コールセンターを辞めたい 精神的苦痛で行きたくないと思うほど仕事内容が劣悪な現状 転職すべき理由

コールセンター

高校時代の友人がコールセンターのバイトをやっていてそのまま正社員になっていました。もともと、しゃべるのが得意というか流ちょうにしゃべる人だったので、コールセンターが向いているのかな?と思ったくらいでした。その時はコールセンターの仕事っていうのがどういうものか知りませんでしたからね。

ただ、しばらくぶりで友人に会ったらコールセンターの仕事は辞めていて、地元の製造業に転職していました。今の仕事のほうが全く持って割りがイイと言っていました。

友人になんでコールセンターを辞めたのかと聞くと、3年ほどコールセンターの仕事を正社員でやってみて、仕事がきついしクレームが多いっていうのもあるけど

一番の理由は「自分の人生の将来を考えたらこの給料じゃ生きていけないと思った」と・・・・

なんともリアルと言うか重い回答をしてくれました。そうなんですよね、コールセンターの仕事って正社員で勤めていても将来、生きていけないほど低賃金で

このまま続けていても結婚とかできないですからね。正しい判断だと思います。

友人からコールセンターの仕事について聞いてみました。なかなかのブラックっぷりが出てきたので聞きごたえがありましたよ( ;´Д`)

コールセンターの仕事はストレスフルで将来性がほとんどない低賃金の仕事

コールセンターの仕事は少ない正社員とバイトと派遣社員で成り立っています。基本は電話でネット商品だったりリアルの商品だったりのお客さんからの質問とかに答える仕事です。ただ質問と言っても大半がクレームで、いきなり罵声を浴びたりクレーマーに対応する、マイナスオーラー前回の仕事なんですね。

そういったマイナスの感情をずっと受けていると、そうとう精神的に楽天的でタフな人でも、徐々に性格も暗くなってきますし、ストレスが溜まってきます。

それでいて給料は安く、企業からもコールセンターの社員やバイトはただの底辺の仕事を思われている節があります。

クレーム処理の仕事なので、ストレスは絶えず蓄積されていく バイトや派遣のバックレは日常茶飯事

コールセンターの仕事はクレーム処理です。企業の商品とかの操作方法とかを聞いてくる人もいますけど、まあ大半はカン違いとかこの商品壊れてんじゃねーか?

とか、普通にケンカ腰でくるお客さんもかなり多いですしね。コールセンターの仕事が慣れてくれば、こういったお客さんからの理不尽なクレームとか怒りの感情とか

罵声とかもだんだんと慣れて、どうでもよくなってきます。ただ、これが永遠に毎日続いていくわけですよ。仕事とはいえクレーム処理ばかりしている仕事ってどうよ?・・・・・とか普通の人ならちょっと悲しくなってくるレベルなんですよね。

真面目な性格の人だったらソッコーで精神を病んでしまいます。人間不信に陥るレベルですからね。楽天的で仕事と割り切ってクレーム処理をしている人でも、こういったストレスはだんだんと「蓄積」されてきます。仕事と割り切っていても人間それほど強くはないですからね。心の奥底にストレスとして蓄積されています。

というか仕事でもさすがにマイナスの要素ばかりのことをしてると、どんな人間でも病んできますよ。やっぱり仕事は、キレイ事ですけど「達成感」とか「仕事をやり切った満足感」とか「自分の仕事にある程度の誇りがある」っていう精神的な部分が少しは無いと続けていくのはむつかしいです。

コールセンターの仕事にはそういった精神的な満足感を得られる部分がほとんどないと言っても過言ではありません。

正社員になってもとにかく給料が安いので将来人生計画が立てられない

コールセンターの仕事は給料が安いです。これは企業から末端というか重要視されていないからですね。やってることはかなりむつかしくてストレスがたまる仕事ですけど、企業からは、お客さんからの愚痴を聞く仕事程度にしか扱われていません。まあこういった会社はだんだんと傾いていくと思いますからね。

正社員でも手取りが16万円だったり、それでいてボーナスは年間一か月くらいだったりして、年収300万円行かないケースも多いです。これがコールセンターの主任とかになっても主任手当てが月に5000円くらい上がって、やる仕事の責任と量が倍増するわけです。

そう、この当たりで「この仕事やってても将来が無いな」と私の友人も気が付いたみたいです。仕事量や仕事の難易度のわりにあまりに給料の安い仕事っていうのは、早めに見切りをつけないと人生がとんでもないことになりますからね。コールセンターの仕事をしていても自分の生活をするのがやっとです。とても家庭を持ったりするのは無理でしょう。

結婚相手が高給取りな人なら別ですけどね( ;´Д`)ただ、実際そんなことはめったにあり得ないので、人生計画っていうのはコールセンターの仕事では成り立ちません。

コールセンターの仕事では、バイトや派遣の時給も1000円をちょっと超えるくらいだったりします。派遣でもだいたい1200円よりちょっといいくらいですね。

バイトや派遣でコールセンターの仕事をやって、この時給ではちょっと割に合わないと辞めていく人が多いのが現状です。こういったストレスの高い仕事には給料を上げていったほうがイイと思うんですけどね。世の中上手くいかないものです。

また、コールセンターの仕事は出世とかしても給料はたいして上がらず責任と仕事量だけが増える典型的な仕事です。だから正社員でもテキトーに割り切って仕事をしている人もたくさんいます。

ただ、そのままずっと30代40代になってコールセンターの仕事のままだと、給料的にも人生的にも詰んでしまうのであまりおススメはできません。

バイトや派遣はいきなり仕事を切られるのは当たり前 仕事がきつくて給料も安いのに理不尽な労働環境

バイトや派遣の話ですけど、コールセンターの仕事っていきなり仕事を切られます。経費削減や、新しい人を入れてコールセンターの人員を循環させるという意味で人と入れ替えたり減らしたります。

普通に「来月から来なくていいよ」くらいの軽い感じで言われます。バイトとか派遣ですからね。簡単に切られるわけです。こういった状況をコールセンター正社員は見ているんですよね。こんなに仕事がきつくて給料も安くて、毎日お客さんから罵声浴びて仕事してるのに、あっさり仕事を切られるバイトや派遣社員。

これって、正社員でもいらなくなったらたぶん切られるだろうな・・・・と普通は思います。実際コールセンターの仕事は変わりが効くので(というか普通のサラリーマンの仕事は社員が辞めてもまったく会社には影響はない)切られることもありますしね。

こういった状況にビクつきながら低賃金でストレスフルな仕事をしていく・・・・ってちょっとさすがに考えられません。

こういう難易度が高いというかストレスのたまる仕事こそ実際はもっと、待遇を良くしていかないといけないんですけどね。結局、経営者だけがうまくいくような風になっているのが会社組織です。特にこういったお客さんからの声を直接聞く仕事っていうのは、なぜか一番大変ンな仕事でありながら、簡単に雇用を切られたりするんですね。

こういうことをしている会社は結局大きな成長は望めないと思います。

コールセンターの仕事は使い捨て奴隷の代表の仕事 もう限界で耐えられない場合は労働環境を見直す必要があります

コールセンターの仕事って結局、「使い捨ての奴隷」という一言で説明がつきます。こういった扱いを受けるような仕事をやっているっていうのがそもそも仕事の選択ミスなんですね。一時的に数か月バイトとかでやる分にはいいですけど、仮にバイトでも長期的にやるのって人生で大きな時間の損失をします。

コールセンターで仕事を続けるなら、まともな会社に正社員として入って働いたほうが172倍人生の効率は良くなってきます。

コールセンターの仕事で今限界にきているなら、労働環境を見直す必要があります。

コールセンターで電話でお役さん対応をして毎日クレームを受けているなら、たいていの接客業でのトークはそれほど苦になりません。といっても個人的には接客業ってストレスの多い仕事なんであまり好きではないのですが、接客業がイイと言う人なら、それほど苦も無く接客の仕事に転職できます。

せっかくの接客トークができるなら営業の仕事とかもアリです。ただ、営業もストレスの高い仕事なので、営業でやっていくぞ・・・と言う人なら大丈夫でしょう。

私的には、ある程度規模の大きい製造業のホワイト工場などがおススメの職場です。定時で帰れますし、休みも週2回ありますし、有給休暇もしっかりと消化できます。

肉体労働をするなら、大手企業の下請け当たりの製造業がおススメです。こういった製造業はたいていホワイトな工場が多く、ポイントは「部品の小さい製造業」というのがキーワードです。ついついホワイトカラーに目が行きがちなので製造業って穴場の工場が多いんですよね。残業もついて、休日もしっかりしているホワイト工場がおススメです。

あとは中小企業のメーカーなどもおススメの仕事です。その場合これから伸びていくであろう産業の企業を転職活動で調べて、メーカーを受けていくのがベターです。

どっちにしてもコールセンターで得たトークスキルは次の仕事に役立つので、自信を持っていいと思います。

コールセンターの仕事から転職するのが不安だ またブラックな仕事に捕まったらどうしようと不安な場合には

コールセンターの仕事から転職するのが不安だ。転職してもブラック企業にまた捕まってしまったらどうしよう。

そういった不安がある場合には一度優良な求人を実際に自分の眼で見てみるのがイイと思います。実際に優良な求人を見れば、世の中にはまともな会社があるという事が解かりますし、自分の進むべき分野と言うの解ってきますしね。視野が広がります。なにより転職への不安が和らいできます。

ただ、ハローワークとか巷にある求人誌とかを見てもブラック企業がたくさん掲載されています。ハロワとかでは掲載企業を審査していないんですね。そんためいくらでもブラック企業が掲載し放題なんですよね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また転職活動のプロであるエージェントが的確なアドバイスをしてくれます。

転職って、優良な求人を紹介してもらって、アドバイスを受けながら履歴書を作って、面接対策をやっていけばそれほど難しくはありません。

準備と対策をやると普通に内定を取ることができます。一度優良な求人を実際に見てみると自分が転職すべきかどうかの判断材料になるので、求人を紹介してもらってから転職するかと決めてもイイかと思いますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!