ブラック仕事のグラフィックデザイナーがきついから辞めたい時の行動方法 

グラフィックデザインの仕事というと、広告制作会社で自分のデザイン力を生かした最先端の仕事みたいなイメージです。

女性が多く、美大やデザインの専門学校を経てこの業界にはいる人が最も多いパターンです。

ただ、その実態は、グラフィックデザイナーのほとんどが下請けで、優秀なデザイン力をもっていても安月給で激務というのが業界のスタンダードです。

ボーナスも無いですし、残業代も出ないという悲惨な労働条件でショボイクライアントに当たを下げて仕事をするといった、労力のわりにあまりに条件が悪すぎて離職率も高い業界です。

普通に割り切って賃金を考えたら時給に換算するとバイトしていたほうがよっぽどいい計算の給料になってしまいます。

もしろん多少待遇のいいデザイン会社もありりますが、それほど状況は変わらないのが実情です。

せっかく美大や専門学校を出てこれかよ・・・もう限界で辞めたいという人はかなり多いです。今すぐ会社をやめる必要が無くてもこの業界で30代40代になって体力的にもやっていけるかどうかというのも不安です。

ここではグラフィックデザイン業界を辞めて別の業界に行く場合や独立のするケースの行動をご紹介します。

グラフィックデザイナーの仕事を続けるなら激務に耐えるか独立してデザインのスキルを活かすか別の業界に転職するかのの三択です

グラフィックデザインの仕事を続けるなら、このまま激務に耐えるか、独立するかの異業種に転職するかの三択です。

デザインのことが本当に好きで、この仕事で激務で給料も安いけどやっていくんだーというひとはこのままこの業界にいてください。好きなことなら耐えられるという精神に人は本当に尊敬します。私はとても無理ですけどね。

それか独立して自分のグラフィックデザインの力を生かすのも選択肢の一つです。いまではネット環境が整っているので、

情報発信のツールはなんでもあります。ツイッター、ユーチューブ、サイト作成などデザインを生かして発信してそれをお金に変えることはそれほど難しくありません。

デザインといってもそこには「ストーリーを作る力」や「情報を発信する力」も必要になってきます。

アフィリエイトサイトなどでデザイン力を駆使すればかなりの集客につながります。

だた、こういった独立してネット事業に乗り出したりするのは、最初は無収入からの出発なので、最初は副業あたりから始めるのも手です。

ただ、デザイン力を生かしてその事業がうまくいくとかなりの収益を生み出します。会社に雇われているときとはたぶん桁がちがう収入を得られるでしょう。

もう一つは、異業種に転職する方法です。これが何気に一番硬いです。そのためにはしっかりした転職計画を立てて転職エージェントを利用して求人情報を得ていくことで、休日も多く、そこそこの給料をもらえる会社に入ることができます。

一見地味な選択ですが、人生の長いスパンでみると、こういう「生活の自由な時間を確保しある程度の収入を得る」というのはものすごく大切ことです。それをしないと一生激務薄給でいいようにこき使われる人生を送ることになります。

グラフィックデザイナーで給料が安くて激務でも自分の「やりがい」みたいなものがあればまだいいんですけどね

こういったグラフィックデザイナー満たない世界って、そもそも給料とか高くなくても自分の夢とかやりたいことがやれるからイイや・・・みたいいな感じで仕事を選ぶ人も多いです。

でも実際、仕事って激務でこき使われるうえに給料が安いっていうのは、想像以上に過酷でいくら好きなことでも、それだと人生自体が楽しくなくなってしまうケースも多々あります。

やりたい仕事だったとしても、給料が安くて激務ならその「仕事だけ」しかできなくなります。そうするとそれ以外の人脈、恋愛などの要素が人生から抜けてしまうので、結局「つまらない人生」になってしまいます。そうなってくるとグラフィックデザインが好きでも、だんだんと辞めたくなってくるパターンが多いですよね。

人間てずっと労働環境が悪い状態だといくら好きな仕事でも耐えられなくなってくるんですよ。そういう知人をたくさん見てきたのでほぼ間違いないです。

人生の選択でグラフィックデザイン以外の道にいくならまず条件を書き出しておこう

グラフィックデザイン業界以外の異業種に転職する場合でも「ただ今よりいいところに行きたい」という漠然な希望ではうまくいきません。

「きちんと残業代が出る」
「ボーナスがある」
「土日が休みである」
「定時で帰れるのが基本」
「人間関係が程よい」
「今後伸びていく業界である」
「結婚しても続けられる」
「福利厚生がしっかりしている」

こう挙げると当たり前のことなですけどね・・・でもこういう基本的なことができていない会社って多いです。グラフィックデザイン業界を経験してるならそのあたりは身に染みているでしょう。

この中でも特に譲れないことを選んで、じぶんなりに書き出しておくのがいいでしょう。そうすることで、次に転職する業界や職種が自ずと選択することができます。

自分のやりりたいことを優先すればこういった基本的なことは失われがちですし、かといってまったくやりたくない仕事というのも
きついです。うまくバランスをとって転職する業界を選ぶのがポイントです。

激務を避けて長期で働きたいなら「事務」「経理」「総務」」などが鉄板です

激務を避けて長期で働くならやはり「事務」「経理」などの職種が鉄板です。「総務」や「ルート営業」などもおススメです。

「事務・経理・総務」などは給料は高くありませんし地味な仕事ですが、ある程度普通以上の業績に会社に入れば給料は上がっていきますし、それほど残業もありません。

なにより、顧客相手の仕事ではないので自分のペースで仕事ができるというのが最も大きいです。顧客を直接相手にすると単純にその対応やクレーム処理などで労働時間が大幅に増えます。よほど器用な人でもどうしても残業が多い職種になってしまいます。

私も営業から総務への転職ですが、時間的拘束と対人ストレスが激減しました。給料は若干下がりましたが、

ボーナスもありますし、かねがね平均位の給料ですね。自給に換算すると大幅アップというところです。

結局サービス残業なんかがあると、時給に換算するとバイトより安かった・・・・時給800円くらいだったという倍も少なくありません。

一見給料が下がったように見えても、その分拘束時間が激減するので生活も楽になりますし、なにより「人間らしく生きる」ことができています。仕事だけしているっていうのはさすがに耐えられません。人間ですからね。

こういう事務は経理の仕事は実務経験を求められる子尾も多いです。例えばまず簿記2級をとっておいて、派遣でもなんでも経理の仕事について数年働き実務経験をつけます。派遣の仕事でも実務経験にはカウントられます。

そのあと、実積む経験者募集の正社員の求人に応募するという計画も一見遠回りのようですが実はその方が早いです。

自分で具体的なビジョンを立てて転職活動をしていくのがポイントです。

ただ、そうはいっても自分でそういうビジョンを持つのはむつかしいもの。そういう場合は転職エージェントを利用して

エージェントに転職のアドバイスをもらうことがおススメです。

自分に合った職種を探すために転職エージェントで相談しよう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、より具体的な転職のアドバイスをしてくれます。

ブラックな職場やブラックな人間関係にハマってしまうと、そういった職場にいるだけで精神的にまいってしまいます。

結局、体を壊したりうつ病になったりして退職してしまう・・・最悪、過労死するということも考えられます。

そこまで我慢するよりも労働環境を変えていく行動を取ったほうが前向きです。

ただ転職となるとどうやっていいかわからないのが普通です。そのとき転職エージェントのアドバイザーに相談すると、ケースバイケースであなたの状況を考えてアドバイスをしてくれます。

また、転職エージェントの扱っている求人はアドバイザーが審査しているのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークや求人誌はこういった求人掲載に審査が無いので、ブラック企業がたくさんあるのが現状です。悲しいですよね。

「従業員にやさしい会社」・・・いわゆる普通の会社っていうのは世の中にはたくさんあります。そういう会社の求人を見るだけでも視野が広がって転職がそれほど世間で言われているよりむつかしくないことが分かるでしょう。

転職エージェントは登録から利用まで無料になっています。求人開催企業から報酬をもらって運営しているので登録者にはお金はかかりません。

あなたに合った求人をアドバイザーが面談をして選んでくれるので、人生の選択肢が大きく広がっていきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!