付けられるというようなイメージです。こういったブラック企業のイメージを強烈に植え付けたのがプログラマーの仕事ですよね( ;´Д`)

ただ今では業界の動向も良くなり、人手不足からかなりプログラマーの待遇も改善してきました。特にスマホの普及とスマホゲームの普及でその業界のプログラマーはかなりの高収入を得ることが可能でもあります。

また、技能職のために転職しやすいというメリットがあり、より好待遇の会社にキャリアアップしていくことができる夢のある職業です。

プログラマーは現代版の「職人」という見方もできます。プログラミングの技術は今後ネットが進化していくに従い大きなニーズが膨れ上がる業界でもあるからです。

ただ、やはり癖のる仕事であり、プログラマーはかなり向き不向きがあります。あとまだブラック企業的な会社も残っており、そういう環境馴染んて行くために工夫する必要もあります。

やはりポイントはプログラマーが働く会社にはブラック企業ホワイト企業の差が大きいんですね。待遇の差がでかいです。いかにブラックな職場を避けて就職するかというのが大事になってきます。

 

関連記事:SEの仕事はキッツいですよマジで

新卒で入ったSEの仕事が向いていないから辞めたいという理由と転職のための行動方法
新卒で入ったSEの仕事をやってみたら、全然理解できない。会議で言ってることもわからない。プログラムを作っても人の3階時間がかかってエラーばっかり。こういった場合にはSE向いてないのかかもしれません。また先輩にはうつ病休んでいる人がいたたり長時間労働で精神的に病んでりいる人ばかり・・・SEの仕事に未来が見えない場合には労働環境を変えていく必要があります。

プログラマーは基本仕事は忙しい業界 ただ待遇には差があるのでしっかりとした会社に就活するのがカギです

指さす男

プログラマーはまさに技術の職業です。仕事も忙しいです。未経験でプログラマーになればバグをだすし、それが直らなくて

納品もできずに徹夜する・・みたいにあことはよく起こりがちです。ただそういう経験をこなしていくとよりレベルの高いスキルを得ることができますし、ちょっとやそっとのトラブルでは動じない技術も身についてきます。

本当にプログラミングの仕事は「職人」です。仕事を作り上げるといった側面が強いので、ネット社会ではなくなることがない職業でしょう。

その反面プログラマーはまだ待遇のイイところ悪いところの差が大きく、環境の悪い会社はそれこそ「デスマーチ」が続く割りには給料も悪いという会社が存在します。こういう会社にハマるとブラック企業のイメージが強いプログラミング業界の悪い面を見てしまうんですね。

ただ、先度も言いましたが、今ではスマホの普及でプログラマーのニーズも大幅に増えて、人手が足りない状態です。

そのためプログラマーの待遇は以前とは比べ物にならないくらいよくなってきました。普通のプログラマーでは最初は月収20万位から始まりますが、数年で年収に換算すると500万から1000万になるところが多いです。

ポイントは「お金周りのイイ業界」のプログラマーは特に優遇されつつあります。スマホゲームはそのもっともたる場所ですね。

プログラマーは未経験で就職する場合はとにかく実務経験が欲しいので、会社の選択の幅も大きくないですが、実績を積んでいけばウェブ業界大手のプログラマーとして転職が可能になってきます。

ウェブ大手の会社のプログラマーになれば年収1000万も見えてきます。収入がプログラマーのスキルと比例する数少ない

仕事なんですね。そのためにはプログラマーとしてのスキルを日々高めていく必要があります。努力次第でかなり有望な業界動向になってきているのがプログラマーの業界です。

プログラマーは入社してから、どんどん自分の実力でステップアップしていける職業でもあります。

ゲームプログラミングや統計チームや開発チームなど様々なチームがあるケースが多く。そのチームで頭角を現せばさらにレベルの高い仕事にステップアップしていくことができます。

まさに実力主義の世界です。なので、「俺はプログラマーになってバリバリやっていくぜ」という意気込みがある人にはかなり向いている業界と言えます。

逆にただ、のんびり仕事をしたい、安定した仕事をしたいという人にはあまり向いていません。そういう自分の仕事に対するモチベーションをしっかりと判断してプログラマーという職業につくかどうかを判断するのがいいでしょう。

プログラマーってこれからニーズが無くなることはないんですね。ネットは進化していきますし、市場はずっと拡大していくでしょうからね。だから激務に耐えられる人で、かつ、金回のイイ場所を敏感に察知して転職できる人が生き残りますからね。

WEBの世界って数年で様変わりしますからね。今スマホゲームがブームでも数年先に金回りのイイ業界ってのは変わってくるかの可能性高いですしね。そういった「儲かる業界」を見つけて転職していける行動力のあるプログラマーがお金を稼ぐことができるわけなんですよね。

 

関連記事:IT業界での転職の注意点

ブラックITを辞めたい人も多い現実 IT企業に未経験で転職方法 
IT企業に未経験で転職活動をするときは、ブラック企業に捕まらないように注意することが必要です。IT関連の仕事は会社によってブラックとホワイトの差が激しく間違ってブラック企業に入ってしまうと、ノルマとサービス残業で給料も安いとい悲惨な状況になります。そうならないようなIT業界への転職のコツをご紹介しています。

プログラマーでの就活はブラック企業を避けるのが本当にキモです そのためには徹底的に職場をリサーチしましょう

とにかく、プログラマーほ職場は、超が付くブラックか比較的普通の職場しかありません。ホワイト企業みたいに「楽なゆるい仕事」っていう職場はあまりないですね。

だから、いわゆる「普通の職場」を探していくしかありません。もちろんブラック企業が大好きというドMな人はブラックでもいいかもしれませんが、私は絶対に死んでも嫌なので、プログラマーの職場と言えど、ある程度自分のペースで仕事ができる場所がイイです。

そうじゃないと、仕事の質も下がって、結局長時間労働になるんですよね。これがわかってない会社が多すぎます。長時間労働をすればするだけ、自分の会社の仕事の質が下がっているということに気が付いていないんですよね。悲しい現実です。

プログラミングの会社はハードな職場ですが、普通の職場は探せば結構あります。そういう職場の求人は転職エージェント二しかないのが現状です。これも悲しいですけどね。

超ブラックな職場を避けてプログラマーとして就職するためには転職エージェントを利用したほうが無難です

 

笑顔の女性

未経験でのプログラマー募集の求人を探すには、普通の求人誌にはほとんど載っていません。転職エージェントは

いわゆる「非公開求人」がほとんどでそこに「未経験OK」の「プログラマー」の求人が多く存在します。

転職エージェントは「転職活動を効率化する」支援ツールです。

これのいいところは、

「アドバイザーと相談できる」

「紹介してもらう求人がしっかり審査されている」

ということです。

転職活動って実際に初めての人がほとんどです。転職を何回もする人もまだ少数派ですからね。

なにからやっていいのか、わからないのが本音ですよね。その場合、アドバイザー相談してアドバイスを受けることができます。転職のやり方から細かい困りごとまで相談することができます。

アドバイザーは転職のプロなので、その人に応じた的確なアドバイスをもらうことができます。転職に不安がある場合でもその不安を相談してみるのがおススメです。

また、転職エージェントでは紹介しれくれる求人はアドバイザーが審査していので、ブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークとか普通の求人誌だと求人掲載に審査が無いので、ブラック企業のオンパレードです。

これだけでも転職エージェントを利用する価値はあります。求人の質はブラック企業を避けるためには必須条件ですからね。

転職エージェントの登録・利用は無料なので安心して使うことができます。求人依頼の企業から紹介料をもらって運営しているので登録者にお金がかかることはありません。

今の会社を出たい、転職に迷っている…という場合は一度転職エージェントに相談して求人を紹介してもらうのをおススメします。

いかに世の中には「まともで従業員にやさしい会社がたくさんある」というのがわかるだけでも視野がグッと広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)

 

プログラマーって好きな人は、ずっとプログラミングをしていたいみたいなタイプの人もいます。私の知人なんかそのタイプですね。

しかし、その知人は仕事は長時間で、給料もそんなに良くない環境で私語をしているので、私だったらたぶんそういった仕事のやり方はしてないでしょうね。とにかく、長時間拘束されるのが大嫌いなんですよね。

でもプログラマーは長時間拘束が宿命みたいなもんですから、それはしょうがないことだと思います。問題は、上述しましたけど、長時間労働は仕方ないとしても、さらに給料が安かったりすると、人生自体が切羽詰まったものになってしまいますからね。

好きなことができれば、給料が安くてもいいみたいな、高校生みたいなキレイごとを言っているとずっと貧困の連鎖で人生がけっこう悲惨です。

プログラマーをずっと仕事として続けていくなら、お金が回っている業界、スマホゲームなりそれが終わったらまた、にぎわっている業界のプログラミングをやっていくように転職をしていくほか方法はありません。

だから、プログラマーはずっと同じ会社で仕事をするタイプの仕事ではないんですよね。仕事場をその時代に合わせて変えていくっていうタイプの仕事になります。

いくらプログラミング技術が優れていても、そういった儲かる業界をかぎ分ける能力が無いと、一生ただの長時間労働で低賃金で働くIT土方の一人の作業員で終わってしまういます。

自分がやっていく業界、会社をしっかりと厳選して労働環境を移っていくことができるプログラマーが人生をうまく乗り切っていくことができるわけですね。