中途採用ですぐ辞めるのはしょうがない 転職失敗で1年以内の退職には理由がある

中途採用の履歴書

転職活動してめっちゃ苦労してある会社に中途採用された。マジでやったぜですからね。

・・・・・と思ってたらその中途採用された会社が超絶ブラック企業だったり、求人票とか面接とかで言われてた仕事内容と全く違うってのはよくあることなんですよね。中途採用あるあるです。

ぶっちゃけて言うとほんとよくあることですね。人生こんなもんです。今まで勤めてきた会社が嫌で辞めて転職活動頑張って中途採用された会社がまたクソみたいな会社だった・・・・・

これはもう一度言いますけどよくあります。あなただけではないですよ。どんなに転職前に内定を取った会社をリサーチしても実際の仕事内容まではなかなか解らないですし、仮に仕事内容がまともだったとしても、配属された部署にたまたまゴミみたいなパラハラ上司がいたりしたらそれで「ジ・エンド」ですからね。

特に上司がパラハラ野郎とかモラハラ野郎とかに当たってしまうのとかってそれは「運が悪い」だけですからね。仕事内容以上に人間関係が悪いとそりゃ中途採用されてもすぐに辞めたくなりますからね。

だから、中途採用で入った会社が自分のある程度納得できるものかどうかってのは「運」の要素も高いです。もちろん、入る前にリサーチはしておくべきですがそれだけではどうしようもない部分てのはあるもんなんですよね、

 

関連記事:人間関係の悪さは「運」の要素が多い

404 NOT FOUND | ブラック企業 を辞める・入らないサイト「ブラ脱」

まず前提として「すぐに辞めるのは根性がない」「責任感が無い」「3年は勤めたほうがイイ理論」ってのはゴミですから無視しましょう

あたなも転職活動をしてがんばってなんとか中途採用されたらその会社がショボかったってことですよね。よくある現実です。けっこう他の人もこういうケースはよくあるのでそこまで落胆する必要はないです。

それで、中途採用されてよくある話なんですけど

 

「すぐに辞めるのは根性がない」

「1年以内に辞めるなんて責任感が無いでしょ?」

「やっぱりなんでも3年くらいは勤めたほうがイイんじゃないのか?」

 

っていうお決まりと言うか、鉄板の引き止め工作がありますからね。特にブラック企業とかもこれ使いますからね。あと、友達とか両親とかに相談してもこういう回答が返ってくることが多いです。

こういうのって、会社辞めるのに責任感とか根性とか関係ないですからね。というか、もともと会社って働いてお金くれるから責任を持ってやるわけですし、そもそも責任なんて、課長職以上の経営層が持つべきものです。中途採用されてきたばかりの平社員が責任とか言われてもしょうがないですからね。

こういうことを言う会社に限って、サービス残業とかをやらせたり無茶なノルマとかで長時間労働させたりするわけですよ。だいたいサービス残業は違法なんでサービス残業やらせてる会社自体を信用とか責任感とか全くモテませんからね。

どうしてサービス残業とかをやらせる会社とかの仕事をクソ真面目にやるのかってのが、もうよくわかりません。残業代を出すならまだわかりますけどね。そんな会社に責任を感じて辞めるのを躊躇したりズルズル務めてると、どのみちストレスがたまりまくって、高確率でうつ病になったり過労で倒れたりしますからね。

まずは大前提として、「根性がない」「責任感が無い」「三年はつとめたほうがいい」とかいう鉄板の意味不明な理論は受け付けないほうがイイですよ。

 

関連記事:「とりあえず3年勤めよう」ってのは妄想です

転職して中途採用ですぐ辞める理由なんて「超絶ブラック企業だった」と「仕事内容が全く予想していたものと違った」のどちらかか同時にそれがあるかだけですからね

転職して中途採用をしてすぐ辞める理由なんてだいたい決まっています。

「転職した会社がブラック企業だった」

「転職した会社の仕事内容が自分が予想していたものと全く違っていた」

のどっちかですね。それか両方同時にある場合も多いです。

どっていにしてもせっかく転職してもこういう風になってしまう言ことはしょうがないことなんですよね。実際中途採用もそうですけど、会社って実際に入って働いてみないと解らないって部分が多いです。

会社全体が超絶ブラックな会社だったらまだ入社前に気づくこともありますけど、会社の中でも比較的仕事が楽な部署もあれば、めちゃくちゃ激務の会社もあるので、入った部署によって大きな落差がある場合位も多いです。

それに上述しましたけど、入った部署でたまたまパラハラ上司とかがいたら仕事を邪魔されてまともに仕事ができないことも「会社あるある」ですからね。パラハラ上司に当たったことがある人ならよーくわかるでしょう。上司から毎日イジメられてまともに仕事できないですからね。

でも逆に考えると、中途採用で入ったかい社が明らかにブラックな環境だったり、仕事内容がまったく予想していたもの違う・・・・・ってのはラッキーですよ。

中途半端に考えなくてもイイですからね。だってそんな会社辞めるしかないじゃないですか。

もっと悲惨なのは、最初は会社に入った時は割と居心地が良くて、1年くらい働いたらだんだんと仕事が激務になってきたりしてエンドレスで仕事量が増えていったりすると

きっついですからね。1年以上たってから会社辞める羽目になると中途半端な職歴がついちゃってダブルパンチで悲惨です。

転職して中途採用で入った会社が今すぐ辞めたいような会社だったら

「今すぐ辞める」

の選択肢しかないですからね。そこでダラダラ数年勤めて辞めると、年齢も上がってしまって転職がきつくなるのって転職活動をしたあなたなら知ってる情報ですよね?

28歳で務め初めて30歳で辞めて転職活動とかしたら・・・・・・そりゃ28歳で転職活動したほうが圧倒的に会社の選択肢も多いですし、何より楽です。

30歳、35歳を境にして求人の年齢制限がかかって、応募できる求人が圧倒的に減ってきますからね。

だからもう「すぐに辞めたい」って思うくらいの踏ん切りがつくくらいひどい会社なら、辞めるしかないですからね。不幸中の幸いですからね。実際にはね。

その粗利前向きに考えて行ったほうがイイですよ。だってどのみちその会社に長期で務める気なんてサラサラないでしょ?だったらあんまりそこを考えてもしょうがないので粛々と退職して転職活動をやったほうがイイと思いますけどね。

どのみち、このページ見てるあたなはもう中途採用で入った会社を辞める方向で言ったほうがイイです 残念ながら「転職に失敗」したわけですからその経験を生かして転職活動をするしか選択肢はありません

このページ見てるあなたは、どのみちもう中途採用で入った会社を辞める方向なんでしょう。

もともと長く務めてきた会社を辞めるっていうならある程度辞めることも悩むかもしれませんしね。その会社に愛着もあるかもしれません。

しかし、中途採用で入った会社がいきなりブラック企業だったり、自分が思っていた仕事と全く違っていたなんてことになったら会社に愛着とか全くないですし、

そもそもだまされた感でいっぱいで、フツーに辞めるに決まってるじゃないですか。いたって普通の人間の感情と行動です。

仕事って自分の生活を安定させるためのものなので、愛着とかなんかわけのわからない申し訳なさとか必要ないですからね。ちょっとでもそういった隙を見せるといいように仕事をどんどん盛られていいようにこき使われます。

余談ですけど、日本の会社って完全成果主義じゃないですよね。外資系企業は完全成果主義で成果を上げれば給料も跳ね上がります。フツーに年収2000~3000万円とか行きます。

ただ、外資系企業は結果を残せないとすぐにクビになるっていうハードな面もあるのでメリットデメリットの差が大きいですからね。仕事で結果を残せる自信がある人だったら間違いなく外資系企業のほうがいいわけです。

関連記事;外資系企業のメリットデメリット

話を戻すと日本の会社って成果主義も取り入れられていますけど、実際に働いた人ならわかる思いますけど現実は上司の査定「だけ」で成果が決まってしまいいます。

営業でトップクラスの成績を取ったとしても、上司に嫌われていたら査定は悪くなります。結果を出してもあまり意味がないのが日本の会社です。

それどころか、下手に仕事ができる人だと、「こいつは仕事ができるからもっと仕事量を増やしてやろう」とか思われて、エンドレスで仕事量が増えてきます。仕事ができない人の

2~3倍くらいの仕事をやらされまからね。かといって仕事ができるからといって出世できるわけじゃないですしね。全部上司の好き嫌いで査定が決まってしまうので、仕事ができなくても上司と飲んだりゴルフ行ったりしてる人のほうが出世するのはほぼ間違いないですからね。

これも余談ですけど、出世したいなら仕事頑張るよりも上司と仲良くして下さい。そうしないと一生出世できないですからね。

何が言いたいかと言うと、会社ってどんどん仕事をいいように盛ってくるので仕事をまじめにやってしまうとガンガン仕事量が増えてくるってことです。

仕事を不真面目にやれって言ってるんじゃないですよ。適度に加減してやったほうがイイってことです。ガンガン仕事やっても仕事量が増えるばっかりで悲惨なことになるだけなんですね。

だから、中途採用で入った会社で「今すぐ辞めたい」とか思ったら粛々と辞めて転職活動したほうがイイですよ。そういう会社に限っていいようにこき使われて結局捨てられるって

パターンになることが多いですからね実際。

関連記事;ブラック企業をバックレる方法

ブラック企業をバックレて辞める方法 強引な引き止めや脅して辞められない時の対処 
ブラック企業を退職したいけど、強引な引き止めや理不尽な仕事強要、辞めたら殺すぞ的な違法な教養とかするキチガイなブラック企業もあります。普通に退職するのがイイにきまってますが、それができない会社ならバックレるしかないということもあらいます。会社をバックレるときに知っておいたほうがイイことをご紹介しています。

転職するならブラック企業に捕まらないようにするのはとても大事です 焦らず転職活動をやっていきましょう

中途採用した会社を辞めたいというなら転職活動をするわけですけど、転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職サイト一択ですからね。やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職サイトなわけなんですよね。

転職サイトでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しいってイメージもありますし、実際転職活動をしてきたあなたならそのあた理は実感しているでしょう。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのが良いです。ブラック企業じゃない求人がある確認にもなりいますし、これからやっていく仕事を選ぶ判断材料にもなりますからね。